釣りにゃんだろう

猫のように気まぐれに 独断と偏見に満ちた釣り情報をお届け

工夫

太軸?細軸? ルアーのフックの線径は、どのように決めるべきか。

ルアー用のフックには、実に様々な形状やタイプのものがあります。 多用なフックの中から、釣り人はベストな物を選ぶ必要が出てくるのですが、その際に気にしなければならないことに、フックの線径(太さ)があります。 細軸、太軸。 特に厳密な基準はなく、…

ルアーロッドのガイドは、ダブルフットが良い。

ルアーロッドのガイドには、ロッドと接している脚が一本のタイプのシングルフットと、二本のタイプのダブルフットのものがあります。 最近のロッドでは、一部のヘビーなロッドを除き、かなりのロッドがシングルフットとなっています。 しかし、私は断然ダブ…

よそ見をしていたり、集中していないとよく魚が釣れるのは、どうしてなのか。

釣り人の中には、ちょっと景色を眺めたり、遠くに居る釣り人を観察したり、よそ見をした時に限って魚が釣れることを体験したことのある人は、沢山いるのではないでしょうか。 ああいった現象は、なぜ起こるのでしょうか。 普通に考えれば、ルアーなりフライ…

ロッドの継ぎ目が抜けなくなった時の抜き方。

釣りを終えて家に帰ろうとした時に、ロッドの継ぎ目が抜けなくなり焦った経験のある方も多いのではないでしょうか? 今回はそんな時にどうするべきか、ちょっと考えてみましょう。 ロッドの抜き方。 まず基本的なロッドの抜き方について、おさらいしておきま…

スピニングリールでキャストする時の、ベールを開く位置。

みなさんは、スピニングリールでキャストする時に、ベールがどのような状態で開いていますか? ラインを巻いてきて、適当な場所で開いているなんて人は、余程の初心者でもない限りいないと思います。 ベールを開くポジション。 スピニングリールのベールを開…

釣りに使うプライヤー(ペンチ)は、100円ショップなどの安物で充分か?

釣りでは、プライヤー(ペンチ)が必要となることが、ほとんどです。特にフックが複数ついているようなルアーを使った釣りをする場合には、魚が釣れた時に安全にフックを外すために、プライヤーやフォーセップは必需品でしょう。 100均の物でも問題ない? そ…

リールは、ベアリングが多く使われているほど良いものなのか。

リールを買おうとした時に、使われているベアリングの数を気にする釣り人は多いのかもしれません。メーカー側も、スペック表などにはベアリング数を必ず表記しているものですし、リール本体にまでベアリング数を書いてある物まであります。 このようにリール…

ロッドの継ぎ方。

みなさんは、並み継ぎや逆並継ぎやインロー継ぎのロッドを継ぐ時に、どのようにして継いでいますか?ロッドの継ぎ方には、諸説あるものなのですが、今回は私が行っている方法をご紹介しましょう。 継ぎ目が弛みにくい?継ぎ方。 私が行っている、ロッドの継…

釣りとベストシーズン。

日本は四季のある国であり、釣りの対象魚は一年中同じように釣れ続けるということは、あまりありません。 どんな釣りにも、だいたいベストシーズンというものがあり、効率良く魚を釣りたいのなら、そのタイミングで釣りをすることが、成功への近道のはずです…

湖の釣りの大敵? ターンオーバー。

湖で釣りをする人々が恐れている現象に、ターンオーバーというものがあります。これは一体どのような現象で、釣りにどのような影響を与えるものなのでしょうか。 ターンオーバーの仕組み。 釣り人がターンオーバーという時は、秋のターンオーバーを指すこと…

ラインは、ポンド表示ではなく号数(直径)で選ぶべき。

釣り糸(ライン)というと、ポンド数を基準に選ぶ釣り人が増えてきている気がします。 たとえば、「ラインはどれくらいのを使うんですか?」と聞かれれば、「○○ポンドくらいかな」と答える人が、大半なのではないでしょうか。 私は、このポンド数でラインを…

ルアーのフック(釣り針)の色は、釣果に影響するのか?

釣りのフックというと、銀色のものが定番ですが、他にも様々な色のものがあります。ガンメタのような色や黒や赤など様々な色があり、また同じような色でも光沢があるかないかの違いもあります。色々な色があるということは、フックの色によって釣果に差が出…

釣りのウェアの色は、釣果に影響するのか。

古い釣りの本などでは、釣りをする時には地味な色の服を着ることを薦めていたりします。これは、その方が魚に気づかれにくいからだそうで、言われみるとそんな気がしないでもないです。はたして本当に、釣りをする時の服装の色というものは、釣果に影響する…

ミノーなどのプラグに、シングルフックを使用する場合の向きについて。

近頃では、ミノーなどのプラグにはシングルフックが使われることが、増えてきました。この際のシングルフックのセッティングにおいて、フックのポイント(針先)がどの向きを向くようにするべきか、少し悩んでしまうものです。 まあ、釣れる時はフックが付い…

釣り場に響き渡る着水音! フェザリングやサミングをしない釣り人は意外と多い。

釣り人の多い釣り場に行くと、気になることがあります。「ドッボーン」とド派手な音をたててルアーを投げ込んでいる人が、意外と多く居ることです。 それが初心者風の人や小さな子供だったら、まだ分かるのですが、釣りを何十年もしていそうな中高年に非常に…

ルアーにシングルフックを使うメリット。

トラウトのルアーフィッシングの世界では、近頃はスプーンであろうとプラグであろうと、シングルフックが使うことが主流になってきています。 ところが、未だに市販されているルアーには、トレブルフックが装着されていたり、頑なにトレブルフックの使用にこ…

ルアーやフライを追ってきても食わない魚がいた時、どうするべきか?

ルアーやフライを追いかけてきたのに、食いついてくれない魚というものが、どこにでもよく居るものです。こういった時には、どうするべきなのでしょうか? 諦める。 一番良い方法は、その魚に固執せずに、さっさと次のポイントに向かうことだと思います。粘…

PEラインと高感度ロッドという、魚がバレやすい最悪の組み合わせ。

先日、テレビの釣り番組で海で船からルアー釣りをしている様子を見ていたら、やたらと魚がバレまくっていて、結局30分番組でヒラメ一匹しか魚が釣れませんでした。 魚がバレまくっていたのは、たまたま魚の食いが浅かったということも考えれますが、使用して…

魚は、なぜルアーで釣れるのか?

どうして魚は、ルアーで釣れるのか。 このことは、もう古くから言い尽くされてきたことであり、ほとんどの釣り人は知っていることかもしれませんが、もしかしたら初心者の人などで、疑問に思われている人もいるかもしれないので、今回はちょっと説明してみま…

釣りと川の右岸と左岸の定義。

当然ながら川には岸が両側にあるわけですが、これらはそれぞれ右岸・左岸と呼ばれています。釣りをしている人には、この呼び方の正しい仕組みを知らない人が意外と多く、時に混乱を招くことがあります。 下流を向いて、右・左。 右岸・左岸というのは、川の…

魚が釣れない人の特徴。

釣りは、誰にでも同じように魚が釣れるわけではありません。同じ日に同じ釣り場に居ても、魚が沢山釣れる人も、釣れない人もいます。こういった釣り人達を見比べてみると、魚が釣れない人には、同じ傾向がある気がしてきます。 粘り強くない。すぐに諦める人…

スプーンの厚さによるアクションの違い。

前回はルアーのスプーンの形状による違いについて強引にまとめてみましたが、今回はブランクの厚さによる違いについて考えてみたいと思います。 スプーンの厚さによるアクションの違い。 スプーンの素材は、肉厚なほど重たいアクションとなり、薄いほどヒラ…

スプーンの形状(幅と曲がり)による違いと使い分け。

ルアーのスプーンには様々な形があり、その使い心地や用途は様々となっています。今回は、スプーンの形状による性格の違いや使い分けについて説明したいと思います。 幅とアール(曲がり)。 ごく簡単に整理してしまえば、スプーンの形状による違いを考えた…

ルアーフィッシングの基本テクニック カウントダウン。

スプーンでもプラグでも何でも、沈むルアーを使って釣りをする時に絶対にしなければならないことがあります。それは、何秒間沈めたのか数えておくことです。この方法をカウントダウンと呼びますが、ルアーフィッシングでは基本中の基本のテクニックとなって…

ロッドの継ぎ目(フェルール)の、弛み止めや固着防止の方法あれこれ。

ロッドの継ぎ目というものは、とても注意が必要なものです。 弛んで抜けかけた状態で魚を掛けたりキャストをすると、ロッドが折れてしまうことがあります。逆に、ガッチリとハマってしまい抜けなくなり、、片付けが完了できずなかなか家に帰れなくなるなんて…

ルアーはラパラの物だけで充分説。 他の会社は全て潰れても問題ない。

釣り具屋さんに行くと、実に様々なメーカーの沢山のルアーが棚に並んでいるわけですが、私はあれらのほとんどの物が無くても、何も困らないと思っています。 ただ一つ、無くなって困るのはラパラのルアーだと思います。逆に言えば、ラパラのルアーさえあれば…

鯉がルアーで釣れる謎。

コイは雑食性の魚ですから、様々なエサで釣ることができます。それから、そのエサを模したようなフライやルアーでも釣ることができます。 ところが、時として、そのような通常考えられるような方法以外でも、なぜか釣れてしまうことがあるものです。 スプー…

『魚の名前 タックル』でweb検索をする、主体性のない釣り人達。

Google大先生などの検索画面に、釣りの対象魚として人気のあるような魚の名前を打ち込むと、予測候補のかなり上位に『魚の名前 タックル』というようなものが出てきます。 それだけ対象魚ごとのタックルを気にする釣り人が多く、日頃から頻繁に検索されてい…

シマノのスピニングリールのサイズの番手と、釣りに適したリールのサイズの考え方。

スピニングリールのサイズというものは、2000や3000といった数字で表されているものですが、同じ数字でもメーカーによってサイズが違うことがあったりして、ちょっと分かりにくいものとなっています。 そんな中で、シマノのリールのサイズの番手は、比較的分…

鮭(サーモン)などを、スプーンを底で転がして釣るテクニック。

日本の川では鮭を釣ることは法律で禁止されていますが、忠類川など、一部の河川では有効利用調査というものが行われています。 また、海外に行けば、様々な種類のサーモンを釣れる場所は、いくらでもあります。 こうした鮭を川でルアーで釣る場合に多用され…