釣りにゃんだろう

猫のように気まぐれに 独断と偏見に満ちた釣り情報をお届け

ウグイ 幻の魚

今では、釣れてしまうと「うわっ」と小声を発しながら、フックをつまんで秒速で逃がす、ウグイという魚。
子供の頃の僕にとっては、幻の魚であり、憧れの魚だった。

f:id:nyandaro:20180425130921j:plain

思い返してみれば、人生で初めてした釣りは、ウグイ釣りであった。

小学4年生くらいのある日。
幼い頃は大声を出せば聞こえるくらいの距離に住んでいたが、今は少し離れた場所に住んでいる幼馴染みから、手紙が届いた。
「最近、釣りを始めたのだが、これが楽しい。次に会って遊ぶ時には、是非とも釣りをしよう」
というような内容だった。

それまで僕は、虫を採ることに夢中で、あまり魚に興味はなかったのだけれど、その誘いに乗ってみることにした。

f:id:nyandaro:20180425131034j:plain

釣り当日。
幼馴染みと待合せをし、バスに乗り、多摩川の支流の川に向かった。

堰堤の下のプールに辿り着くと、「今日はハヤ釣りをしてみよう」と、幼馴染みは言う。

手先の器用な幼馴染みは、糸の結び方や仕掛けの調整方法などを、説明しながら実際にやってみせてくれる。
ソーセージをエサにして、延べ竿で脈釣りや浮き釣りをしたのだけれど、当たりは一向にない。
幼馴染みは、あれこれ工夫をしてくれるけれど、魚が釣れる気配は、全くなかった。

それもそのはずで、その場所では、今では水質が改善されて、色々な小魚が見られるようになったけれど、当時はどんより濁り、奇妙な泡の浮いた臭い川で、時折コイが見えるくらいで、魚の姿はほとんど見られなかった。
それに、ウグイを釣るのなら、もう少し下流に行くべきだったと、今なら考えられる。

 

子供の頃は、釣りをしてもボウズが当たり前で、なかなか魚が釣れなかったものだけれど、こんな風に、魚の居ない場所で釣りをしていたのが原因だろう。

大人になると、少しは物事を冷静に判断できるように
なってきて、魚の居ないような場所で釣りをするという、負け戦は挑まなくなってくる。
車やフェリーや飛行機を駆使して、人が少なくて魚が沢山いる場所でしか、釣りをしなくなってくる。

 

こんなように、臭い川の匂いを味わうだけで、魚の引きを味わうことはできなかった、人生初の釣りだったけれど、何故か僕は「おもしろい」と興味を持った。
すぐに、母親に延べ竿を買ってもらい、近所の小川で、クチボソなどを狙うようになった。

魚が釣れなかったのに、一体何がおもしろいと思ったのだろうか。
ぼーっとしているのではなく、あれこれ試行錯誤をし、手先を使って微調整をし、工夫をして頭を使うようなところが、おもしろかったのだろうか。

だとすれば、ただ竿を持たせるのではなく、手取り足取り親切に、細かく釣りを教えてくれた幼馴染みのお陰で、釣りに興味を持ったのではないだろうか。

「あの時のお陰で、今でも釣りを楽しんでるよ」と、会う機会があれば、幼馴染みに伝えたいけれど、もう15年は会っていないし、何処に居るのか、生きているのかも分からない。
今なら、僕が逆に釣りを教えてあげられるだれうし、ウグイなら山ほど釣らせてあげられるだろうに。

こんな風に、ウグイをリリースしながら、帰らぬ遠い日々と幼馴染みの優しい笑顔を、たまに思い返している。

 

f:id:nyandaro:20180425131302j:plain

さて、このウグイという魚。
「ウグイのひとのし」と言われるくらいに、あまり抵抗しないことが多い。
無抵抗に釣られ、無駄に体力は消費せずに、釣り針を外されると、勢いよく元気に帰っていくという、キャッチアンドリリースの時代に対応した、賢い天才の魚なのではないかと思うことさえある。

しかし、時折グイグイグイグイと長時間抵抗する、反抗的なウグイも居て、これがちょっと子供のイトウの引きに似ていたりする。
「小さいイトウだな」と思って寄せてくると、巨大なウグイだったりするのだ。
こんな時は、子イトウが、タヌキのようにウグイに化けたんじゃないかなぁ、なんて疑ってみたくもなってしまう。

ちょっと、はた迷惑な魚ではあるけれど、他の魚が何も全く釣れないような時にも釣れて、心を和ませたりしてくれ、居なければ居ないで寂しい存在なんじゃないだろうか。