釣りにゃんだろう

猫のように気まぐれに 独断と偏見に満ちた釣り情報をお届け

アブ オールドリールの巻き取り速度 (カーディナル、アンバサダー等)

f:id:nyandaro:20180505105311j:plain

オールドリールをあまり使用したことがない人が使った時に、一番戸惑うのは、巻き取り速度の違いではないでしょうか。
現代のリールよりギア比が低いものが多く、釣りの調子が狂ってしまうこともあります。

しかし、巻き取り速度を把握していれば、それを意識して、適切なリトリーブを行うことができます。
ここでは、アブのオールドリールの巻き取り速度について、まとめてみたいと思います。

 

スピニングリール編f:id:nyandaro:20180505105422j:plain

私の手元にある資料に載っているのは、平均巻き取り速度です。ハンドルを1回転させた時に、どれだけラインが巻けるかの平均値です。
スプールに巻いてあるラインの量によって、巻き取れるラインは多少前後するので、あくまでだいたいの目安として考えてください。

 

  • カーディナル33 ― 69㎝

 

  • カーディナル40 ― 58㎝
  • カーディナル44 ― 73㎝
  • カーディナル60 ― 60㎝
  • カーディナル66 ― 53㎝
  • カーディナル66x ― 83㎝

 

  • カーディナル70 ― 66㎝
  • カーディナル77 ― 58㎝
  • カーディナル77x ― 92㎝

 


ベイトリール編f:id:nyandaro:20180505110310j:plain

  • アンバサダー 1750A ― 34㎝
  • アンバサダー 2500C ― 41㎝

 

  • アンバサダー 5000 ― 40㎝
  • アンバサダー 5000C ― 40㎝
  • アンバサダー 5000D ― 40㎝
  • アンバサダー 5000C DL ― 40㎝
  • アンバサダー 5001C ― 39㎝
  • アンバサダー 5500C ― 53㎝
  • アンバサダー 5600C ― 53㎝

 

  • アンバサダー 6000 ― 40㎝
  • アンバサダー 6000C ― 40㎝
  • アンバサダー 6500C ― 53㎝
  • アンバサダー 6600C ― 53㎝
  • アンバサダー 7000 ― 55㎝

近頃、人気のあるらしい1500Cについては、新しいモデルすぎて、残念ながら手元の資料には載っていませんでした。


まあ、せっかく古いリールで、おおらかな釣りをするのだから、そんなに小さなリールで、セコイ釣りをするのも、もったいないような気もしますね。セコイ釣りは、最新のセコイ国産リールに任しておけばいい気もします。
そんな理由から、私は小型のスピニングリールのカーディナル33も持っていないし、欲しいと思ったこともありません。

 

f:id:nyandaro:20180505110133j:plain


アブマチック等のスピンキャストリールや、アンダースピンリールについても、手元の資料には載っていませんでした。
いつか機会があったら、測ってみたいと思います。

私は、たまにアブマチック60という、1950年代のリールを使うのですが、かなり巻き取り速度が遅く、釣り始めの数分間は、戸惑いと笑いに襲われます。
しかし、それを乗り越えて魚を釣った時には、「ちょっとハンデがあっても釣ったぞ」と、底知れぬ喜びがこみ上げてきます。

ステラを使っている人よりも、このリールで良い魚を釣るなんてことも、そう不可能なことではないのです。そういったハンデ戦のような意味合いを持つのも、オールドリールを使った釣りの、ちょっと楽しい所ではないでしょうか。