釣りにゃんだろう

猫のように気まぐれに 独断と偏見に満ちた釣り情報をお届け

エッセイ

釣りをする時にマスクをするべきか。

すっかり何処に行くにもマスクをしていかなければならない世の中になってしまいましたが、残年ながらまだまだこの状況は続きそうですね。 しかし、個人的には釣りをしている時にはマスクをするべき状況がほとんどないので、あまり気なっていません。 私が釣…

釣りあるある。橋の下はゴミだらけ。

川で釣りをしているといつも思うのですが、橋の下にはゴミが落ちていることが多いです。コンビニでちょっと買い物をした程度のサイズのビニール袋に入ったゴミから、時には大きな家電まで、橋の下に集中的にゴミが落ちているのです。 釣り人の中にもゴミを川…

小型船舶免許の更新の煩わしさ。

釣り人の皆さんの中には、小型船舶免許を持っている人が沢山いるのではないでしょうか。 自動車の免許の更新は、特に違反さえしていなければ、警察署に行き、写真を撮りちょっとビデオを見るだけで終わるものです。 ところが、この小型船舶免許の更新はそう…

マルトのフックを、全てのジャンルの釣り人にお薦めしたい。

フライをやる人々に人気のあるフックとして、マルトのフックというものがあります。このフックは、土肥富という釣り針会社のホームページから直販で買えるものなのですが、とにかく安くて高品質なのです。 わけの分からない中国メーカーのフックなどよりかは…

釣り人は、わざと難しく説明したがる。

私は、新品で釣りの本や雑誌を買うことはほぼないのですが、100円や200円で古本で売られているものは、たまに買ってきて暇つぶし程度に読み、「くだらないな」と文句を言ってから古紙回収に出すのが趣味ではあります。そういう趣味を続けていると、釣りの雑…

釣りとDIY精神。

私は、そこそこパンクな人間だと思います。胸を張ってパンクな生き方をしているとは言えませんが、世の中から大分外れて生きていますし、わりとおかしいと思うことには声を上げますし、反体制的な立場をとって生きていますから、ややパンクな人間ではあると…

ホーマックに売っている釣り具だけで釣れるか。

ホーマックなどのホームセンターには、釣り具を取り扱っている所が多いものです。 私は、高級な釣り具よりも、ちょっとポンコツそうな怪しい釣り具に興味があるので、ついついそういったホームセンターの釣り具コーナーを覗いてしまいます。 しかし、意外と…

釣りを、いきなりルアーやフライから始めると難しいかもしれない。

近頃、釣りを始めたいと思っている人が増えているという噂がありますが、今の時代ですから、いきなりルアーフィッシングやフライフィッシングから釣りを始めようと考える人も多いかもしれません。私は、このような釣りの始め方は、ちょっとあまりお薦めでき…

一緒に道路を作らないか?

私は、土曜日や日曜日には滅多に釣りをしませんし、できる限り何日も続けて平日にまとめて釣りをすることにしています。 こうすることにより、そこそこ良い釣果を得られることが多いわけですが、そんな自由気ままなことばかりをしていると、一般社会からはど…

銘木を利用した高いランディングネットを使うよりも、安くて魚に優しいネットを使うべき。

トラウトフィッシングでは、木製のフレームのランディングネットが使われることが多いです。 ああいった物の中には、銘木というような良い木材を使いハンドメイドされた高価な物もあり、それを好んで使っている人もいます。 使っている人は、お洒落な気でい…

トラウティストのカーディナル特集号の謎。

釣り関係の物には、「どうしてそんなに高額で取り引きされているんだ?」と不思議になるような価格で売られている物が時々あります。廃盤品や品薄な物などで、どうしてもそれが欲しいという人が沢山いるために、異常に高額になるのでしょうか。 こういったも…

「密を避けて」釣りがブーム?

近頃、コロナの影響で釣りをする人が増えているらしいです。確かに、去年の夏頃から私も「なんだか妙だ」と、釣り場の状況の変化を感じていたところではあります。 管理釣り場と言うよりは昔ながらのマス釣り場といった雰囲気の、近年はあまり人気がなかった…

管理釣り場独特の長時間のファイト。

たまに管理釣り場なんかに行きますと、永遠とドラグを鳴らし続けて魚とファイトしているような人が居て、「あの人いつまでやり取りしてるんだ?」と不思議に思ってしまうことがあります。 管理釣り場で、そこそこ大きな魚が釣れるとファイトが長時間化するの…

意外と投網が可能な川は多い。

慣れない釣り場に行く時には、入漁料や禁漁区などの確認のために、その地域の入漁規則をちょっと確認してみたりするわけですが、意外と投網ができてしまう川があるから驚いてしまいます。 竿釣りより高額な入漁料をとられることが多いですが、投網ですよ。今…

人間が釣れたニュース。

昨年から何度か、釣りをしていた人が、海に流されていた人をルアーやラインに捕まらせて釣り上げたというニュースを見かけました。 以前はあまりこのようなニュースを聞かなかったので、このような事案が増えているのかもしれません。 このような事案が増え…

シマノのフラッシュブースト。日本のルアーの安っぽい輝き。

近頃やたらとシマノは、フラッシュブーストなる機能のついたルアーを宣伝していますが、あれを見て使いたくなる人なんているんでしょうか? 30年前のルアーみたい。 フラッシュブーストは、反射板がルアーのボディに入っていて、それがユラユラ揺れるから、…

菜々緒さんの股下より大きな魚を釣りたい。

モデルの菜々緒さんの股下は、85センチなんだそうです。とんでもなくスタイルがよく見えますから、90センチオーバーなんじゃないかと思っていましたが、意外にも80センチそこそこだったんですね。 まあ、それでも172㎝という身長から考えてみたらかなりのも…

価値ある一匹という便利な言葉。

釣りの本やテレビ番組で、よく「価値ある一匹」という言葉を目にしたり耳にしたりしますが、その度に私は本当に便利な言葉だよなぁと思い、笑いそうになってしまいます。 この価値ある一匹という言葉を、どういう時に使うのかと言うと、基本的には一匹程度し…

トラウトルアーの世界のセンスは中二病的か。カス○ットなどの商品から考えてみる。

釣り具や釣り用ウェアには、なんとも言えない独特のダサさがあるものです。釣り人は、あまり気づいていないのかもしれませんが、そのデザインやネーミングは、一般人の感覚からしたらおかしなものばかりだと思います。 大手メーカーの商品がダサいのは昔から…

「それじゃあ釣れないよ」などと、他人の釣りに口を出す行為。

たまに釣り場で出会った人が、「それじゃあ釣れないよ」などと、ご親切にタックルや釣り方についてご指導してきてくださることがあります。だいたいは地元のおっさんというような人が多いのですが、こういった他人の釣りに干渉する行為というのは、とても迷…

スピニングリールの小指挟みの中指フェザリング。

以前シマノが提供の釣り番組で、渓流でルアー釣りをしている様子を見ていたら、出演者が随分ヘンテコなキャストをしていました。 その人は、リールのフットを小指と薬指の間に挟みロッドを持ち、キャストをすると中指でスプールエッジに触れてフェザリング(…

酒を飲んで釣りをしなくなってから、魚は釣れるようになったが。

何年も前の釣りの写真などを整理してたら、釣り具と酒の写った写真があって思い出したのですが、私は釣りをする前にはバーボンとかを一口飲んでから出掛けていたのでした。(もちろん何日も宿泊していたりして、車を運転する必要のない時) それから、バッグ…

初めてイトウを釣ったルアー。

何でも狙っていた魚を初めて釣ることができたルアーというものは、とても印象深いものなのではないでしょうか。 そんな中でも稀少性の高いイトウが釣れたものとなると、一際深く記憶に刻まれているもののはずです。 私も、初めてイトウを釣ったルアーという…

阿寒川の衝撃的な釣り。

ある秋の日、私は釣りをしようとしていた川が前日のまとまった雨で増水してしまい、釣りができそうもなかったので、少し困っていました。どうしたものかと、なんとなく地図を眺めていると、阿寒川の文字が目に留まりました。 現在地からは多少距離があるもの…

終活や遺品整理は、釣り具の宝の山!?

終活や遺品整理を行っているリサイクル業者のようなものが、今や至る所にあります。それだけ片付けに困っている人が、日本中に溢れているということなのでしょうね。 そういったリサイクル業者は、お店やオークションサイトで商品を売っていることが多いです…

フライをやる人の中には、わざわざヤードで距離を言う人がいる謎。

ヤードという長さの単位があります。これは、ポンド・ヤード法というものに基づいたもので、イギリスで生まれたものはずですが、現在でも使用しているのは、アメリカとミャンマーとリベリアのみだそうです。 それでも、イギリスで生まれたり、アメリカでも盛…

日本のルアーフィッシングの幼稚で品がない雰囲気。

気づいてみたら、私は去年はルアーで釣りをするより、フライで釣りをする機会の方がずっと多かったです。比率で言ったら、もう9対1くらいの割合でフライで釣りに行き、いくつものオールドスピニングリール達には出番が与えられず、家で留守番してばかりで…

ゴリゴリでギシギシのサハラ。釣り具を大切に扱わない人。

シマノにサハラというスピニングリールがありました。(今でもありますかね?)私は、ルアータックルを持ち合わせていなかった時に、このリールを他人から借りて、一回だけ使ったことがありましたが、それはもう酷いリールでした。 と言っても、決してサハラ…

釣り具の新製品がロングセラーに勝つことは、滅多にないのではないか。

釣り具の新製品が発売されるは、いつ頃が多いのでしょう?私はそういったものに興味がないので知らないのですが、フィッシングショー的なもので発表されることがありそうですから、やはり冬から春が多いのでしょうか? そうなると、今頃は釣り人の中の一部に…

釣り人の喧嘩。

釣りというと、釣りをしたことのない人からは、一日を自然の中でのんびりと過ごす、穏やかな趣味だと思われていそうですが、決してそんなものではありません。 釣り場にはトラブルがつきものですし、釣り人同士の喧嘩などはしょっちゅう起きていますし、時に…