釣りにゃんだろう

猫のように気まぐれに 独断と偏見に満ちた釣り情報をお届け

トラウト

オショロコマとエゾイワナの違いと、お腹の黄色いエゾイワナ。

北海道には、オショロコマとエゾイワナ(アメマス)という2種類のイワナが生息しています。これらのイワナは、稀に混生していることもありますが、簡単に見分けることができます。 オショロコマとエゾイワナの見分け方。 オショロコマ オショロコマとエゾイ…

アメマスとエゾイワナの違い。

北海道には、エゾイワナと呼ばれるイワナが生息しています。このエゾイワナが、川から海に降り育ったものがアメマスです。 このように成育環境により名称が区別されているものなのですが、釣りの場面では、あまり区別せずに、これらの魚は単にアメマスと呼ば…

栃木県小山 思川の鮭釣り

近年、栃木県の思川という場所で、鮭の有効利用調査が行われており、応募制で釣りをすることができます。 私は、「栃木県なんて完全な内陸部で鮭釣りができるなんて、ちょっと面白そうだな」と思い、以前行ってきたことがあるので、その時の衝撃的な様子を今…

湖の釣りの大敵? ターンオーバー。

湖で釣りをする人々が恐れている現象に、ターンオーバーというものがあります。これは一体どのような現象で、釣りにどのような影響を与えるものなのでしょうか。 ターンオーバーの仕組み。 釣り人がターンオーバーという時は、秋のターンオーバーを指すこと…

堰堤というポイント。

川でトラウトフィッシングをしていると、堰堤が目の前に現れることが少なくありません。当然、魚が留まりやすい場所なので一級ポイントではあるわけですが、一部の釣り人達からはあまり人気がないポイントでもあります。 堰堤が嫌われる理由。 堰堤が一級ポ…

サクラマスは川に入ったら餌を食べないというのは本当か。

最近では、そうではないという説も出てきているようですが、昔からサクラマスは春に海から川に遡上を始めると、産卵を行う秋まで、基本的には餌をとらないと言われています。 しかし、釣りをしている人なら誰でも、「本当なのか?」と疑問に思ったことがある…

イトウ・アメマス・ニジマス・ヤマメを、一つの川で釣る。

昨年、このような記事を書きましたが、これは名前を出しても差し支えのないような場所を選んだため、移動を繰り返すようなことになったわけで、場所を明かさないで良いのなら、一つか二つの川だけでも、北海道では沢山の種類のトラウトを釣ることはできるも…

ルアーにシングルフックを使うメリット。

トラウトのルアーフィッシングの世界では、近頃はスプーンであろうとプラグであろうと、シングルフックが使うことが主流になってきています。 ところが、未だに市販されているルアーには、トレブルフックが装着されていたり、頑なにトレブルフックの使用にこ…

川でサケ(サーモン)を、ルアーで釣る難しさ。

サケ(サーモン)の仲間は、海から川に遡上を始めると、基本的には餌を摂らないと言われています。 ですから、サケの仲間を川でルアーで釣るとなると、単純な食欲からくる反応は望めなくなり、ちょっと難しい釣りとなるわけです。 日本では基本的に川で鮭の…

ヤマメは幻の魚だった?

ヤマメという魚は、どこにでも居るものでもありませんが、釣り人にとっては結構身近な魚です。ところが、そうなってきたのは、意外と最近のことなのかもしれないというのが、今回のお話です。 もし放流がなかったら。 ヤマメは、北海道では手掴みでとれるく…

鯉がルアーで釣れる謎。

コイは雑食性の魚ですから、様々なエサで釣ることができます。それから、そのエサを模したようなフライやルアーでも釣ることができます。 ところが、時として、そのような通常考えられるような方法以外でも、なぜか釣れてしまうことがあるものです。 スプー…

鮭(サーモン)などを、スプーンを底で転がして釣るテクニック。

日本の川では鮭を釣ることは法律で禁止されていますが、忠類川など、一部の河川では有効利用調査というものが行われています。 また、海外に行けば、様々な種類のサーモンを釣れる場所は、いくらでもあります。 こうした鮭を川でルアーで釣る場合に多用され…

釣りに熊鈴は必要なのか?

ごく稀にではありますが、釣りをしに山に入って、クマに襲われる人がいます。このようなことがあるので、クマの出没する可能性のある釣り場には、熊鈴や熊避けスプレーなどを持っていった方が良いと、一般的には言われています。 熊鈴の効果は? クマ避けの…

ヤマベという名前の魚。

みなさんは、ヤマベと聞いた時、どのような魚を思い浮かべるでしょうか?これは、その人の住む地域によって違ってくるものかもしれません。 ヤマベ・ヤマメ・オイカワ。 北海道の人にヤマベと言うと、渓流に生息するヤマメという魚のことだと思われます。と…

釣り人なら、としまえんのプールで泳ぐ気にはなれないはずだ。

先日、東京にある遊園地としまえんの夏のプールの様子の映像を見かけました。 若者やファミリーで賑わっており、バンドリ!というアニメとコラボなども行っているようで、それなりに華やかな雰囲気でした。 そんな様子を見た私は、「うわぁ、よくあのプール…

日本のフライフィッシングの人気の無さは、ブラッド・ピットと腹の出たおっさんの違いが原因である。

先日テレビをつけたら、映画「リバーランズ スルー イット」が流れていました。この90年代のアメリカ映画は、「マクリーンの川」という小説を元に作られた、フライフィッシングをする兄弟の人生を追った物語です。 この映画の「作られた」フライフィッシング…

雪の降った日は釣れる説。

そろそろ一年で一番暑い時期なので、今日はちょっと涼しい話でもしましょうか。晩秋などに湖で釣りをしている時に、まとまった雪が降ると爆釣することがあるという話を聞いたことがあります。これはどういった原理で起こることなのでしょうか。 まとまった雪…

村田放流と管理釣り場の釣果の仕組み。

トラウトの管理釣り場での釣りの愛好者達の間では、村田放流なる言葉があるらしいです。 これは、グランダー武蔵のミラクル・ジムのモデルとしてお馴染みの村田基氏が、取材に来る直前に、管理釣り場が積極的に放流することを表す言葉のようです。 これが行…

ゾンカーはエサ並みに釣れて、腐らないミミズのようなものである。

ゾンカーというフライがあります。ウサギなどの毛付きの皮をフックにつけて、適当なものでボディをつくったりウェイトを巻けば完成という、超お手軽なものです。 お手軽なものですが、このフライはフィッシュイーターに対しては、もの凄い威力を発揮して、エ…

「脚が濡れて悪いか」 ウェーダー無しで釣りをすることのすすめ。

近年、私は夏~秋にかけては、あまりウェーダーを着用せずに、湖や川で釣りを楽しんでいます。一度始めてみると、これがなかなか快適で便利なので、今回はご紹介したいと思います。 脚が濡れたら死ぬのか? 湖や川で立ち込んで釣りをする場合、通常はウェー…

ウェーディングができる管理釣り場 八千穂レイク

長野県は佐久穂町の八千穂高原に、八千穂レイクという池があります。この池は夏期には管理釣り場として営業されていて、ウェーディングができたり、フローターが利用できたり、ちょっと面白い管理釣り場となっています。 八千穂レイク管理釣り場。 八千穂レ…

小樽のサクラマス サクラマス=ボラ?

私は、よく小樽で暇をもて余すことがあるのですが、そんな時は小樽の海沿いのイオンに行って時間を潰します。 釣り人なので、水族館にでも行っても良い気もしますが、いかんせん入場料が高いので、なかなか行く気にはなれません。 小樽のイオンは巨大で中を…

奥日光 湯川のブルックトラウト釣り。

湯川は、奥日光の湯ノ湖を源として戦場ヶ原を流れている川です。チョークストリームと呼ばれる、ヨーロッパで鱒釣りが行われる川のような環境に似ている流域もあり、古くから西洋式の釣りが行われてきた歴史ある釣り場です。 湯川のブルックトラウト。 湯川…

ラインを交換する頻度、タイミング。

釣り糸というものは、完全なる消耗品です。ですから、いつまでも使い続けることができるわけではなく、必ず交換する必要が出てきます。 同じラインをどれくらいの期間使えるのかは、釣方、魚種、魚のサイズ、ラインの素材、ラインの管理方法などによって変わ…

佐々木健介がサクラマス釣りをする、『釣りびと万歳』を見て。

『釣りびと万歳』というNHKのテレビ番組があります。この番組は、ちょっと釣りをかじった程度の芸能人・著名人などが釣りに行き、現地の名人などに教わりながら、その土地の名物というような魚を釣ることを目指す内容です。 このような内容ですから、あま…

イワナとヤマメどっちが好きか。

日本在来の渓流魚は、主にイワナ系とヤマメ系に大きく分けられると思います。釣り人に、このどちらが好きかと聞いたら、結構はっきりと答えることができて、どちらか迷う人は少ないのではないでしょうか。 この二種にどのような違いがあるのか、今回は釣り人…

シュガーミノー シリーズ 買う必要がないルアー。

シュガーミノーという、プラスチック製ミノーの超定番商品があります。ウェイトの音のしにくいSGという重心移動システムに変わったり、シュガーミノースリムやシュガーディープというタイプも発売されていますが、長年売られ続けて釣り人からも支持され続…

カーディナルとミッチェルを比較してみる。

現代の日本で人気のあるオールドインスプールスピニングリールとして、スウェーデンのアブ社のカーディナルとフランスのミッチェル社のミッチェルがあります。 これらには、どのような違いがあるのか、今回は簡単に比べてみましょう。比べるとは言っても、私…

スプーンのフックの向き。

今時、スプーンにトレブルフックを使用する人は、あまりいないのではないでしょうか。ほとんどの釣り人が、シングルフックを使用していることかと思います。 この時に問題になってくるのが、シングルフックの向きをどのようにするべきかというものです。 上…

気になる釣りサイト 中国の釣り情報局。

私は基本的には釣りの情報をインターネットでは収集しないという古いタイプの人間なのですか、ちょっと面白いサイトは例外的に定期的にチェックしていたりもします。今回はそんな数少ないサイトの中の一つを、勝手にご紹介したいと思います。 中国の釣り情報…