釣りにゃんだろう

猫のように気まぐれに 独断と偏見に満ちた釣り情報をお届け

釣り動画を見る時のポイント。

私は、YouTubeなんかで日本のくだらない釣り動画が、おすすめに出てくるのが嫌なので、釣り関連の動画は極力見ないことにしていました。 しかし、ある日「このチャンネルをおすすめに表示しない」というブロックのようなボタンがあることに気づき、海外の釣…

釣りを上達したかったら、できる限り検索しないことだ。

おそらく現代では、大多数の釣り人が、何か釣りたい魚がいたら検索して調べて、その情報を元に釣りに行っていると思います。 どんなタックルが必要で、どうやって釣るのか、どこに行け良いのか、こういった情報が一瞬で見つかり、動画なんかで解説されていま…

魚が釣れないと手が荒れない。

私は昨年、「なんじゃこりゃ」というくらい、しばらく何釣行も連続で魚が全く釣れないということがあったのですが、そんな時は自分の手をじっと見て落ち込んでいました。 そうしていると、釣りをしているのに、自分の手が全然荒れていないなと気づいたのです…

チヌ釣りに使われたフライリールの再生。

私は、ジャンク品と呼ばれるような中古の状態の悪いフライリールばかり使っています。 フライリールは構造が単純な物が多く、リールにそこまで複雑な役割りが求められませんから、ちょっと錆びているとか、フレームが歪んでいるとか、あまり状態が良くないも…

防災無線のチャイムが鳴ったら諦める。

どこの地方でも、釣りをしていて夕方になると防災無線のチャイムが聞こえてくることがあります。「夕焼けこやけ」とか「ふるさと」とかドボルザークの「家路」とか、妙に切なくなるメロディーで、急に自分一人だけが川にが取り残されたような、なんとも寂し…

濡れると透けるマテリアル。

フライのマテリアルには、濡れると透けるようなものがあります。こういった物は、とても生命感があってよく釣れるものだと、私は勝手に思っています。 ルアーにも透けている素材のプラグやワームなんかもあるわけですが、そういった物と比べてもフライマテリ…

釣りの本物のプロは高いタックルを使っていない。

近頃は、プロアングラーなる職業?もあるようですが、釣りの本当の意味でのプロといったら漁師さんでしょう。 漁師というと、網で魚を採るのを想像しがちですが、手釣りや竿釣りで魚を採る漁も結構行われています。 そんな漁の様子を、テレビ番組などで見か…

フロントジップのウェーダー。

シムスのZと名前につくシリーズなど、フロントジップのウェーダーがありますが、ああいったものは一度使ったら戻れないほど、かなり便利ですね。 ウェーダーを穿くような釣りは寒い時期に行うことが多いですし、水の中に浸かって釣りをしていると身体が冷え…

日本で釣れるサーモンみたいなブラウントラウト。

YouTubeなんかで、スコットランドやアイルランドのサーモンフィッシングの動画を見ていると、大きな魚は滅多に釣れていません。 北欧なんかでよく釣れている抱きかかえるようなサイズの魚は、滅多に釣れないようですし、「これだったら、日本の川で釣れるブ…

その釣りに爆発的な喜びはあるか。

南米なんかのサッカーの試合で得点が入ると、ゴール裏の観客達が「イエーイ!」と前に一気に押し寄せて、人間が雪崩のように崩れ落ちていることがあります。 確実に得点が入るごとに怪我人は出てるでしょうし、下手したら死人も出そうなものですが、あの情熱…

フライは形や色よりサイズが重要。

以前、テンカラ釣りの名人のような人が、毛鉤の出来・不出来や種類ではあまり釣果に差が出ることはなく、大切なのは毛鉤のサイズだと言っていました。 その人は、眼の研究が本業の人らしく、魚の目では細かい違いまでは見えていないと言うのです。 確かに、…

ロッドを持たずに釣りに行く。

私は、去年ロッドを持たずに釣りに行こうとしてしまったことが、二回もありました。日頃から釣り具を車に積みっぱなしなどにせずに、ちゃんと家に持ち帰っているのですが、釣りに行こうとした時にロッドを持たずに家を出てしまったのです。 なんとか車で走り…

ラインブレイクの原因は、リールのドラグの性能のせいではない。

本流釣りと呼ばれるノベ竿を使ったエサ釣りでは、かなり細いラインでも大きな魚を釣っていたりします。 リールがなくドラグもない釣りなのですから、それだけ竿の曲がりだけでもラインにかかる衝撃を吸収できているということなのでしょう。 ルアーロッドは…

放流待ちの群衆。

いつだったか本州の川で釣りをしていたら、「もう放流しちゃいましたか?」と土手の上から声をかけられました。 私は朝から釣り場にいたましたが、そんな様子は見かけなかったので、「来てないと思いますけどねぇ」と答えると、その人は「そうですか。ありが…

魚が沢山釣れるほど、喜びは小さくなる。

最近、私は思うのですが、魚釣りというものは、沢山釣れれば釣れただけ、喜びは小さくなるのではないでしょうか? 例えば、管理釣り場のような場所で、1日に20匹や30匹釣れるのと、川や湖で1日やって、なんとか1匹釣れるのと、どちらが喜びが大きいでしょ…

魚の口の開いてる写真が嫌い。

私は、釣れた魚の写真を撮った時に、あんぐりと魚が口を大きく開けている写真が嫌いです。 カッコいいとか迫力があると言って好きな人もいるようですが、私はなんだか苦しんでいるような気がして、いたたまれない気持ちになり、あまり好きではありませんね。…

ドラグが壊れても、なんとかなってしまうのが釣り。

昨年、釣りをしていて魚とやり取りをしている最中に、フライリールのドラグが全く効かなくなってしまいました。 前に魚が釣れて写真を撮った時に砂利がリールの中に入り不具合が起きたようで、クリック音が消えて、スルスルと完全にフリーでラインが出ていっ…

猫じゃらしと釣りの誘い。

猫とおもちゃなどを使って遊ぶには、上手く誘う必要があります。 適度にポーズを入れるとか、生き物のように動かすとか、猫が反応しやすい操作をしなくてはなりません。 子猫や若い猫なら雑に動かしたおもちゃにも反応しますが、猫は年を取るほど遊ばなくな…

メイホーのケース。

海外の釣り動画を見ていたら、「最高のフライボックスだ」と言って、日本のメイホー製の商品を紹介していました。 日本製だからハイクオリティだとも言っていて、随分と日本製品に信頼を寄せているようでした。 メイホウ(MEIHO) 明邦 防水ケースWG クリアブ…

ごちゃごちゃ説明しまくるわりには、ろくに釣れない釣り番組。

いつだったか、シマノ提供のテレビの釣り番組を見ていたら、「これはあまりに貧果だな」ということがありました。 一時間番組で、九州で四日間ほど釣りをしていて、小さなカサゴとセイゴが一匹ずつという釣果だったのです。これでは、この釣り場に行ってみた…

上州屋が生き残っている場所は釣りが盛ん説。

先日、小さな町を車で走っていたら、大きな古い上州屋キャンベルというお店がありました。 上州屋キャンベルというものは、90年代の釣りブームの頃に沢山開店したもので、最近はあまり見かけなくなっていたので、「閉店しているのでは」と思い見てみましたが…

案内川を川と呼んでよいのか?

東京都には登山者数が世界一の高尾山という山があります。まあ、山というほどのレベルではなく、観光地化された森みたいなものですから、そこに行くことを登山と言うのは、ちょっと無理矢理な感じがしますけどね。 そんな高尾山の麓に案内川という小川があり…

春は夜明けが早すぎる。

冬から春に向かうと、どんどんと日の出時刻が早くなっていきます。朝マズメに釣りをしようとすると、それだけ早起きをしたり早く家を出なくてはいけなくなってしまいます。 朝の6時くらいから釣りをすればよかったところが、4時前から釣りをしなくてはなら…

魚が釣れた土地は好きになる。

私は、どこか遠くまで釣りに行って、ろくに魚が釣れなかった時にはさっさと帰りたくなってしまいます。 悔しい思いをした土地に長居はしたくないですし、ひたすら夜通し運転したりして逃げるように帰るのです。 これが、思い通りに魚が釣れた土地は、全く違…

「45歳からのフライフィッシング」から20年以上前。

「45歳からのフライフィッシング」という、老眼などの老化を意識した釣りについて書かれた本がありますが、この本が出されたのは、もう25年近く前のようです。 このような本が、近年ではなく20年以上前に出されていたということは、当時はちょうど45歳くら…

若者にオールドコンデジが人気だが、釣り具のオールドタックルは?

少し前から若者達の間にオールドコンデジと呼ばれる、ちょっと古いデジカメが大人気のようです。 「カメラが趣味」みたいな人達の間で流行しているようなマニアックなものではなく、高校生や大学生などの間で広く使われているとのことです。 なんでも、そう…

2020年や2021年は、釣りの当たり年だった。

今年は、よくニュースなんかで「コロナ禍を経て◯年ぶりの開催です」などとイベントの様子が報道されているのを見かけます。 私はそういったものを見かけると、性格が悪いからか「一生再開されなければ、静かで良い世の中だったのにな」と思います。 2020年~…

本栖湖のレイクトラウトを駆除すれば、ヒメマスは増えるのか?

本栖湖に、なぜかレイクトラウトが居るのが発見されてからしばらく経ちますが、そろそろ駆除しようかと産卵場所などを探す調査に乗り出したようです。 なんでもヒメマスが釣れなくなり、ヒメマス釣りの客が減ってしまい漁協は困っているそうで、その原因はレ…

魚のうちわのような尾ビレ。

昔から、釣りの本なんかでは、大きな魚の尾ビレを「うちわのようだ」と言うことがありますが、あれはなかなか的確な表現だと思います。 大きな魚の大きな尾ビレというものは、ただ大きいのではなく扇状に面積が広く、びっくりするくらいの迫力があります。 …

一度だけ釣りを諦めた日。

私は、クマの足跡があったり糞があっても、ちょっとヒビリつつも、あまり気にせずに釣りをしてしまっていますが、一度だけ釣りを諦めたことがあります。 その釣り場は、林道を15分ほど歩いてから、藪を突っ切ると川に出られるといような場所でした。林道や河…