釣りにゃんだろう

猫のように気まぐれに 独断と偏見に満ちた釣り情報をお届け

海釣り公園の柵のライン。

テレビで海釣り公園の様子が流れているのを見ていたら、コロナ対策のためか手すりに一人分のスペースごとにラインが書いてあり、間隔をとって釣りをするようになっていました。 ああいった場所で釣りをしたことのない私が見たところでは、「これでもかなり密…

石狩挽歌と釣獲。

テレビで演歌や歌謡曲が歌われる番組を見ていたら、「石狩挽歌」という曲をやっていて、その歌詞を聴いていたら、あまりにおかしくて爆笑してしまったことがあります。 石狩挽歌とは、北海道で昭和期前半まで大量に獲れていたニシンが獲れなくなってしまい、…

初夏の北海道、トラウト五目釣り。

私は、釣りというと「型のまあまあ良いイトウが一本釣れれば満足」というような気持ちでやることが多いですが、たまに色々な種類の魚をテンポよく釣るという、トライアスロン的な釣りをやりたくなることがあります。 近頃もちょっとそんな気分になることがあ…

ゲストか外道か。

日本の釣りでは、昔から目標としている魚以外の魚種が釣れてしまった場合、外道と呼んであまり喜ばないことが多いです。しかし、近頃では、こういった目標以外の魚のことをゲストと呼び、ちょっとだけ前向きにとらえる風潮も出てきています。 とは言え、私は…

北海道でレンタカーで釣りをすること。

北海道という土地で釣りをするには、車という移動手段がないとかなり不利になります。頑張れば、バスや電車といった公共交通機関だけを使っても、そこそこ釣りはできるとは思いますが、北海道ではそういったものの本数が極端に少ないですから、効率は半端な…

パックロッドのガイドライン。

継ぎ目があるロッドは、ガイドが真っ直ぐになるように気をつけて継がなくてはなりません。物によっては、ガイドラインと呼ばれる目印の点や線や文字がロッドに印字されていて、それに合わせれば簡単なのですが、そういった物がない場合で、焦って釣りの支度…

見えている魚を釣って楽しいか。サイトフィッシング。

姿が見えている魚を狙い釣りをすることを、サイトフィッシングと呼んだりしますが、あの種の釣りに興奮を覚える釣り人は少なくないようです。 ルアーでもフライでも、魚の一挙一動にドキドキしながら、慎重に狙い定め食わせるハンティング的な釣りを面白いと…

なぜウェーダーを履いて釣りをしなければならないのか。

トラウトフィッシングをする人は、車で釣り場に到着してまず一番にすることが、ウェーダーを履くことである人は多いはずです。 私も、釣り場に到着し車から降りると川や湖の様子を眺めながら、半ば無意識的にウェーダーとウェーディングシューズを車から取り…

タコエギの根がかり問題。

昨年、関西の方の海で、海底にとんでもない量のタコエギが引っ掛っていて、漁の妨げになっていると、ニュースになっていたことがありました。 これは漁の妨げになるだけでなく、環境面でも大問題ですし、とんでもなく良くないことに違いないと思います。海底…

釣れた魚を美しく写真に残すコツ。少し休ませる。

釣りの釣果の写真というと、昔は魚をワシ掴みにして持ったり、陸に転がして泥だらけにしたり、死んだ魚を並べたりするものが多かったものですが、現在ではそういったものは少なくなってきています。 倫理面や魚の保護という観点から、「魚はできる限り水に浸…

釣りの現実は虫だらけ。

近頃はゲームの中で釣りをした体験から興味を持ち、やってみたいと思う人が増えているようです。 現実の釣りは、ゲームのようにテンポよくバシバシ魚が釣れることは滅多にありませんが、本物の水のきらめきの中から活き活きとした美しい魚が姿を現す感動は、…

とにかく魚が一匹釣れたら結束部を結び直す。

私は、子供の頃から釣りの最中に、ほぼ欠かさず行っていることがあります。 それは、魚が一匹釣れたら、必ずルアーやフライの結束部を結び直すということです。 近頃はちょっと油断して、たまに小さな魚が釣れた後にはやらないこともありますが、それでも習…