釣りにゃんだろう

猫のように気まぐれに 独断と偏見に満ちた釣り情報をお届け

替えスプールの有用性。

釣りを長年やっている人でも、意外と持っていないものに、リールの替えスプールがある。

スプールを一つ買う方が、新しくリールを買うよりも、ずっと便利で意義のあることだと、私は思うのだけれども、どうだろうか。

 

替えスプールがあると、スムーズな釣りができる。

f:id:nyandaro:20180528160617j:plain

替えスプールを持っていると、釣り場でリーダーが切れたり、ラインが痛んだり、ライントラブルが発生した時に、さっと一瞬で釣りに復帰できる。
リーダーを結び直したり、いつまでもぐちゃぐちゃとラインと格闘する必要はない。

替えスプールを持っていなくて、こうした無駄な時間を過ごす間に、魚の釣れるタイミングを逃してしまう可能性も大いにあるわけで、「魚が釣りたかったら、替えスプールを持て」と言っても過言ではないと思う。


替えスプールがあると、一つのリールで色んな釣りができる。

f:id:nyandaro:20180528160752j:plain

スプールごとに、巻いてあるラインの種類や太さを変えておけば、一つのリールで色々な釣りや状況に対応することができる。

その時の釣り場の状況でラインを変えたり、狙う魚によってラインを変えたり、一台のリールで何台分もの役目を果たすことができる。

 

替えスプールは、遠征に欠かせない。

f:id:nyandaro:20180528160844j:plain

上の二つの利点が、とても顕著に発揮されるのが、1週間以上など継続して釣りを行うことのある、いわゆる遠征という場面だ。

長期間釣りをするので、当然ラインの消耗が激しくなる。
そんな時に、替えスプールがあれば、いつでもすぐに新品に替えられる。

遠征では、大きな魚を狙うことも多いはずなので、ラインはいつも以上に万全の状態にしておきたいものだ。ラインを持っていって巻き直すなんて、時間の余裕もないことも多いのだし、替えスプールは必須と言える。

f:id:nyandaro:20180528160928j:plain

また、魚種やコンディションなど、様々な状況に対応するために、複数の種類のラインを準備しておきたいことがほとんどだ。
替えスプールに、色々な種類のラインを巻いていけば、一つのリールで対応可能になる。リールを何台も持って行くよりは、ずっと荷物が少なくて済む。

 

このように、替えスプールを上手に使えば、今使っているリールが、何倍も便利なものになるのではないだろうか。
予備のラインを巻く物と、種類の違うラインを巻く物が必要と考えれば、最低でもスプールは3個は持っていたいものだと思う。私は、リールを買う時点から、安く替えスプールが手に入るものを選ぶことを、心がけるようにしている。