釣りにゃんだろう

猫のように気まぐれに 独断と偏見に満ちた釣り情報をお届け

釣りを上達したかったら、できる限り検索しないことだ。

おそらく現代では、大多数の釣り人が、何か釣りたい魚がいたら検索して調べて、その情報を元に釣りに行っていると思います。

どんなタックルが必要で、どうやって釣るのか、どこに行け良いのか、こういった情報が一瞬で見つかり、動画なんかで解説されていますから、本当に便利な時代になったと思います。

しかし、このように「情報を検索する釣り」をしていても、はたして魚は釣れるのだろうか、釣りは上達するのだろうかと、古いタイプの人間である私は思ってしまいます。

 

 

まず、ネットで検索して上位に出てくるような、釣りに必要なタックルの説明は、ほとんどが宣伝みたいなものでしょう。
個人が解説しているものがあったとしても、ただのタックル自慢みたいなことであることがほとんどなわけで、これでは本当に必要なタックルかどうかは怪しいではないですか。

釣り方にしても、メーカーが売りたいルアーなんかの宣伝であることがほとんどですし、もっともらしく説明しているわりには、ろくに魚が釣れていないことがほとんどです。

このように、ネット上で見つかる、釣りに必要なタックルや釣り方の情報なんて、信頼度が低いものばかりです。

こんな情報を信じて、そのまま釣りをしたって、流行りの釣り具を買わされるだけで、ろくに魚が釣れないということになるのではないでしょうか。

 

 

ポイントにしたって、ネット上に公開されているということは、あまり釣れない場所である可能性が高いです。

魚がよく釣れる本当に大事な秘密のポイントを公開するようなバカな人は、いるわけがありませんし、ネットで分かるポイントは、「もはや有名過ぎて、どうでもいい」というような場所ばかりだと思います。

そういった場所は、当然人だらけでしょうし、たとえ本当に魚が居る良い場所だったとしても、釣れる確率は低くなるのではないでしょうか。

やはり、釣りというものは、釣り方は自分で考え、ポイントを自分の脚で探さなくてはいけないものだと思います。

 

 

何か釣りたい魚が居たら、とりあえず手持ちの道具を持って、まずは有名ポイントで良いから釣りに行ってみましょう。

そうすれば、自ずとどんなタックルが良いのか、どうやって釣ったら良いのか、分かるはずです。
足りない物があれば買えばいいですし、そのままで充分そうなら、何も買わなくたって大丈夫です。

 

それから、有名ポイントを見れば、だいたいどのような条件の場所が良いのか分かりますから、後は似たような場所を地図を見たり実際に行ってみたりして探しましょう。

そうすればネットには書かれていない、自分だけの良いポイントがいつかは見つかるはずです。

こんな試行錯誤を繰り返していれば、自然と釣り方も上達するでしょうし、ただネットに書かれている情報を頼りに釣りをしているよりも、何倍も魚が釣れるようになると思います。