釣りにゃんだろう

猫のように気まぐれに 独断と偏見に満ちた釣り情報をお届け

北海道の釣り中毒。

f:id:nyandaro:20180518232448j:plain

何にも縛られることなく、朝日を浴びる生活。

あてもなく車で旅をして、気になる場所があったら釣りをして、日が暮れて疲れたら、どこでも好きな場所に車を停めて、車の中で眠ればいい。
車が無ければ、テントと寝袋を持って、自転車でも徒歩でもヒッチハイクでも、好きな所に行ける。

身体が汚れて気持ち悪くなれば、至る所に温泉はあるし、お腹が空いたら、魚を釣って食べても良いし、どこの町にもだいたいセイコーマートがあるので、食べ物にも困らない。

資金が底をついたら、ちょっとした仕事を探せば、また旅をするお金ぐらいは手に入る。

いつだって絵画のような景色の中で、自由と孤独を好きなだけ味わうことができる。

 

f:id:nyandaro:20180518232539j:plain

こんな自由な暮らしが出来るのが、北海道の魅力でもあり、春から秋には、この暮らしの魅力にとりつかれて、彷徨っている人々を、老若男女いくらでも見かける。

そこら辺にいくらでも居るので、他の土地で同じことをしていると、不審者と見なされるような存在でも、北海道ではあまり気にされることなく、野放しにしておいてもらえる。

世捨人、隠居人、人生を諦めた人、何かを探してる人など、世の中から少し外にはみ出しかけた人々には、楽園のようでもあるし、底無し沼のようでもある。

こんな自由な北海道の雰囲気が、確かに日本ではあるけれど、少し外国のような香りを醸し出しているのではないだろうか。

 

f:id:nyandaro:20180518232630j:plain

釣りの面においても、北海道は、少しだけ外国ような雰囲気を持っている。

本州のようにチマチマとした道具は使われないことが多いし、本州なら大物とされる魚が、北海道ではエサのようなものだったりする。
そして、何よりも魚の生息している量がケタ違いだ。今までの釣りは何だったのかと、同じ国なのかと愕然とすることさえある。

それでいて、外国に行くように、パスポートも要らず、ガイドも要らず、自分一人で好きなように、好きな魚を釣ることができる。

日本のようで日本でないような、しかし外国でもなく、北海道は北海道であり、北海道の釣りは北海道にしかない。

 

f:id:nyandaro:20180518232728j:plain

道外から来て、一度この釣りを味わってしまうと、もう戻ることは難しくなる。
色々な物を捨ててしまい、自由に徘徊する人々の仲間入りはしないまでも、季節ごとに釣りに来るほどの、軽い中毒症状を起こすことは、よくあることだ。

まだ、この中毒性を味わったことのない人には、是非とも一度北海道に釣りに行くことを、おすすめしたい。
できれば、1週間くらいは休みをとって、ブラブラしてみて欲しい。そのくらいの期間では、どうにもならないくらい、釣り場や釣りものは沢山あるのだし。
そして、次の年には、1週間どころでは満足できなくなり、仕事をやめたり、転職先を探すことになっていることが、ないとも限らない。
それくらいに、釣り好きにとっては、北海道は危険な土地だ。

 

youtu.be