釣りにゃんだろう

猫のように気まぐれに 独断と偏見に満ちた釣り情報をお届け

バカと子供のためのリール。ステラ、イグジスト。

もう気づけば12月。ボーナスなんてものが貰える方々は、これを機に欲しかった高級リールを買おうと思う人も少くないかもしれない。 みっちゃんとリール。 よく日本のメーカーのリールは、自動車のようだと喩えられている。 数年間隔でモデルチェンジを繰り返…

スプーンのアワビ張りに、効果はあるのか?

主にトラウト用として、アワビ張り仕上げのスプーンが、市販されたり自作されたりしています。あれには、効果があるのでしょうか? アワビ張りスプーンは、割高。 アワビ張りスプーンは、けっこう高価なものです。 市販されているものは、当然ながら通常の塗…

ザ・ダイソー スプーン 108円

存在自体は知っていたのですが、なかなか手に入れることができなかった幻のルアーを手に入れることができました。ダイソーのスプーンです。108円のスプーンが、どんなものなのか、ちょっと見てみましょう。 ダイソースプーンのスペック。 重量:8.3グラム…

100均釣り便利グッズの決定版! ザ・ダイソー 赤ちゃんの爪切り。

100円ショップには、安くて便利な釣りに使えるものが溢れています。 例えば、私は今年、ダイソーの偏光サングラスを、常に使用していましたが、ちゃんと水中の魚も見えて、問題なく釣れました。2万円のサングラスを使っていれば、もっと釣れたとは、とても…

スプーンのシングルフックを、道具不要で簡単に大量に作成する方法。

スプーンに利用するシングルフックを買うと、結構なお値段がします。釣り針というものは、消耗品なので大量に用意して、どんどん交換したいところですが、値段が高いとケチリたくなってしまいます。 しかし、自作すれば、安く大量生産することができます。今…

スプーンのシングルフック(スイミングフック)に効果はあるのか。

スプーンのフックに、シングルフックを使うのは、今や常識ですね。この場合のシングルフックとは、アイがラインでできている、アシストフックのようなもののことです。何気なく使っているシングルフックに、どのような効果があるのか、少し考えてみましょう…

声優の井澤詩織さんとイトウ釣りについて。

珍しくイトウを釣りたいと言っている、若くて綺麗な人を発見したので、少し調べてみることにしました。 声優の井澤詩織さん。 earlywing.co.jp 事の発端としては、この方が深海魚や怪魚が好きらしく、それを釣ってみたいと発言を繰り返していたところ、釣り…

フライロッドのガイドは、SiCガイドが主流になるのか?

現代の釣り竿のガイドの定番といえば、SiC製のものでしょう。 かつては高級品といった位置付けでしたが、今では富士工業以外の海外のメーカー製のものも出てきて、普及品と言っても良いほどの状況になってきました。 そんな中で、フライロッドだけは、今だに…

『北海道トラウトフィッシングツアー 2018』⑯  番外編 神の子池

摩周湖の近くに、神の子池という名所があります。たまに近くを通ることがあり、前々から気になっていたので、ちょっと行ってみることにしました。 青く透き通った神秘的な池の中には… 道道1115号から、「神の子池」の看板に従って横道に入っていくと、なかな…

『北海道トラウトフィッシングツアー 2018』⑮ 番外編 タックルの選定について。

イトウ・アメマス・オショロコマ・ヤマメ・ニジマス・カラフトマス・シロサケを、一気に釣るというこのプラン。様々な魚を釣るので、どのようなタックルを準備していけば良いのか悩んでしまいそうなものです。 今回は、そんなタックルの選定について、あれこ…

『北海道トラウトフィッシングツアー 2018』⑭ 番外編 子熊がわんさか居る道。

石のように自由で最高だぜ。 ある日ある朝、ジミ・ヘンドリックスのstone freeを口ずさみながら適当に車を走らせていると、道沿いに川が流れていました。 なかなか悪くなさそうな川なので、ここらでちょっと釣りをしてみようかなと、車を道路脇の広いチェー…

『北海道トラウトフィッシングツアー 2018』⑬ 番外編 岩尾内湖白樺キャンプ場。

前回は、忠類川の釣りでの便利な、標津市のしべつ「海の公園」オートキャンプ場をご紹介しましたが、今回はしべつはしべつでも、士別市の釣りに便利なキャンプ場をご紹介したいと思います。 岩尾内湖白樺キャンプ場。 岩尾内湖白樺キャンプ場は、士別市の旧…

『北海道トラウトフィッシングツアー 2018』⑫  忠類川番外編 しべつ「海の公園」オートキャンプ場。

釣り旅とキャンプ場。 釣りを目的とした旅をしていると、天候や釣果などの影響で、日程や目的地が流動的になりがちです。 始めからきっちりと予定を立てて、宿泊地を決めて予約をし、そのスケジュールに従って動くということは、出来る限り避けたいものです…

上野村漁協、冬季釣り場でハコスチ・ニジマスを狙う 2018-2019

秋や冬でも自然の川で釣りをしたい釣り人の味方として、漁協などがニジマスを放流し解放する冬季釣り場があります。 その中でも群馬県では、近年遊漁用に養殖された、大きく引きが強いハコスチという種類のニジマスも放流されていて、釣り人に好評なようです…

『北海道トラウトフィッシングツアー 2018』⑪ 番外編 忠類川のサクラマス

9月になってもお会いするとは。 カラフトマスを探しながら、忠類川の河原を歩いていると、本流の脇に増水時に溢れた水が溜まった池のような場所がありました。かなりの深さがあり、わずかに本流とも繋がっているため、水も新鮮そうに澄んでいます。 何か小…

『北海道トラウトフィッシングツアー 2018』⑩ 忠類川 カラフトマス 実釣編

やはりカラフトマスがラスボスか。 どちらかと言うと、カラフトマスを狙っていたのに、サケが2匹も釣れてしまった早朝。 イトウ・アメマス・オショロコマ・ヤマメ・ニジマス・カラフトマス・シロサケを、一気に釣ってきたこの企画も、カラフトマスを残すば…

犀川殖産漁協エリアでニジマスを狙う 2018-2019

長野県を流れる犀川の犀川殖産漁業協同組合の管轄エリアでは、キャッチ&リリースで周年ニジマス釣りをすることができます。 野生化した見事な大物も姿を見せるらしく、特に他の河川が禁漁になる秋や冬に人気がある場所のようです。どんな場所なのか気になっ…

『北海道トラウトフィッシングツアー 2018』⑨ 忠類川 シロサケ 実釣編。

忠類川に到着。 さて、ロングドライブを楽しみながら、忠類川に到着しました。やはり朝一は釣れ易い気がするので、受付開始の時刻から行ってみましょう。月によって、開始時刻や終了時刻が変わるので、注意が必要です。 車は数台しか停まっておらず、あまり…

『北海道トラウトフィッシングツアー 2018』⑧ サケ・カラフトマス 忠類川 タックル・釣り方編

忠類川のシーズンの移り変わり。 車をひたすら道東へ走らせている間に、タックルや釣り方について説明したいと思います。 まずは、有効利用調査開催中のシーズンのターゲットの移り変わりについてです。 開始直後の8月初旬はカラフトマスが居るか居ないかと…

『北海道トラウトフィッシングツアー 2018』⑦ サケ・カラフトマス 忠類川紹介編

サケ・カラフトマスを、平和に楽しく釣るには、どこに行くべきか。 イトウ・アメマス・オショロコマ・ヤマメ・ニジマス・カラフトマス・シロサケを、一気に釣ってきたこの企画も、残すはシロサケとカラフトマスの2魚種になりました。 さて、この2魚種を釣…

『北海道トラウトフィッシングツアー 2018』⑥ 渚滑川・オショロコマ編。

ニジマス釣りのついでに、オショロコマを釣ってしまおう。 イトウ・アメマス・オショロコマ・ヤマメ・ニジマス・カラフトマス・シロサケを 一気に釣るこの企画、前回までで4魚種を達成することができました。 今回はオショロコマを、前回ニジマス釣りをした…

『北海道トラウトフィッシングツアー 2018』⑤ 渚滑川・ニジマス編

ニジマスが確実に釣れる渚滑川へ。 イトウ・アメマス・オショロコマ・ヤマメ・ニジマス・カラフトマス・シロサケを、一気に釣るこの企画、ここまでイトウ・アメマス・ヤマメの3魚種を釣ることができました。 次の狙いをニジマスにして、確実に釣れそうな渚…

『北海道トラウトフィッシングツアー 2018』④ 名寄川・ヤマメ編

イトウ・アメマス・オショロコマ・ヤマメ・ニジマス・カラフトマス・シロサケを、一気に釣ってしまうというこの企画、3魚種目はヤマメです。 朱鞠内湖から名寄に移動。 今回はサイズを問わずに、とりあえず様々な魚種を釣るという設定なので、ヤマメならど…

『北海道トラウトフィッシングツアー 2018』③ アメマス編

アメマス編所要時間0分。 イトウ・アメマス・オショロコマ・ヤマメ・ニジマス・カラフトマス・シロサケを、一気に釣ってしまううというこの企画、前回は朱鞠内湖のイトウ編でした。 しかし、実はその過程でアメマス編も終了してしまいました。 イトウの合間…

『北海道トラウトフィッシングツアー 2018』② 朱鞠内湖・イトウ編。

朱鞠内湖でイトウ釣りからスタート。 この企画では、イトウ・アメマス・オショロコマ・ヤマメ・ニジマス・カラフトマス・シロサケを、一気に最短二日で釣ってしまうモデルコースを紹介しています。 まずは、釣るのが一番簡単な魚であろう、朱鞠内湖のイトウ…

『北海道トラウトフィッシングツアー 2018』① イトウ・アメマス・オショロコマ・ヤマメ・ニジマス・カラフトマス・シロサケを2日で釣る方法。

迷うくらいなら、全部釣ってしまえばいいじゃないか。 道外から北海道にトラウト類を釣りに行く場合、北海道には対象魚が豊富に居るので、「あれも釣りたい、これも釣ってみたい」と迷ってしまうこともあるのではないでしょうか。特に釣り最盛期の秋などは、…

拝啓、旅の空の下より。

長らく更新ができておりませんが、地震にあったりしつつも、釣りを時々楽しみながら旅をしております。 サケ、カラフトマス、ニジマス、アメマス、イトウ、オショロコマ、ヤマメなど。 どの魚も、サイズはともかく、順調に釣れてくれました。 久しぶりに釣り…

さよならだけが人生だ。

ビジネス寺を出たら、交通事故寸前な感じのタクシーに乗り込み、有名な町の中心部のデパートに向かった。 「このデパートの周りは、スリだらけだ」というようなことが、地球の歩き方には書いてあるが、まあ普通の感じの平和なデパートだ。 売っているものも…

ビジネス寺へ。

荷物を受け取り、国内線の到着口を出ると、懐かしい案内のお姉さんが待っていてくれた。 「あなたも一緒に来なさい。ここに残りたかったら残ってもいいけど。」 今日の飛行機で帰るのは僕だけであり、その飛行機までも10時間ほどあったので、お姉さんに言わ…

まだまだ旅は続く。

「おい、見てくれ、これがモンゴルだ」と、笑いながらルームメートが言う。 のんびりと起きて、シャワールームのドアを開けると、ドアのガラス窓が外れてきたのである。危ないので、ビニールテープで、軽くとめておく。 「おい、まただ」と、テープを貼って…