釣りにゃんだろう

猫のように気まぐれに 独断と偏見に満ちた釣り情報をお届け

トラウト

意外と魚にプレッシャーのかからない時間帯。

魚というものは、それなりに人の気配に敏感なようです。例えば、朝マズメと呼ばれる夜明け前後は、よく魚が釣れるものですが、有名な釣り場などで夜明け前から沢山の人が張り切って釣りをしているような状態だと、どうにも魚からの反応が悪くなることがあり…

釣りにベストは要らない。

このブログで散々言っていることですが、典型的な釣りの格好というものは、一般人から見るとダサくて恥ずかしいものです。 典型的な釣りの格好とは、キャップ・スポーティーなサングラス・ベストの三点セットを身に付けているような格好です。 釣り人は感覚…

トラウトは、身長が低い人ほどよく釣れる?

ちょっと昔、トラウトなどの釣りの世界では、「短足の人はよく釣れる」と言われていたことがあるそうです。 短足の人は、あまり深くまでウェーディングできないため、結果的に不用意に立ち込みし過ぎて魚を追い払うことがなくなり、魚がよく釣れるという論理…

本流の餌釣りブーム。

近頃、いわゆる本流と呼ばれる大きめの川に行くと、餌釣りをしている人を沢山見かけます。 鮎釣りと似たようなスパッツを履き、長い竿を操っているスタイルは特徴的で、遠くから見てもすぐ分かりますから、ひと目でルアーやフライの釣り人でないことが分かり…

「来年釣ろう」は、通じない時代。

ちょっと前に、今年の夏は渇水と高水温でイトウが大量死しているとニュースになっていました。 今年の夏の気候を考えてみれば、ちゃんと調べていないだけで、このように魚が死ぬ現象は日本中で起きていたのではないでしょうか。 私は、8月は釣りをしません…

渇水はチャンス?

川や湖でトラウトの仲間を釣る場合、夏期などの渇水状態は、あまり歓迎されないことが多いようです。 鮭科の魚は基本的に冷水性の魚ですから、夏場の渇水で水温が上がり流れも弱くなった状態では、どうしても活性が低くなり、反応が悪くなるため釣りづらくな…

アメマスの駆除の謎。

今年は、春から道東の川のアメマスが、あまり釣れなかったそうです。例年では考えられないくらい、川にアメマスが居なかったのだそうです。 陽気が変だから川に留まる魚が少なかったのではないかなどと言われていますが、一部の河川では昨年からアメマスの駆…

初心者はウグイ釣りから始めてみてはどうか。

釣りの初心者の人が、いきなり渓流や湖でトラウトの仲間をルアーやフライで釣るということは、ちょっと難しいことかもしれません。 どこにでもいるような魚達ではありませんから、居る場所を調べることが必要ですし、居たとしても、そんなに沢山は居ないこと…

イトウとニジマスの違いが分からない人。

ある場所でキャンプをしていた人が、日頃はあまりしていない釣りにチャレンジしてみることにしたそうです。エサ釣りだったと思いますが、2匹ほど30センチ弱のニジマスが釣れて、バケツに入れて、「これから食べるんですよ~」と嬉しそうに、ちょっと魚の知…

そっとしておきたい川。

釣り人なら、魚がよく釣れる場所があれば、何度でも通いたくなるのが普通だと思います。 ただ、小さな渓流などでそういった釣りをしてしまうと、魚が減る心配があります。 ですから、あまりガツガツしていないタイプの釣り人の中には、そういった心配がある…

初夏の北海道、トラウト五目釣り。

私は、釣りというと「型のまあまあ良いイトウが一本釣れれば満足」というような気持ちでやることが多いですが、たまに色々な種類の魚をテンポよく釣るという、トライアスロン的な釣りをやりたくなることがあります。 近頃もちょっとそんな気分になることがあ…

ゲストか外道か。

日本の釣りでは、昔から目標としている魚以外の魚種が釣れてしまった場合、外道と呼んであまり喜ばないことが多いです。しかし、近頃では、こういった目標以外の魚のことをゲストと呼び、ちょっとだけ前向きにとらえる風潮も出てきています。 とは言え、私は…

北海道でレンタカーで釣りをすること。

北海道という土地で釣りをするには、車という移動手段がないとかなり不利になります。頑張れば、バスや電車といった公共交通機関だけを使っても、そこそこ釣りはできるとは思いますが、北海道ではそういったものの本数が極端に少ないですから、効率は半端な…

なぜウェーダーを履いて釣りをしなければならないのか。

トラウトフィッシングをする人は、車で釣り場に到着してまず一番にすることが、ウェーダーを履くことである人は多いはずです。 私も、釣り場に到着し車から降りると川や湖の様子を眺めながら、半ば無意識的にウェーダーとウェーディングシューズを車から取り…

イトウは、メーターオーバーを幻という?

かなり古い昭和の時代の本を読んでいたら、尻別川でバカでかいイトウを釣っていた太田さんという人の記事に、「メーターオーバーを幻という」というキャプションがつけられていました。私はそれを読んで、確かにこれだけ大物を釣りまくっていた人からしてみ…

日本のフレッシュウォーターは、この4本があればOK?!

ふと開いたフライキャスティングの教則本に、要約するとこのようなことが書いてありました。 「渓流用に3番、管理釣り場や比較的規模のある河川用に5番、湖用に6番、おまけに小渓流用に6フィート台のショートロッド、この4本があれば日本のフレッシュウ…

湖で釣りをする時の風向きと岬。

湖で釣りをする時には風向きというものが、とても重要になってきます。水温が著しく低い時期の北風などを除けば、トラウトを釣る時は、向い風が良いことがほとんどです。しかし、向い風があまりに強いと、ほとんど釣りにならないことがありますから、真正面…

ジョイントボディのミノーの魔力。

昔から、ルアーでイトウやアメマスを釣る人達には、ラパラやレーベルといったメーカーのジョイントボディのミノープラグが人気があります。 近頃は、多少は使う人が減っているかもしれませんが、そういった釣りが盛んな地域では、今でも誰でも持っているよう…

若手芸人が舞台に出てくるような勢いで、障害物の影から飛び出してくる魚。

いつだったか、白いBMWに乗ったオジサンがあおり運転をして高速道路上で車を停車させて、車から降りてきて暴れるという事件がありました。 その様子の動画がニュースなどで流れると、オジサンが車から降りてくる時の勢いが、「若手芸人が舞台に勢いよく登場…

スポーツメーカーのasicsが渓流釣り用のウェアを発売していた時代。

「何かおいしい情報は載っていないかな~」と思いながら、昭和61年に発行された雑誌の別冊をパラパラとめくっていると、なかなか興味深い広告を見つけました。 一見、何のへんてつもない、今になって見てみるとレトロな感じの渓流釣り用のベストなどのウェア…

川がヒグマに守られているなんて嘘。

昔から釣り雑誌などで北海道の川が紹介される時に、「ヒグマに守られているから魚影が濃い」というような表現が使われていることがあります。私は、そんな文章を見かける度に、「そんなことはないだろう」と笑ってしまいます。 「川がヒグマに守られている」…

ダイワやシマノが積極的にネイティブトラウト用のタックルを出さない事実から分かること。

ダイワとシマノという国内の2大釣り具の総合メーカーの製品を調べてみますと、ネイティブトラウト用のルアーロッドは、あまり種類が豊富ではありません。 明らかに年々減っていっているような気がしますし、シーバスロッドやショアジギングロッドなどと比べ…

ウェーディングシューズのクリーツは焼け石に水。

ウェーディングシューズには、ソールがフェルト製の物とラジアルと呼ばれる樹脂製のものがあります。 これらの物には、それぞれ長所や短所があるわけですが、水中での滑りにくさという点ではフェルトが勝つことがほとんどです。 特にちょっと苔が付いている…

今時ホームページもない漁協。

本州以南の川や湖には、漁業権というものが設定されていることが多く、その場所で釣りをするためには管轄の漁協などに遊漁券(入漁券、鑑札)などを買うという形で、お金を払わなくてはいけません。 ですから、どこかで釣りをしたいと思ったら、まずはその場…

好機を絶対に逃したくないのなら、最低週に一回は釣り場を見に行くべき。

どこの釣り場でも、地元の人が一番よく魚を釣っていることがほとんどではないでしょうか。そして、そういった人達は、釣りをしてもしなくても、仕事の合間のような時間に毎日のように釣り場をチェックしていることが多いです。 この事実は、魚を釣るためには…

鮭稚魚が、ルアーやフライから逃げる時と着いてくる時。

春先に北海道の川で釣りをしていると、鮭稚魚を沢山見かけます。孵化事業をやっていないような川でも見かけますから、結構自然産卵している鮭も多いのかもしれません。 鮭稚魚は、フィッシュイーターの魚達にはご馳走なはずですし、そういった魚達を狙う釣り…

人の家の横みたいな場所で釣りをしたいか。

いつだったか、テレビの釣り番組で伊豆の地磯での釣りの様子を放送していました。 出演していた釣り人は、場所取りの意味合いもあるのでしょうが、まだ真っ暗なうちから支度をして、駐車場所から磯まで歩いていっていたのですが、その磯への入り口がもろに人…

フライフィッシングは、キャスティングで体を動かすから寒くない説。

子供の頃の読んだ本に、フライフィッシングはキャスティングで体を動かすから、気温が低い時でも寒くない、というようなことが書いてあった気がします。 確かに、冬場に河原なんかに行きキャスティング練習をしていると汗ばんでくるくらいですから本当なよう…

自然の川に初めて釣りに来た人が増えているが、はたしてどれだけの人が釣り場に残るのだろうか。

コロナの影響で、密を避けて管理釣り場で釣りをする人が増えて(密を避けられてるのか?)、そこから発展する形で自然の川で釣りをする人も増えているそうです。 確かに、あまり川の釣りに慣れていなさそうな雰囲気の人を見かけることが、去年の夏あたりから…

釣り人よりも山菜採りの人の方が、クマに襲われることが多いのは何故か。

春先などにクマに襲われた人のニュースが流れることがありますが、やられた人は、かなりの確率で山菜採りをしていた人です。釣り人がクマに襲われたニュースもたまにはあるものの、被害者は圧倒的に山菜採りの人の方が多いです。 どちらも同じくらいの数の人…