釣りにゃんだろう

猫のように気まぐれに 独断と偏見に満ちた釣り情報をお届け

慣れない釣り場に、張り切って高いタックルを持っていくべきではない。

海外に釣りに行くとか国内でもどこか遠くに釣りに行くとか、いわゆる遠征釣行というものをする時に、張り切って高価なタックルを準備して持っていく人はいるかもしれません。

私は、こういったことは止めておいた方が良いと思いますね。

慣れない土地での釣りというものは、何が起きるか分かりません。
常に気持ちに余裕が無い状態ですし、ちょっとしたトラブルがあるのは当たり前です。

 

 

移動時や釣りの最中に、何かのきっかけでロッドが折れるみたいな事故が起きる確率は、日頃の釣りをしている時よりもグッと高くなるはずです。

ですから、遠征だからと張り切って高いタックルを持っていくと、それを失う可能性も高くなりますから、使い古した捨ててきても良いくらいの物を持っていくので調度良いと思います。

タックルだけでなく、ウェーダーなんかのウェアなんかにも同じことが言えると思います。

張り切って新品の高いウェーダーを持っていっても、慣れない土地でのハードな釣りで、一発で穴が開いてしまうなんてことがあります。
やはり、ウェア類も捨ててきても良いみたいな、お古で充分だと思います。

 

 

実際に、外国に釣りに行って周りの人を見ていても、旅慣れている人ほど、安めのタックルや古いウェーダーを使っていたりします。

そして、そのままロッドを現地の人にあげてきたり、ウェーダーは「また来るから」と置いてきてしまったりする人もいます。

こうしてしまえば、帰りは荷物が減り身軽になりますから、良いことだらけです。

このように、遠征に行くからと新品の高い物を持っていくのは、ちょっと素人っぽい行動なのだと思います。
折れても後悔のないようなロッドを持っていき、おもいっきり釣りをするのが、一番なのではないでしょうか。