釣りにゃんだろう

猫のように気まぐれに 独断と偏見に満ちた釣り情報をお届け

猿払川のイトウ釣りのポイント

近頃は釣りのポイントを公表すると、角が立つことも多いですが、そんなことが問題にならないほど、古くから広く知れ渡っているのが、猿払川のイトウ釣りでしょう。

 

f:id:nyandaro:20180416143535j:plain

何十年も毎年、日本中から訪れる釣り人に、イトウは攻められ続けていますが、今でも川岸からその姿を見られるほど、それなりの数が生息しています。
それもそのはずで、イトウの産卵床の調査の結果では、他の水系とはかなりの大差をつけて、ダントツでトップに上がっています。

 

しかし、一度でも訪れたことがある方なら、お分かりいただけると思いますが、この川は、かなり開発の進んだ、生き物には厳しい環境です。
山や河畔林は切り開かれ、川の直線下も行われ、川と国道が幾度も交差する、北海道にはありふれた「人により弄られ尽くした川」に見えます。

それでも、これだけのイトウを、この川が抱えているのは、保護・保全活動の効果か、元からこの川の持つ底力なのでしょうか。

いずれにしても、他所より沢山いるからと言っても、好き勝手に釣りまくるべきではない環境でしょう。

地元の団体が推奨している通り、産卵期の4~5月には、上流部や支流で釣りをしないことは、最低限守るべきです。
シングルフックの使用、魚を岸に上げてバタバタさせないなど、魚へのダメージを少なくする気遣いも必要です。
残念ながら、こういったことが、あまり守られていないのが、実状のようですが、一人でもやらないよりはやった方がマシというものではないでしょうか。

 

 

イトウのポイントとシーズン

f:id:nyandaro:20180416143703j:plain

最も下流にかかる橋、国道の新富士見橋から猿払川を眺めると、シーズンにはだいたい釣りをしている人が見えます。この辺りが、一番実績のあるポイントです。

春は5月~6月、秋は10月、くらいがトップシーズンでしょうか。
この時期には、春は川から海に向かうイトウ、秋は海から川に入ってくるイトウの通り道であり、大型が狙えます。

橋の上流も下流もポイントですので、人の溜まり具合、頻繁に起きるイトウのボイルなどを参考に、魚を探してみましょう。

この辺りでは、川の流芯部がメインポイントであり、ロングキャストできるタックルが有利です。
また、強風に襲われることも多いので、タックルや防寒着の対策をとっておきましょう。

やや上流部に歩みを進めると、川は急激に狭くなってきます。そこからは、とにかく岸沿いがポイントとなります。
イトウは、岸にぴったり寄り添い泳いでいて、ベイトフィッシュを、岸の壁に追い込み捕食している様子が、頻繁に見られます。
ピンポイントで、その場所を狙ったり、岸沿いを引っ張ってくるなど、キャスト精度と粘りが求められる、地道な釣りとなります。

 

人も多いですが、魚も多い川ですので、時期を外さず、基本に忠実に普通に釣りをすれば、誰にでもチャンスがある川だと思います。


イトウは、決して幻ではありません。いつでも、あなたのその胸に抱ける魚です。
今居る魚と環境を、守り続けることができればの話ですが。

 

www.nyandaro.com