釣りにゃんだろう

猫のように気まぐれに 独断と偏見に満ちた釣り情報をお届け

魚のエラに手を突っ込んで持つ人達。

古い釣りの本などを読むと、魚のエラに手を突っ込んで持ち上げている写真がよく載っています。 海の魚だろうと、川の魚だろうと、釣れたらとりあえずエラに手を突っ込んで持つのが、昔は当たり前だったのでしょう。しかし、現在では、こういった行為は、「魚…

釣り人は高級魚を食べまくり?

いつだったか、新潟県の物産館のような所で暇を潰していたら、ノドグロの干物を売っていました。買うつもりはありませんでしたが、興味本位でその値段をチェックしてみると、なんとお値段2,500円でした。 手の平サイズの干物が2,500円とは、なんともびっくり…

フィッシュウィンドーと魚のタナ。

釣り人なら誰でも知っている常識的なことだと思いますが、水中に居る魚からは水の外が全面的に見えているわけではなく、フィッシュウィンドーと呼ばれる独特な見え方をしています。 フィッシュウィンドーとは、水中から外が見えるのは、魚の頭上を中心に97度…

髪を切りに行かないと、ロッドが一本買えてしまう。

私は、2020の1月に大掃除をした時に、こう誓いました。「もう釣り竿は買わないぞ」 自分は釣り人の中ではそこまで沢山ロッドを持っているほうではないと思っていたのですが、改めて整理してみると結構な数があり、ロッドは普通に使っていれば折れるなんてこ…

フライフィッシングは、ルアーよりも荷物がコンパクトで軽い。

近頃、フライで釣りに行く時の方がルアーで釣りに行く時よりも、圧倒的に荷物が少ないのではないかということに、ふと気がつきました。 まず、フライロッドは4ピースが主流ですから、短くて運びやすいです。2ピースなどでも、ルアーロッドよりもガイドが小…

釣った魚に触りたくない人。

近頃、ちょっとだけ釣りブームがきているそうですが、初心者が実際に釣りをしてみたら、意外とつまらなかったり、嫌だったなんてことは起きていないのでしょうかね。 まず、思っていた以上に魚が釣れないので嫌になってしまう人がいそうです。それから、釣り…

日本人がオールドタックルが好きな理由。

アブだフェンウィックだと、古くさい道具で魚を釣るのが趣味の人が、日本の釣り人の中にはいます。私もちょっとはこの種類の釣り人の中に入るのかもしれませんが、こういった釣りをしているのは、世界的にはちょっと珍しい釣り人のようです。 海外にも多少は…

鹿などの足跡が滑っている場所は、人間も滑りやすい。

釣りをしていると、様々な動物の足跡を見つけることができます。やはり釣り人が歩きやすい場所は、動物達にとっても歩きやすい場所であり、釣り人が去った後には、色々な動物達が忙しく行き交っているのでしょう。 私は、動物の知識がないものですから、足跡…

釣りの競技会や大会。

日本には昔から、釣りの競技会や大会といったものがあります。アユ、ヘラ、チヌ、グレ、など、海でも川でも様々なジャンルの釣りで行われています。 ああいったものは、ほとんどが釣り具メーカーの販促といった意味合いで行われているのだと思います。 です…

教え魔にならないために、釣りは頼まれない限り教えない。

たまに釣り場には、やたらと他人の釣りに口を出してくるおっさんがいて困ったものだ、といったことを以前書いたと思いますが、ああいった人は、釣り以外の趣味にも沢山いるようですね。 ゴルフやなど、あらゆる趣味の場面に、こういった迷惑な人が存在して、…

抜けなくなったフェルールを抜くためのシートなどは持ち歩くべき。

ロッドの継ぎ目(フェルール)というものは、緩んできてしまったら困るものですが、抜けなくなってしまっても困るものです。ロッドの長さによっては、抜けないと車に積めなくなったりしてしまう可能性もあり、家に帰れなくなるなんてピンチにもなりかねませ…

謎のルアーカラー、レッドヘッド。

私が子供の頃は、夜にスズキをルアーで釣るなら、カラーはとりあえずレッドヘッドを使えという雰囲気がありました。 ただ、最近はどうなのでしょうか?テレビの釣り番組などを見ていても、あまり使われている気配がありません。やはり、リアルさとは程遠いカ…