釣りにゃんだろう

猫のように気まぐれに 独断と偏見に満ちた釣り情報をお届け

ミッチェル 408 (フェースギア)

ミッチェル(Mitchell)は、おフランスのリールメーカーです。
モデル名の408の「8」という数字は、ウルトラライトというサイズを、4という数字はハイスピードモデルであることを表しています。

 

斜陽リール。

f:id:nyandaro:20180426104924j:plain

このリールは、80年代中頃のフランス製のもので、日本で人気のある70年代の物とは、中身が全く違います。

70年代のものは、滑らかなスパイラルべべルギアが使われ、プラナマティックという摩訶不思議な摺動機構を備えていますが、この年代のものは、安価なフェースギアがシンプルにポンと一つ入っているだけです。

80年代後期からは、台湾などで製造されるようになり、ベールスプリングが折れやすくなったり、ライントラブルが発生しやすくなったり、散々な品質になっているようです。

ですから、このモデルは、ミッチェルという会社が傾き始めた、過渡期のものなのではないでしょうか。

 

蓋を開けたらビビるぜ。

f:id:nyandaro:20180426105048j:plain

サイドカバーのネジを、一円玉(本来は1セントコイン?)で回すと簡単に開き、気軽にメンテナンスすることができます。

現代のリールに慣れた人は、初めてこのリールを開けたら、あまりのシンプルさに衝撃を受けることでしょう。是非とも衝撃を受けて欲しいので、ここでは内部の写真を載せないでおきましょう。

f:id:nyandaro:20180426105201j:plain

逆に、このリールに慣れてしまうと、ホームセンターで1000円くらいのリールを回してみただけで、「なんて滑らかな回し心地なんだ!」と驚くことになります。

これだけシンプルな物で、何の問題も無く魚は釣れるのに、無駄に複雑で壊れやすい物を作り、グダグダと言っている、現代の釣り人は、ちょっとおかしいんじゃないかとさえ思えてきます。

 

オールドリールを使うと、釣りが上達する?

f:id:nyandaro:20180426105358j:plain

気温マイナス20度の吹雪という、厳しいい環境の中でも活躍するmitchell408。

 

私は、このリールを、10年以上釣りから遠ざかったいたのを再開した頃に、もっとおしゃれな道具はないものかと探していて、美しいデザインのミッチェルに出会い、一目惚れし購入しました。
新品箱入りで5000円程度でしたでしょうか。

当時は、年代ごとのギアの変遷など知らずに、フランス製だし、新品だし、高くないし、リールの年齢が自分の年齢に近いし、なんかいいなと深く考えずに買ってしまいました。

その質感や使い心地が気に入ったので、これ以降、私の趣味は、「魚を釣る」というものから「おしゃれなリールを使い魚を釣る」とうものに変化しました。

 

生まれて初めてインスプールのリールを使うので、難しくないか、ライントラブルが起きないか、、始めは少し身構えてしまったものです。

しかし、そんなことは決してなく、基本に忠実に投げて巻くという動作をスムーズに行うのにはとても快適なものだと分かりました。
見た目が美しいだけでなく、機能面でも完成されたデザインだったのです。

おそらく、ミッチェルのリールを使って、快適に釣りが出来ないのなら、どこか癖のある、基本に忠実ではない、間違った釣りをしていることになるのではないしょうか。

ですから、オールドリールを正しく扱えて、魚を釣れるようになることは、釣りの上達にも繋がるのではないかと思います。

 

 

ミッチェル408の思い出↓

www.nyandaro.com