釣りにゃんだろう

猫のように気まぐれに 独断と偏見に満ちた釣り情報をお届け

2018-04-16から1日間の記事一覧

朱鞠内湖でイトウのルアーフィッシング入門 秋編

春と並ぶベストシーズンと言われる秋。黄色く色づいた森に囲まれて、シカの悲しげな叫び声を聞きながら、イトウ釣りを楽しめます。 秋の深まり具合によって、釣りの場の状況は様々な顔を見せます。年によって、季節の進み具合はかなりの差がので、あまり一概…

朱鞠内湖でイトウのルアーフィッシング入門 夏編

7月ともなると、湖は濃い緑に包まれ、水温が上昇し、釣り人の姿がさっぱり見えなくなります。 変わりにキャンプ客が多くなり、騒がしい夏の日々が続きます。確率が良くありませんが、夏でもイトウは釣ることが出来ます。 涼を求めて。 夏には気温が30度に達…

朱鞠内湖でイトウのルアーフィッシング入門 春編

日本最低気温の寒さの中で凍りついていた湖が、一気に溶けだす短い春。 もっともイトウが簡単に釣れるシーズンです。入門にはうってつけでしょう。 解氷時期は? 湖を覆っていた湖が姿を消すのは、4月下旬~5月下旬です。解氷時期は、その年の冬~春の天候に…

朱鞠内湖でイトウのルアーフィッシング入門 準備編

「イトウなんて、管理釣り場でも釣れるし、たいして引きもしないし、どうでもいいや」と思っている方も、世の中には沢山居るかもしれません。 まあ、そう言わずに、一度は北海道の美しい自然の中で、天然の透き通ったイトウを釣ってみてはいかがでしょうか。…

トラウトフィッシングと体力

釣りはアウトドアスポーツであるからして、しっかりみっちりと釣りをして、良い思いをしたいのなら、ある程度の体力が必要でしょう。 釣れる人と釣れない人の違い。 魚が釣れる人と釣れない人の違いは、一番目が運であるのは間違いないとして、次に体力と根…

朱鞠内湖のイトウのポイント

朱鞠内湖は、ひと言で表すと「超絶景色の良いイトウの釣り堀」です。 「超絶景色の良い」景観というのは、この土地ならではの独特な自然により作られています。朱鞠内湖は、日本最大の冠水面積を誇るダム湖で、戦時中に広大な森が沈むことにより誕生しました…

天塩川のイトウ釣りのポイント

天塩川は、256キロという全国4位の長さを誇る大河川です。 イトウの産卵河川周辺の牧草地化などの開発が進み、イトウの生息に良好な状態とは言えないのですが、この川の巨大さと海が持つ力なのか、今でも数多くのイトウが姿を見せます。 近頃はイトウの釣り…

猿払川のイトウ釣りのポイント

近頃は釣りのポイントを公表すると、角が立つことも多いですが、そんなことが問題にならないほど、古くから広く知れ渡っているのが、猿払川のイトウ釣りでしょう。 何十年も毎年、日本中から訪れる釣り人にイトウは攻められ続けていますが、今でも川岸からそ…

イトウ釣りのポイント

誰が言ったか、「イトウ釣りはポイントだ」という言葉があります。 これは、あまり釣ること自体は難しくなく、場所が重要だという意味でしょうか。 確かに、何十年も前から有名なポイントで、今でも変わらずに釣れている場所が何ヵ所もあります。 イトウは、…

イトウ釣りのタックル

イトウ釣りのポイントには、様々なシチュエーションが存在します。また、どんな釣りにも共通することですが、タックルというものは個人の好みの差が大きいです。ですから、何が最適だとは一概には言えません。 ここではシチュエーション別に、あくまで私の考…

北海道釣行でガイドは必要か?

北海道では、日本の中では珍しく、釣りのガイドサービスがそれなりに盛んに行われています。果たしてこのようなサービスが、道外から釣りに行く場合、必要なものなのでしょうか。また、それらは値段に見合ったものなのでしょうか。 海外と比べると、小さな自…

北海道のトラウトフィッシング

トラウトフィッシングを始めるにも、道外から遠征をするにも最適な大地、北海道。ここでは、魚種など基本的な情報について、まとめてお伝えしていきたいと思います。 北海道のトラウトフィッシングの実情。 北海道は、日本の中では釣りをするのに、比較的恵…