釣りにゃんだろう

猫のように気まぐれに 独断と偏見に満ちた釣り情報をお届け

濡れると透けるマテリアル。

フライのマテリアルには、濡れると透けるようなものがあります。
こういった物は、とても生命感があってよく釣れるものだと、私は勝手に思っています。

ルアーにも透けている素材のプラグやワームなんかもあるわけですが、そういった物と比べてもフライマテリアルの透け感は圧倒的に生っぽいですし、全く違うものだと思います。

 

 

それに加えてフライというものは、ルアーよりも動きがナチュラルですから、スレた魚なんかが警戒心を持ちにくいのは間違いないのではないでしょうか。

たまに「生感覚!」みたいなリアルさを売りにしているルアーがありますが、濡れると透けるフライに比べてしまったら、全く生命感は無いものだと思います。

 

 

とにかく、濡れると透けるマテリアルはよく釣れることに間違いないものですから、フライを巻く時には、その点を重視することが非常に大事なのではないでしょうか。

濡れない状態で見ると良さそうなフライも、濡れると透け感がなく微妙であることもあります。
私は、私はフライを使うかどうかは、必ず濡れた状態を見てから判断することにしています。