釣りにゃんだろう

猫のように気まぐれに 独断と偏見に満ちた釣り情報をお届け

極限のフライロッド?! マックスキャッチ エクストリーム(MAXIMUMCATCH Maxcatch Extreme)

フライロッドというと、高価であるというイメージを持たれている方も多いかと思われます。
特にこの国では、近年フライフィッシングの愛好者が減り、市場が小さいものですから、高い物を少なく売ることでしか利益を上げにくいらしく、高級化の傾向が強まっているようです。

しかし、大量に製造して世界中にバラ撒くことができる中国のメーカーなら、そのようなことをする必要はないらしく、そういったメーカーの物は、びっくりするほど安い値段で買うことができます。

 

有名な中国メーカーとして、アマゾンなどで購入できるMAXcatch(MAXIMUMCATCH)というものがあります。

このメーカーの最も安い「エクストリーム(Extreme)」というシリーズのフライロッドは、なんと一本4,000円~5,000円程度で買うことができます。

今回、このロッドを入手して使ってみたので、私なりに評価してみたいと思います。

 

マックスキャッチ エクストリーム

f:id:nyandaro:20200507195405j:plain

マックスキャッチのエクストリームを買うと、このようなプラのケースに入って届きます。
表面には、マックスキャッチ製品ではお馴染みの「新品」の文字が。
「新品じゃないことがあるんかい!」と、毎回突っ込みたくなってしまいます。

さて、肝心のロッド本体の方ですが、多少仕上げが雑なところもありますが、いたって普通のフライロッドです。
ふた昔ほど前なら、この程度のロッドが数万円したこともあるのではないでしょうか。

 

f:id:nyandaro:20200507195455j:plain

せっかくだから、あまり持っていない物にしようと、私は10番というヘビーなロッドにしてみましたが、しっかりと作られているようで、 重いラインでブン投げてみても、折れるなんて悲劇は起きません。

キャスティングの下手くそな私でも、ちゃんとラインが飛んでいき、川でも湖でも普通に釣りになるのですから、ブランクスの性能がそんなに悪いとは思えません。

 

f:id:nyandaro:20200507195708j:plain

ガンガンとした強い流れのあるポイントで、10番ロッドをゴンゴン曲げる、なかなか良いサイズのニジマスを掛けて、流れに乗られないように強引に綱引きファイトをしてみましたが、ロッドの曲がりやパワーなどに何の不満も感じませんでした。
もっと大きな魚にも安心して挑めそうです。

 

f:id:nyandaro:20200507195840j:plain

安い物ですから、多少は品質にムラがあり、中には外れのような商品がある可能性もありますが、少なくとも私が手にしたものは、何の問題もなくしっかりと「投げて釣れる」ロッドであると思います。
このロッドで魚が釣れないのに、他の高価なロッドに替えたら魚が釣れるなんてことは、まずないのではないでしょうか。

 

エクストリームとは、「極限の」というような意味ですが、どうしてマックスキャッチは、一番安いロッドにこのような名前をつけたのでしょうか。

もしかしたら、極限のコストパフォーマンスといった意味でつけたのかもしれません。

ちょっとフライフィッシングをする分には充分過ぎる品質だと思いますし、このロッドを使って6万円以上するロッドを使う人よりも魚を釣ることも充分可能でしょう。

ブランドやメーカーなどにこだわりのない人には、おすすめできる良い商品だと思います。