釣りにゃんだろう

猫のように気まぐれに 独断と偏見に満ちた釣り情報をお届け

工夫

カムパネラのロッドはお買い得なのではないか。

私は、最近まで知らなかったのですが、カムパネラというフライロッドメーカーは、岩手の会社でブランクから手作りしているのだそうですね。 カーボンロッドを小さな会社でも作れるのかということに驚いてしまいますが、その値段にもちょっと驚いてしまいまし…

世間のサングラスへのイメージ。

最近、大学生と話すことがあったのですが、近頃はサングラスをかけて大学に来る学生がちらほら居て、人によっては講義中もかけているようです。 なんだか外国みたいだなと思いますが、その人自身は恥ずかしくて、サングラスをかけて大学には行けないらしいで…

良いポイントの条件。

釣りは魚が居ない場所でやっても、一生釣れることはありません。魚が釣れるかどうかはポイント選びにかかっていて、ポイントの当たり外れが成功の鍵になってきます。 ですから、普通は釣り人は良いポイントを他人に教えたがらないものですし、自分の中だけの…

トラウトは食事の90%を、水面ではなく水中で食べている。

北米のフライフィッシングの動画を見ていたら、トラウトの仲間は食事の90%を水中で食べているという研究結果があると言っていました。 フライフィッシングをする人達からすると、もっと水面に浮かんでいる昆虫類を食べていると思うかもしれませんが、実際に…

テトラに乗ったりして、無理に釣る必要はない。

大きな川でトラウトの仲間を釣っていると、テトラのような障害物は、とても魅力的なポイントに見えます。 ああいった物には、流木なんかも引っ掛かっていて、かなり複雑な構造の魚の良い着き場になっているでしょうし、魚が沢山居ないはずがありません。 魚…

フライのゲームチェンジャーで釣れる魚は、ルアーでも釣れるのでは。

ゲームチェンジャーという、ジョイント式のフレームを使って作る、ベイトフィッシュを模した大型のフライがあります。 ルアーのスイムベイトのフライ版といった感じで、アピール力があるために、普通のフライでは釣れないような魚食性の大型魚が釣れるようで…

クマ対策として、地元の人と釣りに行くと安全なのか?

たまにクマが出没するような釣り場には、地元の人と釣りに行くと安全だと考える人がいるようですが、私はちょっと違うと思いますね。 例えば、今までのところ、北海道で釣りをしていてクマに殺された人は、おそらく100%道内の釣り人のはずです。北海道には、…

リールのネジなどへの弛み止めのつけ過ぎに要注意。

リールの内部の小ネジや、ラインローラーを固定しているネジなど、弛んでくると困る場所には、ゆるみ止めを塗っておくと便利です。 こういった小さなネジが徐々に弛んできて外れると、いきなりリールが使用不可能になるわけですし、リールを自分で分解するよ…

ルアーやフライがエサ釣りに勝てる日。

釣りというものは、エサ釣りの方が、ルアーやフライより釣れるといった単純なものではありません。その時の状況によって、何が強いかが変わってくるから、面白いものです。 分かりやすくエサ釣りよりも、フライやルアーの方が釣れる時は、川の濁りが強い時で…

急に魚がきたので…

昔、あり得ないシュートの外し方をしたサッカー選手が、「急にボールがきたので…」と言い訳をしたことがあります。 これを聞いた人々は、「サッカーなんだから、急にボールがくるのが当たり前だろ!」と突っ込み、「急にボールがきた」という言葉を略してQBK…

フライでサクラマスをバラした話。

以前、釣り場で出会った釣り人から、どうしてその話になったのかは覚えていませんが、サクラマスをバラした話を聞かされたことがあります。 まず抽選か何かでサクラマス用の入漁券を買い、それからキャスト練習をして準備し、結構遠くの川に何度も東京から通…

便利過ぎるスイッチロッド。

日本の川や湖でフライフィッシングをしていると、5番くらいのスイッチロッドがとにかく便利でたまりません。 川でも湖でも投げやすく、様々なタイプのラインが使え、本流や湖で釣れることの多い50センチ前後の魚を釣るのにぴったりです。 ティムコ(TIEMCO) …

ルアーなどのパッケージは、すぐに捨てない方がよい。

ルアーを買ってきて開封してタックルボックスに入れると、パッケージはさっさと捨ててしまう人は多いかもしれません。 こうしてしまうと、後でちょっと困ったことになることがあるので、すぐには捨てない方が良いと思います。 OSP ラウダー 70 その1 (ブラッ…

湖の釣りの遊覧船チャンス。

湖で釣りをしていると、場所によっては大きな遊覧船が目の前を通過することがあります。 自然の中には不釣り合いな姿の船が、大波を引き起こしながら通るのですから、ゆったりと釣りをしている側としては、あまり気持ちの良いものではありません。 しかし、…

魚を自由に走らせるのと、無理に止めたり引っ張り過ぎないのとは違う。

サクラマスみたいな口が弱い魚を釣る時や、とても大きな魚が掛かりラインの強度に余裕がない時には、無理なファイトは禁物です。 ある程度、魚を走らせて、じっくり弱らせてから寄せた方が、失敗がないはずです。 しかし、このように「無理せずじっくりと勝…

雪の少なかった年の湖は、良い時期が短い。

昨今は、局所的な大雪はあるものの、基本的には冬に雪があまり降らない年が増えてきています。このような状況は、湖のトラウトフィッシングにはあまりよろしくありません。 この種の釣りでは、雪が少ないとベストシーズンが短くなる傾向があるからです。 雪…

ルアーとフライの大きな違い。

見えているスレた魚なんかを、じっくり狙って釣っていると、ルアーとフライには大きな違いがあることに気づきます。 こういった魚をルアーで釣るには、魚が口をしっかり開けて身体を動かし、ルアーに食いつく必要があります。威嚇のためなのか、好奇心からな…

ロッドの断面を見て不安になる。

ロッドというものは、普段は継いだ状態で使っている時に眺めることが多いですが、私はたまに軽く汚れをとったりする時に、改めて継ぎ目から断面を見てみたりもします。 そうすると、どうしても不安になってしまいますね。かなりの負荷がかかっている物なのに…

初心者特有?のスピニングリールのライントラブル。

釣りをあまりしたことがない人にスピニングリールを使って釣りをしてもらうと、決まってラインをぐしゃぐしゃに絡ませてしまうものです。 もうこれは、慣れない人がスピニングリールを使う時の宿命なのかもしれませんが、正しいリールの扱い方を覚えれば防ぐ…

瞬間接着剤は常に釣り場に携行するべき。

私は、釣りに行く時にリールを入れているバッグに、常に小さな新品の瞬間接着材を入れっぱなしにしています。 しょっちゅう出番があるわけではありませんが、これは持っておくととてても便利なものです。 ロッドのガイドのフットがガタついたとか、トップガ…

魚のハンドリング警察。

海外の釣り動画のコメント欄を見てみると、ちょっと魚を素手で触ったり、一瞬水から出しただけでも、「魚を触るな」とか「水から出すな」とか「この魚は死んだ」といったコメントがあることが多いです。 日本の釣り場でよく見られるような、魚を砂利まみれに…

湖の湖流。

ルアーで釣りをしていると分かりにくいですが、フライで釣りをしていると、湖にもそれなりに水の流れがあることが分かります。 湖流と呼ぶそうですが、沈んだラインがゆっくり流れていくくらいの流れがあるのです。 こういったものは、ダム湖でも自然湖でも…

釣りエサとしてのマグロ。

放流されたニジマスが釣れる川で、エサ釣りをしている人と話したところ、エサはなんとマグロを使っているそうです。釣りをする前に、スーパーで買ってくるのだと言うのです。 ニジマスを釣るために、マグロを買わなくてはならないとは、なんだか贅沢な気がし…

かなり酷そうなスピニングリール。

テレビの釣り番組を見ていたら、フィッシングマックスというお店のロッドとリールのセットを使ってサビキ釣りをしていたのですが、そのリールがなかなか酷そうでしたね。 スピニングリールのラインの巻き形状が見事な台形のようになっていて、とても現代のリ…

天塩川でイトウを釣る方が、犀川でニジマスやブラウンを釣るよりも数倍易しい。

北海道の天塩川なんかで釣りをしていると、レンタカーでやってきてピカピカのウェーダーを着たキャストもままならないような初心者らしき人が、ポーンとルアーを投げたらイトウが釣れちゃったというような場面を、たまに見かけます。 運とタイミング次第なの…

釣りに最低限持っていくべき救急キット。

釣りをしていれば、ちょっとした怪我をしたり、体調が悪くなったりすることは、それなりにあることです。そんな時は、とりあえず家に帰るまで我慢しておけば良いだけですが、ちょっとでも救急キットのような物を持っていると便利ではあります。 私は、2日以…

タスマニアンデビル。

最近はあまり使っている人を見かけませんが、タスマニアンデビルというルアーは、普通によく釣れるものです。 このルアーは、棒状のボディに左右にウィングが付いたような形をしていて、ちょっと珍しい形をしています。 アクションは、回転しにくいスプーン…

春先の寒の戻りは魚もテンションが下がる。

基本的に、トラウト系の釣りというものは、雲っていたり、ちょっと天気が悪いくらいの方がよく釣れるものですが、シーズン初期の水温が低い時期に限っては、そうとも限らないようです。 初春には、必ず寒の戻りと呼ばれるような、急激に冷え込み雲って冷たい…

フライの出来不出来や、多少のマテリアルや構造の違いは、釣果に影響しない。

ヤフオク!には、「完成品フライ」というカテゴリーが、わざわざあるくらいですから、他人の巻いたフライをお金を出して買う人は、それなりにいるようです。 そんな中で、高値で売れている物を見ていると、ちゃんとそのフライを使って釣れた釣果の写真がアッ…

ラインの太さは、そこまで釣果に影響しない。

私は、フライフィッシングのティペットというものを、ルアーフィッシングのラインの残り物で代用しています。 元のラインのボビンから、10メートルくらいの長さを切り出し、ダイソーのハリスの小さなボビンに巻き、釣り場に持っていきます。 その時に、私は…