釣りにゃんだろう

猫のように気まぐれに 独断と偏見に満ちた釣り情報をお届け

オールドタックル

オールドタックルで釣りをするのは日本だけ?

日本の釣りの世界には、オールドタックルという言葉があり、古い釣り具を使って釣りをすることが、流行しているとは言えないものの、ある程度の数の釣り人に楽しまれています。 度々復刻版というようなリールが発売されたり、古いリールに使うカスタムパーツ…

オールドリールの前の持ち主は、すでに死んでいる可能性があること。

私が釣りに使うリールは、オールドリールと呼ばれるような古い物が多いです。40年以上前に作られたものが普通ですし、中には50年以上前に作られたものもあります。 こういった物を使って釣りをしていると、たまにこのようなことを考えることがあります。「前…

カーディナルのスプールのモール。

インスプールのカーディナルのスプールの一部の古い年代製の物には、底にモールが付いているものがあります。 これには一体どんな役目があるのか、本当に必要なものなのか、少し考えてみましょう。 スプールの底のモールの役割。 カーディナルのスプールにモ…

オールドタックルにこだわるなら、ラインまでオールドものを使うべきか。

私は、基本的に「釣り具は古いほどかっこ良い」という、かなり偏向的な思想を持って釣りをしています。 近頃は、わりと新しい釣り具も使うことが増えてきましたけど、今でもできれば古くてお洒落なリールやロッドで魚を釣りたいな、とは思っています。 しか…

「丸腰だから最強だ」 釣りのタックルは、シンプルなほど強い。

昨今の情勢により、ちょっと懐かしい曲が再注目されています。はっぱ隊の『YATTA!』という曲です。 youtu.be この曲が登場した当時も日本の景気が悪かったりして、自殺者が増えていたそうですが、そんな空気を吹き飛ばすかのように、シンプルにバカに…

タックルベリーの中古釣り具の状態のランク付け。

タックルベリーという全国チェーンの中古釣り具店があります。このお店にはベリーネットとというネット販売サービスがあり、全国の店舗にある商品を通販で買うことができます。 値段は「ちょっと高いかな?」と思うくらいのレベルで、ヤフオク!などの他のサ…

ピナクル・シルスターのリール。

「ピナクルデッドボルト」「ピナクルビジョン」この言葉に反応して、少年時代を思い出した人は、私と同世代かもしれません。 これらは、90年代後半に存在したリールの名前であり、上州屋提供の釣り番組に「千夜釣行」に頻繁に登場し、当時の少年達の憧れの的…

カーディナルなどのインスプールリールのローターに、穴を開ける行為。

カーディナルなどのインスプールのオールドスピニングリールはコアな人気があり、古いものにも関わらずそれなりに使っている人がいるようです。 そういった人達の中には、何かと凝り性な人も居るらしく、「カスタム」などといって部品を交換したり、改造した…

ルーハージェンセン クロコダイル オールド肉厚スプーン

名作スプーン「ハスルアー」で有名なLuhrJensen(ルーハージェンセン)の製品には、もう1つの名作スプーンとしてKrocodile(クロコダイル)というものがあります。 このスプーンがいつ頃から存在するのか、ちょっと私には分からないのですが、少なくとも日…

意外と便利な老舗フッ素コーティング剤、ボナンザ。

現在、釣り具やラインに吹き付けて使うフッ素のような物が沢山売られています。こういった物の元祖のような物に、ボナンザというものがあります。フッ素コーティング剤は、様々なタイプの新しいものも発売されていますが、この古典的なボナンザは今でも重宝…

商業主義的な釣りはつまらない。

ロックミュージックの世界には、「セルアウト」という言葉があります。 Wikipediaによりますと、『社会へのメッセージ性を排し、商業的な成果だけを求める行為を指す用語』とのことですが、まあ簡単に言うと「金儲けを優先するような音楽をやること」であり…

シャロースプール(浅溝スプール)と日本の釣り。

近頃売られているスピニングリールやベイトリールには、浅溝スプール(シャロースプール)の物が多いです。これは、細いPEラインを下巻きをあまりせずに巻くための物です。 こういった物は、海外ではあまり売られていないようです。売られていないということ…

アブ スウェーデン王室御用達の釣り具。

先日テレビのチャンネルを回していたら、スウェーデンの王室の話をやっていて、「あっ、この人見たことある」と思い、しばらくその番組を見てしまいました。 日本の皇族さえ満足に知らない私が、なぜスウェーデンの王室の人の顔を覚えていたかというと、古い…

オールドリールの傷。

私は、オールドリールと呼ばれるような古いリールを使って釣りをするのが趣味です。オールドリールなどと言うと、ちょっとかっこ良く聞こえますが、要はただの古くさい中古リールです。 そういった物には、傷が入っていたりすることがよくあります。こういっ…

カーディナルC5のベールスプリングが折れた。

80年代~90年代に売られていたアブガルシアのカーディナルCシリーズは、ベールスプリングが折れやすいことで有名です。 C3のスプリングは、5000回のリターンももたないとも言われていて、この計算が正しければ、数日釣りに行っただけで交換が必要になると…

カーディナルが何度も復刻されているが、大金を払って買うほどのリールではないのではないか。

アブのカーディナル33というものは、近年ちょっとずつ仕様を変えて毎年のように限定生産されています。それだけこのリールのコアなファンが日本には多く、発売すれば買う人がちゃんと居て、それなりに利益が出るということなのでしょう。 私は、カーディナル…

釣り具のインプレほど、あてにならないものはない。

釣り具をGoogleなどでネット検索しようとすると、かなりの確率で「○○ インプレ」というような予測が表示されます。 それだけ、釣り人が釣り具を選ぶ時には、ネット上の他人のインプレッション(印象や使用感)の情報を気にして参考にすることが多いというこ…

片軸横転リールでルアー釣り?

みなさんは、片軸横転リールなるものをご存じでしょうか? タイコリールの一種で片軸リールや横転式リールと呼ばれることもあるものですが、現代の釣り人の中には、沢山知らない人もいるのではないでしょうか。かく言う私も、子供の頃はこのようなリールがあ…

オールドリールのフットナンバーなんてどうでもよい。

オールドリールが売りに出されている時に、「フットナンバーは…」と製造番号が明記されていることが少なくありません。 それだけ、オールドリールを欲しがるような人の中には、フットナンバーを気にする人が多いということなのでしょうが、私はあまり気にせ…

カーディナル33は要らない。

私は、所謂オールドリールというものを使って釣りをすることが趣味です。そこまで大量ではありませんが、滅多に出番がないリールもでてきてしまうほど、オールドリールをそれなりの数所有しています。 しかしながら、オールドリール好きなら誰でも持っていそ…

魚は、固いロッドや伸びの少ないラインで引っ張るほど、強く引いたり暴れたりする。

私は基本的に、ルアーフィッシングをする時には、今だにほとんどナイロンラインを使って釣りをしていますが、たまにPEラインを使って釣りをすると、大して大きくない魚でも暴れたり引きまくるので、ちょっと驚いてしまうことがあります。 ラインに伸びがな…

アブガルシア ORRA SX

ちょっとした出来心から、(私にとっては)今時のロープロファイルのベイトリールを手に入れてしまったので、どんなものなのかちょっと見ていきましょう。 オーラ SX 手に入れたのは、アブガルシアのORRA(オーラ)SXというリールです。新品で3,000円だったので…

最近の安物リール Abu Garcia カーディナル 301MS

私が持っている小型スピニングリールの中で最新のモデルは、ミッチェル300xだと思っていました。しかし最近、なんか見慣れない今どきのリール風の箱が部屋にあるなあ、と思いよく見てみるとCardinal301MSと書いてあるではありませんか。持っていることさえ忘…

なぜかオールドリールが値上り気味な件について。

最近、ヤフオク!などを眺めていてふと思ったのですが、オールドリールの値段が数年前よりも高くなってきている気がします。一体何が起きているのでしょうか。 微妙なモデルまで値上り気味。 昔から安定高値のオールドスピニングリールとして、アブのカーディ…

昔はヒップブーツがよく使われていたのは何故か。ウェーディングの必要性。

1970年代などの古いルアーフィッシングやフライフィッシングの本を見てみると、釣り人がヒップブーツやヒップウェーダーと呼ばれる股下までしかないウェーダーを履いている姿の写真が目立ちます。今では、なかなかヒップブーツを履いている人はいません。ど…

ミッチェルのスピニングリールのカラーの変遷。

フランスのメーカー、ミッチェルの古いインスプールスピニングは、とても美しい形をしていて、現代の人が見てもとてもオシャレだと思うのではないでしょうか。私は、この形だけでなく、色も非常に美しいと思います。 ミッチェルのカラー。 現代のリールは、…

オールドタックルは資産?持っていると価格が上がる釣り具。

通常、釣り具という物は新品の状態が一番値段が高く、中古の状態で売却する時には、ガクッと値段が下がるものです。あまり使っていないようなものでも、売る時には定価の半分にもならないこともあるのではないでしょうか。新古品の状態でも、ちょっと古くな…

ドラグ性能と手釣り。

近頃のリールのドラグは滑り出しが滑らかで、微調整が効き、かなり高性能なものらしいですね。 それに対して、私が使っているようなオールドリールというもののドラグは、かなり大雑把な作りになっています。 現在の釣り人の大半が高性能なドラグの搭載され…

ストラディックという単語の意味は?シマノのリールの名前。

シマノにストラディック(STRADIC)という名前のスピニングリールがあります。 結構お高いものですが、バカ高くはないですし、お金に余裕のある人になら、お手頃でちょうど良いリールなのではないでしょうか。このモデル以上にリールにお金をかけても、正直そ…

価格の高いリールと安いリールには、ランニングシューズほどの性能差があるのか。

近頃は、陸上競技の長距離の世界ではナイキ製のカーボンプレートが内蔵された厚底シューズというものが問題になっています。釣り人の皆さんなら、日頃から釣り竿の素材でカーボンというもののものすごい反発力を実感されているかと思いますので、そんなもの…