釣りにゃんだろう

猫のように気まぐれに 独断と偏見に満ちた釣り情報をお届け

トラウト

釣りが雑になる北海道。

北海道の川で釣りをしていたある日のこと、まず朝の第一投目に、ロールキャストをしてラインを数メートル伸ばしました。 それから、もうちょっと飛ばさないとなと、リールからラインを引き出していると、ラインがわずかに張った気がしたので引っ張ってみると…

ファイト中にロッドのバットを持ってはいけないのか?

YouTubeで、海外の釣り番組でアトランティックサーモンを釣っているのを見ていたら、出演者が「ファイト中は絶対にロッドのバットを握ってはいけない。折れてしまう」と言っていました。私はそんな言葉を聞くと、「確かにそうだけど…」と思い、完全には賛成…

魚が釣れるとロッドをくわえる釣り人。

怪魚系の釣り人に多い気がしますが、たまにロッドをくわえて釣れた魚を持って写真を撮るような人がいます。 私は、このようなことをするのは釣りキチ三平の影響が大きいのではないかと思いますが、現実でいい大人がやっているのは、なんとも痛いものです。 …

片手で持てるような魚は、持って写真に撮らずに逃がすべき。

たまに釣り雑誌なんかでは、渓流で釣った魚なんかを片手で持った釣り人の写真が使われていることがありますが、あれって本当に見苦しくて仕方ありませんよね。 基本的に、渓流魚というものは、大きくても30~40センチです。そのくらいの魚を手に持って写真を…

障害物が沈んでいると分かっていたのに根掛かり。

釣り人なら誰でも、初めて釣りをした場所でない限り、ポイントの石とか木とかゴミが沈んでいる場所を知っていることは、よくあるのではないでしょうか。 どこに障害物が沈んでいるか知っているのですから、根掛かりする可能性を減らせそうなものですが、そう…

釣果に差がでるのは、腕が違うからではなく、タナが違うからなのではないか。

本流でフライフィッシングをしていると、ふわりと見惚れるような美しいキャストをする釣りの上手そうな人に魚が釣れておらず、その後からベチャベチャとろくに飛ばないキャストの下手くそな私が釣りをすると、釣れてしまうということがよくあります。 どう考…

魚が釣れたからって、人生が救われるわけではないが…

釣り人というものは、魚が釣れればご機嫌で、それだけで毎日元気に過ごせてしまうものです。 でも、よくよく考えてみると、魚が釣れたからって、自分の人生は何一つ変わってはいないはずです。 魚が釣れたからって、給料が上がるわけでもありませんし、借金…

近頃カメラで連写してない。

私は、魚が釣れた時にスマホではなくデジタルカメラで写真を撮りますが、「これは!」という魚が釣れた時には、連写モードで撮影しています。 連写モードで撮影すれば、沢山の写真の中からベストなものが選べますし、失敗が少ないからです。 それ以外の時は…

魚が食べている白いフワフワしたカス。

里川と呼ばれるような、集落の中を流れる川で釣りをしていると、たまに魚が謎の物体を食べているのを見かけます。 水中を流れてくる白い小さなフワフワしたカスのようなものです。水棲昆虫ではないようですし、私は人工的な物なのではないかと思っています。…

ルアーで釣れてる人を一度しか見たことがない川。

人気のある本流なんかでは、エサ・ルアー・フライと様々な釣方の人達が入り乱れているわけですが、やはりエサ釣りの人達はよく釣れていますね。 ルアーやフライの釣り人が釣れていなくても、エサ釣りの人の竿は曲がっていたりするので、「魚は居るんだなぁ」…

魚の鳥に襲われた跡。

釣れた魚をリリースする人が多い川なんかでは、身体に傷がある魚が釣れるということは、珍しいことではありません。 こういった魚の大部分は、前に釣られた時に、PEラインが身体に巻きついたり、編み目の粗いネットに入れられて傷ついたり、過度に手で触られ…

海外にも管釣りはあるが…。

今の時代、日本で釣りのジャンルとして「トラウト」と言うと、管理釣り場の釣りを思い浮かべる人が大半なのではないでしょうか。 実際に、釣り具屋さんの「トラウトコーナー」と書いてある場所には、管理釣り場用のルアーしか並んでいないことがありますし、…

釣り場のハシゴは金が掛かる。

朝から張り切って釣りを始めたのに、お昼近くなっても無反応な時には、「ここはダメなのではないか」と諦めたくなってきてしまいます。 そんな時に、近くに他の川や湖がある時には、さっさと移動してしまった方が良い結果を得られることが、ほとんどでしょう…

渓流に魚が居るか居ないかは、管轄漁協で判断する。

放流魚が主体の渓流に釣りに行くと、魚が釣れる場所と釣れない場所に、はっきりと分かれるものではないでしょうか。 ちょっと釣りをしてみると、それなりに魚の反応があったり、良いサイズの魚は釣れないものの稚魚放流されたらしきチビっ子が釣れたりと、魚…

スズミ(上州屋)のフライロッド。

スズミという上州屋のプライベートブランドがありますが、90年代の釣りブームの頃は、あらゆる釣り具を取り揃えていて、フライロッドまで売られていたものでした。 今では、チェーン店のプライベートブランドでフライロッドを売っているなんて考えられないこ…

早アワセを防ぐには。

私は、ドライフライを使った釣りをすると、やり慣れていないからか、早くアワせ過ぎて失敗しまくります。 何度か失敗が続くと、あえて雑な釣りをすることで、なんとか早アワセを防ごうとします。 ロッドとラインを利き手である右手で持ち、左手はポケットに…

鉄砲水の恐怖。

川では鉄砲水という、突然大増水する現象があるため危険だとされています。上流で大雨が降ったり、水が留まっていた場所が決壊したりすると、下流部では天気が良くても、突然水位が上がるというのです。 「そんなこと言っても、ちょっと水が増えてきたり、濁…

お菓子の缶を再利用するような釣り。

開高健の小説でアラスカで釣りをする時に、お菓子の入っていた小さな缶に、いくつかメップスのスピナーを入れて、それだけでサーモンを釣りに行く場面があります。 こういった使える物を使うといった素朴な雰囲気は、今の時代の釣りと比べて、ずっと上品でカ…

ピーコックは夏に効果的と言うけれど。

ピーコック(孔雀)を使ったフライは、夏に効果があると言われています。独特の光沢が、夏に多くなる陸棲昆虫に似ているからだそうです。 ただ、実際に使ってみると、夏以外もかなり効果があると私は思いますね。ドライフライでもウェットフライでも、ピーコ…

「何かいる!」と思ったら、自分のルアーやフライだった。

なかなか魚が釣れずに漫然と釣りをしている時なんかに、ふと水中に「おっ!何か泳いでいるぞ!」と気づいたものの、よくよく見たら自分の投げていたルアーやフライだった、という経験したことがある人はいないでしょうか。 私は、こういったことが何度もあり…

ラブリーな魚。

日本でラブリーというと、可愛らしいというような意味になりますが、英語のラブリーには美しいという意味もあるようです。 日本人の感覚からするとちょっと不思議な気もしますが、海外の動画なんかを見ていると、結構ラブリーを美しいという意味で使っていま…

釣り動画を見る時のポイント。

私は、YouTubeなんかで日本のくだらない釣り動画が、おすすめに出てくるのが嫌なので、釣り関連の動画は極力見ないことにしていました。 しかし、ある日「このチャンネルをおすすめに表示しない」というブロックのようなボタンがあることに気づき、海外の釣…

防災無線のチャイムが鳴ったら諦める。

どこの地方でも、釣りをしていて夕方になると防災無線のチャイムが聞こえてくることがあります。「夕焼けこやけ」とか「ふるさと」とかドボルザークの「家路」とか、妙に切なくなるメロディーで、急に自分一人だけが川にが取り残されたような、なんとも寂し…

濡れると透けるマテリアル。

フライのマテリアルには、濡れると透けるようなものがあります。こういった物は、とても生命感があってよく釣れるものだと、私は勝手に思っています。 ルアーにも透けている素材のプラグやワームなんかもあるわけですが、そういった物と比べてもフライマテリ…

フロントジップのウェーダー。

シムスのZと名前につくシリーズなど、フロントジップのウェーダーがありますが、ああいったものは一度使ったら戻れないほど、かなり便利ですね。 ウェーダーを穿くような釣りは寒い時期に行うことが多いですし、水の中に浸かって釣りをしていると身体が冷え…

日本で釣れるサーモンみたいなブラウントラウト。

YouTubeなんかで、スコットランドやアイルランドのサーモンフィッシングの動画を見ていると、大きな魚は滅多に釣れていません。 北欧なんかでよく釣れている抱きかかえるようなサイズの魚は、滅多に釣れないようですし、「これだったら、日本の川で釣れるブ…

フライは形や色よりサイズが重要。

以前、テンカラ釣りの名人のような人が、毛鉤の出来・不出来や種類ではあまり釣果に差が出ることはなく、大切なのは毛鉤のサイズだと言っていました。 その人は、眼の研究が本業の人らしく、魚の目では細かい違いまでは見えていないと言うのです。 確かに、…

ロッドを持たずに釣りに行く。

私は、去年ロッドを持たずに釣りに行こうとしてしまったことが、二回もありました。日頃から釣り具を車に積みっぱなしなどにせずに、ちゃんと家に持ち帰っているのですが、釣りに行こうとした時にロッドを持たずに家を出てしまったのです。 なんとか車で走り…

ラインブレイクの原因は、リールのドラグの性能のせいではない。

本流釣りと呼ばれるノベ竿を使ったエサ釣りでは、かなり細いラインでも大きな魚を釣っていたりします。 リールがなくドラグもない釣りなのですから、それだけ竿の曲がりだけでもラインにかかる衝撃を吸収できているということなのでしょう。 ルアーロッドは…

放流待ちの群衆。

いつだったか本州の川で釣りをしていたら、「もう放流しちゃいましたか?」と土手の上から声をかけられました。 私は朝から釣り場にいたましたが、そんな様子は見かけなかったので、「来てないと思いますけどねぇ」と答えると、その人は「そうですか。ありが…