釣りにゃんだろう

猫のように気まぐれに 独断と偏見に満ちた釣り情報をお届け

ルアー

ハンドメイドプラグの価値。

トラウト用のミノーは、ハンドメイドのバルサなどのウッド製のものが一部の釣り人達には人気があり、非常に高値で売られています。はたして、ああいった物はそんなに価値があるものなのでしょうか。 高い分だけ、よく釣れるのか? まず高い値段の物だから、…

シュガーミノー シリーズ 買う必要がないルアー。

シュガーミノーという、プラスチック製ミノーの超定番商品があります。ウェイトの音のしにくいSGという重心移動システムに変わったり、シュガーミノースリムやシュガーディープというタイプも発売されていますが、長年売られ続けて釣り人からも支持され続…

スプーンのフックの向き。

今時、スプーンにトレブルフックを使用する人は、あまりいないのではないでしょうか。ほとんどの釣り人が、シングルフックを使用していることかと思います。 この時に問題になってくるのが、シングルフックの向きをどのようにするべきかというものです。 上…

ルアー(プラグ)の発する音の、釣果への影響について。

ルアー(特にプラグ)は、かなり大きな音をたてながら水中を泳いできます。この音を、スレた魚は嫌い、釣果に悪影響を及ぼすという説がありますが、本当なのでしょうか? プラグの発する音。 ミノーなどのプラグが泳ぐと、フックがボディにぶつかり、ガチャ…

スプーンのカラーは、シルバー派?ゴールド派?

スプーンというルアーは、実に様々な色がありますが、管理釣り場用の物を除けば、大部分のものが裏面がシルバーかゴールドです。この2色のものを、釣り場の状況や魚種によって細かく使い分けている人もいますが、だいたいの人は「なんとなくこっちが好きだ…

バルサ製フローティングミノーの完成形 ラパラ フラットラップ

しばらくの間廃盤になっていましたが、今年はラパラのフラットラップがサイズ限定ながら再生産されているようです。巷でも、かなり評価が高いこのルアーについて、今回は見ていきまましょう。 よく飛ぶ、キビキビ動く。 ラパラのフラットラップは、見慣れな…

世界のヨーヅリ。

日本の釣具メーカーの中には、世界的に成功して有名ブランドとなっている会社がいくつかあります。ロッドやリールなら、シマノやダイワを知らない釣り人は世界中に居ないでしょうし、フックならオーナーやがまかつ(厳密には本社はインドネシア)が、高品質…

ヘドンのビッグバドの思い出。

アメリカのルアーメーカーのヘドンの製品にビッグバド(big bud)というものがあります。ビール缶の形をしたボディにリップを付けたというふざけた見た目をしていますが、水面を抜群のアクションで泳いでくるものです。 このルアーはヘドンのものですので、…

レーザーチヌークSの謎。

私の使用するルアーの中で、獅子奮迅の活躍をしているチヌークSというスプーンがあります。 このチヌークSには、レーザーチヌークSという表面の塗装が違うものがあるのですが、何とも微妙な商品だと私は思っています。 チヌークSとレーザーチヌークSの…

中禅寺湖のレイクトラウト釣りにスライドスプーンは必要なのか?

近年トラウトフィッシングの世界でとても人気があるの釣りに、プロビアなどのスライド系スプーンを利用した中禅寺湖でのレイクトラウト釣りがあります。ちょっと変わった形のスプーンを使いボトム付近を狙う釣りですが、かなりのルアー釣りの人々がそのスラ…

忠さんのスプーン マスター

忠さんのスプーンというとバイトが有名ですが、それとはまた違った持ち味を持ったスプーンにマスター(master)があります。ちょっと使う人の少ないこのスプーンについて、今回は見ていきましょう。 マスターの特徴、バイトとの違い。 上の細身なのがマスタ…

トラウトのルアーフィッシングは、いくらで始められるか。

自分が長いこと釣りをしていると、釣りを始めるのにどれくらいのお金が必要かなどと考える機会がなくなってきます。一方で、長いこと釣りをしていると、「この程度のタックルで問題ない」などという判断はできるようになってきます。そこで今回は、実際に魚…

神ルアー ラパラ カウントダウンシャッドラップ。

ラパラのルアーは、廃盤と復刻を繰り返しているものが多いです。 これはおそらく一度に生産できるモデルが限られているため、時々生産するモデルを入れ替えているためだと思われます。 このように、それなりに需要があるものは、完全に廃盤にはならずに再び…

トラウティンサージャーとサージャー ルアーの流行り廃り。

トラウティンサージャーというジグミノーがあります。このルアーは結構便利なものなのですが、最近ではあまり使っている人を見かけません。今回は、今一度サージャーを見直してみましょう。 飛ぶし、沈むし、フォールもリトリーブもイケる。 トラウティンサ…

スレた魚には、小さいルアーが有効なのか?

昔から、スレた魚には小さいルアーが有効だと言われています。これは本当なのでしょうか。 この国は、魚がスレた釣り場ばかり。 よく釣り人が言う「魚がスレる」とは、たくさんの釣り人が、餌なりルアーなりフライなりを魚に見せ続けた結果、魚がそのような…

メップスのスピナーは化け物か。

日本ではスピナーを使う釣り人が、年々減っている気がします。しかし、使われなくなったからといっても、スピナーは今でも抜群に釣れるルアーであり、その中でも凄まじく釣れるのがメップスのスピナーです。 スピナーの特徴。 メップスのスピナーについて説…

ニルズマスター インビジブル

ニルズマスターは、フィンランドのルアーメーカーです。設立は1963年で、バイキングの末裔が立ち上げたメーカーらしく、バイキングの帽子がトレードマークとなっています。日本だったら餌擬を作っていた武士の末裔が、釣り具メーカーをやる感じでしょうか。…

ダイワ クルセイダー パクリを越えた逸品。

現在ダイワから売られているスプーンの中で、何十年もの長い歴史があるものとしてクルセイダーがあります。それだけ長い間製造され続けるということは、たくさんの人に信頼され、たくさんの魚を釣りあげているからでしょう。 そんな名作スプーンを、今日はご…

『ケン、フィッシュオン!』 ケンクラフトと千夜釣行。

伝説のケンクラフト。 90年代の釣りバブル期を経験した方なら、ケンクラフトという、今は忘れ去られつつあるブランドを、よくご存じなのではないでしょうか。 現在の3倍ほどの釣り人口が居たというあの時代、上州屋が当時の社長の息子であった鈴木健一(現…

スプーンのアワビ張りに、効果はあるのか?

主にトラウト用として、アワビ張り仕上げのスプーンが市販されたり自作されたりしています。あれには、はたして効果があるのでしょうか? アワビ張りスプーンは割高。 アワビ張りスプーンは、けっこう高価なものです。 市販されているものは、当然ながら通常…

ザ・ダイソー スプーン 108円

存在自体は知っていたのですが、なかなか手に入れることができなかった幻のルアーを手に入れることができました。ダイソーのスプーンです。108円のスプーンが、どんなものなのかちょっと見てみましょう。 ダイソースプーンのスペック。 重量:8.3グラム。…

スプーンのシングルフックを、道具不要で簡単に大量に作成する方法。

スプーンに利用するシングルフックを買うと、結構なお値段がします。釣り針というものは、消耗品なので大量に用意して、どんどん交換したいところですが、値段が高いとケチリたくなってしまいます。 しかし、自作すれば、安く大量生産することができます。今…

スプーンのシングルフック(スイミングフック)に効果はあるのか。

スプーンのフックに、シングルフックを使うのは今や常識ですね。この場合のシングルフックとは、アイがラインでできている、アシストフックのようなもののことです。何気なく使っているシングルフックに、どのような効果があるのか、少し考えてみましょう。 …

史上最強のルアー。ダイワ チヌーク S

値段が高くない。どこでも手に入る。どんな魚でもよく釣れる。これだけ持っていれば、様々な状況に対応できる。そんな夢のようなルアーが、ダイワのチヌークです。 本当に信用できるルアーとは、こういうものだ。 旧型のチヌーク、チヌーク S、レーザーチヌ…

ラパラ BXミノー 10

今から5年ほど前にラパラから登場した、BXシリーズ。BXとは、バルサエクストリームの略らしいです。バルサ製と樹脂製の合の子のような、独特な作りをしています。BXミノー10は、シリーズの中核を担うフローティングミノーです。 エクストリームの名に恥じな…

アイルマグネット 105f

アイルマグネットは、1990年代にYO―ZURI(DUEL)から発売されたルアーのシリーズです。 塗装などの外観のマイナーチェンジは行われつつも、現在まで生産され続けている、超ロングセラーの超定番ルアーです。 日本では現在発売されていないようです…

忠さんのスプーン バイト

ストーリーのあるルアーが好きだ。会社で「開発」という言葉が似合う最近のルアーよりも、人が手を使い試行錯誤をして生み出し、その人の人生が詰まっているようなルアーを使いたいと思う。釣りとは、本来そういったとても心情的なものだと思う。 例えば、ラ…

ラパラCD

ラパラのカウントダウンは、カウントダウンラパラとも呼ばれる、世界で最も売れているシンキングミノーであり、世界で最も魚を釣っているはずのシンキングミノーです。 どこでも、なんでも、よく釣れる。 日本では、シーバス釣りでの使用が有名ですが、淡水…