釣りにゃんだろう

猫のように気まぐれに 独断と偏見に満ちた釣り情報をお届け

アブ カーディナル44

f:id:nyandaro:20180504200916j:plain

アブ社はスウェーデンの会社であり、堅実なものづくりで、かつては名品リールをいくつも世に送り出してきました。
80年代には、アブ・ガルシアと社名を変更。現在では、アメリカのピュアフィッシングの傘下にあります。
カーディナル44は、そんなアブ社が1969年に発売を開始した小型リールです。

 

ルックスと性能を兼ね備えた文句なしの逸品。

f:id:nyandaro:20180504201034j:plain

このリールは、少しの悔しさと、数えきれないほどの喜びを届けてくれている、私にとっては、かけがえのないリールです。

まず、釣り場で遠くから見ても「あの人は、カーディナルを使ってるぞ」と分かる個性的でオシャレなデザインが素晴らしいです。

「渋いですね」などと、声をかけられることも少なくありませんが、その時に「性能はどうなのか?」と、聞かれることも多々あります。
使ったことのない人は、古い型のリールは不便ではないかと、思いがちなようです。

しかし実際には、ガンガン釣れるし、何一つ問題がないのです。

  • インスプールのコンパクトな設計。
  • キャスト時に確実なフェザリングを可能にするローターブレーキ。
  • 絶妙な位置と操作感の良いのドラグノブ。
  • 滑らかなウォームギア
  • 何年でも使えるシンプルで頑丈な構造。

使えば使うほど、安定して魚が釣れ、無駄のないデザインだと気づかされます。これ以上のスピニングリールは必要ないのてはないかとさえ、思わせてくれます。

 

復刻版とオリジナル版の違い。f:id:nyandaro:20180504201147j:plain

私がメインに使っているものは、90年代初頭に製造された、いわゆる復刻版というものです。
同時期に売られていた、ワンサイズ小さいカーディナル33は、不良品ではないかというくらいヒドイ品質のものらしいですが、44はとてもしっかりと出来ています。
44は、オリジナルだろうと、復刻版だろうと、迷わず買って問題ないでしょう。

ただ、一つだけ、復刻版がオリジナルと大きく違う点があります。復刻版は、作るのがめんどくさかったのか、33と共通のハンドルが使われていて、オリジナルより若干短いです。

私が購入した物は、前の持ち主により、ハンドルはオリジナルの長い物に変更されていました。

しかし、このハンドルに、そこまで差があるとは思えません。30分も使って慣れてしまうと、どちらのハンドルでも、あまり気にならないものです。

 

やたら魚の良く釣れるリール。f:id:nyandaro:20180504205342j:plain

誰でも、「このリールを使うと、やたら魚が良く釣れるなぁ」というものが、あるのではないでしょうか。
私にとっては、カーディナル44が、そんなリールです。

リールは、機種ごとに、巻き取り速度が違います。当然、それを意識して巻く速度を変えて、リールを使うわけですが、何故か釣果に差が出てしまうことがあります。

これは、自分の身体のリズムとリールの相性のようなものがあって、それによって、ちょうど魚の釣れる何かが演出できていると、考えられなくもありません。

このように自分と相性の良いリールを見つけると、より良い釣りを楽しめるようになるかもしれません。

 

私にとっては、このリールが一番相性が良いようです。何年使っても、どこにもガタはきていませんし、安心してこれからも、このリールでガンガン魚を釣り続けたいと思います。

リールというものは、銀ギラ銀の子供だましのようなものを数年使ったら、最新の物に買い替えるのではなく、このように一生の伴侶となるような道具であるべきなののではないでしょうか。

その方が、より深く心に響く趣味として、魚釣りを楽しめるような気がするのは、気のせいでしょうか。