釣りにゃんだろう

猫のように気まぐれに 独断と偏見に満ちた釣り情報をお届け

釣り

他人に釣りを教えたくてたまらない人。

たまに釣り場には、頼みもしないのに、あれこれ教えてきたり、熱心に指導してくるような人がいるものです。そういった人達は、ほとんどが、いい歳をしたオッサンなわけですが、本当に困った存在です。 釣りは、基本的にはいくらでも独学でできるものですし、…

釣りに向いた田舎の基準。ヘルメット中学生。

釣りは、できる限り田舎でしたいものですよね。その方が、日頃から釣り人が少ないはずで、魚も釣れやすいはずだからです。 できれば、田舎を通り越して人間が滅多に立ち入らないような僻地に行きたいものですが、そういった所に行くのには時間がかかることが…

猫の抜け毛で作ったフライで魚は釣れるか。

猫を飼っている方にはお分かりいただけるかと思いますが、猫は年中毛が抜けまくります。うちの猫は、ブラシをかけてもらうのが好きなようなのですが、毎日大きな毛の団子ができるくらい毛がとれるのです。これだけ大量にあると何かに使えそうですから、捨て…

2,000円以下の安いフライライン と有名メーカーの物の差。

フライラインというものは、昔からあるような有名メーカーのものですと、なかなかのお値段がします。 種類や長さによって差はありますが、概ね5,000円~10,000円といったところが相場なのではないでしょうか。 昔からやっていた人達にとっては、これくらいの…

ボイド菅をロッドケースとして利用する。

ロッドを配送したりする時に、よく利用されるものとしてボイド菅というものがあります。縁がない人には聞き慣れないものかもしれませんから、ボイド菅が何モノなのか今回はちょっと説明したいと思います。 ボイド菅は紙製の菅。 ボイド菅とは紙製の菅であり…

釣りの時に撮った写真は、どう保管するべきか。

釣り人のみなさんは、釣りに行くと写真を撮ることが多いと思います。美しい情景に出会った時、嬉しい釣果に恵まれた時、それを写真に撮って、いつまでも残しておきたいと思うのではないでしょうか。 そんな時に、現在ではデジタルカメラかスマホに内蔵のカメ…

渓流では、アップストリームキャストするべきなのか。

渓流などでルアーフィッシングをする時には、上流に向かって投げて川の流れと同じ方向に引いてくるアップストリームキャストが良いとよく言われています。初心者の人の中には、これを忠実に守ろうとする人もいるわけですが、どうもその必要はなさそうです。 …

たまには小物釣りで、エスカレートする釣り欲をリセット。

近頃私は、あまり遠くに出掛けられないので、釣れた魚が20センチあれば「結構大きいぞ」と思うような渓流でよく釣りをしています。 そこまで自ら望んでこういった釣りを始めたわけではないのですが、いざやってみると毎回新しい発見があったり、課題が見つか…

釣り人なら、車のアイドリングをするべきではない。

ある暑い夏の日に川で釣りをしていると、ヘバりかけたので、車に置いてある飲み物を取りにいこうと川原の駐車スペースに向かうと、私の車の近くにお高そうな外車が停まっていました。 車の中にはウェーダーを履いた釣り人がシートを倒してすやすやと眠ってい…

釣りに尻皮は変じゃないのか。

釣り人のファッションというものは、ちょっと独特であり、世間一般の感覚からすると、正直変だったりダサいことが少なくありません。 そんな中でも最上級に変なものに、尻皮というものがあります。 尻皮とは。 尻皮とは、熊などの動物の毛皮でできた、昔の山…

オールドタックルにこだわるなら、ラインまでオールドものを使うべきか。

私は、基本的に「釣り具は古いほどかっこ良い」という、かなり偏向的な思想を持って釣りをしています。 近頃は、わりと新しい釣り具も使うことが増えてきましたけど、今でもできれば古くてお洒落なリールやロッドで魚を釣りたいな、とは思っています。 しか…

対象魚ごとに「~用ルアー」なんてものは存在するのか?

釣り具屋さんのルアーコーナーに行けば、バス・ソルト・トラウトなどと、だいたいが対象魚別に分けられて陳列されていると思います。 初心者や人の言うことを信じやすい人は、その分類通りにルアーを買い、海用とされるルアーを淡水に使ったり、逆に淡水用と…

「丸腰だから最強だ」 釣りのタックルは、シンプルなほど強い。

昨今の情勢により、ちょっと懐かしい曲が再注目されています。はっぱ隊の『YATTA!』という曲です。 youtu.be この曲が登場した当時も日本の景気が悪かったりして、自殺者が増えていたそうですが、そんな空気を吹き飛ばすかのように、シンプルにバカに…

ベンデュラムキャストをする必要はあるのか?

昨今のソルトウォータールアーフィッシングでは、リーダー部をロッドティップから長めに出して投げるキャスト(ベンデュラムキャスト?)が多様されているようです。 私はやったことがないのでよく分かりませんが、おそらくメインラインとリーダーの接続部を…

ヤフオクなどで安く釣り具を買う方法。

中古や新古で釣り具を買う場合、ヤフオク!を利用するのは、とても便利なものです。中古ショップなどよりは安く手に入ることが多いですし、かなりマニアックな物も見つかりますし、メルカリほど民度の低い場所ではないので少し安心です。 そんな便利なヤフオ…

フライで釣りたい魚、ルアーで釣りたい魚、どちらでも良い魚。

フライフィッシングとルアーフィッシングを両方ともする人は、気分や状況によって、どちらで魚を釣るのか使い分けていることが多いのではないでしょうか。また、魚種によっても、「これはフライで釣りたい魚だ」、「これはルアーだな」などと、んとなくイメ…

魚が掛かると、フィッシュと言う人、ヒットと言う人。

釣りをしていて、魚が掛かった瞬間、みなさんは何と言いますか?私は、一人で釣りをしていることがほとんどなので、だいたい無言でやり取りに突入しますが、誰かと一緒に釣りをしている人は、何かしら声を上げることが多いのではないでしょうか。 フィッシュ…

ウェーディングは楽しいか?

「魚と釣り人は濡れたがる」なんて言葉があるそうですが、海でも川でも湖でも釣り人は水の中に入って釣りをしていることが少なくありません。 胸や腰までの長さがあるウェーダーやタイツを履いて、水の中に浸かっているわけですが、これは魚を釣るためにそう…

釣りキチ三平は、人が死にがち。

私は、釣り漫画の名作である釣りキチ三平を、全巻ではありませんが、それなりに読んだことがあります。そして、こんなことを思いました。「結構、よく人が死ぬ話だなぁ」 自然や釣りには危険いっぱい。 釣りキチ三平には、自然に返り討ちにされたり、釣り中に…

釣りとスマホのゲームどちらが楽しいか。

近頃、日曜日になると家の近所にポケモンか何かが出るらしく、朝から沢山の人が溜まっていることがあります。 車や自転車で乗り付け、無言でしゃがみこみスマホの画面を見つめる人や、初めて出会った人同士のような感じの人達が、ぺちゃくちゃ喋ったりもして…

若者の間ではテンカラ釣りがブーム?

近頃、私は渓流にフライフィッシングに行くことがあります。 ちょっと前までは、「みみっちい釣りだな」と少しバカにしていたようなところがあったのですが、自分なりに工夫しながら複雑な川の流れと対峙するのは、やってみると思いのほか面白く、時がたつの…

イトウを釣るには、フライが有利か?ルアーが有利か?

年配の人の一部などには今でも餌釣りをする人がいますが、イトウを釣ろうと思う人のほとんどが、ルアーかフライで挑んでいるはずです。こうなってくると、どちらの方が釣れるのだろうか?と疑問に思ったことのある人も多いのではないでしょうか。 今回はそん…

魚は養殖物の方がおいしい説と、キャッチアンドリリース。

私は、基本的には釣った魚を食べないのですが、たまに管理釣り場などで釣った魚は食べることがあります。それから、知り合いが釣ってきた天然のトラウトや鮭を食べたことも、何度かあります。 このように養殖魚と天然魚を食べてみて思うのですが、明らかに養…

ロッドの落雷感電警告シールと釣り竿の危険性。

日本のメーカーのロッドを買うと、バット付近にちょっとカッコ悪いシールが付いていることがあります。感電や落雷を警告するシールです。 私は最近は海外の安物のロッドを買うことが多いので、あまり見かけないのですが、たまに付いている物を手に入れると、…

ツキノワグマで騒ぐ必要があるのか。

今年は、妙にクマが出没したというニュースが多い気がします。「長雨で餌が不作なため、山から降りてきているのではないか」と言われていますが、ニュースになっている大半が本州のツキノワグマの話です。 こういったツキノワグマに対し、町中で警戒したり、…

魚を釣るコツ。 他のジャンルの釣りの情報も利用する。

釣りには様々なジャンルがあり、皆さんそれぞれにこだわりを持ち、自分の好きな釣りに打ち込んでおられることかと思います。 1つのジャンルの釣りにだけ打ち込んでいる人の中には、他の釣りのことには無関心な人がたまに居るものです。「自分はフライフィッ…

釣り人は、思うように釣りに行けないと釣り具を買ってしまうのか。

思うように遠くに釣りに行けないことが多い時代になってしまいましたね。 私も全く釣りができていないわけではありませんが、予定していた今年の釣りの大部分が来年以降に延期になってしまいました。 どれだけ世の中の流れの影響を受けているかは、人それぞ…

スピニングリールを初めて買うなら、何番くらいのサイズが良いか。

スピニングリールというものは、小さなものから大きなものまでサイズ違いのものが売られていて、使用するラインの太さや量によって使い分けることになっています。 ですから、釣り人達は「何を釣るなら何千番」というようなことを言い、あれこれリールを買い…

家からウェーダーを履いて釣りに行くこと。

今年の早春から始まった例のあのウィルスの騒ぎは、まだまだ続いているようで、地方の小さな町ほど過剰に反応しているようなところがあるようです。 先日も、小さな町に住む知人に連絡をしたら、町中の人が他県ナンバーを睨むくらいピリピリしていて、外出を…

テレスコのフライロッド。

振り出し式(テレスコピック)のフライロッドというものは、なかなか便利なもののはずです。 テレスコのフライロッド有用性。 山道を長時間歩いたり沢登りをするような源流釣行や、ハードな藪こぎが必要な場所での釣りでは、かさばる2ピースなどのロッドは…