釣りにゃんだろう

猫のように気まぐれに 独断と偏見に満ちた釣り情報をお届け

エッセイ

魚を釣るコツ。 酒を飲むのは、魚が釣れてから。

釣りをする人の中には、酒が好きな人も多いかもしれません。釣りの前日から仲間と酒を飲んだり、キャンプをして酒を飲んだり、釣れなかった夜に酒を飲んだり、もちろん会心の釣りができた時に美酒に酔ったり、いくらでも釣りを肴にお酒は楽しむことはできま…

釣った魚は根こそぎ持って帰ったらしい、ビクを持った餌釣りのおっさん。

小雪ちらつくある早春の日に、私は北海道の小さな川に釣りに行きました。 ちょっとまだ水温が低過ぎるようなところはあるものの、小さな魚は沢山居る川でしたから、何かしらは釣れるだろうと思い、沈めるフライを中心に釣りをしていきました。 ところがです…

世界最大の淡水魚を、意外と見たことがある人は多い。

世界最大の淡水魚が、何であるか釣り人なら知っている人は多いと思います。 鱗のある魚の中なら、アマゾンに住むピラルクという魚であると言われています。この魚は大きくなると5メートルとか200キロなんかになるらしく、普段我々が釣っている魚のサイズと…

餌をやって魚をリリースすることは可能か。

今年のお盆に、千葉の亀山湖のバス釣りの様子をテレビで見ていたら、釣れてくる魚達が痩せていたので、「エサが足りないんじゃないか」と私が独り言のように言っていると、「どうせ釣るなら、エサをやって逃がせば良いのに」と横から母が言ってきました。 確…

ワカサギ釣りに電動リールは必要か?

釣り具メーカーが提供の釣り番組を見ていると、近年ではほとんどの場合で、ワカサギを釣る時に電動リールを使っています。 テレビ番組は釣り具の宣伝ために作られているので、わざわざ電動リールを使っているのかもしれませんが、実際の釣り場でも、ワカサギ…

釣りは独学で充分だが、自己流は良くない。

世の中には、人から教わらなければ習得が難しい習い事のようなものと、自分で本でも一冊くらい読めば気楽に始められるようなものがあります。 釣りという趣味は後者に分類されますから、誰でもやってみたいと思ったら、周りに釣りをしている人がいなくたって…

四季の釣り。ここまで商品の宣伝をしまくるのは、ある意味潔い。

サンテレビと言う兵庫県のテレビ局がありますが、異様に釣り番組が充実しています。ビッグフィッシングなど長寿番組も多く、関西では「釣りと言ったらサンテレビ」くらいの認識をされていると言っても過言ではないかもしれません。 そんなサンテレビ製作の「…

釣りの帰り道に聞く音楽。

多彩な音楽を気軽に聞ける時代になりましたね。ちょっと昔には、なにかの楽曲をフルで聞こうと思ったら、CDを買うしか方法がなかったわけですが、今はいつでもYouTubeやダウンロードサービスやサブスクを利用すれば、いつでも簡単にあらゆる曲が聞けるわけで…

釣れた大物を、長さ(体長)で判断するか?重さ(重量)で判断するか?

釣り人なら誰だって大きな魚が釣りたいものですし、大物が釣れれば、興奮と「これで満足だ」という一時の平穏が心に訪れるものです。釣れた魚をそのような大物と判断する時の基準には、魚の体長と重量の二つの基準がありますが、皆様はどちらを重視している…

田植えと釣り。

今年の冬は寒いのか暖かいのか、雪が多いのか少ないのか、まだちょっとわかりませんが、この前の冬は日本中でとても雪が少なかったと思います。その影響で、今年は春から川の水位が低い場所が多かったのではないでしょうか。 春先に新潟の魚野川の様子を見る…

管理釣り場でトーナメントって、どうなんでしょう。

今年は事情が事情ですから、行われていない場所が多いかもしれませんが、トラウトの管理釣り場でトーナメントというものが、昨今よく行われています。 私は、別にエリアトラウトよりネイティブトラウトの釣りの方が凄いだとか偉いだとか言う気はありませんが…

鯉を釣ろうとパン撒いたら逃げた話。

何年前かの春先に、なかなか遠くに釣りに行く機会がなかったので、ちょっと近場で鯉でも釣ってやろうかと思い、川に向かいました。 水に浮く発砲素材と適当な綿をフックに巻いたフライのような物を作り、スーパーに寄って食パンを買い、「これで釣れたも同然…

釣りは腕か道具か。

魚を釣るためには、腕(技術)と道具(タックル)のどちらが大切なのか、考えたことのある人は多いのではないでしょうか。 今回は、この問題について少し考えてみることにしましょう。 あれこれと細かい違いを気にして、日頃から釣り具を沢山買っている人な…

インジケーターを使ったら格好が悪いのか。

日本のフライフィッシングの世界には、「インジケーターを使うと格好悪い」というような考え方が、一部の人達の中に蔓延っているような気配があります。 私は、考えてみればみるほど、これはおかしなことだと思います。 インジケーター否定派の人々は、「イ…

釣り場に落ちているゴミを拾って、持って帰れるか。

海だろうと川だろうと湖だろうと、釣り場にはゴミが落ちていることが少なくありません。流されてきたような物や自転車や家電など、釣り人以外が廃棄したらしき物もありますが、明らかに釣り人が犯人だ分かるような物も沢山あります。 ラインの固まり、ルアー…

釣りと交通事故。

釣りには、危険なことがいっぱい潜んでいるものです。自然の中で行うことですから、釣り場で危険が待っていることは当然ですが、釣り場への行き帰りの移動時も、とても危険なものだと思います。 釣りに行く時には、自動車で移動する人が多いでしょうが、これ…

釣れた魚が「小さいじゃなくて可愛い」と言うべきか。

NHKの「釣りびと万歳」という、タレントが釣りに挑戦する番組を見ていたら、小さなフグが釣れた時に、タレントさんが「小さいなぁ」と言いました。 すると、すかさず横で釣りの教えていたコワモテのお兄さんが、「小さいじゃなくて、可愛いと言うの!」と厳…

キャッチアンドリリース区間の是非。

近頃は、ちょっと下火になってきたような雰囲気ですが、日本中の川にキャッチアンドリリース区間というものが設置される動きがあったものです。 どうしてキャッチアンドリリース区間が必要だったのか? キャッチアンドリリース区間は、川に魚を放流しても、…

オールドタックルで釣りをするのは日本だけ?

日本の釣りの世界には、オールドタックルという言葉があり、古い釣り具を使って釣りをすることが、流行しているとは言えないものの、ある程度の数の釣り人に楽しまれています。 度々復刻版というようなリールが発売されたり、古いリールに使うカスタムパーツ…

スピニングリールでキャストする時のラインのピックアップの仕方と、釣り番組の楽しい見方。

スピニングリールを使ってキャストする時に、人差し指にラインを掛けますが、この動作をピックアップと呼びます。この時に、ラインは指先の腹に乗せるのが正しく、間接に掛けたり、ラインを握るように持つのは間違いとされています。 これは指の腹は感覚的に…

ゲゲゲの女房の星野源と釣り人の最期。

少し前にNHKの朝の連続テレビ小説に、「ゲゲゲの女房」というものがありました。漫画家水木しげるの妻をモデルにした話で、松下奈緒さんが主演というものでした。あまり細かいことはよく覚えていないのですが、このドラマの中で一つだけ強く印象に残っている…

フライキャスティングを教えてお金をとるなんておかしい。

たまにショップや個人などが、キャスティングスクールやキャスティングクリニックなどと謳いフライキャスティングを有料で教えていることがあります。 これは、ちょっとどう考えてもおかしい話ですし、あまり良い商売とは言えないのではないでしょうか。 フ…

オールドリールの前の持ち主は、すでに死んでいる可能性があること。

私が釣りに使うリールは、オールドリールと呼ばれるような古い物が多いです。40年以上前に作られたものが普通ですし、中には50年以上前に作られたものもあります。 こういった物を使って釣りをしていると、たまにこのようなことを考えることがあります。「前…

イスタンブールでなまず釣り。

『イスタンブールでなまず釣り。』という椎名誠の本があります。私は、まだ釣りをしたことのなかった子供の時代に、この本を読んだのですが、結構面白がって読んでいた記憶がありますね。 野山で遊ぶことは好きでしたから、こういった椎名誠の一連の調子の良…

釣りの最中に景色を眺める余裕があるか。

私は、まあまあ良いカメラを持っているわりには、なかなか釣り場の景色の写真を撮りません。いや、正確には撮りませんというよりは、撮れませんと言うべきなのかもしれません。 せっかく美しい自然の中にいることが多いのに、どうしてろくに写真が撮れないか…

釣りのスマホ写真の違和感。

近頃、世の中に出回っている写真や画像というと、大部分がスマホで撮られたものだったりします。タレントや若い人達は、スマホで写真を撮りアプリで編集するのが当たり前で、無加工の写真というものは滅多にないくらいです。 私は古いタイプの人間だからか、…

釣り用語の「活性」とは何なのか?

よく釣り人は、「活性が低くて釣れない」とか「雨が降って活性が上がった」というように、「活性」という言葉を使いますが、よくよく考えてみると釣り以外の場面ではあまり聞かない言葉です。 この釣りの場面で使われる活性という言葉は、本当のところはどう…

スノーピークのフライフィッシングエントリーパック。

キャンプ用品で大人気のスノーピークという会社と、釣り人にはお馴染みのティムコが、いつの間にか業務提携していたようで、スノーピーク名義の釣り具が発売されていました。 フライフィッシング入門用のセットで、ロッドやリールからラインや小物など、とり…

犀川・梓川などのブラウントラウト。

長野県の犀川や梓川などの千曲川水系の川には、ブラウントラウトが棲息していることで有名です。これらの川は、ニジマス釣りのイメージが強いですが、近頃ではブラウンの方がよく釣れるような気さえしてきます。私は小物しか釣ったことがありませんが、70㎝…

管理釣り場の縦釣りって何なんだ?

管理釣り場のトラウトフィッシングには、縦釣りというテクニックがあるらしいです。正直、私はあの種の釣りには、あまり良い印象は持っていません。 縦釣りとは? 縦釣りとは、極小のスプーンなどを使用してフォールを多用させて、魚を釣るテクニックのよう…