釣りにゃんだろう

猫のように気まぐれに 独断と偏見に満ちた釣り情報をお届け

工夫

「釣れましたか?」と聞かれた時、正直に答えるべきか。

たまに釣りをしていると、「釣れたかーい?」などと、フランクに話しかけてくる人がいます。あまり釣りをしなさそうな通りがかりのおっさんのような人なら、適当にあしらっておけば良いのですが、これがガチで釣りをしている感じの人だと、どう答えるべきか…

針掛かりしたウグイやヤマメのイレギュラーなアクションを再現できれば、爆釣するかもしれない。

イトウなどの大きな魚を大きめのルアーで狙っていても、貪欲なウグイやヤマメがフッキングしてしまうことがあります。こんな時は、高速で回収して逃がしてさっさと釣りを続けるわけですが、時々思いもよらない展開を見せることがあります。 10グラム程度のス…

渓流では膝まずいたり岩に隠れてキャストするべきなのか。 逃げる魚は何しても逃げる。

昔から釣りの本には、渓流ではしゃがんだり膝まずいたり岩に隠れたりしながら釣りをしろと、よく書いてあります。そうしないと、魚に気づかれて逃げられることがあるからだそうです。 私は、たまに渓流で釣りをすることがありますが、ちょっとだけ姿勢を低く…

意外と便利な老舗フッ素コーティング剤、ボナンザ。

現在、釣り具やラインに吹き付けて使うフッ素のような物が沢山売られています。こういった物の元祖のような物に、ボナンザというものがあります。フッ素コーティング剤は、様々なタイプの新しいものも発売されていますが、この古典的なボナンザは今でも重宝…

ウェーディングシューズの着脱をスムーズにする方法。

ストッキングフットのウェーダーとウェーディングシューズを履いて釣りをする時に、シューズを履くのになかなか足の部分が入らず、意外と手間取ってしまうことがあります。 特にウェーディングシューズのインナーが密着するようなタイプだと、かなり苦戦して…

釣り具屋は、上州屋のようなチェーン店が良い。

私は、偏屈な釣り人なので、釣り具屋さんに行くと「くだらない物ばっかり売っていて、バカみたいな奴等がアホみたいに物を買ってるな」とキレそうになり精神衛生上良くないので、あまり行かないようにしています。 それでも、どうしても用事がある時は、でき…

釣り人の話は信用できるのか?

「釣りの話をする時は、両手を縛っておけ」なんて諺があるとかないとか言われるくらい、釣り人には昔から誇張して話をする傾向があるようです。今回は、本当に釣り人は話を大袈裟にしたり、嘘をついたりするのか、少し考えてみたいと思います。 昔から「話半…

釣りのベストシーズンが、昔とは違ってきている。

ちょっと古い釣りのポイントの本などの釣れる時期の項目を見ていると、「おやっ?」と思うことが増えてきました。何に「おやっ?」と思うのかというと、そういった本に書いてあるベストシーズンとされる時期が、現在と比べると春は遅かったり秋は早かったりと違う…

ルアーやフライを交換すると釣れる「変えるとくるの法則」。

なかなか魚が釣れなかったのに、ルアーやフライを交換した瞬間に一発で釣れたという経験をされたことのある人は、沢山いるのではないでしょうか?この「変えるとくる」という現象は、どうして起きるのではないでしょうか。 カラー、フォルム、サイズ、アクシ…

トラウトロッドの木製のリールシートについて。

トラウトロッドの中には、木でできたリールシートが使われているものがあります。どちらかと言うと、ある程度高価なロッドに、木製のリールシートが使われているものです。 そのようなものを、私も少し使ってみたことがありますが、現在は使っていませんし、…

釣り人のポイントの情報収集が、ネットに偏りすぎているのではないか。密集する釣り人達。

いつだったか、朝早くに東京から成田空港に向かう高速道路を走るバスの車窓から外を眺めていると、旧江戸川あたりの護岸が見えました。そこには、等間隔に北海道のサケ釣りのように釣り人が並んでいて、その列は見えなくなる遠くまで続いてました。所謂シー…

湿原河川で釣った魚の写真をどう撮るか。

北海道には、湿原河川と呼ばれるような川があります。主に道東地方に多いでしょうか。 こういった川でアメマスやイトウやニジマスを釣る場合、岸際から深く掘れていたり、川底がぬかるんでいたりするため、ウェーディングせずに岸の上から釣りをすることにな…

ロッドの車への積み方。

みなさんは、釣り竿を車に積む時は、どのようにして収納していますか?いくつか方法があり、それぞれに利点や欠点があるので、ちょっと考えてみましょう。 ロッドハンガーの利用。 車の天井部分に市販のロッドハンガーやロッドホルダーを取り付けて、ロッド…

リールの持ち運び方。

みなさんは、リールを釣り場に持って行く時、どのようにして持っていっていますか?今回は、リールを痛めないリールの運び方について考えてみましょう。 スピニングリールの運び方。 スピニングリールは、外からの衝撃などの力に最も弱いリールです。その弱…

謎のアイテム、イージーフライキャスターライン。

以前、中古釣り具店で奇妙なものを見つけたことがあります。それは今は亡きマミヤOP製の「イージーフライキャスターライン」なるもので、ルアータックルでフライを投げるためのラインです。 飛ぶのか?釣れるのか? どんな物なのか気になったので、ちょっと…

渓流のトラウトルアーフィッシングで、トレブルフックが使われ続ける理由。

現在、トラウトをルアーで釣る時には、トレブルフックではなくシングルフックが使われることが多くなってきています。 これは、リリースをする場合にはシングルフックの方がダメージが少なかったり、一度フッキングしてしまえば実はシングルフックの方がバレ…

ランディングネットのサイズ選び。

昨年、渓流でとても可愛らしい大きさのランディングネットを、ベストの背中にぶら下げている人を見かけました。ネット部分の長辺が15センチもないものです。 以前の私だったら、「そんな物何に使うんだ」と疑問に思っていたかもしれませんが、その時は「あれ…

トラウトは、川より湖の方が大物が釣れるということは、北海道ではあまり当てはまらない。

皆さんは、トラウトを釣る時に、川と湖のどちらの方が大きな魚が釣れると思いますか?本州では、どちらかと言うと湖の方が大物を狙えるようなイメージがある気がしませんか。しかし、北海道ではこのようなことは全くなく、どちらかと言うと現在は川の方が大…

カーディナルC5のベールスプリングが折れた。

80年代~90年代に売られていたアブガルシアのカーディナルCシリーズは、ベールスプリングが折れやすいことで有名です。 C3のスプリングは、5000回のリターンももたないとも言われていて、この計算が正しければ、数日釣りに行っただけで交換が必要になると…

PEラインの締め付けに、グリスなどを利用する工夫。

PEラインにリーダーを接続する時に、どのようなノットを行うにしても、それなりの回数を巻き付けて締めこむような作業があることがほとんどです。 この締めこみが甘くなると、ノットの強度が落ちたり、スッポ抜けが発生する可能性があります。しかし、あま…

湖でトラウトを釣るコツ。とにかく向かい風の場所を選べ。

湖でトラウトを狙う場合、風が弱く水面が鏡のようになっている時に魚を釣るのは難しいことが多いです。 少しでも風が吹いて、水面がざわついたり、波が立っている時の方が、圧倒的に魚はよく釣れます。水に多少でも動きがあった方が、魚の活性が高まるからで…

タバコ臭い釣り具の清掃。

私は、あまりお金を掛けずに釣りを楽しんでいるので、釣り具やウェアの大半を中古で買い揃えています。こういった物を買った時に、困ったことになるのは、買った物にタバコの臭いが染み付いていた時です。 釣りにタバコの臭いは厳禁! どうして困るかと言う…

釣り具のインプレほど、あてにならないものはない。

釣り具をGoogleなどでネット検索しようとすると、かなりの確率で「○○ インプレ」というような予測が表示されます。 それだけ、釣り人が釣り具を選ぶ時には、ネット上の他人のインプレッション(印象や使用感)の情報を気にして参考にすることが多いというこ…

ハルゼミフライの作り方。

地域によって多少時期は違いますが、初夏には水面に落ちたハルゼミやエゾハルゼミを捕食するトラウトが出現する釣り場があります。 こういったものを釣るには、近頃は専用のルアーも売られていますが、昔からフライで狙った方が勝率は良いようです。 やはり…

釣り具の製造や販売は儲かる商売なのか。釣りと起業。

先日、ネットでニュースを眺めていたら、アングラーズデザインという釣り用ウェアの会社の破産のニュースを見つけました。私は、見たことのないメーカーだったですが、ニュースになるくらいなのですから、それなりの会社だったのでしょう。 釣り関係の会社の…

ガイドコンセプトなんてものに、意味はあるのか?

おそらく世界最高のガイド製造技術を持つ富士工業は、ロッドのガイドの形状や配置を研究しガイドコンセプトといったもの次から次へと考え、それを利用したロッドが各メーカーから発売されています。 科学的に研究されたものなのですから、こういったものにに…

第3のウェーディングシューズのソール、アクアグリッパー。

ウェーディングシューズのソールには、フェルトかラジアルと呼ばれる樹脂製のものの二種類があります。 ある程度の値段のするラジアル底のシューズには、ビブラム社製の物が使われていることが多く、フェルトかビブラムかのニ択であると言える状況でしょうか…

釣り具は、性能的にはプロックスくらいで十分。

プロックス(PROX)という釣り具会社があります。このメーカーは、元々釣り具問屋だった会社が、釣り具の製造・販売を始めた、問屋系と呼ばれる会社であるらしく、主にアジア圏で製造した釣り具を販売しています。 プロックスの釣り具は、「釣りをもっと…

ワカサギがルアーで釣れる季節。

ワカサギ釣りというと、冬季に氷上や船から行われることが多いものですが、私は結構ルアーで釣ってしまっています。 ワカサギがルアーでよく釣れてしまうのは、産卵期が近くの春先のことです。この時期にはワカサギは接岸してきて、ワカサギの多い湖ではワラ…

釣りの小物を買う場合には、ヨドバシカメラが便利。

釣りをしていると、フックやラインや小物など、500円もしないような、ちょっとした釣り具が必要になることがあるものです。こういった物は、とてもバリエーションが豊富であり、実店舗の釣り具屋さんでは置いてあるのを見たこともないようなものも多く、ネッ…