釣りにゃんだろう

猫のように気まぐれに 独断と偏見に満ちた釣り情報をお届け

フライフィッシングは、遠くに飛ぶほど釣れるのか?

よくフライロッドの売り文句に、「こんなに飛ぶ!」とか「~メートル楽勝」といったものがあります。 こういった言葉に釣られて商品に手を伸ばす人が多いということは、それだけ飛距離を気にしていたり、コンプレックスを抱いている人が多いということなので…

釣魚のオークションサービス 「Fish Sale」の問題について。

釣った魚を売れるオークションサイトができると話題になっています。もちろん、悪い意味で話題になっています。 この問題について、釣り人目線で考えてみましょう。 誰得なんだ? まずはくわしい仕組みや法律上問題ないのかなどの検証は、こちらの記事をご覧…

免許がない!? 小型船舶免許は一瞬でとれる。

何かの免許を取得するとなると、それなりに練習したり試験を受けに行かなければならないものです。しかし、それが当てはまらないのが小型船舶の免許です。とても簡単に取得でき、釣りをする人なら持っていて損はないものですので、今回は軽くご紹介したいと…

海外に釣りに行くとどうなるか。

空港でバズーカと呼ばれるロッドケースを持った人を見かけるのが、そんなに珍しくない時代になりました。釣りをしない人々にとっては、不審物を持った不審者にしか見えないと思うのですが、私は不審者の仲間なので「どこ行くのかな~?グッドラック!」と遠…

トラウティンサージャーとサージャー ルアーの流行り廃り。

トラウティンサージャーというジグミノーがあります。このルアーは結構便利なものなのですが、最近ではあまり使っている人を見かけません。今回は、今一度サージャーを見直してみましょう。 飛ぶし、沈むし、フォールもリトリーブもイケる。 トラウティンサ…

釣りの残虐性とバードウォッチング。

私は釣りをやめようと思うことが、実はしょっちゅうあります。理由は、生き物に針を引っ掛けて引きずり回す釣りという行為自体が、とても誉められたものではなく、罪深いことだと思うからです。 いくらほとんどの魚をリリースしているからと言っても、たくさ…

安いロッドほど折れにくい?!

「安物のロッドの方が丈夫だ」釣りを長年やっている人ほど、こう思っている人は多いかもしれません。今回は、このことについて考えてみましょう。 カーボンとグラス。 ロッドの素材の表示を見てみると、「カーボン○%、ガラス・その他繊維○%」などと書かれて…

スレた魚には、小さいルアーが有効なのか?

昔から、スレた魚には小さいルアーが有効だと言われています。これは本当なのでしょうか。 この国は、魚がスレた釣り場ばかり。 よく釣り人が言う「魚がスレる」とは、たくさんの釣り人が、餌なりルアーなりフライなりを魚に見せ続けた結果、魚がそのような…

「趣味は釣りです」とは恥ずかしくて言えない世の中。

私は、釣りが好きですが、あまり積極的に「趣味は釣りです」と他人に言う気にはなれません。これは、自分が釣りをする人間側でありながら、「日本の釣りってダサくてカッコ悪い」と思っているため、釣りをすると思われるのが恥ずかしくてたまらないからです…

異色の管理釣り場 南郷水産センター。

琵琶湖から流れ出す瀬田川のほとりに、滋賀県南郷水産センターという施設があります。ここでは11月下旬~6月頃まで、ルアー・フライの釣り場が開設されているので、一応管理釣り場と言えるのですが、ちょっと変わった施設なので今回はご紹介したいと思います…

「趣味はフライフィッシングです」と言う視野の狭い人々。

「ご趣味は?」と聞かれて、「フライフィッシングです!」という人がたまに居ますが、なんとも格好悪いし、現代的な言葉で言えば「痛い人」だなと思わずにはいられません。今回は、そんな痛い人々の生態に迫ってみましょう。 「そんなこと、知らんがな」 「ご…

中禅寺湖で禁止されている、シンカーリリースとは何なのか?

釣りをする時に入漁券を購入しても、その記載内容を隅々までしっかりと読むという方は少ないのではないでしょうか。普段、真面目に読んでいないこのようなものを、よくよく読んでみると、意外な発見があったりします。 シンカーリリースって何? さて、ここ…

メップスのスピナーは化け物か。

日本ではスピナーを使う釣り人が、年々減っている気がします。しかし、使われなくなったからといっても、スピナーは今でも抜群に釣れるルアーであり、その中でも凄まじく釣れるのがメップスのスピナーです。 スピナーの特徴。 メップスのスピナーについて説…

釣りに必要ないもの ~釣り雑誌編~

釣りをする上で、「これは要らないだろう」と思えるようなものが、世の中には溢れかえっています。 今回は、そんな中の代表的なものとして、釣り雑誌について考えてみたいと思います。 過去に釣り雑誌が必要とされた理由。 現在では、釣り雑誌の休刊、廃刊、…

釣りと老眼。

昨年末に、コタツで蜜柑を食べながらテレビを見ていて「ハズキルーペ大好き」「好きだな、ハズキルーペ」と、しつこいほど繰り返し聞かされているうちに、老眼について心配になってきてしまいました。 今回は、釣りと老眼について考えてみたいと思います。す…

5分でできるフライリールのエイジング加工。

ここにコータックのCR34という、安物のフライリールがあります。フライフィッシングのブーム期に入門セットのリールとして販売されたせいか、市場に大量に出回っており、近頃では中古で1000円前後で売られています。今回はこのリールを使って、簡単にで…

「折れたんじゃない、折ったんだ」 釣りでロッドを折る瞬間 ベスト5

みなさんは釣り竿を折って、悲しい気持ちになったことはありますか?十分に気をつけていても、ついつい折ってしまうということを、長い間釣りをしていれば体験することになります。今回は、ロッドが折れる瞬間について考えてみたいと思います。 ロッドを折っ…

フィッシングショー大阪の方が、ジャパンフィッシングショーより入場者数が多いのは何故か。

近年は、大阪のフィッシングショーの方が、横浜で行われるジャパンフィッシングショーよりも入場者数が多いらしいです。だいたいのイベントというものは首都圏の方が人が集まるはずなので、なんだか意外な気もしますね。 今回は、この原因について考えてみま…

電車で釣りに行けなくなる? 2019年4月1日 車内への刃物の持ち込み禁止にルール改正

JRなどの旅客6社が、車内へ持ち込める手回り品のルールを、2019年4月1日に改正すると発表しました。 この改正では「 包丁類、ナイフ類、なた、鎌、はさみ、のこぎりなど」の刃物が持ち込み禁止とされることになります。 新幹線で発生した事件などの影響か…

ルアーフィッシングをする人よりも、フライフィッシングをする人の方がマナーが良い?

なんとなくですが、ルアーフィッシングをする人よりも、フライフィッシングをする人の方がマナーが良い気がしませんか?その辺りについて、今回はちょっと考えてみましょう。 どちらも結構ヒドイ。 フライフィッシングをしていると紳士淑女っぽいイメージが…

ダイソーで手に入る釣り便利グッズ カメラ用ミニ三脚編。

釣りには一人で行くことを推奨している当ブログ。実際に一人で釣りに行く時に欠かせないものものに、ダイソーなどの100円ショップで売っているカメラ用のミニ三脚があります。 釣りには理想の三脚。 一人で釣りに行き、いわゆる「持ち写真」を撮りたいレベル…

アメリカのamazon から安く釣り具を購入する方法。(ロッドは気をつけろ!)

今回は、アメリカのアマゾンからお得に釣り具を買う方法をご紹介したいと思います。 日本とアメリカの価格差。 日本で釣り具を買うと高いですよね。日本のメーカーの物も高いですが、特に輸入品のウェアやフライフィッシング用品などは、「どんだけ上乗せし…

釣りのオフシーズンに何をするべきか。

あらゆるジャンルの釣りをしていて一年中忙しい人もいますが、だいたいの釣り人には、魚が釣れなくなったり禁漁期になったりして、オフシーズンというものがあるはずです。そんなオフシーズンには何をするべきなのか、今回は考えてみたいと思います。 走れ。…

シマノが「おとな釣り倶楽部」というものをやっているが、意味があるのだろうか?

日本最大級の釣り具メーカーであるシマノが「おとな釣り倶楽部」という企画をやっていますが、以前から私は「これは、どうなんだろうか?」と思っています。 お金と暇のある中高年をターゲットに。 おとな釣り倶楽部は、以前釣りをしていたけれど今はしてい…

一生のうちで釣りに行ける回数。

あなたは、年間何日くらい釣りをしていますか?あと何年生きられると思いますか?こういったことを考えてみると、私たちは非常に限られた時間しか持ちあわせていないのだと、しかりと実感することができます。 あと何回釣りに行けるのか。 このブログに辿り…

フライリールは右巻きと左巻き、どちらが良いのか。

フライリールの右巻きと左巻きは、ちょっと部品を付け変たりすることで、自分で変更できることが多いです。はたして、どちらが便利なのでしょうか。少し考えてみましょう。 右巻きにするべきか、左巻きにするべきか。 ここから先は、右利きの人を基準に書き…

ダイソーの偏光サングラス 使用感と入手方法。

ダイソーで入手できる釣り便利グッズの中でも、かなりコストパフォーマンスが高いものに偏光サングラスがあります。昨年は、その仕様などをお伝えしましたが、今回は使用感と入手方法についてお伝えしたいと思います。 ダイソーの偏光サングラスの使用感。 …

釣り人の生育環境は、釣果に影響するのか。

釣り人の生まれ育った環境は、人それぞれだと思います。大都会で育った人もいれば、毎日熊に会うような山で育った人もいれば、一日のほとんどを海パンで過ごすような海辺で育った人もいるでしょう。これらの生育環境というものは、はたして釣りの上達や釣果…

ルアーよりもフライの方がバレにくいというのは本当か。

よく言われることに、「フライの方がルアーよりもバレにくい」ということがあります。はたして本当なのでしょうか。 本当に本当。 これは紛れもない事実です。確かにルアーよりもフライの方がバレにくいです。どちらもやったことがある人なら、すぐに分かる…

ニルズマスター インビジブル

ニルズマスターは、フィンランドのルアーメーカーです。設立は1963年で、バイキングの末裔が立ち上げたメーカーらしく、バイキングの帽子がトレードマークとなっています。日本だったら餌擬を作っていた武士の末裔が、釣り具メーカーをやる感じでしょうか。…