釣りにゃんだろう

猫のように気まぐれに 独断と偏見に満ちた釣り情報をお届け

魚が釣れた土地は好きになる。

私は、どこか遠くまで釣りに行って、ろくに魚が釣れなかった時にはさっさと帰りたくなってしまいます。 悔しい思いをした土地に長居はしたくないですし、ひたすら夜通し運転したりして逃げるように帰るのです。 これが、思い通りに魚が釣れた土地は、全く違…

「45歳からのフライフィッシング」から20年以上前。

「45歳からのフライフィッシング」という、老眼などの老化を意識した釣りについて書かれた本がありますが、この本が出されたのは、もう25年近く前のようです。 このような本が、近年ではなく20年以上前に出されていたということは、当時はちょうど45歳くら…

若者にオールドコンデジが人気だが、釣り具のオールドタックルは?

少し前から若者達の間にオールドコンデジと呼ばれる、ちょっと古いデジカメが大人気のようです。 「カメラが趣味」みたいな人達の間で流行しているようなマニアックなものではなく、高校生や大学生などの間で広く使われているとのことです。 なんでも、そう…

2020年や2021年は、釣りの当たり年だった。

今年は、よくニュースなんかで「コロナ禍を経て◯年ぶりの開催です」などとイベントの様子が報道されているのを見かけます。 私はそういったものを見かけると、性格が悪いからか「一生再開されなければ、静かで良い世の中だったのにな」と思います。 2020年~…

本栖湖のレイクトラウトを駆除すれば、ヒメマスは増えるのか?

本栖湖に、なぜかレイクトラウトが居るのが発見されてからしばらく経ちますが、そろそろ駆除しようかと産卵場所などを探す調査に乗り出したようです。 なんでもヒメマスが釣れなくなり、ヒメマス釣りの客が減ってしまい漁協は困っているそうで、その原因はレ…

魚のうちわのような尾ビレ。

昔から、釣りの本なんかでは、大きな魚の尾ビレを「うちわのようだ」と言うことがありますが、あれはなかなか的確な表現だと思います。 大きな魚の大きな尾ビレというものは、ただ大きいのではなく扇状に面積が広く、びっくりするくらいの迫力があります。 …

一度だけ釣りを諦めた日。

私は、クマの足跡があったり糞があっても、ちょっとヒビリつつも、あまり気にせずに釣りをしてしまっていますが、一度だけ釣りを諦めたことがあります。 その釣り場は、林道を15分ほど歩いてから、藪を突っ切ると川に出られるといような場所でした。林道や河…

大人の釣り、子供の釣り。

私は、子供の頃はクワガタなどの昆虫を採るのが趣味でした。日本中に出掛けていき森でクワガタを採り、それを家に持ち帰り飼育していたわけですが、今になってみるとなんでわざわざ捕まえてきていたのかなと思ってしまいます。 貴重な種類の虫を捕まえてしま…

予約制の渓流釣り場。

かなり前から群馬県の上野村漁協では、予約制で釣り人の数を制限した釣り場というものをやっていますが、これからの時代は、ああいった場所がもっと増えていっても良いのではないかと、私は思います。 このような、釣り人の数や釣方や魚の持ち帰りに制限をか…

カムパネラのロッドはお買い得なのではないか。

私は、最近まで知らなかったのですが、カムパネラというフライロッドメーカーは、岩手の会社でブランクから手作りしているのだそうですね。 カーボンロッドを小さな会社でも作れるのかということに驚いてしまいますが、その値段にもちょっと驚いてしまいまし…

ロッドの原価。

昔、トヨ○で働いていた友人から、当事発売されたばかりの安いハイブリッドカーについて、「あれは徹底的にコストカットして作られた、あまり良い物ではないから絶対に買わない方が良い」と言われたことがあります。 その時に、だいたいの原価を聞いたのです…

世間のサングラスへのイメージ。

最近、大学生と話すことがあったのですが、近頃はサングラスをかけて大学に来る学生がちらほら居て、人によっては講義中もかけているようです。 なんだか外国みたいだなと思いますが、その人自身は恥ずかしくて、サングラスをかけて大学には行けないらしいで…