釣りにゃんだろう

猫のように気まぐれに 独断と偏見に満ちた釣り情報をお届け

釣り人は、釣り好きタレントや釣り好き芸能人に、やたらと厳しい。

テレビなどを見ていると、釣り好きだという芸能人が出てくることがあります。 このような人達は、「本当に釣りをやりまくっているんだろうな」と思える人から、「本当に釣りをしたことあるのか」と思ってしまうような人まで、実に様々です。 見ればだいたい…

アイルマグネットDB/マグダーター

一昔以上前に、リップがなく、斜めになっている頭に水流を受けて泳ぐタイプのミノープラグが流行っていたようですが、そんなプラグの中の超名作としてアイルマグネットDBがあります。 今でも釣れます、売れます。 このタイプのルアーはリップがないため空気…

取付け時のガタ付き防止や傷防止に、アブガルシア リールフットカバーM

私はあまり気にしませんが、リールを長いこと使っていると、リールシートと接触するフットの部分の塗装が剥げてくることがあります。 それから、リールとリールシートの相性によっては、リールをセットした時にリールがしっかりと固定されず、ガタつくことが…

フライリールとスピニングリール。

トラウト類を釣る時に、フライフィッシングをする人もいますし、ルアーフィッシングをする人もいます。 この二種類の釣り人達の使うリールを比べてみると、ちょっと面白いことが分かってきます。 フライリールの仕組み。 フライリールは、シングルアクション…

ラージアーバーのフライリールはカッコ悪くないのか。

近頃はフライリールというと、ラージアーバーのものが主流になってきています。クラシックなタイプのフライリールと比べると、出番のないほどの大量のバッキングラインは必要なく、ラインに巻き癖がつきにくく、釣りの効率という点から考えたら、当然のこと…

魚を放流してまで、釣りというものはしなければならないのか。

日本には、特に内水面において、放流された魚を釣るという仕組みが出来上がっている釣り場が、山のようにあります。 発眼卵や稚魚など、放流する状態は様々ですが、その釣り場そのままの環境や状態では存在するはずのない魚を、釣り人は釣っているということ…

100円ショップで買える釣り便利グッズ ヘアゴム→スプールバンド

100円ショップは、釣りに使えるものが沢山転がっている宝の山です。今回は、超コストパフォーマンスの高い商品であるヘアゴムを紹介したいと思います。 スピニングリールのスプールバンドの必要性。 スピニングリールは、使用しない時は、巻いてあるラインの…

ネイティブトラウトばかり釣っている人が、管理釣り場に行くとどうなるか。

私は、釣りというと、だいたいルアーで天然のトラウトというものを釣っています。釣りの世界では、こういった釣りは、ネイティブトラウトなどと呼ばれているようです。 そんな私でも、ごく稀に管理釣り場に行くことはあるのですが、なかなか悲惨なことになり…

オールドリールの樹脂パーツの白化。

オールドリールと呼ばれるような古いリールの樹脂製のパーツは、たまに白くなってしまっていることがあります。 これは、どのようにして起き、釣りに影響のあるものなのでしょうか。 謎の現象。 正直、私にはどうしてオールドリールの樹脂パーツが白化するの…

樹脂スプール・グラファイトスプールは、割れるのか。

ちょっと古いリールや安物のスピニングリールには、スプールが樹脂製であることがあります。樹脂にカーボンが入っているからか、グラファイトスプールなどと書かれている場合もあります。 手で触ってみてもたわむくらい、ちょっと柔らかそうな素材ですし、ス…

雨の日は、魚がよく釣れるのか?

釣りに行こうと決めていた日が雨になってしまったら、残年な気持ちになったり、釣りに行くのをやめようかと思う人もいるかもしれません。しかし、雨を理由に釣りを諦めるなんて、あまりにももったいないことです。 釣りは、雨でも風でも関係ない。 釣り人の…

アブ リフレックス。

アブのリフレックスという、スピナーがあります。メップスやブレットンといった、定番スピナーとは、ちょっと違った形をしていますが、その実力は負けていないものだと思います。 アブのリフレックスは、茄子型重りを細長くしたようなウェイト部分に波型の凹…