釣りにゃんだろう

猫のように気まぐれに 独断と偏見に満ちた釣り情報をお届け

釣りをしていて感動した瞬間。

釣りをしていると、感動をする瞬間が必ずあるものです。一番分かりやすいのは、狙っていた魚かそれ以上の魚が釣れた時でしょう。そんな時には、フックを外す手が震えてしまったことがある人も、沢山いるのではないでしょうか。 一方で魚が釣れた瞬間以外にも…

太軸?細軸? ルアーのフックの線径は、どのように決めるべきか。

ルアー用のフックには、実に様々な形状やタイプのものがあります。 多用なフックの中から、釣り人はベストな物を選ぶ必要が出てくるのですが、その際に気にしなければならないことに、フックの線径(太さ)があります。 細軸、太軸。 特に厳密な基準はなく、…

カーディナルのドラグの良さ。ドラグは微調整が効くほど良いのか?

最近、釣り場で出会った青年が、私がカーディナル44を使っているのを見て、「ドラグが良いらしいですね」と言ってきました。 私は、それを聞いて、「いやいや、そんなことはないと思うよ。滑らかに滑り出すかだって、一定の力で出るかだって、微調整が効くか…

オショロコマとエゾイワナの違いと、お腹の黄色いエゾイワナ。

北海道には、オショロコマとエゾイワナ(アメマス)という2種類のイワナが生息しています。これらのイワナは、稀に混生していることもありますが、簡単に見分けることができます。 オショロコマとエゾイワナの見分け方。 オショロコマ オショロコマとエゾイ…

ルアーロッドのガイドは、ダブルフットが良い。

ルアーロッドのガイドには、ロッドと接している脚が一本のタイプのシングルフットと、二本のタイプのダブルフットのものがあります。 最近のロッドでは、一部のヘビーなロッドを除き、かなりのロッドがシングルフットとなっています。 しかし、私は断然ダブ…

アメリカンルアーの実力。

アメリカンルアー(アメルア)と呼ばれるルアーがあります。ヘドン、レーベル、ボーマーなどのものが有名で、主にバス用とされるルアーがメインです。しかし、このルアー達は、他の魚種にも有効で、なかなかの実力を持っています。 アメリカンルアーの特徴。…

とうとうここまで来たか、日本の釣り… ハゼクランク(ハゼクラ)

近頃は、ハゼクランク(ハゼクラ)という名の釣りがあるようです。これは、文字の通り、ハゼをルアーのクランクベイトで釣ることなのでしょう。 私はこのような名前の釣りがあると知った瞬間、「これは酷い…」と思わず一人で声に出して言ってしまいそうにな…

『永遠に幸せになりたかったら、釣りを覚えなさい』と言うけれど、釣りをしても、ちっとも幸せにはなれない。

開高健は、『一時間、幸せになりたかったら、酒を飲みなさい。三日間、幸せになりたかったら、結婚しなさい。八日間、幸せになりたかったら、豚を殺して食べなさい。永遠に、幸せになりたかったら、釣りを覚えなさい』 という意味の中国の諺があると、著作の…

よそ見をしていたり、集中していないとよく魚が釣れるのは、どうしてなのか。

釣り人の中には、ちょっと景色を眺めたり、遠くに居る釣り人を観察したり、よそ見をした時に限って魚が釣れることを体験したことのある人は、沢山いるのではないでしょうか。 ああいった現象は、なぜ起こるのでしょうか。 普通に考えれば、ルアーなりフライ…

アメマスとエゾイワナの違い。

北海道には、エゾイワナと呼ばれるイワナが生息しています。このエゾイワナが、川から海に降り育ったものがアメマスです。 このように成育環境により名称が区別されているものなのですが、釣りの場面では、あまり区別せずに、これらの魚は単にアメマスと呼ば…

ロッドの継ぎ目が抜けなくなった時の抜き方。

釣りを終えて家に帰ろうとした時に、ロッドの継ぎ目が抜けなくなり焦った経験のある方も多いのではないでしょうか? 今回はそんな時にどうするべきか、ちょっと考えてみましょう。 ロッドの抜き方。 まず基本的なロッドの抜き方について、おさらいしておきま…

ラパラの箱。

ラパラのルアーは、その多くが昔から紙の箱にプラの蓋がされた状態で販売されています。 私は、この箱が好きで、ルアーを出した後もちょっと小物入れに使ったり、小さ目のルアーを詰め込んでタックルボックスのように使ったりもしています。 この箱を使った…

スピニングリールでキャストする時の、ベールを開く位置。

みなさんは、スピニングリールでキャストする時に、ベールがどのような状態で開いていますか? ラインを巻いてきて、適当な場所で開いているなんて人は、余程の初心者でもない限りいないと思います。 ベールを開くポジション。 スピニングリールのベールを開…

釣りに使うプライヤー(ペンチ)は、100円ショップなどの安物で充分か?

釣りでは、プライヤー(ペンチ)が必要となることが、ほとんどです。特にフックが複数ついているようなルアーを使った釣りをする場合には、魚が釣れた時に安全にフックを外すために、プライヤーやフォーセップは必需品でしょう。 100均の物でも問題ない? そ…

リールは、ベアリングが多く使われているほど良いものなのか。

リールを買おうとした時に、使われているベアリングの数を気にする釣り人は多いのかもしれません。メーカー側も、スペック表などにはベアリング数を必ず表記しているものですし、リール本体にまでベアリング数を書いてある物まであります。 このようにリール…

ロッドの継ぎ方。

みなさんは、並み継ぎや逆並継ぎやインロー継ぎのロッドを継ぐ時に、どのようにして継いでいますか?ロッドの継ぎ方には、諸説あるものなのですが、今回は私が行っている方法をご紹介しましょう。 継ぎ目が弛みにくい?継ぎ方。 私が行っている、ロッドの継…

栃木県小山 思川の鮭釣り

近年、栃木県の思川という場所で、鮭の有効利用調査が行われており、応募制で釣りをすることができます。 私は、「栃木県なんて完全な内陸部で鮭釣りができるなんて、ちょっと面白そうだな」と思い、以前行ってきたことがあるので、その時の衝撃的な様子を今…

釣りとベストシーズン。

日本は四季のある国であり、釣りの対象魚は一年中同じように釣れ続けるということは、あまりありません。 どんな釣りにも、だいたいベストシーズンというものがあり、効率良く魚を釣りたいのなら、そのタイミングで釣りをすることが、成功への近道のはずです…

湖の釣りの大敵? ターンオーバー。

湖で釣りをする人々が恐れている現象に、ターンオーバーというものがあります。これは一体どのような現象で、釣りにどのような影響を与えるものなのでしょうか。 ターンオーバーの仕組み。 釣り人がターンオーバーという時は、秋のターンオーバーを指すこと…

池の水を全部抜いて、外来種や移入種を駆除しなければならないのなら、ワカサギも駆除するべきではないのか。

『池の水ぜんぶ抜く大作戦』というようなテレビ番組が、茨城県の潮来の水路でロケを行う予定らしく、バス釣りの好きな人達などから、猛反発の声が上がっているそうで。 以前にこちらのブログでも書いたような気もしますが、あの番組は、釣り人目線で見てみる…

堰堤というポイント。

川でトラウトフィッシングをしていると、堰堤が目の前に現れることが少なくありません。当然、魚が留まりやすい場所なので一級ポイントではあるわけですが、一部の釣り人達からはあまり人気がないポイントでもあります。 堰堤が嫌われる理由。 堰堤が一級ポ…

サクラマスは川に入ったら餌を食べないというのは本当か。

最近では、そうではないという説も出てきているようですが、昔からサクラマスは春に海から川に遡上を始めると、産卵を行う秋まで、基本的には餌をとらないと言われています。 しかし、釣りをしている人なら誰でも、「本当なのか?」と疑問に思ったことがある…

釣りをしていると出会うことのある、ヒグマよりも怖い動物達。

みなさんは、釣りをしていて野性動物と出会うと、嬉しい気持ちになりますか?それとも、恐怖を感じますか? 私は、ほとんどの場合で嬉しい気持ちになります。野性動物の輝いた瞳というものは、見ているだけでも何故か嬉しい気持ちになってしまいます。日頃か…

イトウ・アメマス・ニジマス・ヤマメを、一つの川で釣る。

昨年、このような記事を書きましたが、これは名前を出しても差し支えのないような場所を選んだため、移動を繰り返すようなことになったわけで、場所を明かさないで良いのなら、一つか二つの川だけでも、北海道では沢山の種類のトラウトを釣ることはできるも…

ラインは、ポンド表示ではなく号数(直径)で選ぶべき。

釣り糸(ライン)というと、ポンド数を基準に選ぶ釣り人が増えてきている気がします。 たとえば、「ラインはどれくらいのを使うんですか?」と聞かれれば、「○○ポンドくらいかな」と答える人が、大半なのではないでしょうか。 私は、このポンド数でラインを…

ルアーのフック(釣り針)の色は、釣果に影響するのか?

釣りのフックというと、銀色のものが定番ですが、他にも様々な色のものがあります。ガンメタのような色や黒や赤など様々な色があり、また同じような色でも光沢があるかないかの違いもあります。色々な色があるということは、フックの色によって釣果に差が出…

釣りのウェアの色は、釣果に影響するのか。

古い釣りの本などでは、釣りをする時には地味な色の服を着ることを薦めていたりします。これは、その方が魚に気づかれにくいからだそうで、言われみるとそんな気がしないでもないです。はたして本当に、釣りをする時の服装の色というものは、釣果に影響する…

ミノーなどのプラグに、シングルフックを使用する場合の向きについて。

近頃では、ミノーなどのプラグにはシングルフックが使われることが、増えてきました。この際のシングルフックのセッティングにおいて、フックのポイント(針先)がどの向きを向くようにするべきか、少し悩んでしまうものです。 まあ、釣れる時はフックが付い…

釣りのセミナー(講習会)やトークショーって、何なんだろう?やる意味があるのか?

たまに釣り具屋さんなどに、有名な釣り人やメーカーの人が来て、セミナーやトークショーなどというものをやっていますが、あれは、あまりにもアホっぽい、陳腐なものだと思います。 何を言っているのか、何が言いたいのか、よく分からない。 まず、セミナー…

ダウンロックのリールシートの謎。

ここに富士工業の同じような型のリールシートが使用された2本のロッドがあります。同じようなリールシートのパーツを使っているのに、この2本のロッドのリールシートの使い心地はは、全く違うものとなっています。 アップロックとダウンロック。 この2本…