釣りにゃんだろう

猫のように気まぐれに 独断と偏見に満ちた釣り情報をお届け

エッセイ

高い釣り具を買うだけで、あまり使わないのはもったいない。

日本の釣り具って高い物が多いですよね。それだけ良い物なのか?という話は今回は置いておいて、ちょっとだけ無理をしたり奮発をして、高い釣り具を買っている釣り人も多いのではないでしょうか。 そういった人の中には、奮発して買ったわりには、実はあまり…

なぜか一人だけ釣れない。

釣りにグループで行くと、なぜか一人だけ釣れない人がいるということは、よく見られる現象ではないでしょうか。 同じ船に乗っているのに一人だけ釣れないとか、岸に並んで釣りをしていると一人だけ釣れない人がいるとか、なぜか一人だけ窮地に追い込まれるよ…

釣りの時くらいは、競うのはやめたいものだ。

「勝ち組・負け組」なんて言葉があるくらいですから、現代は中々の競争社会なのだと思います。 経済的格差もどんどんと拡がっていますし、ごく一部のお金持ちになるルートから外れた人は、あまり豊かな暮らしを送れないまま一生を終えることになります。 こ…

何十年も釣り具屋でロッドを買ったことがない。

最近、ふと気づいたのですが、私が子供の頃にしていた釣りを再開して、今年で10年目なのでした。 10年なんて、釣り歴としては短い方だと思うのですが、気づいたら自分が思っている以上に釣り具が部屋の中に溢れかえっていて、びっくりしています。 僅かに子…

釣り雑誌の表紙が女性アングラーであることが増えている。

ここ何年かの釣り雑誌の表紙には、女性アングラーが載っていることが多いと思いませんか? 私が子供の頃には、ロッドアンドリールという雑誌の表紙が毎回芸能人のお姉さんだったことはあっても、今のようにがっつりと魚を釣っっているお姉さん達が表紙を飾っ…

釣りにベストは要らない。

このブログで散々言っていることですが、典型的な釣りの格好というものは、一般人から見るとダサくて恥ずかしいものです。 典型的な釣りの格好とは、キャップ・スポーティーなサングラス・ベストの三点セットを身に付けているような格好です。 釣り人は感覚…

釣りの世界ってステマだらけなのではないか?

近頃は、よく芸能人などがステマを行って炎上することがあります。 ステマとは、ステルスマーケティングの略で、金品を提供されていることを明示せずに、SNSや記事で商品やサービスの紹介をするグレーな宣伝の仕方であるため、依頼した企業は消費者から信用…

怪魚ではない大きな魚が釣りたい。

もう結構長いこと、釣りの世界では怪魚釣りがブームです。怪魚用のタックルが沢山売られていますし、怪魚ハンターと呼ばれる人達が何人もいて、本を出したりテレビに出たりしています。また、こういった有名な人達でなくても、若者から中年まで海外に怪魚を…

本流の餌釣りブーム。

近頃、いわゆる本流と呼ばれる大きめの川に行くと、餌釣りをしている人を沢山見かけます。 鮎釣りと似たようなスパッツを履き、長い竿を操っているスタイルは特徴的で、遠くから見てもすぐ分かりますから、ひと目でルアーやフライの釣り人でないことが分かり…

釣りにクマ対策の爆竹は必要か。

いつだったか、釣り場に車を停めて昼寝していたら、すぐ近くで爆竹を鳴らしてから川に入っていく釣り人がいて、目を覚まされると同時に「本当にこんな人が居るんだなぁ」と笑ってしまいました。 見通しのかなり良い平地の川で、一度もクマの足跡や糞も見たこ…

釣り人はセンスがない自覚がない? ヘンテコ釣り勘違いアパレル。

いつだったか、私の唯一の釣りをする知人のさらに知人が「釣りのデザインをした服を売りだした」という話を聞きました。このような小規模なレベルで個人や小さな釣り具メーカーが、釣りがテーマのTシャツやらパーカーなんかの服を売ることは、結構よくある話…

昔のイトウ釣りがやたら苦戦しているのは、ロッドやラインの性能の違いか。

私は、オールドタックルの写真が見られたり、昔の凄い釣果が見られたり、意外と現在でも参考になりそうな情報が得られるので、何十年も前の古い釣りの本や雑誌を読むのが好きです。 そういったものを読んでいると、度肝を抜かれるような釣果に「何十年か前に…

フライを教える人が左利きだと問題がある?

先日、古本で300円ほどになっていたので、「ウェットフライの戦術」という地球丸から出版された本流のフライフィッシングの解説本を買ってみました。 10年ほど前の本なので、ちょっと情報が古いところはあるものの、筆者の人は釣りが上手なようで言うことに…

釣りをするとお腹が減るのはどうしてなのだろうか。

釣りを終えた後って、妙にお腹が空くことが多くありませんか?私は、喉が乾いてガブガブと飲み物を飲み、必要以上に食べ過ぎてしまうことが多いです。 釣りは、それなりに運動になるものですが、一日中走り回っているわけでもないので、そこまで大きくカロリ…

釣りの師匠。

釣り人の中には、師匠のような人がいて、その人に教わって釣りをしている人がいるようです。師匠に言われるままに道具を買い揃え、師匠に釣り場に連れていってもらって、師匠に釣り方を教わるような人達です。 私は、こういった人達を見かける度に、本当に世…

「来年釣ろう」は、通じない時代。

ちょっと前に、今年の夏は渇水と高水温でイトウが大量死しているとニュースになっていました。 今年の夏の気候を考えてみれば、ちゃんと調べていないだけで、このように魚が死ぬ現象は日本中で起きていたのではないでしょうか。 私は、8月は釣りをしません…

イトウは、本当に鬼なのか?

イトウという魚は、漢字では魚へんに鬼と書きますが、私は昔からこの漢字に違和感を覚えまくっています。 鬼というと、荒々しく恐ろしいイメージですが、イトウには全くそういったイメージはありません。身体が大きいものの、なんだか動きは鈍重です。針掛か…

フライフィッシングは、他人に習わなければできないのか?

フライフィッシングは、釣りの中でもちょっと難しいものだと思われがちだと思います。「やってみたいけれど、誰かに教わらなければできないのではないか」と思っている人もいるかもしれません。 そういった人達には、決してそんなことはなく、独学でも充分に…

マグロ漁の仕掛けのモザイクと日本の釣り。

ここ10年ほどテレビでマグロ漁の番組をよくやっていますが、漁師さんの仕掛けが映る場面で、仕掛けにモザイクがかかることが多いです。時には、「撮るんじゃねぇ!」とマジギレする漁師さんもいたりして、恐ろしい限りです。 それくらい、仕掛けや釣り方は個…

金曜日の釣具屋は混んでいる。

私は、釣り具屋やその客の雰囲気が嫌いなので、できる限り利用しないことにしているのですが、ちょっとした小物が急に必要な時には、たまに立ち寄ることがあります。 私が車で買い物に行くのは平日の昼間が多いのですが、それでも釣り具屋には結構な数の車が…

バッグにテレスコロッドを突っ込んで電車に乗っている人。

このご時世ですと、電車に乗る機会が減ったという人も多いのではないでしょうか。私も去年は4回しか電車に乗ることがありませんでした。本当は一度も電車に乗りたくないところでしたが、たまにはどうしても乗って行かなくてはいけない場所もあったのです。 …

指5本とかドラゴンとか。

私には、テレビの釣り番組でタチウオ釣りの様子を見かける度に、納得がいかないでいることがあります。 それは、タチウオの体高を指○本などと、指を当てて測ったもので判断しているところです。 魚の体高を判断するのに、人間の指で測るなんて、いかんせん雑…

クモの巣の釣りへの影響。

朝イチに川に釣りに行くと、蜘蛛の巣だらけだったりすることがあります。これは先行者が居ない証拠ですから、期待できる状況なのかもしれませんが、これがなかなかやっかいなものです。 川に覆い被さった木の枝と岩の間に蜘蛛の巣が張られているなんてことも…

女子は釣った魚を食べたがる謎。

たまに、釣りをしたことがない女性に釣りを教えるようなことがありますが、かなりの確率で「食べられるんですか?」と、釣れる魚に対して質問されます。 それから、釣りの場面以外でも、私が釣りが趣味だと言うと、女性の人はかなりの確率で、「釣って食べる…

ルアーはダイナマイトに勝てるか。

ラパラのルアーには、昔は小さな紙の冊子のような物が入っていて、ラパラの歴史や結束方法などの説明が書いてあった気がします。確かその紙に書いてあったのだと思いますが、ラパラのルアーの産みの親であるラウリ・ラパラさんが戦争に駆り出された時の話を…

釣りエサの恐怖。

釣りのエサって、なかなか強烈なものが多いですよね。サシやブドウ虫といった昆虫の幼虫やミミズやゴカイやイソメの環形動物など、ヤバイ奴大集合といった感じではないでしょうか。 エサ釣りをする人達はこういった物をためらいもなく掴み、針にぶっ刺したり…

スピニングリールは非力なのか?

雷魚を釣る人達は、ちょっと独特な世界観を持っているようで、タックルにこだわっている人が多いようです。 ヘビーなロッドに大型ベイトリールと太めのPEラインというのがお決まりで、こういったタックルを使っていないだけで、怒られてしまうことさえあるそ…

テレビの釣り番組はお笑い番組!?

このブログを毎日ご覧になっているような方にはお分かりいただけるかと思いますが、私は散々釣り具メーカーや釣り業界をディスっているわりには、随分と熱心にテレビの釣り番組は見ています。 どうして見ているかというと、普段自分がやらないジャンルの釣り…

アメマスの駆除の謎。

今年は、春から道東の川のアメマスが、あまり釣れなかったそうです。例年では考えられないくらい、川にアメマスが居なかったのだそうです。 陽気が変だから川に留まる魚が少なかったのではないかなどと言われていますが、一部の河川では昨年からアメマスの駆…

岸からバスを釣るのに、2本もロッドを持ち歩く必要があるのか?

どこかで「ロッド2本で岸から釣る」みたいな題のバス釣りの本を見かけたことがありますし、テレビの釣り番組を見ていても、岸からバスを釣る時に出演者が、わざわざ2本以上のロッドを持ち歩いているのをよく見かけます。 こういった状況から察するに、近頃…