トレンドにゃんだろう

トレンディなことも、そうじゃないことも 。ふと気になったことを、猫を膝にのせながら、徒然と綴っています。

シュトゥットガルトの細貝萌選手がJリーグ復帰か?移籍先は、どこにゃんだろう?やっぱり浦和?いやいや柏?

31日にJリーグの春の選手登録の期限が迫る中、大きな動きがありました。

細貝萌選手が日本に向かっている模様です。

細貝萌選手とは。

細貝萌選手は、1986年群馬県生まれの現在30歳の守備的なMFかなりのイケメン
2005年に前橋育英高校から浦和レッズに加入。守備的なポジションを複数こなして、徐々に出場機会を伸ばします。
2010年には日本代表に選出、2014年まではコンスタントに招集されていました。
2011年からドイツに渡り、アウフスブルグ→レバークーゼンヘルタ・ベルリン
ブルサスポル(トルコ)→シュトゥットガルトと、長年欧州でプレーを続きました。

妻は、元ブランチレポーターで元モデルの中村明花さんです。


そんな細貝萌選手がJリーグに帰ってくる?

昨年から現在ドイツ2部のシュトゥットガルトに在籍する細貝萌選手。
アウフスブルグやヘルタ・ベルリン時代と同じ、ヨス・ルフカイ監督を慕っての移籍だったようです。
しかし、その監督も現在は辞任。細貝選手も出場機会を失っています。

出場機会を求めて、また子供も産まれたので、そろそろ日本に帰るのも悪くないかな、ということなのでしょうか。

シュトゥットガルトとの契約が2018年まであるため、細貝選手の獲得には移籍金が必要です。

移籍先は、浦和?柏?

日本復帰となると、高校時代から特別指定でプレーをした浦和レッズが、真っ先に頭に浮かびます。やや選手が飽和気味ですが、移籍金が払える余裕もありそうですし。

しかし、今回噂に上がっているのは、柏レイソルです。確かに柏レイソルは、若干ボランチの層が薄く、チームもイマイチ波に乗れていません。

それに考えてみると、一度欧州に旅立った選手が、元所属のクラブに帰ってくるというのは、実際にはあまり多くないのではないでしょうか

しかも、細貝選手は幼少期、同じ群馬育ちの大野敏隆選手が活躍していたこともあり、柏レイソルのファンであったそうです。
細貝選手が、柏レイソルに加入する可能性は、かなり高いと思われます。