釣りにゃんだろう

猫のように気まぐれに 独断と偏見に満ちた釣り情報をお届け

工夫

船が通った後は釣れる説。

川や湖や海で岸から釣りをしていて、近くをエンジンを付けた船が通過すると、かなり大きな波が発生します。静かに釣りを楽しみたい人は、ジャブジャブとした大きな波の音と水しぶきに腹をたてることもあるかもしれません。しかし、その必要はないかもしれな…

渓流で管理釣り場用スプーンは釣れるか。

トラウトフィッシングに使われるルアーのスプーンは、渓流などのいわゆるネイティブ用と管理釣り場用に基本的に別れています。多くの釣り人のみなさんが、この分類を守り、両者を使い分けているのではないでしょうか。 そんな中で、私は前から考えていたこと…

魚を釣った時に手で触ると、魚は火傷するのか問題。

よく釣った魚に人間の手で触れると、魚が火傷したり皮膚が損傷するので、リリースする場合は良くないと言われています。 今回は、この「手で触ると魚は火傷するのか問題」について考えてみましょう。 人間の手で魚は火傷するのか? 人間の手で触ると魚が火傷…

ハイギアのリールは釣れない!? スピニングリールとギア比の関係。

以前、とある湖でトラウトのルアー釣りをしている人達を観察していると、なかなか釣れない人の共通点として、今時のハイギアのスピニングリールを使っているということがありました。 たまたまそうだったということもあるでしょうが、リールのギア比が釣果に…

パックロッドのすすめ。

釣り人の中でも特にルアーフィッシングをする人は、テレスコ式やマルチピースのロッドを嫌う傾向が少なからずあります。しかし、実際にはパックロッドには沢山の利点があり、とても便利なものなのです。 パックロッドの利点。 ・持ち運びに便利。 パックロッ…

管理釣り場のトラウトとネイティブトラウトとでは、どちらの釣りの方が難しいか。

近頃は、ルアーのトラウトフィッシングと言うと、管理釣り場の釣りの指すような傾向が強くなっている気がします。釣り具屋を覗いてみても、トラウト用品のコーナーは管理釣り場用の物ばかりということも多いです。一方で、自然の川や湖にこだわりネイティブ…

遊漁券のネット購入サイト、つりチケ。

つりチケという入漁券をインターネットで購入できるサービスがあります。なんとも便利な時代になったと思いますが、実際のところはどうなのか、ちょっと見てみましょう。 つりチケとは。 www.tsuritickets.com つりチケとは、一般社団法人Clear Water Projec…

フロロカーボンラインの特徴と使い道。

昨今は釣り糸というとPEラインが主流になってきたため、フロロカーボンラインの影が薄くなってきたような気がします。最近釣りを始めたような人は、フロロのラインがどういった特性を持ち、どんな時に便利なのか、よく知らないこともあるかもしれないので…

アマゾンの釣り具のレビューについて。

昔は釣り具を買う時は、実物を自分で見て判断して選ぶしか方法はなかったわけですが、今では実物を目にしなくても、販売サイトのレビューや口コミを参考に選ぶことができます。 世の中には、色々な人がいて色々な考えを持っているわけで、レビューや口コミを…

グラスロッドは、食い込みが良く、アタリを弾きにくいというのは本当か?

現在では、釣り竿の素材としてはカーボンが主流です。しかし、バスロッドの「巻き物用」といったものには、グラスロッドやグラスの含有料の多い素材が使われたものがあります。また、ライトソルト用のロッドにも、グラスソリッド素材のティップのものがあっ…

劣化したGoogleマップは釣りに使えない?!

近頃、Googleマップが劣化したと話題になっています。今までGoogleマップは、日本ではZENRINの地図データを利用していたそうですが、最近その提携関係が解消され、Google独自の地図データに変わったため、細い道路や林道などが正しく表示されないようなこと…

釣りとキャンプの相性。

共に同じアウトドアレジャーであるキャンプと釣り。やはり、この二つは抜群の相性です。今回は、この二つの相性や両方を行う時のコツなどを考えてみましょう。 釣りとキャンプの相性は抜群。 キャンプ場というものは、海や川や湖の近くにあることが多く、そ…

激安釣り具のocean(オーシャン)の評判や評価。

皆さんは、オーシャンという釣り具メーカーを知っていますか?日頃から有名メーカーの物しか仕様しない人は知らないかもしれませんが、安物釣り具に興味のある人々には、かなり有名なメーカーです。今回は、そんなオーシャンの釣り具を紹介してみたいと思い…

ルアーやフライのカラー(色)は、釣果に影響するか。

ルアーやフライのカラーについて、釣り場の状況や魚種などによって「あれが良い、これが鉄板」などと、釣り人達は日夜議論を交わしているものです。はたして、ルアーやフライの色は、そこまで釣果に影響があるものなのでしょうか? 魚は色が見えているか? …

青春18きっぷと釣り。

青春18きっぷという、便利でお得なJRの切符があります。これを利用するとお得に釣りに行けたりもするものですので、今回はご紹介しましょう。 青春18きっぷとは。 青春18きっぷとは、JRの普通列車・快速列車に、11,850円で1日乗り放題を5回利用できる…

飛行機に乗る時、ロッド(釣り竿)はどう預けるべきか? サイズ・ケースなど。~国際線編~

飛行機に乗って海外に釣りに行くとなった時、まず気になるのはロッドの運搬についてではないでしょうか?国際線は、国内線よりも荷物のサイズ等の規定が厳しいことが多く、より乱雑に扱われることも予想されます。国際線に乗る場合には、ロッドをどのように…

飛行機に乗る時、ロッド(釣り竿)はどう預けるべきか? サイズ・ケースなど。~国内線編~

近頃は飛行機に乗って釣りに行くことが、さほど珍しくない時代になりました。しかし、そういった旅行が初めての人は、ロッドをどのように預ければ良いのかなど、多少は疑問に思うことがあるかもしれません。今回は、そんな方々のために国内線の場合について…

『IGFA class』『lb test』などのポンド表示によるラインの強度の違い。

ルアーフィッシングをする上でラインを選ぶ時には、LB(ポンド)表示を基準にすることが多いのではないでしょうか。しかし、よくその表示を見てみると、I.G.F.A.と書かれていたりいなかったり、lb test、lb overなど様々な表記がされています。これらには、…

川の釣りと湖の釣り、どちらの方が難しいか。

みなさんは、川の釣りと湖の釣りでは、どちらの方が難しいと思いますか?今回は、そのあたりについて考えてみたいと思います。 川と湖、どちらが難しいのか。 私の考えるところでは、圧倒的に川での釣りの方が難しいと思います。 理由は、川には複雑な流れや…

魚にライン(釣り糸)は見えているのか? スレた魚は細いラインの方が釣れるのか?

「魚にはラインが見えているから、細いラインの方がよく魚が釣れる」と言う人がよくいますが、はたして本当なのでしょうか?今回はこの問題について考えてみましょう。 魚はラインが見えている?感じている? 私は、基本的には魚はラインが見えていると思い…

ルアーやフライを太陽に向かってキャストすると釣れる説。

ちょっと古い本を読んでいると、ルアーやフライは太陽に向かってキャストした方が釣れると書いてありました。はたしてこれは本当なのでしょうか。 その理由は? 本には、その理由が明確には書かれていません。ただ、「その方が追いが良い」というようなこと…

釣りのポイントの探し方、見つけ方。

釣りを成功させる上で一番重要なことは、タックルでもテクニックでもなく、まずはちゃんと魚が居るポイントに行くことでしょう。しかし、釣りのポイントというものは公開されると場荒れする可能性が高いため、公にはされていない場所も多く、特に初心者には…

渓流釣りは、釣り上がらないと釣れないのか?

いわゆる渓流と呼ばれるような小河川で釣りをする場合、川を下流から遡っていくように釣り上がるのが基本とされています。はたして、釣り上がらないと魚は釣れないものなのでしょうか? 釣り上がる理由と実際の釣果。 釣り上がる方が良いとされる理由の中で…

釣り具を問屋から直接購入する方法。

日本の商売の世界には、問屋というものが存在します。今ではメーカーから直接商品を仕入れるお店も多いのでしょうが、釣り具問屋というものもまだ存在しているようです。今回は、この問屋から直接釣り具を買うことができるるのなら、安く買えるのではないか…

トラウトのルアーフィッシングは、いくらで始められるか。

自分が長いこと釣りをしていると、釣りを始めるのにどれくらいのお金が必要かなどと考える機会がなくなってきます。一方で、長いこと釣りをしていると、「この程度のタックルで問題ない」などという判断はできるようになってきます。そこで今回は、実際に魚…

フライフィッシングは、いくらで始められるか。

釣りの中でも、ちょっと手を出しにくいものにフライフィッシングがあります。「何か難しそうだし、道具も高そうだし…」と考えている方も多いのではないでしょうか。今回は、フライフィッシングを始めるためにタックルを揃えるには何円程度必要なのか、考えて…

釣りと花粉症と山のはなし。

そろそろ花粉症に悩まされている釣り人も、多くなってくる季節なのではないでしょうか。花粉症は自分が認めた時から症状がヒドくなるようなメンタルな面もありますから、私は「花粉症じゃないんだ」と意地を張ったりもしていますが、素直に認めてしまえば私…

ベイトリールは右ハンドルで使うことが基本なのには、ちゃんと理由がある。

最近は右利きの人が左ハンドルのベイトリールを使うことも増えているようですが、昔から右利きなら右ハンドルを使うのがベイトリールの基本でした。今回はこの辺りについて、少し考えてみましょう。 右ハンドルの理由。 ここから先は右利きの人を基準に書き…

免許がない!? 小型船舶免許は一瞬でとれる。

何かの免許を取得するとなると、それなりに練習したり試験を受けに行かなければならないものです。しかし、それが当てはまらないのが小型船舶の免許です。とても簡単に取得でき、釣りをする人なら持っていて損はないものですので、今回は軽くご紹介したいと…

安いロッドほど折れにくい?!

「安物のロッドの方が丈夫だ」釣りを長年やっている人ほど、こう思っている人は多いかもしれません。今回は、このことについて考えてみましょう。 カーボンとグラス。 ロッドの素材の表示を見てみると、「カーボン○%、ガラス・その他繊維○%」などと書かれて…