釣りにゃんだろう

猫のように気まぐれに 独断と偏見に満ちた釣り情報をお届け

トラウト

ネットを水中に放置したら刺し網状態になる川。

いつだったか川でイトウを一匹釣り、「良かった良かった」と満足して車まで戻り気持ちよく昼寝をしていました。 夕方になり辺りが薄暗くなってきた頃に目を覚ますと、突然「さっきネットを持って帰ってきたっけ?」という疑問が頭に浮かんできたのです。 ち…

魚にも好き嫌いがあるのではないか。

何かの本で、水槽に入れたイワナにワカサギとウグイとオイカワを与えたら、ワカサギ→オイカワ→ウグイの順で食べていったというような話を読んだことがあります。こういった話を聞くと、魚というものには好き嫌いがあるのではないかと考えさせられます。 私も…

「昔はもっと釣れたのに」 と自分が言う側になるとは。

釣りをしている時に出会ったおじさんなどに、「昔はもっと釣れたんだけどねぇ」というような話を聞かされたことがある人は多いのではないでしょうか。 どこに行っても何をしていても、こんな話をしてくる人はいるもので、私も何度もそんな人に出会ってきまし…

疲れる川、疲れない川。

川というものは、色々な土地を流れているものです。ごろごろとした玉石の転がる中や、ネチネチとした湿地の中や、巨大な岩が連なる中など、魚を釣るためには様々な川を歩いて釣りにいかなくてはなりません。 こういった色々なタイプの川を比べてみると、同じ…

ランディングネットは直径だけでなく深さも問題。

以前ランディングネットは、枠の長辺の2倍くらいの魚までなら、なんとかランディングできるというようなことを書いた気がしますが、必ずしもそうでもないのかもしれないと補足したいと思います。 近頃、たまたまネット部分の深さが浅いラバー製のネットを使…

引きの違いで魚種が分かるか。

釣り初心者の人などには信じられないかもしれませんが、ちょっと釣りをしている人なら、魚が掛かってからの引き方で魚種を判定できるものです。 自分がよく釣る種類の魚に限りますし、100%の正解率ではないかもしれませんが、魚の姿が見える前から、だいたい…

ネットは小さいほど魚が大きく見えるが…

私は、魚を釣って写真を撮るのが趣味なのですが、魚をネットの上に寝かして撮る時には、やっぱりネットは小さいほど絵になりますね。 ネットが小さければ、魚は大きく見えます。魚体に対して余裕のある大きなネットを使った時と比べると、魚の全長が長く見え…

同じポイントを岸から狙うのとボートから狙うのとでは、岸からの方がよく釣れることもある。

私は、湖で同じポイントを岸からとボートからと両方の方法で釣りをしたことがあるのですが、何度やってみても圧倒的に岸から釣った方がよく釣れたものです。 湖での釣りは、岸釣りよりもボート釣りの方が有利と思われがちですが、どうやら必ずしもそうでもな…

「ちょっとでも違和感があったら、そこはしつこく」

釣りをしていると、「何か居る気がする」と感じることがよくあります。魚の姿が見えたわけでも、アタリがあったわけでもないのですが、なんとなく魚が居る気がしてならないのです。 そんなちょっとした違和感を覚えるような場所は、どうしても気になるので、…

ランヤードってどうよ?

トラウト類のフライフィッシングやルアーフィッシングをやる人がたまに使っているアイテムに、ランヤード(ラ二ヤードと呼ばれることも多い)というものがあります。 首輪のような紐に、ラインクリッパーやフロータントなどのような好みの小物をいくつか吊る…

朝支度して昼からでかける釣り。

私は今年はあまり釣りをする気力がなかったので、「朝起きてやる気があったら、それから支度をして釣りに行こうかな」と考え、昼頃から釣りに行くことが何度かありました。 このようにしてみると、釣りというものは本当にお気軽なものです。前日からあれこれ…

冬季ニジマス釣り場比較 利根川・神流川

関東圏に住んでいる人は、この時期になると釣りができる釣り場が限られてくるために、冬季ニジマス釣り場に楽しみを求める人も少なくないのではないでしょうか。 「逃がしたばかりの魚を釣るのはなんだかなぁ」とは思わなくもないわけですが、群馬県の川では…

100円ショップで買えるフライ用品。メタルビーズ。

100円ショップには、フライフィッシングに使えるような物が沢山売っています。そんな中でも確実に使えるものとして、メタルビーズがあります。 フライタイイングには、よくメタルビーズが使われますが、ほぼ同じような物がダイソーにも売られています。「メ…

岸と一体化している釣りの服装。

たまに大きめの川や湖などで、「えっ、そこに人が居たんだ!」と驚くくらい、対岸などに居る他の釣り人の存在に、なかなか気づかなかったりすることがあります。 そういった人達は、カーキやベージュなどの色のウェアとウェーダーを着ていることが多く、ちょ…

釣りに便利なシートカバーはホーマックでも買える。

釣り関係のメーカーからシートカバーというような物が売られています。車のシートに被せるもので、防水加工がされた生地でできていて、シートが汚れたり濡れるのを防いでくれるものです。 これは、ウェーダーなどを履いて水に立ち込む釣りをしている人には、…

4Xと5Xのリーダーしか売っていない釣り具屋。

近頃、暇潰しに関東の大きな釣り具屋さんに入ってみたところ、ほんの僅かだけフライフィッシング用品を売っていました。 ほぼリーダーしか売っていないような状態だったのですが、綺麗に4Xと5Xの物の長さ違いだけがびっしりと並んでいるのでした。私は、こ…

釣り人は宿泊拒否!?

90年代くらいの釣りの本を読んでいたら、面白いことが書いてありました。 渓流釣りをしている当日に旅館などに泊まろうとしても、空室があるにも関わらず満室だと断られるというのです。 釣り人は、汚かったりエサ臭かったりして迷惑であり、金払いも悪いの…

釣りのために異常気象は覚えておく。

近頃は、年中異常気象だと言われるような現象が起きています。暑かったり、寒かったり。大雨が降ったり、逆に雨が降らなかったり。大雪が降ったり、降らなかったり。なかなか、ほどほどの気象条件の年ということがなく、毎年のように日本のあちこちでびっく…

Google Mapの利用時には、釣り場付近の道路の通行止めに注意。

釣り場まで行く時に、Google Mapで経路を検索する人は多いのではないでしょうか。Google Mapは、一瞬で細かな経路や所用時間が分かりとても便利なものですが、ちょっと注意して利用しないと釣り場にたどり着けないという悲劇が待っていることもあります。 釣…

ワイルドトラウトとネイティブトラウトの違い。

トラウトフィッシングの世界では、ワイルドトラウトだとかネイティブトラウトだとかいった言葉が使われることがあります。これらの言葉が、間違って使われているのを、たまに見かけることがありますから、どういった意味なのか今一度確認してみましょう。 ま…

ビワマスやホンマスのジギング。

ちょっと前に、琵琶湖でビワマスをボートからジギングで釣る様子をテレビで見かけました。ビワマス釣りというと、ほぼトローリング一択といったイメージですが、ジギングでも釣れないことはないようでした。 50グラム程度のメタルジグを使い、魚探で反応のあ…

本流の「釣り下りルール」を気にする必要がない時。

本流と呼ばれるような大きめの川の、沢山の釣り人が訪れるような人気のある場所では、釣り下るのがルールとされています。 釣り人が全員キャストしたら一歩下るようにすれば、同時に平等に沢山の人が釣りを楽しめるからです。 しかし、これはあくまで人が沢…

ネイティブトラウトの釣りを始めるのにウェーダーは要らない?!

釣り業界が「ネイティブトラウト」と呼ぶジャンルの釣りを始めようと思ったら、まずはウェーダーという物を買わないといけないと思っている人は多いかもしれません。 それだけ、あのヘンテコな長靴のお化けみたいなものは、川や湖で釣りをする時の象徴みたい…

ポケットに入るケースが一つあれば夢が叶うフライフィッシング。

私は、近頃釣りに行く時に「妙に荷物が軽いな」と思うことが多いのですが、それはルアーを持っていかないからだと思います。 フライフィッシングの道具だけを持っていくと、リールなどがすっきりとした形で荷物がコンパクトにまとまるだけでなく、フライには…

釣りのガイドって、デカイ魚を釣ったことがあるのだろうか。

現在、北海道にはかなりの数の釣りのガイドを名乗る人がいるらしいですが、そういった人達って大きな魚を釣ったことがあるのでしょうかね? ガイドは人に釣らせるのが仕事とは言え、人並みの釣果しか知らないような人では、お金を払うほどの価値がある人とは…

フライを結ぶ時のループノットの効果が実感できない。

フライフィッシングで、ウェットフライやストリーマーを使って釣りをする時には、ループノットを使うと良いと言われています。この方が、フライの動きが良くなるから、よく釣れるのだそうです。 このことは、海外の動画なんかを見ていても盛んに言っています…

湖で魚が釣れるのはピンスポット。

湖の釣りというと川と比べるとだだっ広くて、どこで釣ったら良いのか掴みどころがないような印象を受ける釣り人は多いかもしれません。 特に渓流のような小さな川でばかり釣りをしている人にとっては、海のように広大に見えて、とてもで魚が釣れる気がしない…

「魚の顔が見られれば良い」

よく、釣りを始める前に「まあ、今日は魚の顔が見られれば良いんで」などと言っている人がいますが、あれは本心から言っているのでしょうか? 「魚の顔が見られれば良い」というのは、とりあえず魚が一匹でも釣れれば良くて、サイズや数にはこだわらないとい…

「マス」と名前に付く魚は口が弱い。

魚の中には口の周りが柔らかく、フッキングしてから裂けやすいものがいます。こういった状態のことを「口が弱い」と言いますが、針穴が拡がりやすくバレやすいため、少々ランディングするのが難しくなります。 ルアーやフライで釣れるトラウトの仲間の魚の中…

一匹で居る魚よりも、複数で居る魚の方が釣り易い?奪い合い効果。

ごく稀にですが、一匹魚を掛けると他の魚が着いてきて、口に着いたルアーやフライを奪おうとアタックしてくることがあります。 「どれだけ飢えてるんだ」と心配になってしまったりもしますが、魚達の世界には譲り合いの精神なんてものはなく、他の魚のエサを…