釣りにゃんだろう

猫のように気まぐれに 独断と偏見に満ちた釣り情報をお届け

工夫

ハンドメイドプラグの価値。

トラウト用のミノーは、ハンドメイドのバルサなどのウッド製のものが一部の釣り人達には人気があり、非常に高値で売られています。はたして、ああいった物はそんなに価値があるものなのでしょうか。 高い分だけ、よく釣れるのか? まず高い値段の物だから、…

製図ケース・図面ケースをロッドケースにする。

都会で電車に乗っていると、一見ロッドケースのような黒い筒を肩に掛けている人を見かけます。大学生のような人も多いですし、会社員風の人も居ます。 製図ケース・図面ケース。 あの黒い筒は製図ケース・図面ケースというもので、どうやら世の中ではロッド…

釣り具を中古で売るということ。

中古釣り具店、オークションサイト、フリマアプリなどを利用して、誰でも中古の釣り具を気軽に売ったり買ったりすることができる時代です。買う側からすれば、安く良いものを買うことができるので、とても便利なわけですが、売る側からするとどうなのでしょ…

謎のリール使用方法 ロシア巻き。

みなさんは、スピニングリールの使用方法にロシア巻きと呼ばれるものがあるのをご存じでしょうか。このなんとも奇妙なリールの使い方について、今回は考えてみましょう。 ロシア巻きとは。 この状態で釣りをする… ロシア巻きとは、スピニングリールを使用し…

ランニングラインの定番 バリバス バーマックス磯。

フライフィッシングでシューティングヘッドを使った釣りをする時には、そのラインに接続するランニングライン(シューティングライン)が必要になるものです。 このラインには、素材や太さの違う様々なものがあり、それぞれが一長一短で、何を使用するかは好…

日本人は、なぜスピニングリールを右ハンドルで使うのか。

私が子供の頃には、スピニングリールを買ってくると、必ず右ハンドルにセットされていたものでした。ですから、リールを買ったらまず初めにすることは、私は右利きですのでハンドルを左に付け替えることでした。 しかし、右利きの人でもスピニングリールのハ…

釣り人に曜日は関係ない?

以前、魚が一番よく釣れるのは、釣り人があまり居ない木曜日だと書きました。この考えは今でもあまり変わってはいないのですが、最近は木曜日でも、結構釣り人が沢山居るなぁと思う機会が増えてきました。 釣り人に曜日は関係ない? 何曜日に釣りに行っても…

スプーンのフックの向き。

今時、スプーンにトレブルフックを使用する人は、あまりいないのではないでしょうか。ほとんどの釣り人が、シングルフックを使用していることかと思います。 この時に問題になってくるのが、シングルフックの向きをどのようにするべきかというものです。 上…

ルアー(プラグ)の発する音の、釣果への影響について。

ルアー(特にプラグ)は、かなり大きな音をたてながら水中を泳いできます。この音を、スレた魚は嫌い、釣果に悪影響を及ぼすという説がありますが、本当なのでしょうか? プラグの発する音。 ミノーなどのプラグが泳ぐと、フックがボディにぶつかり、ガチャ…

ベイトリールは、ラウンド(丸型)かロープロファイルか。

昨今は、ベイトリールというとロープロファイル型という、ギアとハンドルの位置をグッと下げたコンパクトなタイプが主流となっています。一方で、今だに古典的な丸型(ラウンド型)のものも販売され続けています。 それぞれにファンは居るものですが、どのよ…

メルカリで釣り具は買いたくない。

少し前までは、中古で安く釣り具を手に入れようと思ったら、ヤフオク!等のオークションサイトを利用するのが定番でした。しかし、近頃はメルカリ等のフリマアプリを使う人も、かなり増えてきているのではないでしょうか。私は、こういったフリマアプリは、あ…

釣りは一人で始められる趣味。

よく「釣りに興味があるが、周りにやる人がいないので、どうやって始めたらいいのか分からない」という声を聞くことがあります。このようなことを言う人が多いということは、世の中には釣りは一人で始められない趣味だと思っている人が多いということなので…

1投で釣れる魚。

「こんな時は、あそこに行って、ああすれば一発で釣れる!」釣り人なら誰でも、そんな根拠があるともないとも言えないような自信を持つことが、よくあるのではないでしょうか。 そして、実際にその通りに釣れてしまうということもあり、そんな時は機嫌よく早々…

スピニングロッドの正しい握り方。

先日ちらちらとテレビの釣り番組を見ていたら、メーカーのプロスタッフなる人が、衝撃的なスピニングロッドの持ち方をしていました。 リールのフットに指を一本もかけずに、全ての指でフォアグリップを握っていたのです。 たまに小指と薬指の間に挟む人が、…

リールのオーバーホール等の必需品 ねじの緩み止め

リールを自分で整備するのが好きな人は、オイルやグリスにこだわったりと、細かい所まで気を使っていたりするものです。しかし、意外と使っていない人が居るのが、今回紹介する「ネジの緩み止め」です。 ネジの緩み止め材。 ネジの緩み止め材は、粘性の低い…

謎のメーカー ダイトウブク。

プライヤーやフォーセップやランディングネットなどを選んでいる時に、お手頃な価格で良さそうな製品を見てみると、「ダイトウブク」というメーカーのものだったりします。 何だか変な会社名だな、と前々から気になっていたので、ダイトウブクとは何物なのか…

釣り旅におすすめ 新日本海フェリー

本州から北海道に釣りに行く場合、飛行機+レンタカーまたは自家用車でフェリーを利用するのが一般的だと思います。 旅の期間が長いほどレンタカー代は高額になりますし、荷物を家から好きなだけ積んでいけるという利便性を考えても、より釣りに打ち込めるの…

スプーンのカラーは、シルバー派?ゴールド派?

スプーンというルアーは、実に様々な色がありますが、管理釣り場用の物を除けば、大部分のものが裏面がシルバーかゴールドです。この2色のものを、釣り場の状況や魚種によって細かく使い分けている人もいますが、だいたいの人は「なんとなくこっちが好きだ…

釣った魚をリリースする時は、魚が下を向いているうちに逃がしましょう。

魚を釣って写真を撮って逃がしていると、あることに気がつきます。それは、横に寝かして写真を撮った場合、魚の視線が下(腹側)を向いていることが多いことです。今回は、この現象について考えてみたいと思います。 下を向いている時は元気。 釣った魚を寝…

拾ったルアーは釣れる説。

海の潮が引いたり、川や湖が減水すると、思いがけず大量の根掛かりルアーを拾うことができたりします。 根掛かりして放置されたルアーは、法律上はゴミ扱いになる可能性が高いので、持って帰ってしまっても問題ないでしょうし、ほとんどの釣り人がそうしてい…

PEラインとリーダーの接続は、フィッシャーマンズノット改で十分なのではないか?

最近では、かなりの釣り人が使用しているPEライン。ルアーなどの釣りには、フロロカーボンやナイロンのリーダーを付けて使うのが定番になっています。この接続には、様々なノットが開発されていますが、今回は私の気に入っているものを紹介したいと思いま…

ウェーダー修理の憂鬱。

水漏れ箇所のあるウェーダーを修理するのは、なかなかめんどくさく、オフシーズンにでもやればよいものを「もうちょっと暖かくなったらやろう」なんて思っているうちに、ついつい春を迎えてしまうものです。 今回は、そんな水漏れしたウェーダー補修について…

スーパーファイヤーラインの評価。

PEラインの一種に、Berkeleyから発売されているスーパーファイヤーラインというものがあります。メーカーはPEラインとは違う第3のラインなどと言っていますが、ユーザーには普通にPEラインとして使われています。ただ、ちょっとだけ変わったラインなので、…

朱鞠内湖のイトウ釣りのコツ。

そろそろ5月ですので、こちらのブログの一連の記事を参考に朱鞠内湖で釣りをする奇特な人がいないとも限らないので、追加の情報として、まだ書いていないコツのようなものを、今回はお伝えしてみましょう。 サクラマスが釣れたらイトウは釣れない!? この湖で…

ゴールデンウィークにおすすめの釣り場。

今年のゴールデンウィークはカレンダー上では10連休だそうで、日頃忙しくてなかなか釣りに行けないような人も、釣りに行くチャンスかもしれませんね。そんなGWにおすすめの釣り場として、どのような場所があるのか、ちょっと考えてみましょう。 GWにお薦…

春のワカサギ捕食シーズンのトラウトをスプーンで釣る。

ワカサギは、春に産卵して一生を終える魚です。地域などによって多少の時期のズレはあるものの、ワカサギが豊富に生息する湖では、春には大量のワカサギが岸辺に群れるようになり、産卵が終われば死にかけて漂っています。 このような条件の時は、そのワカサ…

リールのグリスやオイルには、何を使うべきか。

リールに使用するオイルやグリスは、人によって様々です。大手釣り具メーカーのもの、小規模なリール用品やカスタムパーツ会社のもの、機械用の汎用のものなどいくつかの選択肢があります。はたして、どのようなものを使うべきなのでしょうか。 機械用の汎用…

ユニノットとクリンチノットは、どちらが強いのか問題。

ラインとルアーなどの結束に使うノットでメジャーなものとして、ユニノットとクリンチノットがあります。他にも漁師結びやハングズマンノットなどがありますが、このどちらかのノットを使用している釣り人はかなり多いのではないでしょうか。 そこでたまに議…

船が通った後は釣れる説。

川や湖や海で岸から釣りをしていて、近くをエンジンを付けた船が通過すると、かなり大きな波が発生します。静かに釣りを楽しみたい人は、ジャブジャブとした大きな波の音と水しぶきに腹をたてることもあるかもしれません。しかし、その必要はないかもしれな…

渓流で管理釣り場用スプーンは釣れるか。

トラウトフィッシングに使われるルアーのスプーンは、渓流などのいわゆるネイティブ用と管理釣り場用に基本的に別れています。多くの釣り人のみなさんが、この分類を守り、両者を使い分けているのではないでしょうか。 そんな中で、私は前から考えていたこと…