釣りにゃんだろう

猫のように気まぐれに 独断と偏見に満ちた釣り情報をお届け

ザ・ダイソー 偏光サングラス

f:id:nyandaro:20180514100656j:plain

釣りに絶対に欠かせなくもないけれど、あった方が便利で安全な偏光サングラス
釣り専用の物は、何万円もすることも珍しくないですが、今回なんと100円ショップのザ・ダイソーで発見したので、ちょっと紹介してみたいと思います。

 

108円。安心のメイドインチャイナ。f:id:nyandaro:20180514100827j:plain

最近は、ダイソーにも100円(税抜き)ではない物が、よく潜んでいるので、注意が必要です。
しかし、このサングラスは、確かに100円でした。この価格で偏光レンズだというのだから驚きです。

生産国はもちろん中国。
レンズ:プラスチック
わくの材質:プラスチック
テンプル:プラスチック
と、豪華なオールプラスチック製となっています。

 

結構カッコいい!?

f:id:nyandaro:20180514101013j:plain

フレームの形は、ウェリントンタイプで、なかなかオシャレです。大半の釣り用のダサい形のサングラスよりは、カッコいいことは、間違いありません。
(どうして釣り用のサングラスは、あんなにダサい物が多いのでしょうか。釣りをしない人だったら、絶対に欲しくないような、センスのないものが、沢山ありますよね。)

カラーも何種類かあったので、全色揃えて、その日の気分や天候で使い分けても良いかもしれません。

 

f:id:nyandaro:20180514101211j:plain

ただし、ダイソーサングラスがカッコいいというのは、5メートルくらい離れて見た場合の話です。

近くでじっくりと見ると、100円らしいチープな質感が、はっきりと伝わってきます。
特にテンプルの部分が、オールプラスチックなために、安っぽさ全開です。

できるだけ仕上がりの良い物を選んで買ってきましたが、レンズをフレームにくっつけた接着剤が、微妙にはみ出てきたりしています。

 

とは言え、100円ですよ。
5メートル遠くから見たらちょっとカッコ良くて、偏光レンズのサングラスが、100円ですよ。
これは、高級サングラスメーカーにとっては、脅威だと思いますけどね。

レンズの性能が違うし、水の中の見え方が全く違うと言われるかもしれませんが、そもそも水中が見えれば魚が釣れるってものでもないですしね。
シビアなサイトフィッシングをしなければ、偏光じゃなくても良いくらいです。

私は、下手くそなフライフィッシングをする時に、眼を保護するためと、長い時間水の中を歩く時に、水中を確かめるためくらいにしか、サングラスをかけません。
写真を撮るのに、邪魔
だから、後の時間は外していることが多いです。

それでも、問題なく魚は釣れているので、何万円もする物は欲しくもないし、このダイソーサングラスでも、充分な気がしてきてしまいます。

まだ、このサングラスを釣り場で使ってみてはいないので、また機会があったら使用感についても書いてみたいと思います。

youtu.be