釣りにゃんだろう

猫のように気まぐれに 独断と偏見に満ちた釣り情報をお届け

工夫

北海道でレンタカーで釣りをすること。

北海道という土地で釣りをするには、車という移動手段がないとかなり不利になります。頑張れば、バスや電車といった公共交通機関だけを使っても、そこそこ釣りはできるとは思いますが、北海道ではそういったものの本数が極端に少ないですから、効率は半端な…

パックロッドのガイドライン。

継ぎ目があるロッドは、ガイドが真っ直ぐになるように気をつけて継がなくてはなりません。物によっては、ガイドラインと呼ばれる目印の点や線や文字がロッドに印字されていて、それに合わせれば簡単なのですが、そういった物がない場合で、焦って釣りの支度…

タコエギの根がかり問題。

昨年、関西の方の海で、海底にとんでもない量のタコエギが引っ掛っていて、漁の妨げになっていると、ニュースになっていたことがありました。 これは漁の妨げになるだけでなく、環境面でも大問題ですし、とんでもなく良くないことに違いないと思います。海底…

釣れた魚を美しく写真に残すコツ。少し休ませる。

釣りの釣果の写真というと、昔は魚をワシ掴みにして持ったり、陸に転がして泥だらけにしたり、死んだ魚を並べたりするものが多かったものですが、現在ではそういったものは少なくなってきています。 倫理面や魚の保護という観点から、「魚はできる限り水に浸…

とにかく魚が一匹釣れたら結束部を結び直す。

私は、子供の頃から釣りの最中に、ほぼ欠かさず行っていることがあります。 それは、魚が一匹釣れたら、必ずルアーやフライの結束部を結び直すということです。 近頃はちょっと油断して、たまに小さな魚が釣れた後にはやらないこともありますが、それでも習…

漁師はライフジャケットをあまり着けないが、釣り人は?

船に乗る時のライフジャケットの着用が義務化されてしばらくたちます。実際に違反に罰則が適用されるようにもなりましたし、それなりに着用率は上がってきていそうです。 しかし、海に行った時などに漁師さんの様子を見てみると、まだまだライフジャケットを…

やりがちな失敗。 ガイドの通し忘れ。

よく初心者向けの釣りの本には、釣りの準備の項目で「ラインを一つずつ順番にガイドに通し、通し忘れのないようにしましょう」というような説明がされていることがあります。 私は、「誰がそんなミスするか」とバカにしていましたが、ちょっともうろくしてき…

いつかできるから今日できる。

私の家族の知っている方が乃○坂46のメンバーにいまして、それほどテレビなどに沢山出るような方ではないのですが、たまにテレビなどで見かけた時には、私は家族に元気そうだと報告したりしています。 そんなわけで、私は別にファンというわけではないのです…

釣り具の小物の発送には、今でも定形外が便利。

ネットオークションやフリマアプリがこれだけ世の中に広まると、その取引きに利用できる郵送手段も多種多様になってきました。 利用者は、手間のかからなさや配達速度や料金など、様々な条件を考えて、沢山の選択肢の中から選ばなくてはならず、ちょっともう…

鮭稚魚からイトウまで釣れるマラブーの魔力。

マラブーという鳥の羽毛を使った、マラブーリーチやウーリーバガーといったフライがあります。管理釣り場などの定番パターンで、マラブーがヒラヒラするのが効くのか、水中を漂わせるだけでも魚は釣れますし、引っ張ってくると狂ったように魚が襲いかかって…

魚を釣りたかったら、魚が居ない場所で釣りしないことだ。

釣りに行って魚が一匹も釣れないことを、ボウズとかオデコとか言いますが、釣り人ならこの悲惨な結果を、何度でも経験したことがあると思います。 釣りをしたことがない人々は、魚釣りは魚が釣れるのが当たり前と思っているようですが、実際に釣りをしてみる…

釣りに行く前に、釣れているかどうか調べるか?

釣り人の中には、ネット上の情報やSNSなどで「今、釣れているのか?」を調べてから釣行先を決めたり、釣り方の参考にする人が、今の時代は多いかもしれません。 しかし、私はそういったことは全くしませんし、ネット上の情報は一切見ないことにしています。…

根掛かりに備えてラインシステムには、一ヶ所弱い部分を作っておくべきだが…

ルアーフィッシングだろうとフライフィッシングだろうとエサ釣りだろうと、仕掛けやラインシステムのどこかに一ヶ所やや強度を落とした部分を作っておくのは、釣りの常識だと思います。 魚を釣るだけなら、ラインシステムは強ければ強いほど良いのかもしれま…

譲れるポイント、譲れないポイント。

立派な大人なら、いつでも譲り合いの気持ちを持ち、心に余裕を持って穏やかに生きていきたいものです。しかし、釣りという場面においては、譲り合いができるほど穏やかではいられない人が多いかもしれません。 釣りはポイントが命です。どんなに釣りが上手な…

釣り具を中古で買う時の値段の相場。

現在の釣り具というものは、とても高価だと思います。私が子供だった数十年前は、2~3万円程度で一番高いクラスのルアーロッドが買えたものでしたが、今ではハイエンドのロッドは何倍もの値段になっています。 自動車などの他の製品の値段も当時よりは高く…

湖で釣りをする時の風向きと岬。

湖で釣りをする時には風向きというものが、とても重要になってきます。水温が著しく低い時期の北風などを除けば、トラウトを釣る時は、向い風が良いことがほとんどです。しかし、向い風があまりに強いと、ほとんど釣りにならないことがありますから、真正面…

釣りは長そで長ズボンで行うべきか。

子供の頃読んだ「釣り入門」みたいな超初心者向けの本には、「釣りをする時には長そで長ズボンで行ないましょう」みたいなことが書いてあった気がします。 それでも、寒かったり涼しい時期なら自然と誰でも長そで長スボンで釣りをするしょうが、暑い時期には…

「竿立てて!」初心者に釣りを教えること。

ごく稀にですが、釣りをほとんどしたことがない人に釣りを教える機会があります。そういった場面で、運よく魚が釣れてくれた時に、ほぼ必ず慌てて言わなくてはならなくなる言葉として、「竿立てて!」というものがあります。 どうも魚をあまり釣ったことがな…

釣られやすい魚は、何度でも釣られる?

魚を釣っていると、口の周りに傷跡があったりして、以前にも釣られた経験があると分かる魚が釣れることが、結構な頻度であります。 また、模様やサイズや顔つきなどから考えると、どうも自分が以前に釣った魚ではないか?と思えることもあります。同じ魚が一…

釣りをする時には、少々カッコ悪くても、帽子は被った方が良い。

近頃、釣りをする人が増えているという噂ですが、その噂は本当なような気がしないでもないです。 釣り場に行くと、あまり釣りに慣れていなさそうな人を見かけることが、明らかに増えてきたからです。 そういった人達の中に結構多く見られるのが、釣りをする…

リールにクレ556などの汎用オイルを使うのは、あまり良くない。

今年の頭あたりでしたか、我が家のキッチンの換気扇が「ギュルギュルギュルギュル!」と騒音レベルの音を出し始めてしまいました。 どこか錆びて動きが悪くなっているような音でしたので、カバーを外して適当にクレ556をぶっかけて、しばらく回してなじませ…

ワークマンのウェアで釣り。

近年、作業着屋さんのワークマンの勢いが物凄いですね。元々、安く丈夫な服が手に入るので、ガチにワークする人々には欠かせないお店だったわけですが、安い値段はそのままに機能やデザインがパワーアップされて、ワーク以外の場面でも使えるような物が増え…

ジョイントボディのミノーの魔力。

昔から、ルアーでイトウやアメマスを釣る人達には、ラパラやレーベルといったメーカーのジョイントボディのミノープラグが人気があります。 近頃は、多少は使う人が減っているかもしれませんが、そういった釣りが盛んな地域では、今でも誰でも持っているよう…

手芸屋でフライのマテリアルを買う場合の二つの壁。

もう何年も前からハンドメイドで何かを作ることの人気は高く、手芸屋のようなお店がどこのショッピングモールにも必ず入っているくらい、街には溢れています。また、100円ショップでも手芸コーナーが充実している場所が増えています。 そういったお店に一度…

それで釣れたのかい?釣り具の新製品には要注意。

釣り関係のメディアや他人のブログやSNSなどで、自分の持っていない道具を使った釣り方などが紹介されていると、ついつい自分もその物を買って試してみたくなるものです。 しかし、そんな時には「それで本当に釣れたのかい?」と考え、一度冷静に確かめてみ…

バス釣りもランディングにネットを使うようになってきたらしい。

テレビの釣り番組などでバス釣りの様子が放送されているのを見ていると、オカッパリでもボートからでも、ネットを使ってランディングする場面が、近年増えてきている気がします。 私が子供の頃には、そういった場面は一度も見たことがありませんでした。バス…

ルアーやフライのカラーは、家で見るのと釣り場で見るのとでは違って見える。

釣り具屋さんで「この色いいな」と思って買ったルアーを釣り場に持っていったら、「あれ、こんな色だったっけな?」と思ってしまったことのある人は、意外と多いのではないでしょうか。 それから、家の中で「この色は釣れるでしょ」と思って巻いたフライも、…

海釣りと川釣りの人口はどちらが多いのか?

釣りは海でも川でも湖でもできるものですが、近頃は海釣りと川や湖の淡水の釣りと間に人気の差があるような気がしてなりません。 例えば、釣り具屋を覗いてみると、相当な内陸部ではない限り、ほとんどのお店で川釣り用品よりも海釣り用品の方が多く置かれて…

釣り具やウェアを高温になる車内に放置しておくのは良くない。

釣り人の中には、大量の釣り具を車に積みっぱなしという人もいるようですが、あれはできる限り止めておいた方が良いでしょう。 車の中は超高温。 冬ならそうでもありませんが、春~秋にかけては締め切った車の中はかなりの高温になります。 どれくらいすごい…

若手芸人が舞台に出てくるような勢いで、障害物の影から飛び出してくる魚。

いつだったか、白いBMWに乗ったオジサンがあおり運転をして高速道路上で車を停車させて、車から降りてきて暴れるという事件がありました。 その様子の動画がニュースなどで流れると、オジサンが車から降りてくる時の勢いが、「若手芸人が舞台に勢いよく登場…