釣りにゃんだろう

猫のように気まぐれに 独断と偏見に満ちた釣り情報をお届け

釣り人は、どうしてリールを沢山買ってしまうのか。

釣り人の中には、使いきれない程の数のリールを保有してしまっている人も多いのではないでしょうか。私も気づいたら出番が滅多にないリールをいくつも持っていて、本当に困っています。もうリールは買わなくても一生困らないくらいの状態なのに、たまにまた…

フライを結ぶ時のループノットの効果が実感できない。

フライフィッシングで、ウェットフライやストリーマーを使って釣りをする時には、ループノットを使うと良いと言われています。この方が、フライの動きが良くなるから、よく釣れるのだそうです。 このことは、海外の動画なんかを見ていても盛んに言っています…

湖で魚が釣れるのはピンスポット。

湖の釣りというと川と比べるとだだっ広くて、どこで釣ったら良いのか掴みどころがないような印象を受ける釣り人は多いかもしれません。 特に渓流のような小さな川でばかり釣りをしている人にとっては、海のように広大に見えて、とてもで魚が釣れる気がしない…

「魚の顔が見られれば良い」

よく、釣りを始める前に「まあ、今日は魚の顔が見られれば良いんで」などと言っている人がいますが、あれは本心から言っているのでしょうか? 「魚の顔が見られれば良い」というのは、とりあえず魚が一匹でも釣れれば良くて、サイズや数にはこだわらないとい…

「マス」と名前に付く魚は口が弱い。

魚の中には口の周りが柔らかく、フッキングしてから裂けやすいものがいます。こういった状態のことを「口が弱い」と言いますが、針穴が拡がりやすくバレやすいため、少々ランディングするのが難しくなります。 ルアーやフライで釣れるトラウトの仲間の魚の中…

釣具のレリック加工はないのか。

ギターにはレリック加工といって、新品でも長年使い込んだように塗装が剥がされたり、傷が入れられた物があります。 こういった物が売られているということは、ピカピカの新品よりも使い込んまれたボロボロの物の方がカッコいいと思う人が、かなりの数いると…

一匹で居る魚よりも、複数で居る魚の方が釣り易い?奪い合い効果。

ごく稀にですが、一匹魚を掛けると他の魚が着いてきて、口に着いたルアーやフライを奪おうとアタックしてくることがあります。 「どれだけ飢えてるんだ」と心配になってしまったりもしますが、魚達の世界には譲り合いの精神なんてものはなく、他の魚のエサを…

10年もののトラウトギア。

ちょっと前に鱒の森という雑誌で「10年もののトラウトギア」という特集があったようでしたが、この題名は本当にふざけていると私は思います。 おそらくこのタイトルには、「10年使う=長く使う」というような意味があると思うのですが、その認識はとんでもな…

リールが口に入るくらいの魚が釣りたい。

よく昔から大きな魚が釣れると、口に拳が入るなんてことやる釣り人が居るもんですが、あまり上品な行動ではありませんよね。 無理矢理口を大きく開けさせられる魚が可哀想でしかありませんし、ちょっと乱暴過ぎるのではないでしょうか。 魚をキープするのが…

カーディナル軽量化カスタムパーツ。

ブックオフ200円で買ってきたちょっと古い雑誌をめくっていたら、カーディナル軽量化カスタムパーツなる商品が紹介されていました。 カーディナル33のサイドプレートやネジなどの部品で、これに換装するとリールの重さが20グラム軽くなるらしいです。 「20グ…

釣りのDVDのジャケットの独特な雰囲気。

私には、近頃ハマっていることがあります。 それはヤフオク!などに出品されている釣りのDVDのジャケットを見ることです。 こういった物は、だいたい書籍のジャンルに出品されているのですが、ジャケットを見ているだけで本当に面白いです。 なにしろ、とにか…

レアな釣り具は価値がある気がしてしまう。

以前、私が中古で安く買ったフライマテリアルの詰め合わせの中に、レーヨンという素材でできたものがありました。 タダ同然のような値段で入手したものだったので、惜しまず早速そのマテリアルを使ってフライをいくらか巻いて使ってみると、よく魚が釣れたの…