釣りにゃんだろう

猫のように気まぐれに 独断と偏見に満ちた釣り情報をお届け

本栖湖のレイクトラウトを駆除すれば、ヒメマスは増えるのか?

本栖湖に、なぜかレイクトラウトが居るのが発見されてからしばらく経ちますが、そろそろ駆除しようかと産卵場所などを探す調査に乗り出したようです。

なんでもヒメマスが釣れなくなり、ヒメマス釣りの客が減ってしまい漁協は困っているそうで、その原因はレイクトラウトがヒメマスを食べて減ったからではと考えているようです。

 

 

この考えは、かなり微妙なところなのではないでしょうか。
確かにレイクトラウトはヒメマスを食べることはあるでしょうが、数が激減するほど食べているのでしょうか。

そもそも、あまりレイクトラウトが釣れている話も聞かないので、中禅寺湖のようにわんさかレイクトラウトが居るようでもなさそうです。

ヒメマスが減っているのは、水質とか水温とか何か他のことが大きな原因である可能性がありそうです。

まあ、もしそうだとしても、一度レイクトラウトを駆除する方向に決まったのなら、とりあえず駆除することにはなるのではないでしょうか。

 

 

調査なんてものは、いくらでも行政や地元の権力者に都合の良い結果に変わるものですし、一度ヒメマスが減ったのはレイクトラウトが原因だと言い出したら、なかなか覆ることはないと思います。
何かを駆除するとなると、それなりにお金が動いて、得をする人がでてくるわけですし、なんとしても駆除したいという力が働くはずです。

そして、レイクトラウトを駆除したところで、どうなるのでしょうかね。
もしかしたら本当にヒメマスが増えるかもしれませんし、結果としてヒメマスもレイクトラウトも居ない湖になるのかもしれません。

 

 

まあ、そもそもが本栖湖にはほとんど魚が居なかったわけで、ヒメマスもコイもワカサギも国内外来種ですし、ヒメマスもレイクトラウトも居なくなれば、自然な状態に近づいたと言えるかもしれませんし、それはそれで良いのではないでしょうか。

困るのはヒメマス釣りのお客で商売している人達でしょうが、見通しが甘かったということで諦めるしかないでしょう。
今回の騒動の結果は、静かで魚のほとんど住んでいない、本来の本栖湖の姿に戻るだけなのかもしれません。