釣りにゃんだろう

猫のように気まぐれに 独断と偏見に満ちた釣り情報をお届け

落ちマス釣り。

いつだったか、早朝に山間の川沿いの道路で車を走らせてていると、ガードレールから乗り出して、釣りをしているおじさんが居ました。 原付きを路肩に停めて、足元にクーラーボックスを置き、のべ竿をガードレール越しに川まで伸ばして、道路から釣りをしてい…

工事が原因の濁り。

川釣りには、濁りがつきものです。大雨や雪融けなどで急激に水位が増えると、どうしたって川は濁ってしまうからです。 この濁りも、その程度や条件によっては、釣りにプラスに働くこともマイナスに働くこともあるから面白いものです。 ある程度の濁りと増水…

スピニングリールの右投げ右巻きが増えている?

近頃、釣り具のCMを見ていると、スピニングリールを右投げ右巻きで扱うシーンが多い気がしてなりません。 常識ある釣り人の皆さんなら当然お分かりかと思われますが、右利きの人が右ハンドルでスピニングリールを使用するこの方法は、明らかに間違ったリール…

ルアーにカツオやマグロを装着する釣法。

最近、面白可笑しい話を聞いたのですが、いくつかの小さなルアーメーカーの人達は、どうしても釣果を出したい時には、ルアーのフックにカツオやマグロを付けて釣りをしているらしいです。私が聞いた話では、スプーンにカツオやマグロを付けて、低水温期の活…

道東のイトウ釣り。

現代ではイトウを釣ろうと思ったら、道北に行くのが常識となっています。それだけ道北には、まだ比較的多くのイトウが生息しているからです。 それでも、昭和の時代には道東の釣り場の方が人気があったようです。イトウ釣りと言えば、道東の湿原河川で行うも…

渓流ルアーのタックルを揃える予算が三万円。

いつだったかテレビのチャンネルを回していたら、お笑いコンビの極楽トンボの番組で、渓流でルアー釣りをしようという企画をやっていたので、ちらちらと見ていました。 まずはタックルを揃えようということで、タックルベリーで買い物をしていたのですが、そ…

釣りのビギナーズラックを意識的に再現することは可能か。

釣りほど「ビギナーズラック」という現象が頻繁に見られるものは、なかなかないと思います。 釣りをろくにしたことがない人に竿を持たすと、何故か魚がすぐに釣れます。おっかなびっくり必死に魚を寄せてくると、「ウソでしょ」というようなサイズの魚が大人…

1メートルのアメマスは釣れるか。

1メートルのイトウが釣れたという話は、そこまで珍しいものではありませんが、1メートルのアメマスが釣れた話は、あまり聞いたことがありません。 昔は居たとか、あそこで見たとか、釣った人がいる、といった話は聞いたことはあるものの、写真などのしっか…

巨大なGTやヒラマサでさえバーブレスフックで釣られているのに、イトウごときでバーブありのトレブルフックを使うの恥ずかしくないのか。

テレビの釣り番組で、GTやヒラマサなんかの何十キロもある魚をルアーで釣る様子が、よく放送されていますが、見たところほぼ100%とバーブレスフックが使われているようです。 巨大なフックを振り回すことによる危険性や、何よりも魚に与えるダメージを考えて…

渓流釣りの源流ブームの影響。

昭和の後期くらいでしょうか、渓流釣りの世界では源流ブームのようなものがあったようです。人が滅多に立ち入らないような源流に行くと、びっくりサイズのイワナがよく釣れるということで、沢山の人が山に挑み、そして大イワナを手にした時代があったようで…

釣りをする時の駐車場所問題。

車で釣りを行くと、なかなか困ったことになるのが駐車スペースの問題です。 ちゃんと駐車場があり、そこに釣り人が停めて良いことになっていれば何の問題も無いのですが、そういった釣り場はごく一部に限られます。 一見車が停められそうな空き地でも、必ず…

釣り具の「えぐり」。

おそらくロッド&リールという雑誌あたりが発祥だと思うのですが、地方の古くからある釣り具店に行き、眠っているオールドタックルを発掘して買うことが「えぐり」と呼ばれている時代がありました。90年代後半から00年代初頭の頃のことだったと思います。 小…