釣りにゃんだろう

猫のように気まぐれに 独断と偏見に満ちた釣り情報をお届け

トラウト

フライリールとスピニングリール。

トラウト類を釣る時に、フライフィッシングをする人もいますし、ルアーフィッシングをする人もいます。 この二種類の釣り人達の使うリールを比べてみると、ちょっと面白いことが分かってきます。 フライリールの仕組み。 フライリールは、シングルアクション…

魚を放流してまで、釣りというものはしなければならないのか。

日本には、特に内水面において、放流された魚を釣るという仕組みが出来上がっている釣り場が、山のようにあります。 発眼卵や稚魚など、放流する状態は様々ですが、その釣り場そのままの環境や状態では存在するはずのない魚を、釣り人は釣っているということ…

ネイティブトラウトばかり釣っている人が、管理釣り場に行くとどうなるか。

私は、釣りというと、だいたいルアーで天然のトラウトというものを釣っています。釣りの世界では、こういった釣りは、ネイティブトラウトなどと呼ばれているようです。 そんな私でも、ごく稀に管理釣り場に行くことはあるのですが、なかなか悲惨なことになり…

アブ リフレックス。

アブのリフレックスという、スピナーがあります。メップスやブレットンといった、定番スピナーとは、ちょっと違った形をしていますが、その実力は負けていないものだと思います。 アブのリフレックスは、茄子型重りを細長くしたようなウェイト部分に波型の凹…

ここが変だよ日本のフライフィッシング 虫の名前をカタカナ(英語)で言う。

日本のフライフィッシングにおいて、なんだかおかしいし不便だよな、と昔から思っていることがあります。それは昆虫の名前や形態を、わざわざカタカナ(英語)で呼ぶことです。 カディス、ストーンフライ、メイフライ… フライフィッシングで使うフライは水棲昆…

モンスタートラウトとは、どれくらいのサイズなのか?

モンスタートラウトという言葉があります。文字通り怪物のように巨大なトラウトという意味で、モンスターブラウンとかモンスターレインボーとか、魚種ごとに呼ばれています。 それでは、実際にそれぞれの魚種において、どれくらいの大きさなら「モンスターだ…

鑑札ってなんだ?

入漁券・遊漁券・入漁証・遊漁証・釣り券などと呼ばれるものがあります。これらは、基本的には同じもので、その釣り場・漁場など管理する団体が、釣りや漁をして良いと許可したことを示し、だいたい紙の券やプラスチックの腕章などでできています。 こういっ…

北海道のトラウトフィッシングに、釣り納めというものはない。

釣り納めという言葉があります。これは一年中釣れるジャンルではない釣りが趣味の人が、そこまででその年の釣りを終えることです。 このブログでよく取上げられているトラウト類の釣りなら、基本的には、春の解禁でシーズンが始まり、秋の禁漁で釣り納めとな…

管理釣り場で釣りを覚えた場合、ネイティブの釣り場で通用するか。

昨今は、トラウトフィッシングと言うと管理釣り場の釣りを指すことがあるくらい、管理釣り場での釣りは人気があります。 一方で管理釣り場と区別されネイティブと呼ばれている、自然の釣り場でのトラウトフィッシングも存在しています。 元々はトラウトフィ…

ラパラ フローティングジョイント 最も美しく泳ぐミノー

ラパラのジョイントミノーというとカウントダウンジョイントが日本では有名ですが、フローティングジョイントも負けず劣らず素晴らしいルアーですので、今回はご紹介したいと思います。 滑らかなジョイントミノー特有のアクション。 ラパラのフローティング…

広い釣り場はスレにくい? 渓流と本流どちらが釣りやすい?

魚がスレるとは、繰り返し釣られたり、仕掛けやルアーやフライなどを投げ込まれ続けることにより魚が神経質になり、反応が悪くなり釣りづらくなった状態のことを言います。 日本中どこの釣り場でも、だいたいは釣り人が多すぎる状況ですので、特に魚の入れ替…

マイクロシンキングミノー ラパラ CD-1

ラパラのカウントダウンというシンキングミノーのシリーズには、CD-1という極小サイズのものがあります。他のサイズの物とはちょっと見た目が違い特徴のあるものとなっています。 ラパラ カウントダウン CD-1 上から、cd5、cd3、cd1 このプラグはCD-1という…

ルアー操作のリズム感と、釣れる人と釣れない人の違い。

たまに普段釣りをしないような人達を管理釣り場などに釣れていき、ルアーフィッシングをしてもらうことがあります。こういった時には、何故かよく釣れる人と、なかなか釣れない人が出てきてしまい、ちょっと頭を悩ませることになるものです。 釣れる人と釣れ…

釣りのポイントの本はあてになるのか?

近頃はあまり出版されなくなりましたが、昔は釣りのポイント紹介の本が沢山発売されていたものです。今回は、ああいったものは、今でも役に立つのかのか、少し考えてみたいと思います。 時の流れとともに、ポイントは変わり果てる。 釣り場の環境というもの…

オショロコマとエゾイワナの違いと、お腹の黄色いエゾイワナ。

北海道には、オショロコマとエゾイワナ(アメマス)という2種類のイワナが生息しています。これらのイワナは、稀に混生していることもありますが、簡単に見分けることができます。 オショロコマとエゾイワナの見分け方。 オショロコマ オショロコマとエゾイ…

アメマスとエゾイワナの違い。

北海道には、エゾイワナと呼ばれるイワナが生息しています。このエゾイワナが、川から海に降り育ったものがアメマスです。 このように成育環境により名称が区別されているものなのですが、釣りの場面では、あまり区別せずに、これらの魚は単にアメマスと呼ば…

栃木県小山 思川の鮭釣り

近年、栃木県の思川という場所で、鮭の有効利用調査が行われており、応募制で釣りをすることができます。 私は、「栃木県なんて完全な内陸部で鮭釣りができるなんて、ちょっと面白そうだな」と思い、以前行ってきたことがあるので、その時の衝撃的な様子を今…

湖の釣りの大敵? ターンオーバー。

湖で釣りをする人々が恐れている現象に、ターンオーバーというものがあります。これは一体どのような現象で、釣りにどのような影響を与えるものなのでしょうか。 ターンオーバーの仕組み。 釣り人がターンオーバーという時は、秋のターンオーバーを指すこと…

堰堤というポイント。

川でトラウトフィッシングをしていると、堰堤が目の前に現れることが少なくありません。当然、魚が留まりやすい場所なので一級ポイントではあるわけですが、一部の釣り人達からはあまり人気がないポイントでもあります。 堰堤が嫌われる理由。 堰堤が一級ポ…

サクラマスは川に入ったら餌を食べないというのは本当か。

最近では、そうではないという説も出てきているようですが、昔からサクラマスは春に海から川に遡上を始めると、産卵を行う秋まで、基本的には餌をとらないと言われています。 しかし、釣りをしている人なら誰でも、「本当なのか?」と疑問に思ったことがある…

イトウ・アメマス・ニジマス・ヤマメを、一つの川で釣る。

昨年、このような記事を書きましたが、これは名前を出しても差し支えのないような場所を選んだため、移動を繰り返すようなことになったわけで、場所を明かさないで良いのなら、一つか二つの川だけでも、北海道では沢山の種類のトラウトを釣ることはできるも…

ルアーにシングルフックを使うメリット。

トラウトのルアーフィッシングの世界では、近頃はスプーンであろうとプラグであろうと、シングルフックが使うことが主流になってきています。 ところが、未だに市販されているルアーには、トレブルフックが装着されていたり、頑なにトレブルフックの使用にこ…

川でサケ(サーモン)を、ルアーで釣る難しさ。

サケ(サーモン)の仲間は、海から川に遡上を始めると、基本的には餌を摂らないと言われています。 ですから、サケの仲間を川でルアーで釣るとなると、単純な食欲からくる反応は望めなくなり、ちょっと難しい釣りとなるわけです。 日本では基本的に川で鮭の…

ヤマメは幻の魚だった?

ヤマメという魚は、どこにでも居るものでもありませんが、釣り人にとっては結構身近な魚です。ところが、そうなってきたのは、意外と最近のことなのかもしれないというのが、今回のお話です。 もし放流がなかったら。 ヤマメは、北海道では手掴みでとれるく…

鯉がルアーで釣れる謎。

コイは雑食性の魚ですから、様々なエサで釣ることができます。それから、そのエサを模したようなフライやルアーでも釣ることができます。 ところが、時として、そのような通常考えられるような方法以外でも、なぜか釣れてしまうことがあるものです。 スプー…

鮭(サーモン)などを、スプーンを底で転がして釣るテクニック。

日本の川では鮭を釣ることは法律で禁止されていますが、忠類川など、一部の河川では有効利用調査というものが行われています。 また、海外に行けば、様々な種類のサーモンを釣れる場所は、いくらでもあります。 こうした鮭を川でルアーで釣る場合に多用され…

釣りに熊鈴は必要なのか?

ごく稀にではありますが、釣りをしに山に入って、クマに襲われる人がいます。このようなことがあるので、クマの出没する可能性のある釣り場には、熊鈴や熊避けスプレーなどを持っていった方が良いと、一般的には言われています。 熊鈴の効果は? クマ避けの…

ヤマベという名前の魚。

みなさんは、ヤマベと聞いた時、どのような魚を思い浮かべるでしょうか?これは、その人の住む地域によって違ってくるものかもしれません。 ヤマベ・ヤマメ・オイカワ。 北海道の人にヤマベと言うと、渓流に生息するヤマメという魚のことだと思われます。と…

釣り人なら、としまえんのプールで泳ぐ気にはなれないはずだ。

先日、東京にある遊園地としまえんの夏のプールの様子の映像を見かけました。 若者やファミリーで賑わっており、バンドリ!というアニメとコラボなども行っているようで、それなりに華やかな雰囲気でした。 そんな様子を見た私は、「うわぁ、よくあのプール…

日本のフライフィッシングの人気の無さは、ブラッド・ピットと腹の出たおっさんの違いが原因である。

先日テレビをつけたら、映画「リバーランズ スルー イット」が流れていました。この90年代のアメリカ映画は、「マクリーンの川」という小説を元に作られた、フライフィッシングをする兄弟の人生を追った物語です。 この映画の「作られた」フライフィッシング…