釣りにゃんだろう

猫のように気まぐれに 独断と偏見に満ちた釣り情報をお届け

エッセイ

本流ルアーの縦釣り。

近年、大きめの川に行ってルアー釣りをしている人を眺めていると、一ヶ所で立ち止まり、永遠とロッドを立ててチョンチョンとさせている人の姿が妙に多いです。 私は、最近の釣り事情には疎いので正確には分かりませんが、あれはおそらく縦釣りとでも言うよう…

猫は釣りを知っている。

釣り場には猫が居ることが多くありませんか?釣り人から魚を貰えたり横取りすることができるから、暮らしやすいのでしょうか。釣り人が多い堤防周りなんかには、よく猫が居るものですし、淡水の管理釣り場にも猫が居るのを何度も見かけたことがあります。 あ…

釣りは「ダメだこりゃ」というネガティブさが効く。

スポーツをやったことのある人ならお分かりいただけると思いますが、スポーツで結果を出すには、メンタルをポジティブに保つことが大切になってきます。 ちょっとでも「ダメかもな~」とか「今日は調子が良くない」とか考えてしまうと、身体の動きが悪くなっ…

釣り人はサイコパス?

テレビで釣り番組を見ていると、昔よりも釣れた魚を逃がすシーンが増えている気がします。小さな魚が釣れた時はもちろん、海でワラサのようなそこそこの大きさの魚が釣れた時にも、逃がす場面がよく見られますから、「必要以上に魚はキープしない」という文…

イトウは、国道の真横でも釣れてしまう。

イトウという魚は、山奥に居るような魚ではありませんから、意外とアクセスが楽な場所でも釣れてしまいます。道北だろうが道東だろうが、国道の橋の真横みたいな場所で釣れる場所がいくつもあります。 もちろん、ちょっと行くのが大変な穴場のような場所もあ…

誰やねん? 釣りの有名人の認知度。

釣り具の製品情報なんかをメーカーのホームページなどで見ていると、その製品の開発に関わった人の名前が書いてあり、スペシャリストだとかエキスパートだとかと紹介されていることがよくあります。 テレビの釣り番組なんかを見ていても、こういったスペシャ…

魚に警戒されないために、鷺の立ち方で釣りをする。

私は、小川沿いの道を毎日ジョギングしているのですが、子供の頃と比べると随分と川の様子が変わったものだと、よく関心させらています。 私が子供の頃は、妙な臭いの泡立った水が流れていて、魚も滅多にいないような川でしたが、排水の管理などが改善された…

釣り人の書いた文章の誤字の多さ。

釣り人の書いたSNSやブログの文章や、メーカーのスタッフのような人が書いた文章をたまに読んでいると、結構な頻度で誤字があります。 このブログも、もう3年ほど毎日いい加減に記事をアップし続けててしまっているので、そこそこ誤りはあるかもしれません…

「おとな釣り倶楽部」は海釣りばかり。

シマノがシニア層の主に釣り初心者をターゲットにした「おとな釣り倶楽部」というホームページやテレビ番組を作っていますが、ほとんど海釣りばかりです。 淡水での釣りというと、トラウトの管理釣り場かヘラブナ釣りかワカサギ釣りか鮎釣り程度で、自然の川…

欧米では魚をランディングする時に、手掴みをしたがる人が多い謎。

日本のトラウトを釣る人は、魚が釣れた時にランディングネットを使って取り込む人が大多数だと思います。 しかし、YouTubeなどで欧米のフライフィッシングの動画なんかを見ていると、手で掴むという方法をとる人が結構多いことに気がつきます。それから、私…

正月の管理釣り場の異常な喧騒。

人気のあるトラウトの管理釣り場が、とても混雑することは釣りの世界の常識ですが、その混雑度がマックスに高まるのは世間が正月休みの時期のようです。 やはり、釣り人というものは新年早々に釣りをしないと気が済まないらしく、それもできれば確実に魚を釣…

「課題の残る釣行となった」

私は、釣りには基本的には一人で行くのですが、年に数回だけ釣友と釣りに行くことがあります。 そんな時に、あまり釣果に恵まれず一日を終えた時には、「課題の残る釣行となった」などとふざけて釣り番組のナレーションのようなセリフを言って、とぼとぼと二…

絶滅危惧種を釣ること。

私は、子供の頃は虫を捕るのが趣味で、特に一番熱中したのがオオクワガタを探すことでした。 幼虫から大きく簡単に育てる飼育方が確立され、オオクワガタ飼育の大ブームが起こった少し前のことでしたから、産地に通っていても、たまにしか同じクワガタ捕りの…

「たぶん何も釣れないけど…」

テレビでお散歩番組のようなものをやっていて、タレントが郊外の川で釣りをしている人を発見して、「何を釣っているんですか?」と尋ねていました。 釣り人は、いくつかの魚種を答えた後に、決まり悪そうな笑顔を浮かべながら、「たぶん何も釣れないけど…」…

イトウ釣りをしていると、魚のサイズ感が狂う。

近頃は色々な魚を釣るようになってきたものの、私は釣りの中ではイトウ釣りが一番好きです。ちょっと前は、他の魚を狙った釣りは滅多にやらないくらいだったので、「今後は他の釣りは一切してはいけない」と言われても、あまり困ったり落ち込んだりはしない…

ジグヘッドにニンフを巻くこと。

ちょっと前に、釣り針会社のオーナーが提供のテレビ番組を見ていたら、出演者が渓流でイワナを釣るために、極小サイズのジグヘッドにニンフフライを巻いていました。 「無理矢理オーナーの製品を使ったな」と笑ってしまいましたが、よくよく考えてみれば、な…

SHI○ANOがシムスをパクり気味?

テレビの地上波やBSでは、シ○ノが提供の釣り番組が放送されています。「おとな釣り倶楽部」や「釣り百景」といったものです。 私はそういったものを見ては、「またくだらない物の宣伝をしているな」と冷やかすのが趣味なのですが、最近ちょっと気づいたこと…

ファイトの途中にあれこれと指導してくる人。

私は、釣りのDVDみたいな物は一つも持っていませんし、日頃から見ることはないのですが、他人から見せられていくらか見たことはあります。 そういった物を見ていて気になったのは、口うるさい出演者の多いこと多いこと。だいたいはメーカーの代表なような人…

魚が沢山居る場所で釣りをしないと、釣りは上達しない?

北海道では、ヤマメ・アメマス・ニジマス・イトウなどのサケ科の魚は、そこら辺の川で比較的簡単に釣れてしまいます。それだけこういった種類の魚が、普通に川に居ることが多いということなのでしょう。 こんな風に簡単に釣れる環境で釣りをしていると、釣り…

日本の釣り人は、釣り具メーカーの宣伝の真似ばかりしている。

最近ふと思ったのですが、釣り場で見かける釣り人の大半が、釣り具メーカーの宣伝の真似をしている人のような気がします。 一般的な近頃の釣り人の釣りの仕方は、こんな感じだと思います。 誰かが釣っている動画や写真を見て、自分もその魚が釣りたいと思う…

なんでもかんでもライトタックルにするべきじゃない。

日本の釣り業界には、ライト○○と呼ばれる釣りが沢山あります。ほとんどは、以前から使われていたものよりも、よりライトなタックルを使って釣りをするものです。 どうしてこのような釣りが盛ん取り上げらているのかと考えてみますと、ライトタックルは誰でも…

幻の魚多過ぎ問題。

テレビで釣り番組や自然環境を扱った番組を見ていると、よく「幻の魚と呼ばれています」と紹介される魚が登場します。 イトウなんかはその代表ですが、それ以外にもイワナなんかでも幻と呼ばれていると言われることもあるくるい、海だろうと川だろうと、ちょ…

魚の目や内蔵が飛び出ちゃう釣り。

テレビの釣り番組なんかを見ていると、近頃は電動リールが一般的になったからか、かなり海の深い所を狙って釣りをしているのを、よく見かけます。 「東京タワーより深いですね!」なんて出演者が言っていることもしばしばです。 そういった深場から釣られて…

情報屋のような釣り人。

私は一人で釣りに行くのが好きですし、できることなら一日誰とも会わずに釣りをしたいと思っています。 それでも他の釣り人と正面から出会ってしまったような時には、無視するのも失礼だと思いますし、「こんちわー」くらい軽く挨拶をしてすぐに逃げることに…

「釣り初心者、釣れた時に巻き過ぎ問題」

釣り人の皆さんは、テレビで芸能人などの釣り初心者が魚を釣る場面を見ていて、冷や冷やした気持ちになった経験はないでしょうか? ああいった初心者が、リールの付いた竿で釣りをしていて魚が掛かると、やたらリールを巻きまくり、巻きすぎて魚の重みが過剰…

「おっさんの自己満足感」が強いシマノ。

2大釣りメーカーであるシマノとダイワのCMを見てみると、結構その雰囲気が違うことに気づきます。ダイワは「feel alive Daiwa」と英語で叫びカッコつけますが、シマノは「もっと人へ、もっと自然へ、シマノ」と何十年前だよ?というような古臭い企業コピー…

朝一発で釣れた日は、それっきりになることが多い。

釣りをある程度する方なら、「あるあるあるある」と大いに納得していただけるかと思いますが、「釣り始めに幸先良く魚が釣れると、その日はあまり調子が良くない」ということが多いと思います。 例えば、朝一番に一投でいきなり魚が釣れたので、「今日は何匹…

釣り人は、釣りが流行ると嬉しいか。

近頃は、トヨタ自動車のCMでも若手俳優達が釣りをしているシーンが流れているくらいですから、釣りが注目される時代になっているのかもしれません。 マスコミが言うには「密を避けられる釣りが人気」とのことですが、はたして本当に密を避けられているのかで…

トラウトフィッシングは、きつい、危ない、釣れない。

昔からブルーカラーの仕事は、3K(きつい、汚い、危険)などと言われることがあります。近頃は、IT系の仕事を、新3K(きつい、給料が安い、帰れない)と表現することもあるようです。 ちょっと考えてみると、トラウトフィッシングも、これらの仕事にほんの…

最近のベイトリールは、簡単にはバックラッシュしないのだろうか。

NHKの「釣りびと万歳」という番組を見ていたら、ほとんど釣りをしたことがない俳優さんが、ルアーでのナマズ釣りをするという回がありました。 この番組は、「釣り兄貴」と呼ばれるその釣りに詳しい人が、釣り方を教えてくれるのですが、そのナマズ兄貴は、…