釣りにゃんだろう

猫のように気まぐれに 独断と偏見に満ちた釣り情報をお届け

オールドタックルの魅力

極限まで、感度や飛距離や巻き心地を追い求めたタックルを使用するのが、現在の日本の釣りの主流です。
しかし、一方でオールドタックルを使った、ゆったりとした釣りを楽しむ人々も、少数ながら存在します。
そんな、ごく一部の釣り人を惹き付ける、オールドタックルの魅力とは何なのか、ここでは考えてみましょう。

f:id:nyandaro:20180421111327j:plain

 

安く手に入る。

f:id:nyandaro:20180421111751j:plain

一部のレアなものを欲しがったり、オールドタックルの専門店などで買わない限り、オールドタックルは、比較的安く買うことができます。
オークションには安い物が溢れていますし、リサイクルショップや中古釣り具屋では、ゴミ同然の扱いを受けていたりします。

私は、「リールなら、できる限り5000円以下」と、予算を決めて、趣味を楽しんでいます。
これは、現行の釣り具の値段から考えれば、かなり安い予算なのではないでしょうか。

お金をかけずに、釣りを楽しみたいという人にも、オールドタックルはお勧めです。


見た目が、個性的でオシャレでかっこいい。

f:id:nyandaro:20180421112524j:plain

リールに限って言えば、現在の釣り具のルックスは、無個性でギンギラしていて、とても趣味が良いとは思えません。
釣りをしない人間が見て、おしゃれだとは絶対に思わないようなデザインです。

ギラついた子供のおもちゃのようなデザインは、釣りのイメージダウンに繋がっているとさえ言えるかもしれません。

 

一方で、オールドリールは、個性的でおしゃれなルックスの物が多いです。
ジブリのアニメに釣りをする場面が出てきたら、描かれていそうなデザインです。

現在のリールは機械、オールドリールは道具と、表現を分けられるくらいに、その見た目には、差があります。

ルックスを重視する方にも、オールドタックルはお勧めです。

 

必要充分な性能。

f:id:nyandaro:20180421112444j:plain

現行のタックルと比べて、オールドタックルの性能が劣るのは、当然のことです。
しかし、普通に魚を釣るという基本的な性能は、充分に充たしています。

オールドタックルが、よく喩えられるのが、自動車です。
オールドタックルは、マニュアルの普通車で、現在のタックルは、高級スポーツカーだ、などと言われます。
近所のスーパーに買い物に行く時に、ちゃんと乗りこなせれば、どちらでも問題無くたどり着くことができます。
このように、正しく使いこなせば、どちらでも魚は普通に釣れます。

 

また、オールドタックルを正しく使いこなすためには、基本に忠実に正しく釣りをする能力が求められます。
逆に言えば、オールドタックルを扱えない人は、釣り具の基本的な扱いに、どこか間違っている部分があることが多く、現在のタックルを正しく扱い、充分に性能を引き出すことはできないのではないでしょうか。

釣りを基礎からしっかり覚えたい人にも、オールドタックルはお勧めです。

 

オールドタックルは、反体制の象徴であり、ロックな道具である。

f:id:nyandaro:20180421112911j:plain

オールドタックルを使って魚を釣ることは、過度に商業的に走り、性能とうんちくばかりが先走る現在の釣り界の体制に、反逆的な釣りをすることにもなります。


金儲け主義に騙され、他人の意見に流され、無駄に高いものなんか買わなくても、自分の好きなもので、自分の釣りをして、良い釣りができるぜ、という主張をすることができます。

オールドタックルは、音楽で言えば、ロックミュージックなのです。

ギラギラした7万円のリールを使った人々が釣れない中で、古いリールをカリカリギーギー鳴らしながら、魚を釣ることは、現在の釣り業界を否定し、ちょっと喧嘩を打っていることになり、パンクな行為でもあるのです。

ですから、人と同じことが嫌いな人や、反逆的な性格の人にも、オールドタックルはお勧めです。

youtu.be

 

以上のようなことに、少しでも興味を持たれた方は、まずは一つ気軽にオールドタックルに手を出されてみては、いかがでしょうか。

今までとは違った視点から、釣りが楽しめるようになるかもしれません。