釣りにゃんだろう

猫のように気まぐれに 独断と偏見に満ちた釣り情報をお届け

アブ カーディナル57

カーディナル 57は、1980年代初頭にアブ社から発売された、スウェーデン製の大型スピニングリールです。

一応、カーディナルです。f:id:nyandaro:20180517171111j:plain

カーディナルシリーズ初のアウトスプールスピニングで、見た目はインスプール時代と大きく変わっていますが、カーディナルらしさは、若干残っています。

その例としては、リアドラグであることや、確実なフェザリングを可能にするローターブレーキが採用されていることがあります。ベールスプリングも、インスプール時代と同じように、両側に入っていて安心です。機能とは無関係ですが、スウェーデン王室の紋章も入っています。


少しやりすぎたか。

f:id:nyandaro:20180517171347j:plain

しかし、開発時に気合いが入りすぎたのか、以前のカーディナルよりも複雑な構造となっていて、ボディは無駄にでかくなり、気合いが空回りしているような気もします。

私は、でかいリールで、でかい魚を釣りたいので、57という一番大きなモデルを買ったのですが、ボディがデカイわりには、スプール系は小さく、なんだか期待外れでした。

サイレントストッパーであることは良い部分ですが、実際に釣りをする実用品として考えれば、インスプール時代の方が、優れていたと言っても良いのかもしれません。

とは言え、現代のリールとは違う、独特のルックスは、今ではカッコよく見えたりもします。がっちり頑丈に作ってあるので、タフな釣りにも耐えそうです。
ゴミ同然の価格で売られていたりもするので、買っても損はないものだと思います。

 

弱点が一つ。

f:id:nyandaro:20180517171445j:plain

ただ一つ、弱点があるとすれば、このシリーズのリールに長期間ラインを巻いたままにすると、樹脂製のスプールが割れるらしいという話があることです。

確かに最小サイズのカーディナル52などは、スプールが割れた話がチラホラ見受けられます。
しかし、このリールは、ラインが巻かれたままでしたが大丈夫でしたし、今のところ異変はありません。

もしかしたら、52などの小型モデルとはスプールの材質が違うのかもしれませんし、そもそも大きなサイズは丈夫なのかもしれません。
いずれにしても、確かなことは言えないので、替えスプールを準備するか、いつか壊れるかもと、覚悟は持っておいた方が良いのかもしれません。


しかし、そんなに神経質になることもないでしょう。
ちょっとくらい弱点があっても、あまり細かいことは気にせずに使えば、デカくて重たい古いリールでも、ちゃんと魚は釣れるのですから。