トレンドにゃんだろう

トレンディなことも、そうじゃないことも 。ふと気になったことを、猫を膝にのせながら、徒然と綴っています。

ジェフ戦で喜びすぎて肉離れ。湘南ベルマーレの曺 貴裁監督って、どんな人にゃんだろう?

開幕から4勝1分けとJ2で首位に立つ湘南ベルマーレ。25日の第5節のジェフ千葉戦では、得点の場面で喜びすぎた監督がまさかの負傷。そんな熱い男、曺 貴裁監督とは、どんな人物なんでしょうか?

湘南ベルマーレの名将、曺 貴裁監督とは?

曺 貴裁チョウ・キジェ)監督は、1969年京都府生まれの在日韓国人です。
早稲田大学を卒業後1991年に日立製作所に入社しサッカー部へ。93年に日立サッカー部は柏レイソルとなります。
94年に浦和レッズに、96年にはヴィッセル神戸へ移籍、97年に引退しています。現役時代はディフェンダーでした。

引退後は、ドイツのケルン体育大学で指導者として学び、川崎フロンターレセレッソ大阪でコーチを務めた後に、2005年に湘南ベルマーレに入団します。
Jr.ユース監督、ユース監督、トップチームコーチを務め、2012年からトップチーム監督に。

J1昇格と降格を繰り返していますが、最高成績は2015年のJ1で8位
資金や選手層に恵まれていおらず、育った選手も次々と移籍していってしまう中で、これだけの実績を残すとは間違いなく名将と言えます。

曺 貴裁監督の作るチームは、とにかく選手が力を全力で出し切っているように見えます。
Jリーグは、プロリーグですから、仕事として適度にやっておこうかという「仕事感」が感じられるチームも少なくない中、曺 貴裁監督のチームには手を抜く選手がいません。
選手をそういった状態まで導けるというのは、それだけでも指導者として能力が高いと言えるのではないでしょうか。

曺 貴裁監督、まさかの負傷。

そんな曺 貴裁監督が、選手でもないのに試合中に負傷してしまいました。

25日のジェフユナイテッド千葉戦、一点リードしてむかえた76分。ジェフ千葉の今期の特徴でもある超ハイラインのディフェンスの裏をパス一本でとり、奈良輪選手の豪快なボレーシュートが決まります。

しかし、何故か曺 貴裁は、かなり辛そうな顔をしています。
なんと、ゴールを決まっ瞬間に跳び跳ねたら、肉離れを発症していたためでした。

まさかの負傷者が出てしまいましたが、監督がプレーするわけではないので、この程度では今後の不安要素とはならないでしょう。
まだシーズンは始まったばかりですが、曺 貴裁監督の作り上げた湘南ベルマーレは有力な昇格候補と考えて良さそうです。