釣りにゃんだろう

猫のように気まぐれに 独断と偏見に満ちた釣り情報をお届け

エッセイ

サクラマス釣りブームとは、何だったのか?

近頃は、少し下火になりつつあるようですが、ひと昔前は本州の川でサクラマスを狙う釣りが、軽くブームになっていました。滅多に魚の釣れないような釣りなのに、あれほど人気を集めたのは、なぜだったのでしょうか? 新しい釣りを流行らせれば、釣り具が売れ…

おっさん投げと芸能人持ち。

釣りは個人的な趣味ですから、誰がどんな釣りをしようが、その人の勝手であり、他人がとやかく言うことではないのかもしれません。 しかし、あまりにも変な道具の使い方をしている人を見かけると、さすがに「ちょっと恥ずかしくないのかな」とか「不便そうだ…

釣りに偏光グラスは必要なのか? その2

以前、釣りに偏光グラスは必要なのか、というようなことを書いたがあります。結論的には、「必要な釣りと、そうでない釣りがある」というようなところでしたが、あれからちょっと面白いことに気づいたので、少し補足したいと思います。 村田基は、ほとんど偏…

釣り人は、釣り好きタレントや釣り好き芸能人に、やたらと厳しい。

テレビなどを見ていると、釣り好きだという芸能人が出てくることがあります。 このような人達は、「本当に釣りをやりまくっているんだろうな」と思える人から、「本当に釣りをしたことあるのか」と思ってしまうような人まで、実に様々です。 見ればだいたい…

フライリールとスピニングリール。

トラウト類を釣る時に、フライフィッシングをする人もいますし、ルアーフィッシングをする人もいます。 この二種類の釣り人達の使うリールを比べてみると、ちょっと面白いことが分かってきます。 フライリールの仕組み。 フライリールは、シングルアクション…

魚を放流してまで、釣りというものはしなければならないのか。

日本には、特に内水面において、放流された魚を釣るという仕組みが出来上がっている釣り場が、山のようにあります。 発眼卵や稚魚など、放流する状態は様々ですが、その釣り場そのままの環境や状態では存在するはずのない魚を、釣り人は釣っているということ…

釣り雑誌の釣果がショボいはなぜか。

私は、釣り雑誌というものは、基本的に要らないものだと思っています。 内容の半分以上が商品の宣伝のようなものですし、解説されている技術やうんちくも胡散臭く、実際に魚を釣るためには不要なことばかりだからです。 ですから、あまり買うことはないので…

鑑札ってなんだ?

入漁券・遊漁券・入漁証・遊漁証・釣り券などと呼ばれるものがあります。これらは、基本的には同じもので、その釣り場・漁場など管理する団体が、釣りや漁をして良いと許可したことを示し、だいたい紙の券やプラスチックの腕章などでできています。 こういっ…

ハードガイド、アルコナイトガイドなどは、PEラインで削れるのか?

現代の釣り糸の主流となっているPEラインを使用する際、SiC製やトルザイト製のガイドの付いたロッドを使うことを、釣り具メーカーやメディアは推奨しています。主な理由として、他の素材のガイドのロッドでPEラインを使用すると、ガイドが削れてしまうこ…

ダイワのウェアを着ている釣り人が居る?!

私は、釣り人が多い釣り場が嫌いで、そういった場所には滅多に行くことがありませでした。しかし、諸事情により近年は、たまにではありますが、釣り人の姿を沢山見かけるような場所にも行かなければならないこともでてきました。 そんな中で、一番驚いたのは…

北海道のトラウトフィッシングに、釣り納めというものはない。

釣り納めという言葉があります。これは一年中釣れるジャンルではない釣りが趣味の人が、そこまででその年の釣りを終えることです。 このブログでよく取上げられているトラウト類の釣りなら、基本的には、春の解禁でシーズンが始まり、秋の禁漁で釣り納めとな…

釣りは遊びでやってよいのか? 遊漁という言葉。

魚を獲り、売って利益を得たり、食料を得ることを、漁と呼びます。これに対して、趣味のレベルで釣りなどを行うことは、遊漁と呼ばれています。 釣り人のことを遊漁者と呼んだり、漁協などの管理者が居る釣り場で、入漁料を支払って交付されるものを遊漁券と…

釣りに向いている性格、向いていない性格。

釣りは大人から子供まで老若男女楽しめるものです。誰にでもできることなのですが、それなりに性格によって、向き不向きがある気がします。 釣りに向いている性格。 昔から言われていることとして、「せっかちな人は釣りに向いている」ということがあります…

イトウは釣って写真を撮るには最適な魚。

私の釣りは、「魚を釣って、写真を撮って、逃がして」完結するものです。ですから、上手く綺麗な写真が撮れない、足場が高くて水辺に降りられないポイントや足場が護岸・桟橋・テトラポッドなどの釣り場では、あまり釣りをしたくありません。また、魚種によって…

広い釣り場はスレにくい? 渓流と本流どちらが釣りやすい?

魚がスレるとは、繰り返し釣られたり、仕掛けやルアーやフライなどを投げ込まれ続けることにより魚が神経質になり、反応が悪くなり釣りづらくなった状態のことを言います。 日本中どこの釣り場でも、だいたいは釣り人が多すぎる状況ですので、特に魚の入れ替…

開高健は釣りが下手だったのか?

釣り人の中には、他の釣り人を下に見たがるような人々が少なからず居るものです。そういった人々は、有名な釣り人などを下手だと決めつけたがるものですが、釣り人であった作家・開高健についても「釣りが下手だったのではないか」と言う人が沢山居ます。は…

数釣りの是非。

先日、ヤフオク!を眺めていたら、このような出品がありました。 実際に道具を使っていた人の代理出品だそうですが、世の中にはこういった数釣りが趣味の人がまだまだ居るのだなぁ、と思わされました。そんな数釣りという趣味について、今回はちょっと考えて…

日本人のライトライン使用問題。

他の国の釣り人と比べると、日本の釣り人は異常に細いラインを使っているのでないでしょうか?今回は、この問題について考えてみたいと思います。 日本人は、なぜ細いラインを使うのか。 まず、どうして日本人は異常に細いラインを使うのかということについ…

ルアー操作のリズム感と、釣れる人と釣れない人の違い。

たまに普段釣りをしないような人達を管理釣り場などに釣れていき、ルアーフィッシングをしてもらうことがあります。こういった時には、何故かよく釣れる人と、なかなか釣れない人が出てきてしまい、ちょっと頭を悩ませることになるものです。 釣れる人と釣れ…

19ヴァンキッシュのCMがおかしい。

先日、シマノ提供の釣り番組を見ていたら、ヴァンキッシュ(VANQUISH)というスピニングリールのCMが流れていました。 「またセンスの欠片もない、ギラギラした子供の玩具みたいなデザインのリールかぁ」と、私は鼻で笑っていたのですが、ちょっとした衝撃も受…

釣りと運動神経。

釣りをスポーツに入れるかどうかという判断は、微妙なところです。スポーツフィッシングという言葉もありますが、一般的な身体を使うスポーツとは、ちょっとイメージが違うものでもあります。 今回は、釣りをスポーツに入れるかはともかくとして、一般的なス…

車横付けポイントの実力と、北海道釣行でのガイドの必要性。

釣りのポイントというものは、車を駐車した場所のすぐ近くであったり、そこから何時間も歩かなくては辿り着けないこともあったりと、実に様々です。 なんとなく、駐車地点から遠いポイントほど、日頃から釣り人が沢山入る可能性は低くなるはずですから、よく…

釣りをしていて感動した瞬間。

釣りをしていると、感動をする瞬間が必ずあるものです。一番分かりやすいのは、狙っていた魚かそれ以上の魚が釣れた時でしょう。そんな時には、フックを外す手が震えてしまったことがある人も、沢山いるのではないでしょうか。 一方で魚が釣れた瞬間以外にも…

とうとうここまで来たか、日本の釣り… ハゼクランク(ハゼクラ)

近頃は、ハゼクランク(ハゼクラ)という名の釣りがあるようです。これは、文字の通り、ハゼをルアーのクランクベイトで釣ることなのでしょう。 私はこのような名前の釣りがあると知った瞬間、「これは酷い…」と思わず一人で声に出して言ってしまいそうにな…

『永遠に幸せになりたかったら、釣りを覚えなさい』と言うけれど、釣りをしても、ちっとも幸せにはなれない。

開高健は、『一時間、幸せになりたかったら、酒を飲みなさい。三日間、幸せになりたかったら、結婚しなさい。八日間、幸せになりたかったら、豚を殺して食べなさい。永遠に、幸せになりたかったら、釣りを覚えなさい』 という意味の中国の諺があると、著作の…

ラパラの箱。

ラパラのルアーは、その多くが昔から紙の箱にプラの蓋がされた状態で販売されています。 私は、この箱が好きで、ルアーを出した後もちょっと小物入れに使ったり、小さ目のルアーを詰め込んでタックルボックスのように使ったりもしています。 この箱を使った…

釣りとベストシーズン。

日本は四季のある国であり、釣りの対象魚は一年中同じように釣れ続けるということは、あまりありません。 どんな釣りにも、だいたいベストシーズンというものがあり、効率良く魚を釣りたいのなら、そのタイミングで釣りをすることが、成功への近道のはずです…

池の水を全部抜いて、外来種や移入種を駆除しなければならないのなら、ワカサギも駆除するべきではないのか。

『池の水ぜんぶ抜く大作戦』というようなテレビ番組が、茨城県の潮来の水路でロケを行う予定らしく、バス釣りの好きな人達などから、猛反発の声が上がっているそうで。 以前にこちらのブログでも書いたような気もしますが、あの番組は、釣り人目線で見てみる…

堰堤というポイント。

川でトラウトフィッシングをしていると、堰堤が目の前に現れることが少なくありません。当然、魚が留まりやすい場所なので一級ポイントではあるわけですが、一部の釣り人達からはあまり人気がないポイントでもあります。 堰堤が嫌われる理由。 堰堤が一級ポ…

釣りのセミナー(講習会)やトークショーって、何なんだろう?やる意味があるのか?

たまに釣り具屋さんなどに、有名な釣り人やメーカーの人が来て、セミナーやトークショーなどというものをやっていますが、あれは、あまりにもアホっぽい、陳腐なものだと思います。 何を言っているのか、何が言いたいのか、よく分からない。 まず、セミナー…