釣りにゃんだろう

猫のように気まぐれに 独断と偏見に満ちた釣り情報をお届け

トラウト

釣り人なら、としまえんのプールで泳ぐ気にはなれないはずだ。

先日、東京にある遊園地としまえんの夏のプールの様子の映像を見かけました。 若者やファミリーで賑わっており、バンドリ!というアニメとコラボなども行っているようで、それなりに華やかな雰囲気でした。 そんな様子を見た私は、「うわぁ、よくあのプール…

日本のフライフィッシングの人気の無さは、ブラッド・ピットと腹の出たおっさんの違いが原因である。

先日テレビをつけたら、映画「リバーランズ スルー イット」が流れていました。この90年代のアメリカ映画は、「マクリーンの川」という小説を元に作られた、フライフィッシングをする兄弟の人生を追った物語です。 この映画の「作られた」フライフィッシング…

雪の降った日は釣れる説。

そろそろ一年で一番暑い時期なので、今日はちょっと涼しい話でもしましょうか。晩秋などに湖で釣りをしている時に、まとまった雪が降ると爆釣することがあるという話を聞いたことがあります。これはどういった原理で起こることなのでしょうか。 まとまった雪…

村田放流と管理釣り場の釣果の仕組み。

トラウトの管理釣り場での釣りの愛好者達の間では、村田放流なる言葉があるらしいです。 これは、グランダー武蔵のミラクル・ジムのモデルとしてお馴染みの村田基氏が、取材に来る直前に、管理釣り場が積極的に放流することを表す言葉のようです。 これが行…

ゾンカーはエサ並みに釣れて、腐らないミミズのようなものである。

ゾンカーというフライがあります。ウサギなどの毛付きの皮をフックにつけて、適当なものでボディをつくったりウェイトを巻けば完成という、超お手軽なものです。 お手軽なものですが、このフライはフィッシュイーターに対しては、もの凄い威力を発揮して、エ…

「脚が濡れて悪いか」 ウェーダー無しで釣りをすることのすすめ。

近年、私は夏~秋にかけては、あまりウェーダーを着用せずに、湖や川で釣りを楽しんでいます。一度始めてみると、これがなかなか快適で便利なので、今回はご紹介したいと思います。 脚が濡れたら死ぬのか? 湖や川で立ち込んで釣りをする場合、通常はウェー…

ウェーディングができる管理釣り場 八千穂レイク

長野県は佐久穂町の八千穂高原に、八千穂レイクという池があります。この池は夏期には管理釣り場として営業されていて、ウェーディングができたり、フローターが利用できたり、ちょっと面白い管理釣り場となっています。 八千穂レイク管理釣り場。 八千穂レ…

小樽のサクラマス サクラマス=ボラ?

私は、よく小樽で暇をもて余すことがあるのですが、そんな時は小樽の海沿いのイオンに行って時間を潰します。 釣り人なので、水族館にでも行っても良い気もしますが、いかんせん入場料が高いので、なかなか行く気にはなれません。 小樽のイオンは巨大で中を…

奥日光 湯川のブルックトラウト釣り。

湯川は、奥日光の湯ノ湖を源として戦場ヶ原を流れている川です。チョークストリームと呼ばれる、ヨーロッパで鱒釣りが行われる川のような環境に似ている流域もあり、古くから西洋式の釣りが行われてきた歴史ある釣り場です。 湯川のブルックトラウト。 湯川…

ラインを交換する頻度、タイミング。

釣り糸というものは、完全なる消耗品です。ですから、いつまでも使い続けることができるわけではなく、必ず交換する必要が出てきます。 同じラインをどれくらいの期間使えるのかは、釣方、魚種、魚のサイズ、ラインの素材、ラインの管理方法などによって変わ…

佐々木健介がサクラマス釣りをする、『釣りびと万歳』を見て。

『釣りびと万歳』というNHKのテレビ番組があります。この番組は、ちょっと釣りをかじった程度の芸能人・著名人などが釣りに行き、現地の名人などに教わりながら、その土地の名物というような魚を釣ることを目指す内容です。 このような内容ですから、あま…

イワナとヤマメどっちが好きか。

日本在来の渓流魚は、主にイワナ系とヤマメ系に大きく分けられると思います。釣り人に、このどちらが好きかと聞いたら、結構はっきりと答えることができて、どちらか迷う人は少ないのではないでしょうか。 この二種にどのような違いがあるのか、今回は釣り人…

シュガーミノー シリーズ 買う必要がないルアー。

シュガーミノーという、プラスチック製ミノーの超定番商品があります。ウェイトの音のしにくいSGという重心移動システムに変わったり、シュガーミノースリムやシュガーディープというタイプも発売されていますが、長年売られ続けて釣り人からも支持され続…

カーディナルとミッチェルを比較してみる。

現代の日本で人気のあるオールドインスプールスピニングリールとして、スウェーデンのアブ社のカーディナルとフランスのミッチェル社のミッチェルがあります。 これらには、どのような違いがあるのか、今回は簡単に比べてみましょう。比べるとは言っても、私…

スプーンのフックの向き。

今時、スプーンにトレブルフックを使用する人は、あまりいないのではないでしょうか。ほとんどの釣り人が、シングルフックを使用していることかと思います。 この時に問題になってくるのが、シングルフックの向きをどのようにするべきかというものです。 上…

気になる釣りサイト 中国の釣り情報局。

私は基本的には釣りの情報をインターネットでは収集しないという古いタイプの人間なのですか、ちょっと面白いサイトは例外的に定期的にチェックしていたりもします。今回はそんな数少ないサイトの中の一つを、勝手にご紹介したいと思います。 中国の釣り情報…

グレーリングのフライフィッシング、ルアーフィッシング。

グレーリングという魚は、日本には生息していない魚ですが、フライやルアーへ反応が良いため、その対象魚として結構有名な魚です。 またテレビ番組「水曜どうでしょう」において、大泉洋氏がカナダのユーコン川にて「グレーリング飯」という悲劇的な料理に仕…

渓流でベイトリールを使う必要があるのか。

近年ちょっとしたブームになっていることに、「渓流ベイト」などと呼ばれる渓流のルアーフィッシングにベイトリールを使う釣りがあります。渓流でわざわざベイトリールを使うことに意味があるのか、ちょっと考えてみましょう。 渓流でベイトリールを使う必要は…

中禅寺湖の山側の釣り。

中禅寺湖で釣りが許可されているエリアは、山側と国道側と呼ばれる2つの釣り場に大別されます。国道側は、車道が湖岸を走っていて気軽に釣りができるエリアで、山側は、ちょっとした山道を歩かなくてはアクセスできないエリアとなっています。 季節や釣れ具…

スピンキャストリール・クローズドフェイスリールの使い方。

スピンキャストリール・クローズドフェイスリールと呼ばれる種類のリールがあります。日本でルアー釣りが広まり始めた頃は定番のリールであったようですが、今では滅多に使っている人はいません。それでも、ダイワやアブガルシアやゼブコなどは、今でも製造…

スプーンのカラーは、シルバー派?ゴールド派?

スプーンというルアーは、実に様々な色がありますが、管理釣り場用の物を除けば、大部分のものが裏面がシルバーかゴールドです。この2色のものを、釣り場の状況や魚種によって細かく使い分けている人もいますが、だいたいの人は「なんとなくこっちが好きだ…

北海道の入漁料を払う必要がある釣り場。

北海道で川や湖でトラウトを釣る場合、原則的には入漁料等のお金を払う必要ありません。禁漁期間も春のヤマメを除いてはないので、基本的にいつでもタダで釣りをすることができます。 ですから、お金を払って釣りをしたことがないという人も北海道には沢山居…

レーザーチヌークSの謎。

私の使用するルアーの中で、獅子奮迅の活躍をしているチヌークSというスプーンがあります。 このチヌークSには、レーザーチヌークSという表面の塗装が違うものがあるのですが、何とも微妙な商品だと私は思っています。 チヌークSとレーザーチヌークSの…

春のワカサギ捕食シーズンのトラウトをスプーンで釣る。

ワカサギは、春に産卵して一生を終える魚です。地域などによって多少の時期のズレはあるものの、ワカサギが豊富に生息する湖では、春には大量のワカサギが岸辺に群れるようになり、産卵が終われば死にかけて漂っています。 このような条件の時は、そのワカサ…

キャッチアンドリリースとは、太平洋を自分の物にする方法。

開高健の開口閉口という本の中に、「太平洋を自分の物にする方法」という話があります。わずか数ページのエッセイなのですが、釣り人には中々興味深いものとなっています。 どんな話かというのは、5分もあれば読める長さの話ですし、開高健氏独特の無理矢理…

釣りと観光地。

釣り人なら誰だって、観光地で釣りはしたくないはずです。できるだけ人が居ない、自然豊かで静かな環境で釣りをしたいと思うのではないでしょうか。 しかし、現実には釣り場と観光地が密接していることは、少なくありません。都会から近く景色が良いような場…

渓流で管理釣り場用スプーンは釣れるか。

トラウトフィッシングに使われるルアーのスプーンは、渓流などのいわゆるネイティブ用と管理釣り場用に基本的に別れています。多くの釣り人のみなさんが、この分類を守り、両者を使い分けているのではないでしょうか。 そんな中で、私は前から考えていたこと…

ブルーバックレインボーが居る!? 群馬県野反湖の釣り。

野反湖は、古くからブルーバックレインボーと呼ばれる、青みがかった色のニジマスが自然繁殖していることで有名です。釣りキチ三平のコバルトマスというエピソードも、この湖をモデルにしているのではないかと推測されます。そんな古戦場とも言えるような野…

中禅寺湖のレイクトラウト釣りにスライドスプーンは必要なのか?

近年トラウトフィッシングの世界でとても人気があるの釣りに、プロビアなどのスライド系スプーンを利用した中禅寺湖でのレイクトラウト釣りがあります。ちょっと変わった形のスプーンを使いボトム付近を狙う釣りですが、かなりのルアー釣りの人々がそのスラ…

忠さんのスプーン マスター

忠さんのスプーンというとバイトが有名ですが、それとはまた違った持ち味を持ったスプーンにマスター(master)があります。ちょっと使う人の少ないこのスプーンについて、今回は見ていきましょう。 マスターの特徴、バイトとの違い。 上の細身なのがマスタ…