釣りにゃんだろう

猫のように気まぐれに 独断と偏見に満ちた釣り情報をお届け

プラスチック製よりウッド製のプラグの方が、大物が釣れる気がするのは、ただの気のせいか。

プラグというと、プラスチック製のものが定番となって、何十年が経ったでしょうか。

それでも、ラパラはウッド製のルアーを大量生産し続けていたり、日本でもウッド製のハンドメイドルアーがコアな人気を誇っていたりと、バルサをはじめとしたウッド製のルアーは、今でも一定の需要があるようです。
その理由は、どんなところにあるのでしょうか。

 

f:id:nyandaro:20180601125838j:plain

私は、そもそもプラグをあまり使わない人間なのですが、ミノーなどを使う時は、できるだけバルサ製のものを使いたいと思っています。
ハンドメイドルアーを買うようなお金は持っていないので、もっぱらラパラのルアーばかりですが。

 

なぜ、飛距離もろくに出ない、バルサ製のルアーをできるだけ使いたいと思うか
というと、大きな魚が釣れる可能性が高いと、勝手に思い込んでいるからです。

あくまで私自信の、少ない経験なのですが、プラスチック製のルアーよりも、バルサ製のルアーの方が、釣れる魚のサイズが大きいのです。
理由は、全く説明てきませんが、これだけは事実なのです。

バルサ製の方が、用心深い老魚が警戒せずに食いついてくるから、なんてことも言えそうですが、これはただの憶測の域を出ない理由であり、本当の理由は不明です。

 

f:id:nyandaro:20180601130051j:plain

同様に、全く理由を説明できない、私の体験した事実として、PEラインを使った時より、ナイロンラインを使った時の方が、大きな魚が釣れるということもあります。

「PEラインは水中に入れるだけで魚が逃げる」なんて話も聞いたことがありますが、私はそのような実験をしたことはないので、やはりこれも理由を説明のできない事実です。

 

釣りをする上での効率の良さで言ったら、PEラインとプラスチック製のプラグで、ビュンビュン飛ばして釣りをした方が、ナイロンラインとバルサのプラグでひょろひょろ投げるより、絶対に上のはずです。

しかし、ウッド製のルアーには、効率の良さを越えた「何か」があるのです。
理由は説明できないけれど、「何か」を持っているのです。
これが、今でもウッド製のルアーが一部の人からは、愛され続けている原因なのではないでしょうか。

 

f:id:nyandaro:20180601130139j:plain

釣りには、運や勘など、科学的根拠の無いことに左右されることが沢山あります。
そのようなものが、釣りを人間くさくロマンのある物に彩っている、と言っても良いのではないでしょうか。
この「何か」も、そのようなものの一つなのでしょう。
だから、理由なんて説明する必要はないのかもしれません。
「ウッド製のプラグは、何だか良い」「何故か良い」ただそれだけの話で良いのです。