釣りにゃんだろう

猫のように気まぐれに 独断と偏見に満ちた釣り情報をお届け

「釣れましたか?」と聞かれた時、正直に答えるべきか。

たまに釣りをしていると、「釣れたかーい?」などと、フランクに話しかけてくる人がいます。あまり釣りをしなさそうな通りがかりのおっさんのような人なら、適当にあしらっておけば良いのですが、これがガチで釣りをしている感じの人だと、どう答えるべきか…

ルーハージェンセン クロコダイル オールド肉厚スプーン

名作スプーン「ハスルアー」で有名なLuhrJensen(ルーハージェンセン)の製品には、もう1つの名作スプーンとしてKrocodile(クロコダイル)というものがあります。 このスプーンがいつ頃から存在するのか、ちょっと私には分からないのですが、少なくとも日…

針掛かりしたウグイやヤマメのイレギュラーなアクションを再現できれば、爆釣するかもしれない。

イトウなどの大きな魚を大きめのルアーで狙っていても、貪欲なウグイやヤマメがフッキングしてしまうことがあります。こんな時は、高速で回収して逃がしてさっさと釣りを続けるわけですが、時々思いもよらない展開を見せることがあります。 10グラム程度のス…

美幌峠から見える、屈斜路湖のニジマスのライズ。

水質が強い酸性になり、一時期は魚が絶滅しかけたと言われている、北海道の屈斜路湖ですが、現在ではウグイ・アメマス・ニジマス・ヒメマスなど様々な魚類が見られるようになってきていて、釣り人からの人気も高いものとなっています。 この日本最大のカルデ…

ボートシーバスをやるかやらないかと、釣り人の複雑な心情。

日本で長年人気のあるルアーフィッシングの対象魚として、シーバスというものがあります。 シーバスとはスズキのことであり、この魚が日本のかなり広範囲に居てルアーの好対象魚だと発見された1970年代から現在まで、海のルアーフィッシングのメインターゲッ…

釣り具のキャスティングの思い出。

キャスティングという釣り具屋というと、現在はダイワの傘下に入っていて、テレビCMが流れているくらい、きらびやかな釣り具屋となっています。 キャスティングというお店自体は、数十年前からあったものですが、今とはかなり雰囲気が違うものでした。 私が…

渓流では膝まずいたり岩に隠れてキャストするべきなのか。 逃げる魚は何しても逃げる。

昔から釣りの本には、渓流ではしゃがんだり膝まずいたり岩に隠れたりしながら釣りをしろと、よく書いてあります。そうしないと、魚に気づかれて逃げられることがあるからだそうです。 私は、たまに渓流で釣りをすることがありますが、ちょっとだけ姿勢を低く…

意外と便利な老舗フッ素コーティング剤、ボナンザ。

現在、釣り具やラインに吹き付けて使うフッ素のような物が沢山売られています。こういった物の元祖のような物に、ボナンザというものがあります。フッ素コーティング剤は、様々なタイプの新しいものも発売されていますが、この古典的なボナンザは今でも重宝…

釣り船の船長さんは、うるさくないのか。釣りのジャンルと性格。

私は釣り船というものに乗ったことがありませんし、できればこれからも乗らずに釣りを楽しんでいきたいと思っています。 なぜなら、テレビなどで釣り船の船長さんがマイクを使って指示をしている場面を見るだけでもイラっとするくらい、人から命令されて釣り…

釣った魚が縮んだ話。

魚は釣った直後よりも、キープして持ち帰った後の方が、測ってみると小さくなっていることが多いようです。 私は、管理釣り場以外では一度も釣った魚を持って帰ったことがありませんから、よく分からないのですが、こんな話は聞いたことはあります。 125セン…

口の壊れたアメマスがよく釣れるということは、魚のリリースに意味はあるということの表れ。

北海道のアメマスという魚は、かなり貪欲なのか、小さいものから大きなものまで、積極的にルアーやフライに食いついてくることが多いです。 時には、他の魚を狙っていても、もう勘弁してくれというくらい釣れてしまうものですが、冷静に考えてみれば「40セン…

釣れた人に「おめでとうございます」と言うのは嫌味か。

たまに魚が釣れた人に向かって、「おめでとうございます」と言う人がいますが、あれはあまり良くないことなのではないかと、私は思っています。 魚が釣れて、もしもその人がその魚に100%満足しているのなら、「おめでとうございます」と言われれば、素直に喜…