釣りにゃんだろう

猫のように気まぐれに 独断と偏見に満ちた釣り情報をお届け

工夫

フライフィッシングは、他の釣りと比べてお金が掛かるのか?

たまにルアー釣りをしている人などが、「フライはお金がかかりそうだからなぁ」と言い、フライフィッシングを始めることを躊躇しているのを見かけることがあります。 そのような人が、本気で始める気があるのかという話は置いておき、フライフィッシングは本…

湖のトラウトフィッシングでポイント選びで迷ったら、とりあえず岬を狙え。

湖の釣りというものは、あまりやったことのない人は、難しく感じることが多いかもしれません。 バカ広い湖面の何処にルアーやフライを投げれば良いのか、経験の少ない人には想像もつかないことが多く、ポイント選びに困ってしまうことが多いからです。 ポイ…

ヒットルアーとは?

ヒットルアーという言葉があります。この言葉は、実際に自分で魚を釣ったルアーのことを指すこともありますし、その場所でよく釣れているとされるルアーを指すこともあります。 実際に自分が魚をヒットさせたルアーという物なら間違いない物なのでしょうが、…

リールは軽いほど良いのか?

現代のリールは、軽さを売りにしていることが少なくありません。値段が高い高級機種ほど軽くできていることが多く、そういったリールを買う人達は、「ロッドと合わせて何グラムだ」などとと言ったりして喜んでいます。 基本的には、軽い方が良いことには違い…

釣り場で持ち物が少ない人は釣れる説。

同じ釣り場で見かける釣り人でも、その人の持っている荷物の量は、実に様々な気がします。 タックル以外には何も持たず、ほぼ手ぶら状態の人から、大きなバッグを満載にしていて色々な物を持ち歩いている人までいます。 そして、なんとなくではありますが、…

スピニングリールのベールを、ハンドルを回して返してはいけないのか。

釣り場で釣り人を観察していると、スピニングリールでキャストした後に、手でベールを返している人を沢山見かけます。 これは、ちょっと不思議な現象であり、どうしてなんだろうか?と考えてしまいます。 スピニングリールのベールは、本来はハンドルを回し…

ロッド(釣り竿)は、軽いほど良いのか。

近頃のロッドは、とても軽くできている物が多く、高級なロッドは軽量さを売りにしていることも少なくありません。 これは材質や製造技術の進化により、軽くても強度のある釣り竿が作れることになった結果でしょう。 釣り人の中には、ロッドだけでなくリール…

マッチザベイトは絶対なのか?

ルアーフィッシングの世界には、マッチザベイトという言葉が昔からあります。これは、狙っている魚が食べている餌に近い大きさやフォルムのルアーを使うという方法です。 これはルアーフィッシングの超基本的なテクニックであり、これを忠実に守った方が釣果…

「日本で釣れないから、海外に釣りに行こう」と思って海外遠征しても、ろくなことにならない。

日本という場所には、魚があまり居ません。(特に内水面)そのくせ釣り人だけは、一時期の釣りブームの頃ほどではないにせよ、バカみたいに沢山います。 よって、どんな釣りをするにしても、魚を釣ることが難しいものです。 一方で海外には、日本よりは自然…

魚の側線とルアーやフライの波動について。

魚には、側線と呼ばれる部位があり、そこで水中の波動を感じていると言われています。 本当かどうか、私は魚にはあまり詳しくなので、よく分かりませんが、このことは世間一般に広く知られていることとなっています。 魚が、側線で波動を感じているにしても…

トラウトは、ミノーとスプーンどちらの方がよく釣れるのか?

トラウト類をルアーで釣る場合、ミノープラグとスプーンの2種類が2大ルアーと言ってよいくらい、よく使われています。 そして、特に初心者の人などは、このような疑問を持つことがあるかもしれません。 「ミノーとスプーン、どちらがよく釣れるのかな?」 …

ラインを保管しておく時の注意点。

釣り糸(ライン)というものは消耗品ですので、釣りを続ける限り一生買い続ける必要があります。 そのような性質のものですから、大量に巻いてあるものや、たまたま安売りになっていたものを買っておけば、お得に手に入り、決して無駄にはならないはずのもの…

3ピースロッドはなかなか良い。

ルアーロッドというと、2ピース(2本継ぎ)のものが多いと思います。 バスロッドなどでは、1ピースのものが多いですが、基本的にはどのジャンルでも2ピースのものが主流なのではないでしょうか。 しかし、最近は私は3ピースのロッドが、意外と良いので…

釣りに偏光グラスは必要なのか? その2

以前、釣りに偏光グラスは必要なのか、というようなことを書いたがあります。結論的には、「必要な釣りと、そうでない釣りがある」というようなところでしたが、あれからちょっと面白いことに気づいたので、少し補足したいと思います。 村田基は、ほとんど偏…

太いラインの結束には、漁師結び(完全結び)?

私は、基本的にラインとスナップなどの結束には、ユニノットで結んでいます。これまでの経験上、これで強度に不安を感じたこともなく、信用できるノットだと思っているからです。 ところが、かなり太いラインを使った場合には、ユニノットを使うと強度が落ち…

取付け時のガタ付き防止や傷防止に、アブガルシア リールフットカバーM

私はあまり気にしませんが、リールを長いこと使っていると、リールシートと接触するフットの部分の塗装が剥げてくることがあります。 それから、リールとリールシートの相性によっては、リールをセットした時にリールがしっかりと固定されず、ガタつくことが…

100円ショップで買える釣り便利グッズ ヘアゴム→スプールバンド

100円ショップは、釣りに使えるものが沢山転がっている宝の山です。今回は、超コストパフォーマンスの高い商品であるヘアゴムを紹介したいと思います。 スピニングリールのスプールバンドの必要性。 スピニングリールは、使用しない時は、巻いてあるラインの…

雨の日は、魚がよく釣れるのか?

釣りに行こうと決めていた日が雨になってしまったら、残年な気持ちになったり、釣りに行くのをやめようかと思う人もいるかもしれません。しかし、雨を理由に釣りを諦めるなんて、あまりにももったいないことです。 釣りは、雨でも風でも関係ない。 釣り人の…

釣りに便利な熱収縮チューブ。

釣りには、あれこれと細々とした物が必要になってくるものですが、私が欠かせないなと思う物の一つに、熱収縮チューブがあります。 熱収縮チューブとは。 熱収縮チューブとは、熱を加えると劇的に収縮する樹脂製のチューブです。 このような物を何に使うかと…

ハードガイド、アルコナイトガイドなどは、PEラインで削れるのか?

現代の釣り糸の主流となっているPEラインを使用する際、SiC製やトルザイト製のガイドの付いたロッドを使うことを、釣り具メーカーやメディアは推奨しています。主な理由として、他の素材のガイドのロッドでPEラインを使用すると、ガイドが削れてしまうこ…

ダブルユニノットの注意点。

みなさんは、ラインとルアーなどの接続には、どんなノットを使っていますか?ユニノットを使っている人も、かなりいるのではないでしょうか?今回は、そんなユニノットを使う時に注意するべき点のお話です。 ユニノットの仕組み。 ユニノットは、引っ張れば…

管理釣り場で釣りを覚えた場合、ネイティブの釣り場で通用するか。

昨今は、トラウトフィッシングと言うと管理釣り場の釣りを指すことがあるくらい、管理釣り場での釣りは人気があります。 一方で管理釣り場と区別されネイティブと呼ばれている、自然の釣り場でのトラウトフィッシングも存在しています。 元々はトラウトフィ…

釣り具は中国から通販で買うのが面白い。

現在、売られている釣り具には中国製の物が沢山あります。有名メーカーの、それなりの値段のものでも中国製のものが沢山あります。ということは、中国には釣り具の製造を行っている下請け会社のようなものが、沢山あるということです。 下請け会社っぽい所か…

mont-bellの釣り用品

アウトドアメーカーのモンベルの製品は、良心的な価格と確かな性能で、高い評価を集めています。そんなモンベルから、それほど多くはないものの釣り用品も発売されていて、やはりモンベルらしく「お値段以上」という感じなので、とてもおすすめです。 mont-b…

釣りに向いている性格、向いていない性格。

釣りは大人から子供まで老若男女楽しめるものです。誰にでもできることなのですが、それなりに性格によって、向き不向きがある気がします。 釣りに向いている性格。 昔から言われていることとして、「せっかちな人は釣りに向いている」ということがあります…

広い釣り場はスレにくい? 渓流と本流どちらが釣りやすい?

魚がスレるとは、繰り返し釣られたり、仕掛けやルアーやフライなどを投げ込まれ続けることにより魚が神経質になり、反応が悪くなり釣りづらくなった状態のことを言います。 日本中どこの釣り場でも、だいたいは釣り人が多すぎる状況ですので、特に魚の入れ替…

日本人のライトライン使用問題。

他の国の釣り人と比べると、日本の釣り人は異常に細いラインを使っているのでないでしょうか?今回は、この問題について考えてみたいと思います。 日本人は、なぜ細いラインを使うのか。 まず、どうして日本人は異常に細いラインを使うのかということについ…

ルアーのリーリングスピード。

よくルアーをどれくらいの早さで泳がすか、リトリーブするかという説明の時に、「1秒間にハンドルを○回転」などと説明する人がいますが、あれは少しおかしいと思います。 何の説明にもなっていない。 リールというものは、機種ごとにスプール径やギア比が違…

ルアー操作のリズム感と、釣れる人と釣れない人の違い。

たまに普段釣りをしないような人達を管理釣り場などに釣れていき、ルアーフィッシングをしてもらうことがあります。こういった時には、何故かよく釣れる人と、なかなか釣れない人が出てきてしまい、ちょっと頭を悩ませることになるものです。 釣れる人と釣れ…

19ヴァンキッシュのCMがおかしい。

先日、シマノ提供の釣り番組を見ていたら、ヴァンキッシュ(VANQUISH)というスピニングリールのCMが流れていました。 「またセンスの欠片もない、ギラギラした子供の玩具みたいなデザインのリールかぁ」と、私は鼻で笑っていたのですが、ちょっとした衝撃も受…