釣りにゃんだろう

猫のように気まぐれに 独断と偏見に満ちた釣り情報をお届け

イトウ

イトウ釣り終了説。

去年の夏、渇水と高水温により猿払川でイトウが大量死したとニュースになっていましたが、同じような現象は道北地方で広く起きていたようです。 今年の春先のイトウの産卵床の数の調査では、大部分の河川で減少が認められ、酷い場所ではほぼ絶滅状態だったそ…

さっぽろ湖のイトウ釣り。

イトウ釣りというと、道北や道東で行うのが定番となっています。(道北は去年の夏の暑さで数が激減してしまいましたけどね…) これらの地域に道外から行くのは、ちょっと大変ですし、道内でも札幌近郊の道央に住んでいる人には、釣り場に通うのに結構な時間…

ボートシーバスの魚の扱い方の向上。

近頃、テレビなどで東京湾のボートシーバスの釣りの様子を見ていると、関心させられることがあります。 魚を傷つけにくいラバーネットを使っていますし、ネットで掬ってからも、船の上に水を張った容器を準備していて、その中に魚を浸けたりしているのです。…

釣りをやめたくなる瞬間。

いつだったか春先にダム湖でイトウを狙って釣りをしていると、小さな銀毛ヤマメが釣れまくってしまうことがありました。 ごついロッドを使っていますから、何も楽しくも嬉しくもありませんし、釣りたくないのですが、どうしてもこの小さな魚は果敢にアタック…

「ファフロツキーズ現象」か?

世界各地で何でもない陸地に魚が降ってきたということがたまにあるそうで、これは「ファフロツキーズ現象」と呼ばれるものの一つだそうです。 「ファフロツキーズ現象」とは、そこにあるはずもないものが降ってくる現象のことで、水の中に住んでいるはずの魚…

特大ウグイの憂鬱。

北海道では湖でも川でも、「なんじゃこりゃ」というような丸々と太った巨大なウグイが釣れることがあります。 ウグイという魚は、あまり引かないというイメージですが、こういった魚の中にはたまに継続的にゴンゴングングンと引く魚もいたりします。 この「…

プラスティックのミノーで釣れた唯一のイトウ。

私は、プラグでイトウを釣ったことがほとんどないのですが、プラスティック製のプラグで釣ったイトウとなると、たったの一匹しか釣れたことがありません。 そもそもが、ああいったルアーの安っぽい見た目が嫌いなのであまり使う機会がなかったのですが、あま…

モリやヤスや網でイトウを捕獲する人々。

春先のこの時期になると、道東の川の上流部にはモリやヤスのような物を持って、産卵期のイトウを狙って突きにくる人が現れることがあるそうです。それから、川に網を仕掛けてイトウを捕まえる人もいるそうです。 初めてこの話を聞いた時には、「今時そんなこ…

フクロウ保護おじさんの因縁。

ちょっと前に、イトウを大事にしているような団体に、こんな電話がかかってきたそうです。 なんでもフクロウの保護を行っている人からで、「イトウは小魚や小動物を根こそぎ食べてしまうからフクロウのエサがなくなり、フクロウが減る原因になっている。イト…

セ○コー○ートの牛乳は買わないべきか。

イトウという魚が好きな人には有名な話だと思いますが、コンビニのセ○コマで売られている牛乳をつくるための牧場を整備したことで、とある川のイトウの産卵場所の環境が悪化して、随分と数が減ってしまったことがありました。 こういうことがあると、本当に…

そんなに目の色変えて釣りをしないでも、良いのかもしれない。

以前にも書いたと思いますが、イトウ釣りが著しく好きな人達には、朱鞠内湖という釣り場はバカにされがちな傾向があります。 「釣れる魚が川とは違う」とか「お金を払って管理された場所で釣ってもねぇ」といった理由からです。 こういった指摘は事実ではあ…

「海イトウ」は炎上案件。

ちょっと前に、オーナーばりが提供のテレビ番組で、村田基氏が鹿島槍ガーデンで釣りをしていましたが、ちょっと危険な発言をしていましたね。 イトウを釣ると、「これが海に降ったものは海イトウ…」というようなことを言って、海でイトウを釣ることを示唆し…

イトウは、国道の真横でも釣れてしまう。

イトウという魚は、山奥に居るような魚ではありませんから、意外とアクセスが楽な場所でも釣れてしまいます。道北だろうが道東だろうが、国道の橋の真横みたいな場所で釣れる場所がいくつもあります。 もちろん、ちょっと行くのが大変な穴場のような場所もあ…

イトウ釣りをしていると、魚のサイズ感が狂う。

近頃は色々な魚を釣るようになってきたものの、私は釣りの中ではイトウ釣りが一番好きです。ちょっと前は、他の魚を狙った釣りは滅多にやらないくらいだったので、「今後は他の釣りは一切してはいけない」と言われても、あまり困ったり落ち込んだりはしない…

イトウはサクラマスを食べている?

珍しく私が友人と一緒にイトウ釣りをしていたら、その人に魚が掛かりました。 「おお!やった!」と思い、背負っていたネットを下ろしていたら、「あー、違うなー」と友人が言うではありませんか。 ラインの動きを見てみると、妙に勢いよく走り回っています…

ヘラでもイトウが釣れた時代。

イトウを釣るために、昔の人はヘラという和製ルアーのような物を使っていたというのは、結構有名な話です。ヘラはスピナーのブレードのような形のプレートに、赤い毛糸のような物が巻かれた3本針が付けられたもので、スプーンとスピナーの間の子みたいな見…

産卵期後のイトウの噛まれた跡。

春のイトウ釣りは、魚の稀少性を考慮して産卵期を避けてすることが一般的になっています。 しかし、法律で決まっているわけではありませんから、産卵期に川の上流部で釣りをする人もいるようです。産卵直前に釣られた魚は逃がしても産卵を止めてしまうことが…

道東のイトウ釣り。

現代ではイトウを釣ろうと思ったら、道北に行くのが常識となっています。それだけ道北には、まだ比較的多くのイトウが生息しているからです。 それでも、昭和の時代には道東の釣り場の方が人気があったようです。イトウ釣りと言えば、道東の湿原河川で行うも…

バイブレーションでイトウ釣り。

イトウのルアー釣りには、近年よくバイブレーションプラグが使われています。 フォールでもリトリーブでも誘える。流れの中でも素早く沈めやすく、また浮き上がりにくく、狙ったレンジをキープしやすい。こういった点が、よく使われている理由でしょうか。そ…

イトウは、本当に鬼なのか?

イトウという魚は、漢字では魚へんに鬼と書きますが、私は昔からこの漢字に違和感を覚えまくっています。 鬼というと、荒々しく恐ろしいイメージですが、イトウには全くそういったイメージはありません。身体が大きいものの、なんだか動きは鈍重です。針掛か…

どうして海でイトウを釣ってはいけないのか。

イトウという魚は、川から海に出て暮らしているものが結構居て、河口や海でもかなり釣れてしまうものです。時には、ブリを釣ろうとサーフでメタルジグを投げていた人の竿に掛かるなんてこともあるくらいで、確率はそんなに悪くない釣りのようです。 こういっ…

初夏の北海道、トラウト五目釣り。

私は、釣りというと「型のまあまあ良いイトウが一本釣れれば満足」というような気持ちでやることが多いですが、たまに色々な種類の魚をテンポよく釣るという、トライアスロン的な釣りをやりたくなることがあります。 近頃もちょっとそんな気分になることがあ…

イトウは、メーターオーバーを幻という?

かなり古い昭和の時代の本を読んでいたら、尻別川でバカでかいイトウを釣っていた太田さんという人の記事に、「メーターオーバーを幻という」というキャプションがつけられていました。私はそれを読んで、確かにこれだけ大物を釣りまくっていた人からしてみ…

昔より釣れる魚のサイズが小さくなったのは、川の水量が減ったから?

イトウなどを釣っていて、何十年も釣りを続けてきたベテランのような釣り人達に出会うと、皆さん口々に「魚が小さくなった」と言います。そして、「川の水量が減ったからでは」というようなことも、合わせて言うことが多いです。こういった話を聞く度に、私…

ボイルしている魚は意外と釣れない。

魚が小魚などを襲い、ガボッ!とかバシャン!とかやっていることをボイルと呼びますが、そんな光景を発見した時には、釣り人なら誰でもドキドキしてしまうものです。 その場に狙っている魚が居て、しかもエサを捕食しまくっているわけですから、これは釣れる…

初めてイトウを釣ったルアー。

何でも狙っていた魚を初めて釣ることができたルアーというものは、とても印象深いものなのではないでしょうか。 そんな中でも稀少性の高いイトウが釣れたものとなると、一際深く記憶に刻まれているもののはずです。 私も、初めてイトウを釣ったルアーという…

イトウ釣りあるある。カレイが釣れる。

私は海釣りを20年以上したことがありませんが、カレイはたまに今でも釣ることがあります。海で釣りをしないのに、どうやってカレイを釣るんだと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、カレイは川でも釣れてしまうのです。 私がよく釣っているイトウとい…

ウグイが釣れれば、イトウも釣れる?

稀にマルタやウグイをターゲットとして釣りをする人もいますが、基本的にはルアーフィッシングやフライフィッシングでは、ウグイというと外道中の外道でしょう。釣れてしまったら、「うわぁ、ウグイだぁ」と残念な気持ちになることが多いわけですが、イトウ…

思いでのマーニーの舞台で 釣り人が逮捕?!

最近、スタジオジブリが作品の画像を「常識の範囲内でお使いください」と公開して話題になっていました。 それを見ていて私は思い出したのですが、「思い出のマーニー」という作品の舞台って、なんだか釣りの有名ポイントに似ています。 www.ghibli.jp 思い出の…

イトウを釣るには、フライが有利か?ルアーが有利か?

年配の人の一部などには今でも餌釣りをする人がいますが、イトウを釣ろうと思う人のほとんどが、ルアーかフライで挑んでいるはずです。こうなってくると、どちらの方が釣れるのだろうか?と疑問に思ったことのある人も多いのではないでしょうか。 今回はそん…