釣りにゃんだろう

猫のように気まぐれに 独断と偏見に満ちた釣り情報をお届け

スズミ(上州屋)のフライロッド。

スズミという上州屋のプライベートブランドがありますが、90年代の釣りブームの頃は、あらゆる釣り具を取り揃えていて、フライロッドまで売られていたものでした。

今では、チェーン店のプライベートブランドでフライロッドを売っているなんて考えられないことですから、それだけ当時はフライフィッシングも釣り全体も大ブームだったのでしょうね。

スズミのロッドはお手頃価格でしたから、とりあえずフライロッドを買ってみたけれど、あまり使わなかったというような人も、当時は多かったのではないでしょうか。

今でも、オークションサイトや中古品店やリサイクルショップなんかで売られているのを、よく見かけます。

 

www.johshuya.co.jp

 

最近、私は山登りのついでに持っていくような、どうでもよい低番手のフライロッドが欲しかったので、そんなスズミのロッドをリサイクルショップで買ってみました。

イブニングキャスターという物で、4ピースの7フィート6インチ、3・4番といったスペックです。

欲を言えば5ピースとかが良かったのですが、1,400円でしたから贅沢は言えないでしょう。

ガイドのラッピングなんかもそれほど雑だったりはしませんし、この値段でこの仕上がりなら文句は言えませんね。

ただ、実際に試しに使ってみると、ブランクがペラペラのようなチープ感は、どうしても感じてしまいます。

まあ、だからと言って釣りができないわけではないですし、普通にキャストはできます。

 

 

川に放たれてからある程度時間がたったような放流ニジマスが掛かり、「鯉でも掛かったんか」というくらいにぶち曲がり、派手なファイトをしましたが、無事にランディングできました。

安っぽいですが、ヤマメやイワナを釣るための性能は合格でしょう。

 

こういった昔の安いロッドを使ってみると、最近のマックスキャッチなんかの激安ロッドは、とても良くできているものだと実感します。
仕上がりは多少雑かもしれませんが、実際に振った時の「まともな感じ」は、昔のスズミのロッドなんかとは大違いです。
安物も安物で、かなり進化しているものなのですね。

ただ、1,000円代で買えるものは無さそうですから、私の山登り用のロッドは、とりあえずこれで充分かと思います。