釣りにゃんだろう

猫のように気まぐれに 独断と偏見に満ちた釣り情報をお届け

ロッドのフロントグリップと夢の話。

フロントグリップがしっかりとした作りのルアーロッドが好きだ。
なぜなら、そこには夢が詰まっているから。

f:id:nyandaro:20180601124727j:plain

最近のルアーロッドの中には、フロントグリップが小さくて飾り程度のものや、付いていないデザインのものがある。
そういった物を見かける度に、「夢のない竿だなぁ」と僕は思う。

普通に釣りをする上では、フロントグリップの必要性を感じることは、ほとんどない。
だから、どんどん省略されていく傾向にあるのも、もっともなことだと思う。

 

f:id:nyandaro:20180601124813j:plain

しかし、フロントグリップが、どうしても必要になる時がある。
それは、水中に引きずり込まれそうになるほどの、大物がヒットした時だ。

大物に引き込まれ、片手では竿を立てていられない状態になった時、左手でフロントグリップを、右手でリアグリップを掴み、両腕と背筋の力を上手く使って対抗することになる。
そうしないことには、ちょっと耐えられないような力のある魚が、世界にはごろごろと居るのだ。
だから、今でもソルトウォーターの大物用のロッドには、しっかりとしたフロントグリップが付いている。ソルトウォーターの釣りでは、ギンバルを使用すれば、両手でフロントグリップを握ることさえもあるからだ。

 

f:id:nyandaro:20180601124859j:plain

一方で、フロントグリップが省略されているようなロッドは、そういった大物を全く想定しておらず、「夢を捨てたロッド」と言ってもいい。
小さくまとまっちゃっても良いと、人生を諦めた日本の中年サラリーマンのような存在だ。

僕は、大物が釣れる可能性がゼロに近いような釣りでも、夢は捨てないでいたい。夢の無い、あまりに現実的な釣りなんて、していても面白くもなんともない。
だから、使う可能性がほとんど無いものになるとしても、フロントグリップはしっかりと付いていて欲しいと思う。

 

f:id:nyandaro:20180601125033j:plain

そういえば、もう解散してしまったが、UFMウエダというロッドメーカーがあった。
昔は、良い物を普通の値段で売る堅実なメーカーだったようだが、それでは利益が出せなくなったためか、いつの頃からか高級ロッドを売るメーカーに変わっていった。

それと同時にして、ロッドのフロントグリップが、先細りで小さく、ただの飾りのようなデザインに変わっていった。
あれが、夢を捨てたロッドの先駆けだったような気がしてならない。

世間では、あのロッドが好きな人達も多いらしいが、僕はルックスの時点で、もう使う気にもなれないのだ。
小さくまとまって、先細りになって、解散した、会社のその後の運命を暗示しているようなデザインだったと思う。