トレンドにゃんだろう

トレンディなことも、そうじゃないことも 。ふと気になったことを、猫を膝にのせながら、徒然と綴っています。

天空の城でフットサル?!目黒区にあるオーパス夢ひろばって、にゃんだろう?

大都会の真ん中にある謎の要塞のような不思議な空間

そんな中に無料で利用できる、人工芝の敷き詰められたピッチがあります。

首都高速大橋ジャンクションに隣接。

オーパス夢ひろばは、首都高速大橋ジャンクションの内部にあります。

アクセス東急田園都市線池尻大橋駅から徒歩で3分ほど。

夢ひろばの上階には、目黒天空庭園が整備されていて、天空の城を思わせる造りとなっています。

f:id:nyandaro:20170305003831j:plain

いずれも目黒区が、首都高速道から専用使用許可を受けて整備したものです。

目黒川沿いという恵まれた立地でもあり、シーズンにはお花見がてら利用することもできます。

オーパス夢ひろばを利用するには?

f:id:nyandaro:20170305004016j:plain

人工芝が敷き詰められたピッチがあるオーパス夢ひろばですが、通常の公園と同じように、基本的には誰でも無料で利用することができます。

フットサルのコート基準の最大値近くに作られているので、広々としています。

ただし、開園時間が決まっています。
4月~10月は、午前7時から午後7時まで。
11月から3月までは、午前7時から午後5時まで。

公共の場ですから、譲り合って、危険のないように利用しましょう。

また、この通常利用では、フットサルゴールは利用できません
コーンやポップアップ式のミニゴールなどを持ち込む方もいるようです。

また、ロッカーやシャワーなどの設備はありません
近場の銭湯を利用する方も多いようです。

団体利用ならゴールも利用できる。

f:id:nyandaro:20170305004245j:plain

通常の開園時間の終了後に、団体利用として貸し切りでの貸し出しも有料で行われています。
この場合には、フットサルゴールの利用が可能となります。

4月~10月は、午後7時から午後9時までの1枠。
11月から3月までは、午後5時から午後7時までと午後7時から午後9時までの2枠。

この団体利用を行うためには、目黒区のみどりと公園課に団体登録をする必要があります。

条件として以下の二つを満たす必要があります。
目黒区に在住、在勤、または在学する成人が代表者。
中学生以上で構成する10名以上の団体。

詳しい団体利用の方法は、区役所のホームページオーパス夢ひろばの夜間利用」で確認できます。

団体利用となると、利用するための干ハードルが若干上がりますが、都会のど真ん中の不思議な空間で汗を流してみてはいかがでしょうか。