釣りにゃんだろう

猫のように気まぐれに 独断と偏見に満ちた釣り情報をお届け

釣りは魚に教われ。

「釣りは魚に教われ」という言葉があるが、良い言葉だと思う。
本当に釣りを教えてくれるのは、Yahoo!知恵袋でも5ちゃんねるでもないし、経験者とかエキスパートでもない。

f:id:nyandaro:20180605112103j:plain

 

まず、本当に魚が釣りたかったら、自分でその方法を本を読んで調べたり、考えたりするだろう。
釣りは、一人で始められるし、一人で続けることができるタイプの趣味だ。

この過程で、誰かに聞くという方法をとることも、なくはないが、あまりあてにしない方が良い。
本当にその人が、実際にたくさん魚を釣っていて、正しいことを言っているとは限らないからだ。
特にインターネット上のやり取りや情報なんて、ろくなものではないだろう。

現に、このブログの文章も、毎朝トイレの中で適当に書いているものなので、あまり信用してはならない。

 

f:id:nyandaro:20180605112147j:plain

 

さて、自分で勉強して、自分で練習して、実際に釣りに行くことになった。
後は、魚が答え合わせをして、その方法が正しかったのか教えてくれる。

正解なら魚が飛び付いてくれるし、不正解なら魚が釣れないので、また自分で方法を練り直すしかない。
このように「釣りは魚が教えてくれる」のだ。

 

ところがである。
いつまでたっても「魚が教えてくれない」ことが、この国では、かなりの高確率で起きてしまう。
釣りを教えてくれるはずの魚が居ないことが、しょっちゅうあるからだ。

これでは、いつまで経っても答え合わせはできず、釣りも上達しない。
だから、答え合わせをするために、まずは魚が沢山居る所に行くことが大切だろう。

魚が沢山いれば、場数も踏めるし、色々な方法も試せて、頭を使わず漫然と釣りをしない限り、自然と釣りは上達する。
その経験と技術は、魚が少ない場所に戻ってきても、必ず役立つものだろう。

だから、釣りの初心者ほど、魚の沢山居るような所へ遠征した方が、経験が積めるし上達するし、良いことだらけなのではないだろうか。
「わざわざ遠くに釣りに行くなんて、 もっと上手になってからだな」なんて思ってしまうのは、とてももったいない話で、そう思うような人ほど、魚の沢山居る所に遠征をした方が良いはずだ。

もし、そうするにしても、あまり悠長に構えている余裕はない。
地球規模で自然破壊は進んでいるのだから、年々魚が沢山いる所は遠くなっているし、そのうち魚が滅びる可能性もあるからだ。

www.nyandaro.com

 

釣りを教えてもらいたかったら、魚に教わること。
その魚が沢山いる所に行くこと。
それもできる限り早く。

こういったことが、今日のところの結論なのではないだろうか。