トレンドにゃんだろう

トレンディなことも、そうじゃないことも 。ふと気になったことを、猫を膝にのせながら、徒然と綴っています。

名DFの千代反田充がアサヒビールの営業サラリーマンに。Jリーガーのセカンドキャリアって、にゃんだろう?

長くても30代で引退するサッカー選手超人的な一部の選手を除く)。Jリーグでは野球ほどの莫大な年俸を得られるわけではないので、引退後の人生に苦労することも多く、その生き様は様々です。

千代反田充は、アサヒビールの営業マンに。

千代反田充選手は、愛称ちよたんで親しまれた名DFです。
1980年産まれ、東福岡高校筑波大学卒。
アビスパ福岡アルビレックス新潟名古屋グランパスジュビロ磐田徳島ヴォルティスとキャリアを重ねて、2014年に引退しています。

やはりアルビレックス新潟時代のプレーが、一番印象に強いでしょうか。

ロックバンド、BRAHMANのボーカル、トシロウに若干似ている、熱いイケメン選手でした。

引退後は名古屋グランパスのスクールのコーチを勤めるも、指導者の道を続けること考えられなかったようで一年で辞任
その後、2016年にはアサヒビールに入社し、バリバリと働いている模様です。

千代反田選手が、このような仕事をこなせるのは、大卒のJリーガーであることも大きいのではないでしょうか?
高校、ユースからプロになり、サッカー漬けの生活を送ってきた選手が、いきなりサラリーマンになれるかというと、なかなか厳しい気がします。

様々なJリーグ選手のセカンドキャリア。

サッカー選手は引退したら、解説者監督になる。
というのが、一般のイメージかもしれませんが、そのようなキャリアを重ねられるのは、ごく一部の有名な選手。
新しい人生を、苦労して切り開いていかなければならないものです

まず、引退後、大学や専門学校へ進学するという進路があります。
自分の今後の人生に必要な知識や資格を得るためです。

一番考えられるのが指導者の道でしょうか。
スクール等のコーチを勤めながら、監督業を目指すなら、必要な資格取得を目指します。
しかし、監督というポストは限られているし、資格取得に時間もかかるので、誰もが目指すわけではないようです。
自分でサッカースクールを開いたり、フットサル場を経営することも多いようです。
セカンドキャリアを考えてか、現役時代から、フットサル場を持つ選手もいます。

他のスポーツ選手に転進した稀な例もあります。
競輪選手になった河野淳吾プロゴルファーになったガンバや浦和でプレーした磯貝洋光などが有名です。

意外なのが政治家です。ある程度著名な選手に多いようですが、市議会議員などになる例が、いくつも見られます。
最近では、元浦和の都築龍太や元大分の高松大樹が、市議会議員になっています。

実業家として活躍する例もあります。
最も有名なのは、マリノスや仙台などでプレーした山田隆裕のメロンパンの移動販売事業でしょうか。

このように、元Jリーガーの引退後のキャリアは、非常に多様化しています。
あなたの身の回りにも、意外と元Jリーガーの人はいるかもしれませんね。