釣りにゃんだろう

猫のように気まぐれに 独断と偏見に満ちた釣り情報をお届け

トラウト

ルーハージェンセン クロコダイル オールド肉厚スプーン

名作スプーン「ハスルアー」で有名なLuhrJensen(ルーハージェンセン)の製品には、もう1つの名作スプーンとしてKrocodile(クロコダイル)というものがあります。 このスプーンがいつ頃から存在するのか、ちょっと私には分からないのですが、少なくとも日…

針掛かりしたウグイやヤマメのイレギュラーなアクションを再現できれば、爆釣するかもしれない。

イトウなどの大きな魚を大きめのルアーで狙っていても、貪欲なウグイやヤマメがフッキングしてしまうことがあります。こんな時は、高速で回収して逃がしてさっさと釣りを続けるわけですが、時々思いもよらない展開を見せることがあります。 10グラム程度のス…

美幌峠から見える、屈斜路湖のニジマスのライズ。

水質が強い酸性になり、一時期は魚が絶滅しかけたと言われている、北海道の屈斜路湖ですが、現在ではウグイ・アメマス・ニジマス・ヒメマスなど様々な魚類が見られるようになってきていて、釣り人からの人気も高いものとなっています。 この日本最大のカルデ…

渓流では膝まずいたり岩に隠れてキャストするべきなのか。 逃げる魚は何しても逃げる。

昔から釣りの本には、渓流ではしゃがんだり膝まずいたり岩に隠れたりしながら釣りをしろと、よく書いてあります。そうしないと、魚に気づかれて逃げられることがあるからだそうです。 私は、たまに渓流で釣りをすることがありますが、ちょっとだけ姿勢を低く…

口の壊れたアメマスがよく釣れるということは、魚のリリースに意味はあるということの表れ。

北海道のアメマスという魚は、かなり貪欲なのか、小さいものから大きなものまで、積極的にルアーやフライに食いついてくることが多いです。 時には、他の魚を狙っていても、もう勘弁してくれというくらい釣れてしまうものですが、冷静に考えてみれば「40セン…

トラウトロッドの木製のリールシートについて。

トラウトロッドの中には、木でできたリールシートが使われているものがあります。どちらかと言うと、ある程度高価なロッドに、木製のリールシートが使われているものです。 そのようなものを、私も少し使ってみたことがありますが、現在は使っていませんし、…

スプーンに付いている謎のペラペラ、ルアーフリッパー。

ルアーのスプーンの特に古いものなどには、フックを取り付けるスプリットリングのところに、赤などのプラ製の楕円形のペラペラが付いていることがあります。販売されている名前を見るところによると、これはルアーフリッパーというようですが、これには釣果…

湿原河川で釣った魚の写真をどう撮るか。

北海道には、湿原河川と呼ばれるような川があります。主に道東地方に多いでしょうか。 こういった川でアメマスやイトウやニジマスを釣る場合、岸際から深く掘れていたり、川底がぬかるんでいたりするため、ウェーディングせずに岸の上から釣りをすることにな…

バス釣り→管理釣り→ソルトと釣り人が移動した説。

1990年代の釣りブームの時、かなりの人がルアーフィッシングをしていました。それから、あれこれと問題がありバス釣りが下火になった後、あの人達はどこに行ってしまったのだろうかと、私はたまに考えることがあります。 おそらく釣りそのものを止めてしまっ…

スピナーは昆虫を模しているのか?

近頃はあまり売られていないので、それほど人気のないルアーなのかもしれませんが、スピナーというルアーはめちゃくちゃ良く魚が釣れます。特にあまりスレていないような魚が居れば、さっと投げて巻くだけで、すぐに反応してくれるものですから、「初めて来…

アブ スウェーデン王室御用達の釣り具。

先日テレビのチャンネルを回していたら、スウェーデンの王室の話をやっていて、「あっ、この人見たことある」と思い、しばらくその番組を見てしまいました。 日本の皇族さえ満足に知らない私が、なぜスウェーデンの王室の人の顔を覚えていたかというと、古い…

渓流魚を釣って売る人が居るという現実。

昨今はフリマアプリ、オークションサイトなどを利用すれば、誰でも簡単に物を売ることが可能になり、昔よりもずっと物を売るハードルが下がってきています。こういった物は、いくら利益を上げても「個人的に不要な物を売った」という形ならば課税されないと…

渓流のトラウトルアーフィッシングで、トレブルフックが使われ続ける理由。

現在、トラウトをルアーで釣る時には、トレブルフックではなくシングルフックが使われることが多くなってきています。 これは、リリースをする場合にはシングルフックの方がダメージが少なかったり、一度フッキングしてしまえば実はシングルフックの方がバレ…

アリゲーターガーが発見されると駆除される現象とニジマス。

たまに川や池などで、外来種であるアリゲーターガーが釣られたり捕獲されるとニュースになることがあります。おそらく、飼育していた人が逃がしてしまったものでしょう。 こういったニュースでは、生態系への影響が懸念されるなどといったことが伝えられるこ…

ランディングネットのサイズ選び。

昨年、渓流でとても可愛らしい大きさのランディングネットを、ベストの背中にぶら下げている人を見かけました。ネット部分の長辺が15センチもないものです。 以前の私だったら、「そんな物何に使うんだ」と疑問に思っていたかもしれませんが、その時は「あれ…

トラウトは、川より湖の方が大物が釣れるということは、北海道ではあまり当てはまらない。

皆さんは、トラウトを釣る時に、川と湖のどちらの方が大きな魚が釣れると思いますか?本州では、どちらかと言うと湖の方が大物を狙えるようなイメージがある気がしませんか。しかし、北海道ではこのようなことは全くなく、どちらかと言うと現在は川の方が大…

サケ稚魚がフライで釣れまくる事実と、鮎が釣れる河川でのフライ禁止。

以前、春先に川で何でもいいから釣れないかなぁと適当にフライを流していたら、ピッとラインが動いたのでアワセてみました。すると、それと同時に小さな小さな魚が、フライにくっついて飛んできました。なんとパーマークのあるサケの稚魚で、ちゃんと口にフ…

同じ魚が何度も釣れるということと、リリースの有効性。

魚をリリースする釣りをしている人の中には、「この魚、前にも釣ったことがある気がする」と思ったことがある人は、かなり多いのではないでしょうか。魚のサイズや模様などから考えて、どうも同じ魚を釣ったのではないかと考えられることが結構あるものです…

極限のフライロッド?! マックスキャッチ エクストリーム(MAXIMUMCATCH Maxcatch Extreme)

フライロッドというと、高価であるというイメージを持たれている方も多いかと思われます。特にこの国では、近年フライフィッシングの愛好者が減り、市場が小さいものですから、高い物を少なく売ることでしか利益を上げにくいらしく、高級化の傾向が強まって…

カーディナルが何度も復刻されているが、大金を払って買うほどのリールではないのではないか。

アブのカーディナル33というものは、近年ちょっとずつ仕様を変えて毎年のように限定生産されています。それだけこのリールのコアなファンが日本には多く、発売すれば買う人がちゃんと居て、それなりに利益が出るということなのでしょう。 私は、カーディナル…

サクラマスを釣るのは、宝くじ並の確率なのか? 釣りと釣れる確率のはなし。

以前、米代川だかの東北の川でルアーでサクラマスを釣る映像を見たことがありました。出演者は、前日の釣果情報を仕入れて、「どこどこのポイントに50人入っていて、2人釣れたらしい。宝くじだな」と言っておどけてスタッフを笑わせていました。 私も、その…

湖でトラウトを釣るコツ。とにかく向かい風の場所を選べ。

湖でトラウトを狙う場合、風が弱く水面が鏡のようになっている時に魚を釣るのは難しいことが多いです。 少しでも風が吹いて、水面がざわついたり、波が立っている時の方が、圧倒的に魚はよく釣れます。水に多少でも動きがあった方が、魚の活性が高まるからで…

クマが居るから、釣りも楽しくできる。

たまに釣り場にクマの足跡があったり、気配がしたりすると、極端に嫌がる人が居ますが、私は釣りをしたいのだったら、そこまで嫌がることではないと思います。 釣り人が森の奥深くに立ち入っていって、クマの痕跡が見つけられるということは、普通に考えれば…

ハルゼミフライの作り方。

地域によって多少時期は違いますが、初夏には水面に落ちたハルゼミやエゾハルゼミを捕食するトラウトが出現する釣り場があります。 こういったものを釣るには、近頃は専用のルアーも売られていますが、昔からフライで狙った方が勝率は良いようです。 やはり…

ルアーフィッシングをする人の中には、トローリングを否定する人が多いが…

ルアーでトラウトが釣れる湖では、岸やボートからキャスティングでの釣りが行われているだけでなく、トローリングでの釣りも行われていることがあります。 キャスティングの釣りをしている人の中には、「魚探使って船で引っ張って釣っても…」というように、…

淡く儚い、2020年春の釣り。

近頃は、あまりあちこち動き回ってはいけないという時世になってしまったので、私も冬の間からあれこれと準備し予定していた釣りにも行けずに、無駄に室内トレーニングばかりこなす日々となっております。この事態が続けば、マグロでも釣れるような身体にな…

ワカサギがルアーで釣れる季節。

ワカサギ釣りというと、冬季に氷上や船から行われることが多いものですが、私は結構ルアーで釣ってしまっています。 ワカサギがルアーでよく釣れてしまうのは、産卵期が近くの春先のことです。この時期にはワカサギは接岸してきて、ワカサギの多い湖ではワラ…

カーディナル33は要らない。

私は、所謂オールドリールというものを使って釣りをすることが趣味です。そこまで大量ではありませんが、滅多に出番がないリールもでてきてしまうほど、オールドリールをそれなりの数所有しています。 しかしながら、オールドリール好きなら誰でも持っていそ…

管理釣り場(エリアフィッシング)の料金は高過ぎないか?

エリアフィッシングと呼ばれる管理釣り場のトラウトフィッシングは、2000年代に入ってから、とても盛んに行われています。 管理釣り場の釣りは、魚が確実に居る、技術により釣果の差が出やすくゲーム性が高い、釣った魚を食べることもできる、といった点があ…

魚は、固いロッドや伸びの少ないラインで引っ張るほど、強く引いたり暴れたりする。

私は基本的に、ルアーフィッシングをする時には、今だにほとんどナイロンラインを使って釣りをしていますが、たまにPEラインを使って釣りをすると、大して大きくない魚でも暴れたり引きまくるので、ちょっと驚いてしまうことがあります。 ラインに伸びがな…