釣りにゃんだろう

猫のように気まぐれに 独断と偏見に満ちた釣り情報をお届け

トラウト

猫の抜け毛で作ったフライで魚は釣れるか。

猫を飼っている方にはお分かりいただけるかと思いますが、猫は年中毛が抜けまくります。うちの猫は、ブラシをかけてもらうのが好きなようなのですが、毎日大きな毛の団子ができるくらい毛がとれるのです。これだけ大量にあると何かに使えそうですから、捨て…

渓流では、アップストリームキャストするべきなのか。

渓流などでルアーフィッシングをする時には、上流に向かって投げて川の流れと同じ方向に引いてくるアップストリームキャストが良いとよく言われています。初心者の人の中には、これを忠実に守ろうとする人もいるわけですが、どうもその必要はなさそうです。 …

たまには小物釣りで、エスカレートする釣り欲をリセット。

近頃私は、あまり遠くに出掛けられないので、釣れた魚が20センチあれば「結構大きいぞ」と思うような渓流でよく釣りをしています。 そこまで自ら望んでこういった釣りを始めたわけではないのですが、いざやってみると毎回新しい発見があったり、課題が見つか…

ウェーディングは楽しいか?

「魚と釣り人は濡れたがる」なんて言葉があるそうですが、海でも川でも湖でも釣り人は水の中に入って釣りをしていることが少なくありません。 胸や腰までの長さがあるウェーダーやタイツを履いて、水の中に浸かっているわけですが、これは魚を釣るためにそう…

若者の間ではテンカラ釣りがブーム?

近頃、私は渓流にフライフィッシングに行くことがあります。 ちょっと前までは、「みみっちい釣りだな」と少しバカにしていたようなところがあったのですが、自分なりに工夫しながら複雑な川の流れと対峙するのは、やってみると思いのほか面白く、時がたつの…

魚は養殖物の方がおいしい説と、キャッチアンドリリース。

私は、基本的には釣った魚を食べないのですが、たまに管理釣り場などで釣った魚は食べることがあります。それから、知り合いが釣ってきた天然のトラウトや鮭を食べたことも、何度かあります。 このように養殖魚と天然魚を食べてみて思うのですが、明らかに養…

テレスコのフライロッド。

振り出し式(テレスコピック)のフライロッドというものは、なかなか便利なもののはずです。 テレスコのフライロッド有用性。 山道を長時間歩いたり沢登りをするような源流釣行や、ハードな藪こぎが必要な場所での釣りでは、かさばる2ピースなどのロッドは…

まあまあ高いハンドメイドミノーを釣った話。

今年の春先に川でルアー釣りをしていると、アタリがあったような気がして、バシッとアワせてしまいました。 まあ、そこから先は釣りの下手な私にはよくある話で、魚ではなく地球だったようでピクリとも動かないのです。 しかし、ラインを手で引っ張ってみる…

ルアーはタダ巻き(ステディリトリーブ)が最強説。

私は、ルアーで釣りをする時、ほとんどが一定の速度で巻き続ける、いわゆるタダ巻きまたはステディリトリーブと呼ばれるやつばかりをやっています。 それでは、浮き上がってしまうとか、ルアーが動かないなんて時は、フォールさせたりチョンチョン煽ったりす…

渓流で成魚放流の魚を釣って持ってかえるなら、釣り堀に行けばいいのではないか。

本州の渓流には、放流日直後しか魚が居ないというような川が沢山あります。 これは、そもそも天然魚が絶滅状態かそれに近い状態であり、逃がされた魚も沢山の釣り人が一瞬で釣り切り、持って帰ってしまうという状態です。 釣り具屋で入漁券を買おうとしたら…

体力がないと、釣りをする以前の問題になることがある。

以前、私の唯一の釣友と常に藪こぎをしながら進むような川でトラウトフィッシングを一日した後に、「体の大きな中年男性を、今度ここに連れて来ようと思うのだけれど、大丈夫だろうか?」と相談されました。 私は、「それはかなりキツいんじゃないか。私は日…

渓流はフライかルアーか。

渓流で釣りをする場合、単純に釣果だけを求めるなら、餌釣りかテンカラ釣りをするのが効率は良いはずです。 しかし、釣り人というものは魚が釣れれば何でも良いというわけではなく、自分の好きな釣り方にこだわりたい人も多いわけで、渓流でルアーやフライを…

夏は渓流で魚に化かされる。

長い梅雨が明けたと思ったら、今年も猛烈に暑いですね。 地球温暖化が本当に人間のせいなのかは、よく分かりませんけど、人間が地球に良くないことをしていることは確かなのですから、猛暑や異常気象は黙って受け入れるべきなのでしょう。 暑くなってくると…

尾鰭の欠けたアメマスと夢の話。

ちょっと手元に写真がないのですが、たまに川で釣れたアメマスの尾びれが、不自然に欠けていることがあります。 こういったものを見ると、よく釣り人は「イトウに食べられかけたんだ!このサイズのアメマスに襲いかかるんだから、相当でかいイトウだ」なんて…

フライフィッシングのティペットぼったくり説。

私は、たまにフライフィッシングをしますが、ティペットという物を買ったことが一度しかありません。それは小学5年生の時に、フライフィッシングを初めてしてみた時に、「本に書いてあるから必要なんだろう」と思い、上州屋でバリバスか何かのを買ったという…

管理釣り場では、放流された直後に釣ることが推奨されている? スプーンの放流カラー。

『放流カラー』というようなスプーンが売られているのを見かけることがあります。これは、管理釣り場で放流直後の魚がよく釣れるカラーということで、赤や金など派手めなカラーが多いようです。 このような物が売られているということは、エリアフィッシング…

トラウトを釣るには、川と湖どちらが良いのか? サイズや難易度から考えてみる。

ネイティブトラウトと呼ばれるジャンルの釣りをしてみようとした時に、基本的には湖か川のどちらで釣るか選ぶ必要があります。(一部は海でも行われています)初心者の人などは、どちらが良いのか迷ってしまうこともあるかもしれませんので、今回は難易度や…

カーディナルなどのインスプールリールのローターに、穴を開ける行為。

カーディナルなどのインスプールのオールドスピニングリールはコアな人気があり、古いものにも関わらずそれなりに使っている人がいるようです。 そういった人達の中には、何かと凝り性な人も居るらしく、「カスタム」などといって部品を交換したり、改造した…

エギングとレイクトラウトとPEライン。

エギングと名付けられた、日本に古くからある餌木という擬似餌を使ってイカを掛ける釣りが、ここ10年ちょっとくらい大人気です。 餌木自体は、大昔から存在するのに、最近になってこの釣りが流行りだしたというのは、釣り業界が盛んに宣伝したからだという原…

ルーハージェンセン クロコダイル オールド肉厚スプーン

名作スプーン「ハスルアー」で有名なLuhrJensen(ルーハージェンセン)の製品には、もう1つの名作スプーンとしてKrocodile(クロコダイル)というものがあります。 このスプーンがいつ頃から存在するのか、ちょっと私には分からないのですが、少なくとも日…

針掛かりしたウグイやヤマメのイレギュラーなアクションを再現できれば、爆釣するかもしれない。

イトウなどの大きな魚を大きめのルアーで狙っていても、貪欲なウグイやヤマメがフッキングしてしまうことがあります。こんな時は、高速で回収して逃がしてさっさと釣りを続けるわけですが、時々思いもよらない展開を見せることがあります。 10グラム程度のス…

美幌峠から見える、屈斜路湖のニジマスのライズ。

水質が強い酸性になり、一時期は魚が絶滅しかけたと言われている、北海道の屈斜路湖ですが、現在ではウグイ・アメマス・ニジマス・ヒメマスなど様々な魚類が見られるようになってきていて、釣り人からの人気も高いものとなっています。 この日本最大のカルデ…

渓流では膝まずいたり岩に隠れてキャストするべきなのか。 逃げる魚は何しても逃げる。

昔から釣りの本には、渓流ではしゃがんだり膝まずいたり岩に隠れたりしながら釣りをしろと、よく書いてあります。そうしないと、魚に気づかれて逃げられることがあるからだそうです。 私は、たまに渓流で釣りをすることがありますが、ちょっとだけ姿勢を低く…

口の壊れたアメマスがよく釣れるということは、魚のリリースに意味はあるということの表れ。

北海道のアメマスという魚は、かなり貪欲なのか、小さいものから大きなものまで、積極的にルアーやフライに食いついてくることが多いです。 時には、他の魚を狙っていても、もう勘弁してくれというくらい釣れてしまうものですが、冷静に考えてみれば「40セン…

トラウトロッドの木製のリールシートについて。

トラウトロッドの中には、木でできたリールシートが使われているものがあります。どちらかと言うと、ある程度高価なロッドに、木製のリールシートが使われているものです。 そのようなものを、私も少し使ってみたことがありますが、現在は使っていませんし、…

スプーンに付いている謎のペラペラ、ルアーフリッパー。

ルアーのスプーンの特に古いものなどには、フックを取り付けるスプリットリングのところに、赤などのプラ製の楕円形のペラペラが付いていることがあります。販売されている名前を見るところによると、これはルアーフリッパーというようですが、これには釣果…

湿原河川で釣った魚の写真をどう撮るか。

北海道には、湿原河川と呼ばれるような川があります。主に道東地方に多いでしょうか。 こういった川でアメマスやイトウやニジマスを釣る場合、岸際から深く掘れていたり、川底がぬかるんでいたりするため、ウェーディングせずに岸の上から釣りをすることにな…

バス釣り→管理釣り→ソルトと釣り人が移動した説。

1990年代の釣りブームの時、かなりの人がルアーフィッシングをしていました。それから、あれこれと問題がありバス釣りが下火になった後、あの人達はどこに行ってしまったのだろうかと、私はたまに考えることがあります。 おそらく釣りそのものを止めてしまっ…

スピナーは昆虫を模しているのか?

近頃はあまり売られていないので、それほど人気のないルアーなのかもしれませんが、スピナーというルアーはめちゃくちゃ良く魚が釣れます。特にあまりスレていないような魚が居れば、さっと投げて巻くだけで、すぐに反応してくれるものですから、「初めて来…

アブ スウェーデン王室御用達の釣り具。

先日テレビのチャンネルを回していたら、スウェーデンの王室の話をやっていて、「あっ、この人見たことある」と思い、しばらくその番組を見てしまいました。 日本の皇族さえ満足に知らない私が、なぜスウェーデンの王室の人の顔を覚えていたかというと、古い…