釣りにゃんだろう

猫のように気まぐれに 独断と偏見に満ちた釣り情報をお届け

釣りの本物のプロは高いタックルを使っていない。

近頃は、プロアングラーなる職業?もあるようですが、釣りの本当の意味でのプロといったら漁師さんでしょう。

漁師というと、網で魚を採るのを想像しがちですが、手釣りや竿釣りで魚を採る漁も結構行われています。

そんな漁の様子を、テレビ番組などで見かけることは、よくあるわけですが、ほとんどの場合が使い古したような安そうな釣り具を使っています。

 

 

アマである釣り人達が、ああだこうだとごたくを並べて、高価な釣り具を使っているのとは対照的な姿です。

魚を採って暮らしている漁師さんと、たまに遊びで釣りをしている釣り人と、どちらが沢山の魚を釣るかといったら、完全に漁師さんの方でしょう。

その漁師さんが、ボロいタックルを使って仕事になっているのですから、魚を釣るためには、本当は高価な釣り具なんかは要らないということの証明となっていると思います。

 

 

釣り人が、ああだこうだとこだわる細かい事は、実際にはほとんど釣果を左右しないのでしょうし、釣れる人にはボロい古いタックルだろうと、高価な最新タックルだろうと、どちらを使っても同じくらいには釣りまくれるのだと思います。

こういった事実を踏まえてみると、釣り具メーカーや有名アングラーみたいな人達の説明に影響されて、あれこれと釣り具を買っている人達が、いかにアホらしいか分かるのではないでしょうか。

 

 

釣り具なんて何を使ってもあまり差はないのですし、高かろうが安かろうが、新しくても古くても、自分が使いたい物を使えば良いだけの話でしょう。

釣り業界の釣り具を売るための説明なんてものは、ほとんど嘘のようなものなのですから、信じたり影響されてしまってはいけないと思います。