釣りにゃんだろう

猫のように気まぐれに 独断と偏見に満ちた釣り情報をお届け

釣りに向いた田舎の基準。ヘルメット中学生。

釣りは、できる限り田舎でしたいものですよね。その方が、日頃から釣り人が少ないはずで、魚も釣れやすいはずだからです。 できれば、田舎を通り越して人間が滅多に立ち入らないような僻地に行きたいものですが、そういった所に行くのには時間がかかることが…

猫の抜け毛で作ったフライで魚は釣れるか。

猫を飼っている方にはお分かりいただけるかと思いますが、猫は年中毛が抜けまくります。うちの猫は、ブラシをかけてもらうのが好きなようなのですが、毎日大きな毛の団子ができるくらい毛がとれるのです。これだけ大量にあると何かに使えそうですから、捨て…

2,000円以下の安いフライライン と有名メーカーの物の差。

フライラインというものは、昔からあるような有名メーカーのものですと、なかなかのお値段がします。 種類や長さによって差はありますが、概ね5,000円~10,000円といったところが相場なのではないでしょうか。 昔からやっていた人達にとっては、これくらいの…

ボイド菅をロッドケースとして利用する。

ロッドを配送したりする時に、よく利用されるものとしてボイド菅というものがあります。縁がない人には聞き慣れないものかもしれませんから、ボイド菅が何モノなのか今回はちょっと説明したいと思います。 ボイド菅は紙製の菅。 ボイド菅とは紙製の菅であり…

釣りの時に撮った写真は、どう保管するべきか。

釣り人のみなさんは、釣りに行くと写真を撮ることが多いと思います。美しい情景に出会った時、嬉しい釣果に恵まれた時、それを写真に撮って、いつまでも残しておきたいと思うのではないでしょうか。 そんな時に、現在ではデジタルカメラかスマホに内蔵のカメ…

渓流では、アップストリームキャストするべきなのか。

渓流などでルアーフィッシングをする時には、上流に向かって投げて川の流れと同じ方向に引いてくるアップストリームキャストが良いとよく言われています。初心者の人の中には、これを忠実に守ろうとする人もいるわけですが、どうもその必要はなさそうです。 …

たまには小物釣りで、エスカレートする釣り欲をリセット。

近頃私は、あまり遠くに出掛けられないので、釣れた魚が20センチあれば「結構大きいぞ」と思うような渓流でよく釣りをしています。 そこまで自ら望んでこういった釣りを始めたわけではないのですが、いざやってみると毎回新しい発見があったり、課題が見つか…

釣り人なら、車のアイドリングをするべきではない。

ある暑い夏の日に川で釣りをしていると、ヘバりかけたので、車に置いてある飲み物を取りにいこうと川原の駐車スペースに向かうと、私の車の近くにお高そうな外車が停まっていました。 車の中にはウェーダーを履いた釣り人がシートを倒してすやすやと眠ってい…

釣りに尻皮は変じゃないのか。

釣り人のファッションというものは、ちょっと独特であり、世間一般の感覚からすると、正直変だったりダサいことが少なくありません。 そんな中でも最上級に変なものに、尻皮というものがあります。 尻皮とは。 尻皮とは、熊などの動物の毛皮でできた、昔の山…

オールドタックルにこだわるなら、ラインまでオールドものを使うべきか。

私は、基本的に「釣り具は古いほどかっこ良い」という、かなり偏向的な思想を持って釣りをしています。 近頃は、わりと新しい釣り具も使うことが増えてきましたけど、今でもできれば古くてお洒落なリールやロッドで魚を釣りたいな、とは思っています。 しか…

対象魚ごとに「~用ルアー」なんてものは存在するのか?

釣り具屋さんのルアーコーナーに行けば、バス・ソルト・トラウトなどと、だいたいが対象魚別に分けられて陳列されていると思います。 初心者や人の言うことを信じやすい人は、その分類通りにルアーを買い、海用とされるルアーを淡水に使ったり、逆に淡水用と…

「丸腰だから最強だ」 釣りのタックルは、シンプルなほど強い。

昨今の情勢により、ちょっと懐かしい曲が再注目されています。はっぱ隊の『YATTA!』という曲です。 youtu.be この曲が登場した当時も日本の景気が悪かったりして、自殺者が増えていたそうですが、そんな空気を吹き飛ばすかのように、シンプルにバカに…