トレンドにゃんだろう

トレンディなことも、そうじゃないことも 。ふと気になったことを、猫を膝にのせながら、徒然と綴っています。

現在リーグ戦で3位、アルビレックス新潟バルセロナって、にゃんだろう?

カタルーニャ州4部のアルビレックス新潟バルセロナが首位争いを演じています。そもそもアルビレックス新潟バルセロナって、何者なんでしょうか?

アルビレックス新潟バルセロナとは?

アルビレックス新潟バルセロナとは、アルビレックス新潟シンガポールが2013年に設立したスペイン・カタルーニャ州に設立したクラブ、アカデミーです。
参戦しているカタルーニャ州リーグとは、日本で言うと都道府県リーグといったあたりでしょうか。

元々アルビレックス新潟シンガポールは、アルビレックス新潟の下部組織であり、全員が日本人で2004年からシンガポールのSリーグに所属しています。
若手日本人選手の育成、シンガポールサッカーのレベルアップへの貢献、東南アジアで活躍する日本人選手の輩出など、実績を残してきました。

アルビレックス新潟バルセロナは、このノウハウを生かして、現地在住日本人や日本人留学生を募集、リーグ戦、語学研修、などを通して、世界に通用する選手や人材の発掘を目指しています。

サッカーをするだけが目的ではない?

日本人留学生は、「サッカーをプレーしながらサッカー業界で必要な言語とスキルを身につけることができる」として募集が行われており、プレーヤーではなくインターナショナルなサッカー業界人の育成に主眼を置いている模様です。

サッカーをプレーをしながら、サッカービジネス、指導者、メディア、マネージャーなどになるスキルを学べるようです。

なかなか一人で海外に飛び出し、こういった経験をするのは難しいことですし、日本の専門学校などとは学べる内容も違うことでしょう。
新しいことをしたい、つまらない人生を送りたくない、勇気のある若者なら進路に考えてみるのもいいのではないでしょうか。人生は夢だらけですから、新しいことに飛び込んだ者勝ちです。一度飛び込んでしまえば、後はどうにかなるものなのですから。