釣りにゃんだろう

猫のように気まぐれに 独断と偏見に満ちた釣り情報をお届け

10連休が釣りに与える影響。

 何やら今年のゴールデンウィークは、カレンダー上では10連休らしいですね。
この話を聞いた瞬間、「うわぁ釣り場が荒れそう、嫌だなぁ」と私は思いましたが、そう心配はいらないのかもしれません。

 

10連休と釣り。

f:id:nyandaro:20190412105649j:plain

10連休なんてものがあると、それだけ例年のゴールデンウィークよりも釣りに行く人が増えて、より釣り場が場荒れするような気がしてきます。

しかし、よくよく考えてみると、いくらカレンダー上で10連休とはいっても、いつものゴールデンウィークとそう変わりはないのかもしれません。

まず、今年だけ10連休とのことですが、大きな会社に勤めて居る人々は、以前からゴールデンウィークは9連休くらいは普通にとっていたはずです。
ですから、今年は10連休!とは言っても、あまり変化はないはずです。

それから、今までゴールデンウィークに9連休などがとれていなかった仕事の人々が、カレンダー上で連休になったからと言って、10連休がとれるようになることは、あまりないのではないでしょうか。
そう簡単には、10日も仕事を休めないはずです。

というわけで、10連休だからと言って、いつものゴールデンウィークよりも休みの増える人々はあまり居ないでしょうし、釣り場に来る人が特別増えることもないでしょうし、いつものゴールデンウィーク程度の影響しかないと言えるのではないでしょうか。

 

10連休は誰のため?

f:id:nyandaro:20190412105916j:plain

そもそも、この10連休というのは誰のためのものなのでしょうか?
基本的には、政党にお金を落とすような大企業などのご機嫌とりのためで、日頃からゴールデンウィークに休めない人々に向けたものではないはずです。

しかし、先述のように、そういった大企業の人々は、そもそも9連休くらいは取れることが珍しくもないわけで、10連休にされたからって大した変化はないはずです。
このようにして考えてみると、ただ世の中の混乱を産むだけで、何の利点もないものの気がしてきます。

 

f:id:nyandaro:20190412110100j:plain

このように、今年の10連休は、釣りへの影響は大きくないと今のところ私は予想していますが、はたしてどうなるのでしょうか。

これはあくまで私の予想なので、予想に反して釣り人が例年のゴールデンウイーク以上に釣り場に殺到し大混乱になったとしても、ご容赦くださいませ。