釣りにゃんだろう

猫のように気まぐれに 独断と偏見に満ちた釣り情報をお届け

工夫

釣りに行く時期が早すぎるということはない。

吉田拓郎の歌に「おそすぎることはない、早すぎる冬よりも」という歌詞がありますが、釣りに行く時期というものを考えてみると、これとは逆で「早すぎることはなく、遅すぎることはある」ものだと思います。 最高の瞬間は、一瞬しかない。 四季のある日本の…

バスをフライで釣ること。

日本で一番盛んに行われているフライフィッシングは、ヤマメやイワナなどの渓流釣りでしょうか。それから、管理釣り場での釣りをメインに行っている人も、今の時代は多いかもしれません。 これらの釣りは、どちらもちょっとストレスがたまりがちかもしれませ…

釣りに向いた田舎の基準。ヘルメット中学生。

釣りは、できる限り田舎でしたいものですよね。その方が、日頃から釣り人が少ないはずで、魚も釣れやすいはずだからです。 できれば、田舎を通り越して人間が滅多に立ち入らないような僻地に行きたいものですが、そういった所に行くのには時間がかかることが…

猫の抜け毛で作ったフライで魚は釣れるか。

猫を飼っている方にはお分かりいただけるかと思いますが、猫は年中毛が抜けまくります。うちの猫は、ブラシをかけてもらうのが好きなようなのですが、毎日大きな毛の団子ができるくらい毛がとれるのです。これだけ大量にあると何かに使えそうですから、捨て…

2,000円以下の安いフライライン と有名メーカーの物の差。

フライラインというものは、昔からあるような有名メーカーのものですと、なかなかのお値段がします。 種類や長さによって差はありますが、概ね5,000円~10,000円といったところが相場なのではないでしょうか。 昔からやっていた人達にとっては、これくらいの…

ボイド菅をロッドケースとして利用する。

ロッドを配送したりする時に、よく利用されるものとしてボイド菅というものがあります。縁がない人には聞き慣れないものかもしれませんから、ボイド菅が何モノなのか今回はちょっと説明したいと思います。 ボイド菅は紙製の菅。 ボイド菅とは紙製の菅であり…

釣りの時に撮った写真は、どう保管するべきか。

釣り人のみなさんは、釣りに行くと写真を撮ることが多いと思います。美しい情景に出会った時、嬉しい釣果に恵まれた時、それを写真に撮って、いつまでも残しておきたいと思うのではないでしょうか。 そんな時に、現在ではデジタルカメラかスマホに内蔵のカメ…

渓流では、アップストリームキャストするべきなのか。

渓流などでルアーフィッシングをする時には、上流に向かって投げて川の流れと同じ方向に引いてくるアップストリームキャストが良いとよく言われています。初心者の人の中には、これを忠実に守ろうとする人もいるわけですが、どうもその必要はなさそうです。 …

対象魚ごとに「~用ルアー」なんてものは存在するのか?

釣り具屋さんのルアーコーナーに行けば、バス・ソルト・トラウトなどと、だいたいが対象魚別に分けられて陳列されていると思います。 初心者や人の言うことを信じやすい人は、その分類通りにルアーを買い、海用とされるルアーを淡水に使ったり、逆に淡水用と…

「丸腰だから最強だ」 釣りのタックルは、シンプルなほど強い。

昨今の情勢により、ちょっと懐かしい曲が再注目されています。はっぱ隊の『YATTA!』という曲です。 youtu.be この曲が登場した当時も日本の景気が悪かったりして、自殺者が増えていたそうですが、そんな空気を吹き飛ばすかのように、シンプルにバカに…

ベンデュラムキャストをする必要はあるのか?

昨今のソルトウォータールアーフィッシングでは、リーダー部をロッドティップから長めに出して投げるキャスト(ベンデュラムキャスト?)が多様されているようです。 私はやったことがないのでよく分かりませんが、おそらくメインラインとリーダーの接続部を…

ヤフオクなどで安く釣り具を買う方法。

中古や新古で釣り具を買う場合、ヤフオク!を利用するのは、とても便利なものです。中古ショップなどよりは安く手に入ることが多いですし、かなりマニアックな物も見つかりますし、メルカリほど民度の低い場所ではないので少し安心です。 そんな便利なヤフオ…

魚が掛かると、フィッシュと言う人、ヒットと言う人。

釣りをしていて、魚が掛かった瞬間、みなさんは何と言いますか?私は、一人で釣りをしていることがほとんどなので、だいたい無言でやり取りに突入しますが、誰かと一緒に釣りをしている人は、何かしら声を上げることが多いのではないでしょうか。 フィッシュ…

イトウを釣るには、フライが有利か?ルアーが有利か?

年配の人の一部などには今でも餌釣りをする人がいますが、イトウを釣ろうと思う人のほとんどが、ルアーかフライで挑んでいるはずです。こうなってくると、どちらの方が釣れるのだろうか?と疑問に思ったことのある人も多いのではないでしょうか。 今回はそん…

ロッドの落雷感電警告シールと釣り竿の危険性。

日本のメーカーのロッドを買うと、バット付近にちょっとカッコ悪いシールが付いていることがあります。感電や落雷を警告するシールです。 私は最近は海外の安物のロッドを買うことが多いので、あまり見かけないのですが、たまに付いている物を手に入れると、…

魚を釣るコツ。 他のジャンルの釣りの情報も利用する。

釣りには様々なジャンルがあり、皆さんそれぞれにこだわりを持ち、自分の好きな釣りに打ち込んでおられることかと思います。 1つのジャンルの釣りにだけ打ち込んでいる人の中には、他の釣りのことには無関心な人がたまに居るものです。「自分はフライフィッ…

スピニングリールを初めて買うなら、何番くらいのサイズが良いか。

スピニングリールというものは、小さなものから大きなものまでサイズ違いのものが売られていて、使用するラインの太さや量によって使い分けることになっています。 ですから、釣り人達は「何を釣るなら何千番」というようなことを言い、あれこれリールを買い…

テレスコのフライロッド。

振り出し式(テレスコピック)のフライロッドというものは、なかなか便利なもののはずです。 テレスコのフライロッド有用性。 山道を長時間歩いたり沢登りをするような源流釣行や、ハードな藪こぎが必要な場所での釣りでは、かさばる2ピースなどのロッドは…

タックルベリーの中古釣り具の状態のランク付け。

タックルベリーという全国チェーンの中古釣り具店があります。このお店にはベリーネットとというネット販売サービスがあり、全国の店舗にある商品を通販で買うことができます。 値段は「ちょっと高いかな?」と思うくらいのレベルで、ヤフオク!などの他のサ…

ルアーはタダ巻き(ステディリトリーブ)が最強説。

私は、ルアーで釣りをする時、ほとんどが一定の速度で巻き続ける、いわゆるタダ巻きまたはステディリトリーブと呼ばれるやつばかりをやっています。 それでは、浮き上がってしまうとか、ルアーが動かないなんて時は、フォールさせたりチョンチョン煽ったりす…

体力がないと、釣りをする以前の問題になることがある。

以前、私の唯一の釣友と常に藪こぎをしながら進むような川でトラウトフィッシングを一日した後に、「体の大きな中年男性を、今度ここに連れて来ようと思うのだけれど、大丈夫だろうか?」と相談されました。 私は、「それはかなりキツいんじゃないか。私は日…

釣りにサンバイザーって、どうなんでしょう?

たまに暑い季節には、サンバイザーをして釣りをしている人がいますが、私はあれはちょっと微妙な気がしてなりません。 サンバイザーの機能と効果。 サンバイザーは、キャップ型帽子の半球状の被る部分がない形状をしています。こうなっていると、暑い季節で…

ロッドの穂先(ティップ)が折れても、あまり気にする必要はない。

釣り人にとって釣り竿が折れるということは、なんとも悲しいことですよね。私は、小学生の時以来ロッドを折ったことはありませんが、今でもその瞬間をよく覚えているほど、テンションがタダ下がりになったものでした。 ロッドが折れる原因は、釣り人側にある…

渓流はフライかルアーか。

渓流で釣りをする場合、単純に釣果だけを求めるなら、餌釣りかテンカラ釣りをするのが効率は良いはずです。 しかし、釣り人というものは魚が釣れれば何でも良いというわけではなく、自分の好きな釣り方にこだわりたい人も多いわけで、渓流でルアーやフライを…

スピニングリールにラインを巻く時の2種類の方法。

皆さんは、スピニングリールにラインを巻く時は、どのようにして行っているでしょうか?「お店で巻いてもらうから知らない」なんて人は、余程の初心者にしかいないでしょうから、皆さん自分なりの方法をお持ちのはずです。このようなスピニングリールへのラ…

トラウトを釣るには、川と湖どちらが良いのか? サイズや難易度から考えてみる。

ネイティブトラウトと呼ばれるジャンルの釣りをしてみようとした時に、基本的には湖か川のどちらで釣るか選ぶ必要があります。(一部は海でも行われています)初心者の人などは、どちらが良いのか迷ってしまうこともあるかもしれませんので、今回は難易度や…

新型コロナウィルスの影響で、アメリカでは釣りが大ブームらしい。

何かと話題の新型コロナウィルスというやつですが、これが現在一番流行っているのはアメリカのようです。そんなアメリカでは、密室内で感染しやすいとされるウィルスが広まったせいか、釣りなどのアウトドアレジャーが大流行しているそうです。 湖や川などに…

魚が追ってきた時に、しばらく放置してポイントを休ませる勇気。

「おおっ!」と足元までデカイ魚が追ってきたけど食いつかなかったなんてことは、釣りをしていれば何度でもあることです。 この後、どうするのかは人それぞれでしょうが、「まあ、いいか」と簡単に諦めて、さっさと立ち去れる人はあまりいないはずです。 私…

釣りで底をとるのは意外と難しい。釣りに向いているかの指標。

テレビであまり釣りをしたことのない芸能人などが船釣りなどをしていると、底をとるのに苦戦していることが多いです。 底をとるとは、重りやルアーが水底に着底したことを確認する作業のことですが、これができないと、タナを決められなかったりして、釣りに…

釣れるサイズは選べるか。

釣った魚をさらに生き餌に使ったり、食べて美味しい手頃なサイズが欲しいといった特殊なケースを除けば、釣り人は基本的にはより大きい魚を釣りたがるものです。 小さな魚が掛かってしまうと、そのせいでポイントが荒れてしまい大きな魚が釣れなくなってしま…