釣りにゃんだろう

猫のように気まぐれに 独断と偏見に満ちた釣り情報をお届け

工夫

免許がない!? 小型船舶免許は一瞬でとれる。

何かの免許を取得するとなると、それなりに練習したり試験を受けに行かなければならないものです。しかし、それが当てはまらないのが小型船舶の免許です。とても簡単に取得でき、釣りをする人なら持っていて損はないものですので、今回は軽くご紹介したいと…

安いロッドほど折れにくい?!

「安物のロッドの方が丈夫だ」釣りを長年やっている人ほど、こう思っている人は多いかもしれません。今回は、このことについて考えてみましょう。 カーボンとグラス。 ロッドの素材の表示を見てみると、「カーボン○%、ガラス・その他繊維○%」などと書かれて…

スレた魚には、小さいルアーが有効なのか?

昔から、スレた魚には小さいルアーが有効だと言われています。これは本当なのでしょうか。 この国は、魚がスレた釣り場ばかり。 よく釣り人が言う「魚がスレる」とは、たくさんの釣り人が、餌なりルアーなりフライなりを魚に見せ続けた結果、魚がそのような…

釣りと老眼。

昨年末に、コタツで蜜柑を食べながらテレビを見ていて「ハズキルーペ大好き」「好きだな、ハズキルーペ」と、しつこいほど繰り返し聞かされているうちに、老眼について心配になってきてしまいました。 今回は、釣りと老眼について考えてみたいと思います。す…

5分でできるフライリールのエイジング加工。

ここにコータックのCR34という、安物のフライリールがあります。フライフィッシングのブーム期に入門セットのリールとして販売されたせいか、市場に大量に出回っており、近頃では中古で1000円前後で売られています。今回はこのリールを使って、簡単にで…

電車で釣りに行けなくなる? 2019年4月1日 車内への刃物の持ち込み禁止にルール改正

JRなどの旅客6社が、車内へ持ち込める手回り品のルールを、2019年4月1日に改正すると発表しました。 この改正では「 包丁類、ナイフ類、なた、鎌、はさみ、のこぎりなど」の刃物が持ち込み禁止とされることになります。 新幹線で発生した事件などの影響か…

ダイソーで手に入る釣り便利グッズ カメラ用ミニ三脚編。

釣りには一人で行くことを推奨している当ブログ。実際に一人で釣りに行く時に欠かせないものものに、ダイソーなどの100円ショップで売っているカメラ用のミニ三脚があります。 釣りには理想の三脚。 一人で釣りに行き、いわゆる「持ち写真」を撮りたいレベル…

アメリカのamazon から安く釣り具を購入する方法。(ロッドは気をつけろ!)

今回は、アメリカのアマゾンからお得に釣り具を買う方法をご紹介したいと思います。 日本とアメリカの価格差。 日本で釣り具を買うと高いですよね。日本のメーカーの物も高いですが、特に輸入品のウェアやフライフィッシング用品などは、「どんだけ上乗せし…

釣りのオフシーズンに何をするべきか。

あらゆるジャンルの釣りをしていて一年中忙しい人もいますが、だいたいの釣り人には、魚が釣れなくなったり禁漁期になったりして、オフシーズンというものがあるはずです。そんなオフシーズンには何をするべきなのか、今回は考えてみたいと思います。 走れ。…

フライリールは右巻きと左巻き、どちらが良いのか。

フライリールの右巻きと左巻きは、ちょっと部品を付け変たりすることで、自分で変更できることが多いです。はたして、どちらが便利なのでしょうか。少し考えてみましょう。 右巻きにするべきか、左巻きにするべきか。 ここから先は、右利きの人を基準に書き…

ダイソーの偏光サングラス 使用感と入手方法。

ダイソーで入手できる釣り便利グッズの中でも、かなりコストパフォーマンスが高いものに偏光サングラスがあります。昨年は、その仕様などをお伝えしましたが、今回は使用感と入手方法についてお伝えしたいと思います。 ダイソーの偏光サングラスの使用感。 …

ルアーよりもフライの方がバレにくいというのは本当か。

よく言われることに、「フライの方がルアーよりもバレにくい」ということがあります。はたして本当なのでしょうか。 本当に本当。 これは紛れもない事実です。確かにルアーよりもフライの方がバレにくいです。どちらもやったことがある人なら、すぐに分かる…

釣り具でぼったくりだと思う物 フライライン編

釣り具には、ぼったくりじゃないの?と思わずにいられない物が、わんさかあります。今回はフライラインについて考えてみましょう。 これでこの値段?! フライフィッシングを始めようと思った人は、とにかく必要な用具が高額であることに、驚きと落胆を覚え…

釣り関係の古本の有用性。

私は、釣りで古い道具を使うのが好きですが、釣り関係の古い本を眺めるも好きです。 そしてそれらは、実際に釣りをするのにも役に立つことも多く、ネット全盛のこの時代においても、とても大事なものとなっています。 まずは写真。 古い釣りの本を手に入れた…

釣り具でぼったくりだと思う物 ~トラウト用ランディングネット編~

釣り具には、ぼったくりだなぁと思わされるような価格の物が沢山あります。 釣り具という小さな市場で利益を上げるためには、価格を上げるしか方法がないのでしょうが、いかんせんやり過ぎではないか、良心的ではないのではないか、と思えるような物が溢れて…

がまかつとオーナー、どちらのフックの方が良いのか?

二大フックメーカーであるがまかつとオーナー。どちらが好きかなど、こだわりを持っている釣り人も多いのではないでしょうか。 どちらも世界的なメーカー。 がまかつの方が販売価格がちょっと高い気がしますし、それだけ品質や性能が上だと言う人もいますが…

釣りを引退する人が増えている。それは安く釣りを始めるチャンス。

90年代後半の釣りブームピーク期と比べると、現在の釣り人口は3分の1ほどに減少しているという調べがあります。 「ホントかな?」と疑いたくなるほど、現在もどこに行っても釣り人だらけで、自由に釣りをすることは難しい状況です。この国の釣り場と魚に対…

スプーン使用する時の糸よれ対策に スプリットリング+スイベルでの接続

ルアーフィッシングをする時にスプーンを多用すると、多かれ少なかれ糸ヨレが発生します。そんな糸ヨレ対策として昨今主流になってきているのが、ラインとスプーンをスイベルとスプリットリングを介して接続し、スナップを使用しない方法です。 そもそも糸ヨ…

ルアーとフライ、どっちの方が釣れるのか。

昔から繰り返されてきた論争として、「ルアーフィッシングとフライフィッシングは、どっちの方がよく釣れるのか」ということがあります。実際のところ、どうなんでしょうか。 当然ながらケースバイケース。 この問題を考えた時に、どちらか片方しかしない人…

スプーンのアワビ張りに、効果はあるのか?

主にトラウト用として、アワビ張り仕上げのスプーンが市販されたり自作されたりしています。あれには、はたして効果があるのでしょうか? アワビ張りスプーンは割高。 アワビ張りスプーンは、けっこう高価なものです。 市販されているものは、当然ながら通常…

100均釣り便利グッズの決定版! ザ・ダイソー 赤ちゃんの爪切り。

100円ショップには、安くて便利な釣りに使えるものが溢れています。 例えば、私は今年ダイソーの偏光サングラスを常に使用していましたが、ちゃんと水中の魚も見えて、問題なく釣れました。2万円のサングラスを使っていれば、もっと釣れたとは、とても思え…

スプーンのシングルフックを、道具不要で簡単に大量に作成する方法。

スプーンに利用するシングルフックを買うと、結構なお値段がします。釣り針というものは、消耗品なので大量に用意して、どんどん交換したいところですが、値段が高いとケチリたくなってしまいます。 しかし、自作すれば、安く大量生産することができます。今…

スプーンのシングルフック(スイミングフック)に効果はあるのか。

スプーンのフックに、シングルフックを使うのは今や常識ですね。この場合のシングルフックとは、アイがラインでできている、アシストフックのようなもののことです。何気なく使っているシングルフックに、どのような効果があるのか、少し考えてみましょう。 …

フライロッドのガイドは、SiCガイドが主流になるのか?

現代の釣り竿のガイドの定番といえば、SiC製のものでしょう。 かつては高級品といった位置付けでしたが、今では富士工業以外の海外のメーカー製のものも出てきて、普及品と言っても良いほどの状況になってきました。 そんな中で、フライロッドだけは、今だに…

ワセリンを塗るだけで、ラインの結束強度が簡単にアップ!?

ラインとスナップなどを結束すると、どんな結び方でもラインの強度は低下します。その低下を僅かながらも防ぐ方法として、ワセリンを利用した方法があります。 何ノットかなんて、あんまり関係ないかもしれない。 ラインの結束方法は、何ノットが良いのか、…

PEじゃないのにPEにシュッ!

私は、あまりPEラインを使わないという昭和生まれの旧世紀の釣り人ですが、PEにシュッ!といったラインコーティング剤には、お世話になっています。 これは無くても困らないものですが、結構便利なもので「気づけばいつも側にいたね」みたいな、恋愛ソングの…

替えスプールの有用性。

釣りを長年やっている人でも、意外と持っていないものに、リールの替えスプールがある。 スプールを一つ買う方が、新しくリールを買うよりもずっと便利で意義のあることだと、私は思うのだけれども、どうだろうか。 替えスプールがあると、スムーズな釣りが…

ロッドとリール、どちらにお金を掛けるべきか。

よく初心者の釣り人が行う質問に、「竿とリールどちらにお金をかけるべきですか?」というものがある。限られた予算の中で、どちらを優先して高い物を買うべきかという悩みなのだろう。 そんなことを悩んでいるのは初めだけで、一度釣りにハマってしまえば、…

3秒で出来る、あんまりダサくない自作ラインバスケット。

3秒で出来る、あんまりダサくないラインバスケットの自作方法です。 変なカゴを腰に付けた、変なおじさんになりたいか。 フライフィッシングで、遠投をしたり、リトリーブを繰り返すような釣りをする時は、腰に変なカゴを付けると便利ですよね。ラインバス…

カメラのレンズを変えると、魚はデカく見えるか。

釣った魚を、少しでも大きく見せたいのは、釣り人として当然の心理です。魚を手で持つ時には、できるだけ身体から離して、遠近感を強調して、魚を大きくみせたりしますね。魚とタックルを置いて撮る時に、カメラのレンズの画角を変えれば、遠近感を強調でき…